「ミソスープ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ミソスープとは

2018-01-07

スープ存在意義がわからない。

スープ存在意義がわからない。

いや、すまない。少々話を広げすぎた。

駅近くのスープ専門店スープ、街のレストランで数百円の値段をつけられているスープ、そういった料理として十分に成立しているスープの話をしたいんじゃないんだ。

あれは美味しい。普段頼むことはあまりないが、ちょっとした贅沢として十分に食事の楽しみと満足感を増やしてくれる。

そう、スープ本来独立した一品として一回の食事に華を添え、ときに大きな満足感を与えてくれるものではないだろうか。

例えば街の中華料理屋。チャーハンを頼むとまるで当然のように黄色スープがついてくる。

中華しか何かで味がつけられ、申し訳程度に胡麻が浮かんでいるアレだ。

我々は、あのスープに何の役割を見い出せばいいのだろう。

例えば古びた定食屋定食といえばミソスープが付き物だ。

しかし、そこで出てきたのは味噌を溶かしたお湯のような液体。固形物は見当たらない。これは、ピュアミソスープ…?

私は軽い戸惑いを覚えながらピュアミソスープに箸を分け入っていく。

茶色く濁ったスープの奥地から僅かな抵抗を感じる。

期待を込めて箸を手繰ると、そこには悠久の刻を超えてきたかのようなワカメがくったりとその体を横たえていた。

そうか、地球創生から長い刻を超えてやがて海が生まれ、潮が満ち、生命生まれる。

即ち味噌の溶かされた湯は海であり、ワカメは海が創り出した生命奇跡である

海は生命を生み、海で生まれた命はやがてその姿を変え、あるものは肺呼吸と四肢を獲得し、またあるもの光合成能力を獲得して地上での繁殖を開始する。それは幾つもの進化過程を経て豚もしくはキャベツと呼ばれるようになり、今薄汚れたテーブルの上で再び母なる海との邂逅を果たしたのだ。

私は母なる海と父たる大地、雄大世界に思いを馳せながらミソスープを口に運び、その広がりのない味に僅かに顔を顰める。

スープ存在意義がわからない。

2017-03-30

[] #20-1「帳尻クッキング

その日は料理をしてみようと思った。

大した理由なんてない。

腹が減っていること自体大義名分だ。

いくらでも即席食品がある環境で、料理ほとんどしない俺が「自炊」というカードを切ったのは気まぐれに過ぎない。

はいっても変な背伸びはしない。

料理した感」が大事なのだ


まずはスープだ。

沸騰させたお湯に、コンソメの素を溶かしてみた。

食材からコンソメを作ろうだなんて思わない。

我が家ミソスープだって出汁味噌メーカーの力だ。

実は前に一度、わざわざ煮干や鰹から出汁を取って作ったらしいのだが、「いつもと違う」と俺たちに不評だったせいでやめたらしい。

手間と味が比例しないのは考えてみれば当たり前のことではあるのだが、評価されないことほど調理人にとってツラいことはないだろう。

だが、今回は俺が自分で作り、自分で食べるのでその心配はない。

そうやって思いふけるうちに、コンソメは見る見るうちに溶けていった。

味見するまでもないと思うが、念のため確かめてみる。

「なんだこれ……不味い」

予想外だった。

料理の失敗でよくあるパターンは、大抵「セオリーに則らない」か、「余計なことをする」かのどちらかだ。

当然、俺は説明どおり適量でコンソメを溶かしただけである

いや、もしかしたら俺は何か見落としているのかもしれない。

コンソメパッケージに目を向ける。

書かれている説明イマイチ曖昧だったが、どうもこのコンソメは、ミソスープでいうところの出汁的な存在だったらしい。

コンソメの素はカップスープみたいなものだと思っていたが、そういうわけでもないようだ。

それにしてもコンソメだけだと、こんなに不味いものだったのか。

だが、理由が分かれば話は早い。

要は別の味でフォローさせればよいのだ。

確か、しばらく前に冷凍した野菜が眠っていたはず。

(#20-2へ続く)

2016-11-02

寒さ凍える暖かい増田服をクフ出す舞か多々ある得五個寒さ(回文

ユニクロヒートテックの新しいインナー欲しいな。

でも昨年のもまだ着れるから、いいか

この間ヒートテック着てても

寒いなー寒いなー、

おかしいなーおかしいなー、って

稲川淳二さんばりに思ってたのよ。

そしたら、

そしたらよ、

ヒートテック裏返しに着てたのよ、私。

どうりで逆に冷えて寒いわけだわ。

もう、超ビックリ

この都市伝説は本当だったのね!!!

おい!起きろ!!!

救助隊が来るまで頑張るんだ!寝てはダメだあー!!!

ああ、眠いわとても眠い

意識がどんどん薄れていく、

ワンワンワン!ほれこれ飲め!

ああ、悴んだ手で私はウイスキーセントバーナード犬を抱きしめた。

まるでウイスキーセントバーナード犬が

ハイボールから揚げをグイグイ勧めてくる井川遥にも見えてきた。

でも、ここでハイボールを頼むわけにはいかないの!!!

でも、ここでピエール瀧ばりに井川遥をうっとり眺めているわけにはいかないの!!!

ロックダブルで!

これを飲んだら温まりそう!

わーい!かんぱーーい!

あんた、もう飲み過ぎだよ、このくらいで止めときなよ!

うるさいやい!

自分身体自分がよく知ってるかもしれないんだー!

ぐびびびびー!

女将!お銚子もう一本つけてくれ!

肴は炙った烏賊でいい!!!

女は無口なひとがいい!!!

ひゅーるりーひゅーるりーらら~

襟裳岬は何もないところでーす~ぅ

まるでこの街には不似合いな、

時代遅れ酒場みたいね

うふふ。


今日朝ご飯和食

味噌を切らして、ワ!ショック!的な

ミソスープポーチドエッグ

これ美味しいわよね~。

ミソスープだけど、

具にブロッコリーベーコン入れて洋風ミソスープお勧めよ!

具は何でもいいのよ。

今日ちょっと遅めの朝なので、

ちゃんと家でご飯食べたの。

ゴージャスでいいでしょ。

デトックスウォーター

食後のヒーコーと行きたいところだけど、

ヒーコーじゃあんまりデトックス感ないわよね。

こういうときは、

何か果物切って、

それを炭酸で割る即席ウォーラー

リンゴあったのでリンゴ炭酸ウォーラーよ!

今日も朝からシャキッといい感じ!!!


すいすいすいようび~

今日も頑張ろう!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん