「こどもの城」を含む日記 RSS

はてなキーワード: こどもの城とは

2018-12-20

話題南青山に住んで、話題公立小に通っていた

いま話題になっている南青山児童相談所。その学区である青南小に通っていたので経験を書きたい。もう20年以上前になる。我が家は、私が小学校にあがる時期に合わせて南青山(5丁目)に引っ越した。卒業後は、他県の私立中に入ったので、引っ越したし、私は今は別の区に住んでいるので、最近南青山事情は知らない。この話は、表参道の駅が綺麗になる前のことだ。(いまは本当に綺麗な駅だよね)

だいぶ昔なので、いまは少々事情が異なるかもしれない。はじめに結論を書くと、“貧乏な子”たちは児相云々以前に青南小に存在していたし、家庭に事情を抱えている子もある程度いた。そして、私はそういった子たちを受け入れられるような教育を受けた。

児相が出来てもし青南に通うことがあったら、恐らく学校の中で受容されて社会になじめるようになるだろうし、“金持ちの子たちも多様性理解できるようになると思う。特に中学校受験をして私立に通えばそういうバックグラウンドを持った人たちと関わることはほぼ無くなるので教育プラスに働くのではないか。私はプラスになったと、いま感じている。

さて、青南小学校に通っていた頃、私の学年には100人弱の生徒がいた。その内、4割が越境(近場はガーデンヒルズ。あとは世田谷が多かった)、2割が地元に元々住んでいた人、4割が私のように小学校に合わせて南青山引っ越してきたり公務員住宅に住んでいた人だったと思う(引越民)。越境割合はほぼ間違いないが、地元民と引越民の割合はすこし違うかもしれない。

そう、越境が意外と多い。そして越境はだいたい金持ちだ。緊急時の下校班みたいのがあって、帰る路線別に班になっていたので、学校先生たちも越境前提だったと思う。いまは越境ハードルが下がったと聞くので、もっといかもしれない。

また、校舎の目の前とフロムファーストの裏の2箇所に官舎が有り(当時)、財務省外務省などの役人の子息が多かったように思う。彼らも金持ちだったし、親がプライド高いのか、本人らもプライドが高い子が多かった。とは言え、根は優しいので少なくとも表向きは皆と仲良くしていた。

地元民は意外と質素暮らしをしていた。彼らは北青山団地や、根津美術館の脇から西麻布に抜けるエリアに住んでいた。家に遊びに行くと築40以上の一軒家に住んでおり、車も持ってなかったり、持っていても国産車だったりした。家の中も取り立てて豪華でもない。共働きも多かった。団地の子たちは片親だったり、何かしら事情がある子だった。そう、児相に駆け込まざるを得ない子たちと同じ背景を持った子たちである

 

そうした子達が問題を抱えていることは教師が生徒たちに説明することもあり、ある子が不登校になった時は(いじめはなかった)、皆で解決策を考えて受け入れられるように環境を変えたこともあった。

 

私は“金持ち”の部類だったと思う。だが、“貧乏な子”たちも遊んだ。小さい公園西麻布の手前にあるのだが、その公園でなわとびをしたりしてよく遊んだ赤坂米軍基地の裏のサッカー場でみんなでボールを持って行って遊んだりもした。こどもの城ラウンジカードゲームをして1日中過ごしたりした。子供の間では親の所得職業などは知っているが特に意識せず、それによって階層が出来たり、仲間はずれができたりしたことはなかった。

  

過半数の“金持ちの子は育ちの良いので素直だ。まだ自意識などが固まらないうちに、多様な背景を持つ子と生活することで、損得や利己的な感情ではなく、人と人として向き合えるようになると思う。

いま児相建設に反対している親は他人の子が「かわいそう」などと思わず自分の子が将来心の広い人物になれるように、児相建設に賛成するようになってほしい。

2014-03-24

ファミリー住みが都心に住んで思うこと。

http://anond.hatelabo.jp/20140323145305

を見て思い出した。

以前にも書いたが、ファミリー都心方面居住で不便なのは、何事も「子供仕様」になってないこと。

飲食店だってガストの類は都心部殆どない。

テレビCMアンパンマンガストCMが流れたり、たまに行楽の帰りに(郊外の)ガストに行ってるので、

子供に「アンパンマンレストランに行きたい」と言われるが、都心居住だと、なかなか行けない。

どうしても、となると、10キロ程度郊外までドライブしなきゃならない。

子供向けの遊戯施設ボーネルンドキドキドの類も、都心部はない。

渋谷東京都児童館こどもの城は、貴重な子供向け施設だったのだが、いずれもお取り潰しになる。

先日、要らなくなった子供服を処分しようとして、子供服リサイクルショップを調べてみたが、

いずれも都心からキロ~十キロ圏にしか存在しない。

子供服リサイクルのため、ドライブ郊外に行かなきゃならない。

湾岸エリアみたいにタワマンがラッシュ場所なら、子供向け施設も多い(例:豊洲キッザニア)んだろうが、

そうじゃない都心だと、本当に、子供向けショップがなくて困る。

2014-02-04

亡くなった祖父の夢を見た

3、4年前に亡くなった祖父の夢を見た。

夢の中の僕は子供姿。

1階リビングに増設されたバーには祖父がいた。

とても笑顔で、母親と話していた。

次の瞬間、祖父もバーも消滅していて、

奇妙な懐かしさだけが残っていた。

あのバーはどこへ?

それを探す道すがら、我が家の地下に電子施設を見つける。

夢のストーリは、何故かその施設解体する話になっていて、

知らない人たちが大勢やってきていた。

施設Windows95によって作られた、身体をスキャンすることで認証するセキュリティを保有しており、しかしながら現代技術であっさりと解体された。

セキュリティが解除された施設の奥へ、僕は一目散に走り出した。

祖父を探して。

僕の目の前に広がったのは、餃子テーマにしたアトラクション? や売店が広がる小テーマパーク世界だった。

ナンジャタウンのようなイメージだ。

再び僕は不思議な懐かしさに包まれた。

「祖父とここに来たことがある」

さらに奥へ進むと、地上へ出れそうな階段を見つけた。

その先は、表参道青山道路だった。

このヘンテコテーマパークは、青山こどもの城の閉鎖された地下施設だというのだ。

(余談だが、青山こどもの城2015年3月に閉鎖されてしまう)

一体全体、我が家の地下施設と、このこどもの城地下施設が繋がっていたのか。

どうも僕の夢の中では、「祖父はとても子供が好きだったから」というわけのわからない結論がついた。

もちろん全ては夢の中の話で、

我が家にはバーなどなかったし、

Windows95で作られた電子施設もなかったし、

ましてやこどもの城地下に繋がっていて、不思議な地下テーマパークだなんて存在していない。

おじいちゃん子だった僕は夢から目覚め、

しばらく涙がとまらなかった。

なぜあんな夢を見たのだろう。

2012-11-30

http://anond.hatelabo.jp/20121130215921

元増田だが、確かに都心高家負担力を民間のファミレスに求めるのが難しいのはわかります

特に駐車場設置が難しい

ただ、「高家賃だから仕方がない」として、都心部の子レス最適化ハイパーなまでに進行させた結果が、

渋谷区辺りの悲惨合計特殊出生率(1.0もない)な訳です。

それこそ、子供を養える経済余力はあっても、

子供が苦手」とか「子供と接したことない」というような理由で子供を作らないような人が、

都心部にはゴロゴロしている訳。

で、子供レス最適化をこじらせると、さかもと未明みたくなる訳。

で、「こどもの城」の功績としては、

子供レス渋谷区に、半強制的に、子供を連れてくる仕掛けを作って、

 子供レス最適化の進行を、多少なりとも食い止めて」いたのです。

それを都立児童会館とセットで取り潰そうとしているのだから渋谷区は一気に

子供レス最適化極北」に立とうする訳です。

電力館もお取り潰しだから、あの辺で子供色あるのは、NHKスタジオパーク程度だなあ。

要は、「民間は仕方ないにしても、公共施設は、子供レス最適化ささやかなリとも、抵抗してもいいんじゃね?」

ということを言いたかった次第。

子供レス社会への最適化

さかもと未明女史のJA赤ちゃん騒動で思ったのは、

 「子供の数が減れば減るほど、

  社会が『子供が少ない、いない社会最適化される』

  ⇒子供レスな状況に最適化された社会は、ますます子供が産みにくくなって、

  ますます子供レスが進み、さらにそれが最適化を促し・・・悪循環

 財務省文部科学省の「教員予算増額要求」を突っぱね、

 クラスサイズパズルを口実に、逆に減額を要求したのも、その一環か。

 財務省としては、子供レスな状況に合わせて、予算最適化しようとしている訳だが、

 それは果たして少子化の負の循環に陥ることにならないか

★ところで、自分は割と都心寄りに住んでいる方だが、

 このエリア、いわゆる「子供向け施設」が少ない。

 レストランで言えば、いわゆるファミレスの類が少ないのである

 

 ココスドラえもんガストアンパンマンが貰えるので、

 そういうレストランに行きたい、というリクエスト子供から根強いのだが、

 ココスガストも、この辺にない。(少なくとも、徒歩圏内、自転車圏内にない)

 牛丼屋は腐るほどあるのだが。

 あるいは、屋内型遊戯施設、ボーネルンドファンタジーキッズリゾートの類、

 これも周辺にない。

 なので、変な話であるが、それらの施設を求めて、クルマカーシェア)で

 埼玉とか千葉とかに行っている次第。

 これって、要は、自分の居住域は「子供レスな状況に最適化された」ということなんだろう。

 渋谷の「こどもの城」は、公営であるが、貴重な屋内型遊戯施設だったんだが・・・

 あれを無くすと、益々区部中心部は「子供レスな状況に最適化されていって」、

 益々少子化が酷くなると思うのだが。

 

 都中心部は「子供を作る経済的余裕はあるのに、非経済的理由で、子供作らない」人が結構いるので、

 「子供レス最適化社会から彼らを脱出させるだけで、相当影響あると思うのだが・・

2012-11-12

財務省クラスサイズパズル的には正解でも、少子化対策的には不正解

 NHKニュース

 「文部科学省教員増員を予算要求しているのに対して、財務省側は、

  「クラスサイズパズル」を理由に、「むしろ減員すべき」と突っぱねている」

 というニュースがあった。

 確かに、学習効果、「クラスサイズパズル」で議論すれば、文部科学省側の分は悪い。

 しかし、これって、「クラスサイズパズルから教員削減する」というのは、

 「少子化対策」という観点では、あまり好ましくないのだが。

 これって、「子供を作ろうかどうか、躊躇している」という既婚層に対して、

 「国は教育予算を優先投入しません、子育てを軽視します」とメッセージを発している、と受け取られてしまい、

 「子作り回避メンタリティ」を醸成してしまう。

 要は、

 「目先の教員費用1,000億円をケチる」ことはできても、

 「それによって、子作り予備軍層のマインドを冷やしてしまい、

  金額換算で2,000億円分、少子化が進んでしまう」

 ということになりかねない。

 クラスサイズパズルより、少子化マインド醸成の副作用の方が大きい気がする。

 これって、渋谷区こどもの城問題」と一緒。

 あれも、可視化された「費用効果」だけ見れば、税金都心エリアの子育て層に

 優先投入することの理屈付は難しい。

 が、「こどもの城の廃止」は、

 「経済力あるのに子供を作ろうとしない渋谷区民」の「子作りマインド」を一層冷やしかねない、という点で

 「トータルでみれば、社会経済的に損な選択」だと思う。

 ※私見では、「渋谷区東京都のような金満自治体が、こどもの城を引き取ればいいじゃん」と思っているのだが

  

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん