「レーベ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: レーベとは

2018-11-23

ドストエフスキーの「白痴」を読んだ感想

女性との付き合い方で悩み、調べたこから読み始めた「白痴

2年ぐらいかけて読み終わったので感想を書く(ネタバレあり)

まず、本筋とは関係ない文章が多過ぎる()

白痴」のメインテーマとしては、「もし当時(19世紀後半)のロシア社会に、誰からも好かれる善人で、白痴である公爵(主人公)が現れたらどのような波乱を起こすか」という筋がある

その関係公爵女性関係の波乱に巻き込まれて行くのだが、それとは関係のない話がとても多い

そのため、前半で力尽きて暫く読むのを放置してしまった()

しかし、本筋と無関係な話にも面白い所がある

個人的に筆者が人間性質考察している所がとても気に入った

ガーニャが主役になれない(?)みたいな節は未だに正しいのか判断がつかない

また、イポリートレーベジェフなど、非常に魅力的なキャラが揃っている

イポリートは前半やや厨二病掛かっていたが、2人ともこういう引っ掻き回すキャラ結構好きだと思った

ただ、最後最後アグラーヤとナスターシャフィリポヴナの互いに向けた感情がただの嫉妬に終着したのは納得がいかなかった

散々引っ張っておいてただの昼ドラやんこれ

結論

面白いけど長い

これが初ドストエフスキーなのだご何か他にオススメがあれば教えてくれ

2016-10-18

金が十分にあるドラクエはどの程度楽になるか考えてみる

(通常攻略と同じ部分は省略)

1:ラダトームで最強装備を整える→いきなりメキドへ行って最強装備を買う、が出来ればいいが流石にメルキドへ行くのは門番ゴーレムに勝てない。最低限マイラに寄って一段階上の装備を買うべきか。

2:リリザで最強装備(ちなみに鎖鎌、鎖帷子、皮の盾)→サマルトリアの王子を仲間にしたらリリザでサマルの最強装備(ローレシアと同じ)→ムーンペタローレシア王子に鋼シリーズ→船入手後、ザハンで金の鍵入手→ペルポイで光の剣などを買う

3:レーベで最強装備→ロマリア到着後、アッサラームへ→ポルトガで船を入手したらランシールで消え去り草→エジンベアでかわきの壺入手→サマンオサで最強装備

4:カジノコインをひたすら買いまくれば、いのりの指輪を大量に入手して実質MP制限がなくなる。はやぶさの剣勇者が使えばそれなりに役立つ。(5章限定)船入手後、ミントスから南南西に行ってリバーサイドドラゴンキラーメイルシールドを買う。

5:オラクルベリーカジノエルフの飲み薬(MP制限)、世界樹の葉ザオリク代わり)、メタルキングの剣グリンガムの鞭が手に入れば後は楽。

6:上ライフコッド精霊の鎧を買ってミレーユに装備させ、サンマリーノカジノ魔法の聖水、ドラゴンシールドプラチナメイルを入手すれば楽になる。(世界樹の葉欲望の街まで置いていない)

7:過去現在ダーマ神殿手前の宿にあるカジノで、ラッキーパネルに無制限で挑戦できるが最終的には根気と運の問題の方が大きい。

8:パルミドカジノ魔法の聖水とルーンスタッフ(使うとスクルト)が手に入る。

9:船入手後、カルパドの集落とエルマニオン学園で装備を整えられる程度。

結論:そもそも行ける地域制限が多いのであまり意味はない。むしろカジノを当てたほうがよほど楽。

http://anond.hatelabo.jp/20161018223824

2015-08-07

エレベーターの開け閉め

あのボタンいらなくね?

あんなの押してる暇あったら、さっさと出ろって。

レーベーターって挟まっても痛くないし。

そもそもそんなにすぐ閉まらないし。

なんか自分が開け閉めボタンを押さなきゃいけない空気になるのがすごく嫌。

2013-11-02

週末に悶々として帰宅

三連休前の金曜日

仕事も一区切りで、少し酒を飲んで帰宅時の話。

最寄りの駅に着き、ホームから改札へエレベーターを使った。

エレベーターには割とたくさんの人が乗っていて、自分は開閉パネルのところにいた。

閉めようとボタンを押した時、2人の男性が乗り込んできた。

そしたら、「ブーッ!!」とブザーが鳴った。

定員オーバーの知らせだ。

常識的に考えると、最後に乗り込んできた2人のどちらかが降りるべきだったと思う。

だが、2人は降りようとしない。

定員オーバーを知らせるブザーは鳴り続ける。

ドアが閉まらず動かないエレベーター内で無言の人々(自分も含む)。

自分は開閉パネルの所にいたこともあって、

「定員オーバーみたいです」と言おうとした。

その時。

レーベータの奥の方にいた男性が、

すみません。降ります」と。

その男性が降り、ブザーは鳴り止み、エレベーターは動き出した。

から帰宅途中、とても悶々とした。

自分は定員オーバーな状態で、「定員オーバーみたいです」と言って、

から乗ってきた2人にそれとなく「降りて欲しい」というメッセージを伝えようとした。

だけど。自分は降りようとしなかった。

そこに、奥の方にいた男性が「降ります」と言って降りた。

自分の小ささに悶々とした。

それから社会はこの降りた男性のような人がいるかバランスが取れて成り立っているんだと思った。

だけど、きっと楽な生き方は後から乗ってきた2人なんだと思う。その事に悶々とした。

あー、なんだか悶々とした週末だなー。

2012-08-07

http://anond.hatelabo.jp/20120807212206

*まごを おもう ばばあの ちからレーベのむらに おのれの いきた あかしを きざみつけた!

http://anond.hatelabo.jp/20120806234156

無粋を承知で言うのなら

ファミコン版のドラクエ3で、冒険の書レーベから始まることはありません。

なぜならセーブ王様の元で行うから教会セーブできるようになったのは4からです。

別に創作でもいいけど、こういうディテールに手を抜かないでほしい。

2012-08-06

ばあちゃんのドラクエ

小学校のころ両親が共働きの僕は、ばあちゃんが面倒を見てくれていた。元小学校先生をやっていたばあちゃんは、体力も他のお母さんたちに負けないくらい元気で、一緒に歩いていると親子によく間違えられた。田舎夏休み連れて行ってくれるのもばあちゃん。算数や国語を教えてくれるのもばあちゃん。なにか学校で困ったことがあると来てくれるのもばあちゃんだった。

小学校4年の時、2回分の誕生日クリスマスのお願い計4回をあわせて、ようやくファミコンが解禁となった。発売日に出たドラクエ3を買い、すぐに没頭した。はじめてのファミコン、はじめて自分家で楽しむドラクエ。どんどん強くなる「自分名前を付けた」勇者ピラミッドでは苦労しながら黄金の爪を手に入れ、賢者の書を使い、ダーマの神殿賢者にはじめて転職した時、事件は起こった。

僕がプレイしている間、ばあちゃんが掃除機をひっかけてファミコンにぶつけてしまった。深夜のテレビ砂嵐のように画面が激しく揺れると、ぷっと電源が切れた。僕はあわてて再起動すると、「おきのどくですが、ぼうけんのしょはきえてしまいました」の文字。自分の血の気が引いていく感覚を感じた。

やり場の無くなった、怒りと悲しみは、ばあちゃんに向けられた。自分がどんだけこのゲームをやりこんでいたのか。消えたセーブは二度と帰ってこないのにどうするんだ!!と。それからずっと怒り、泣き叫び、ばあちゃんを罵倒し続けた。ばあちゃんは「ごめんね。ごめんね。」と謝っていた。その日はずっと、僕はばあちゃんと口を聞かなかった。

僕とばあちゃんの状況がおかしいことに気づいた父親は、ばあちゃんから事情を聴きだした。そして、「ゲームで怒るなら、もうお前からゲームを取り上げる。」結論がくだされた。死ぬほどハマっていたドラクエ3もファミコンも隠されてしまい、僕の前から姿を消した。


それから、年月はあっという間に経ち、僕は社会人6年目になった。ゲームを取り上げられた反動ゲームへの想いを募らせたのか、ゲームを開発する仕事についた。ゲーム会社就職するときも、訝しげな顔をする両親を「この子ゲーム本当に好きだから。長い間、やれなかったゲームへの想いをここまで残せるのは、この子の才能だから」と説得してくれたのはばあちゃんだった。

そんなばあちゃんが先月入院した。進行性のアルツハイマー病だった。半年くらい前から物忘れと約束を破ることが増えており、看病しつづけるのが困難になってきていた。思った以上に、入院が長引きそうだったので僕はばあちゃんの部屋の荷物を病院にいろいろと届けることになった。

ばあちゃんの部屋で荷物をまとめていると、1冊の日記帳が出てきた。

「昨日、○○のゲームを壊してしまった。ファミコンを買ったお店へ電話してみたが、直せないらしい。戻す方法は同じようにゲームを進めるしか無いらしい」と書かれてあった。それから、ばあちゃんは親戚のいとこに電話して聞いてみたり、電気屋さんに聞いてみたりとしながら、ゲームを進めようとしていた。でも、解らない。進めないという事が書かれていた。僕のファミコンがなくなっても、いつか返してもらえた時に消してしまったセーブデータを復活させるためにこっそりと進めてくれようとしていたようだった。

僕は、たまらなくなり父親にファミコンを、ドラクエ3をどこに隠したのか聞いて見つけ出した。何年も使っていないホコリの被ったファミコンドラクエ3をさたちあげてみると、僕の名前の入った冒険の書があった。

レベル21のレーベ冒険の書は始まっていた。仲間はおらず、勇者だけ。そうびも何もしていない状態だった。

2008-10-23

レーベーターに乗ると同時に友達が全部のフロアボタン押したら

2Fで話したことのない同じ学校の顔見知りが乗ってきてそいつがドアが開くたびに閉ボタン押すことになってすげぇ気まずかったことあるな。

店員と客よりも

老人と若者の方がマナー度数はずっと上と思う。

客がエレーベーターの操作板の前にいても店員が変わりましょうかなんて言う義理も文化も1ナノグラムもないが、

老人が操作板の前にいたら変わりましょうかくらい言ってもいいと思う。ていうかそっちの方が必要度数が比べ物にならないほど高い。

もちろん言われた老人は「バカにすんな!」って怒ると思うけどな。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん