「カレン族」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カレン族とは

2017-09-11

anond:20170911084201

ゾロアスター教では近親婚はむしろ最高の美徳として考えられていた。

ジャワのカラング族などでは母と息子の結婚許可されていたり、ビルマカレン族などでは父と娘の結婚許可されていた。

エジプトでは古代王族のみならずかつては庶民兄弟姉妹結婚していたという。

2017-09-09

https://anond.hatelabo.jp/20170908230300

インセストタブー (Incest Taboo) とは近親相姦タブー禁忌)のことを指す

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%BC

ゾロアスター教では近親婚はむしろ最高の美徳として考えられていた(フヴァエトヴァダタ)。

ジャワのカラング族などでは母と息子の結婚許可されていたり、ビルマカレン族などでは父と娘の結婚許可されていた

エジプトでは古代王族のみならずかつては庶民兄弟姉妹結婚していたという

日本では夜這い伝統性教育の一環として適当初体験相手がいない場合母親父親相手を務めることもあったという

いろいろ面白い

2014-09-15

少し遅い夏休みを取って、妻と一人娘の三人で、海外旅行に行ってきた。

から旅が好きで、何度もバックパック背負って歩いたタイ10日ほど。

1歳児の航空券はタダなので、そのぶん少し奮発してビジネスクラスにする。乗り継ぎ便だけどね。

小さい子供を蒸し暑い都会のバンコクを連れ回したら疲れてしまいそうなので、北部チェンマイ直行

最近、やっと「ぞうさん」って言えるようになった娘を象に乗せてやり、大好きなバナナを象さんと一緒に食べさせてやりたい。

ホテルツアーを申し込む。昔はピックアップトラックの荷台に乗って回ったけれど、事故も怖いしちゃんとしたバスツアーを選んだ。

そのツアーではエレファントキャンプに向かい、象の芸やスポーツを鑑賞した後、娘大興奮のエレファントトレッキング

次に向かったのは、首長族の村。首に金属の輪をはめて伸ばしている人たちだ。

娘はビックリした顔で後ずさり、それでもニコニコ笑いかけてくれる首長族の女性に興味津々で、妻にだっこされ、首輪を触ったりしていた。

僕はガイドに「このあたりには首長族の人がたくさん住んでいるの?」とたずねた。

「いや、彼らはタイ人間じゃないよ。山の向こうのミャンマーだよ」とガイドは答えた。

彼らはカレン族というミャンマー少数民族で、迫害を受けて難民になったり、食うに困って国境を越えた出稼ぎをしたり、でタイにいるのだという。

この村にいるカレン族は、半年単位で数家族ずつが交代して出稼ぎにきているのであり、パスポートは回収され、この村の外には出られないのだそうだ。

「あと、家族の女だけが来ることになるから家族半年離ればなれだ」

「なんで?」

外国人が見たいのは、首を長くする女性だけだからね」

そこには、確かに女性しかいない。まだ10代半ばくらいの女の子もいる。

無邪気な娘を見ていると、自分の娘がこうなったら…と、自然に考えてしまう。

ここは1歳の幼児飛行機に乗せて物見遊山に来るような観光客にとっての『人間動物園なのだ

ひょっとしなくても、今日払った1万円のツアー代が、彼女らひとりの月給くらいかもしれない。

せめて、偏見なんて持ちようがない歳で初めて彼女らを見て、きゃっきゃと愛想を振りまいている娘が、大人になったらきちんと理解してくれるといい。

2013-05-07

ランボー最後戦場 プロパガンダ映画



ソーゾー君 2012年07月23日 10:56

ミャンマー政府が何をしてるか知らないのに何でそんな記事を書くんだ?

ミャンマー政府民主主義を基盤とした国益重視=当たり前の政治方針=主権国家になるために準備し段階的に実行しているからだよ・・

資源通貨も国=国民が握るミャンマー政治形態民主主義になったら叩けないだろ?

それが困るからスーチーを送り込み支援し小数民族を支援し欧州銀行家主導の民主化=資源通貨民営化しようとしてるんだよアホ。



スーチー一派=小数民族=反政府を支援し暴れさせて鎮圧したら経済制裁をして圧力をかける。

小数民族目的独立かもしれないが支援している連中はそんなことは望んでない。

国境線を排除しても引き直しても無駄なんだよアホ・・

国境線の排除は独立を望む小数派の目的と相反するから従う訳がない。

ミャンマー政府は嫌だがイギリス政府ならOK?」そんなわけないよな?



線を引き直しても大国=ミャンマー無視して通商するか?国際交流するか?

資源大国ミャンマーを切ってカレン族独立国家を支援するのか?

ミャンマーとなら利益はあるがカレン族独立国家は莫大な支援を必要とするが利益はないぜ?

おまけにミャンマーとの経済交流は出来なくなるぜ?

ミャンマーカレン族日本アメリカイギリスフランスになんのメリットもない。



ミャンマー欧州銀行家の飼い犬がテロを起こしてミャンマー政府が鎮圧したな・・・

そして欧州銀行家の飼い犬のスーチーが来日か・・アホくさ・・

リビアと同じことやってるぜ?シリアでも同じことやってるぜ?

ミャンマーでも同じことやってるぜ?

まだ知らないふりするのか?
































中央銀行・発行権】黒幕銀行家2【信用創造

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/10043/1353851390/l50

中央銀行・発行権】黒幕銀行家37【信用創造

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1343051395/

2013-04-13

欧州銀行家の飼い犬 アウン・サン・スー・チー氏が来日




ソーゾー君 2012年07月23日 10:56

ミャンマー政府が何をしてるか知らないのに何でそんな記事を書くんだ?

ミャンマー政府民主主義を基盤とした国益重視=当たり前の政治方針=主権国家になるために準備し段階的に実行しているからだよ・・

資源通貨も国=国民が握るミャンマー政治形態民主主義になったら叩けないだろ?

それが困るからスーチーを送り込み支援し小数民族を支援し欧州銀行家主導の民主化=資源通貨民営化しようとしてるんだよアホ。



スーチー一派=小数民族=反政府を支援し暴れさせて鎮圧したら経済制裁をして圧力をかける。

小数民族目的独立かもしれないが支援している連中はそんなことは望んでない。

国境線を排除しても引き直しても無駄なんだよアホ・・

国境線の排除は独立を望む小数派の目的と相反するから従う訳がない。

ミャンマー政府は嫌だがイギリス政府ならOK?」そんなわけないよな?



線を引き直しても大国=ミャンマー無視して通商するか?国際交流するか?

資源大国ミャンマーを切ってカレン族独立国家を支援するのか?

ミャンマーとなら利益はあるがカレン族独立国家は莫大な支援を必要とするが利益はないぜ?

おまけにミャンマーとの経済交流は出来なくなるぜ?

ミャンマーカレン族日本アメリカイギリスフランスになんのメリットもない。




ミャンマー欧州銀行家の飼い犬がテロを起こしてミャンマー政府が鎮圧したな・・・

そして欧州銀行家の飼い犬のスーチーが来日か・・アホくさ・・

リビアと同じことやってるぜ?シリアでも同じことやってるぜ?

ミャンマーでも同じことやってるぜ?

まだ知らないふりするのか?





































中央銀行・発行権】黒幕銀行家2【信用創造

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/10043/1353851390/l50

中央銀行・発行権】黒幕銀行家37【信用創造

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1343051395/

2012-04-13

小吹は週間金曜日に手記を掲載しているが・・・

527 ソーゾー君 [] 2012/02/03(金) 07:45:27 ID:uZKdR1PQO Be:

526続き

この事を指摘したら「小吹は心を入れ替えた」等の中身の無い屁理屈回答が返ってくる。

小吹の経歴を調べたらコシミズ以上に危険な奴であることが解る。

どうやってあの動乱期のミャンマー不法入国出来るんだ?

カレン族は現地の人を奴隷にして貴金属採掘な従事させている山賊だぜ?

しかも小吹はカレン賊の支配圏以外に政府の支配圏にも侵入したと言っている。

こんな事出来る訳が無い…入国規制を敷いている国に

入国許可証を保有していない外国人が市中をフラフラ散策できる訳が無い…

直ぐに警備の人間が飛んできて逮捕される。

まー小吹の主張が事実だとしてももう一つ問題がある。

誰にも見つからず侵入するのは当たり前だが脱出も誰にも見つかったらダメだぜ?

タイに入れば問題ないがミャンマータイ国境には両国の警備がある

両方の警備に見つかるとアウトだぜ?

小吹は侵入と脱出を誰にも見つかることなく達成したらしい…

「では誰が小吹の冒険談の真贋を証明するのかな?」

「小吹は週間金曜日に手記を掲載しているが週間金曜日

連中はそれを何故信用したのだろうか?」

小吹がミャンマーに侵入したと言う証拠はないだろ?

小吹は誰かの支援の元ミャンマーに侵入したのか?支援者が居て

支援者が証明たから週間金曜日の連中は信用したのか?

小吹が証明できるのはタイに居た事だけだぜ?



中央銀行・発行権】黒幕銀行家5【信用創造

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/9191/1333369457/

中央銀行・発行権】黒幕銀行家36【信用創造

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1327244413/

2009-05-30

あたかもコミンテルンのごとく軍部政権少数民族ゲリラを両天秤の中国

欧米ミャンマー報道は「スーチー」偏向プリズムで目が腐乱している

アウンサン・スーチー女史だけが欧米にとってミャンマー報道の全て。

日本マスコミの取材力も解析力も貧弱だが、欧米マスコミのそれも変わりばえしない。スーチー女史が民主化シンボルというのは、盧武鉉韓国民主化シンボルだった、という嘘放送同様に悪質なデマゴギーに属する。

しかしスーチー問題はここでは論じない。詳しくは高山正之氏の『スーチー女史は善人か』(新潮社刊)を参照されたい。

ミャンマーを壟断しているのはたしかに軍人政権だが、社会構造は二重になっており、軍部より上位に仏教があり、国中いたるところパゴダばかり。敬虔なひとびと、穏和な性格農業国家倫理性が高い。それこそ欧米植民地時代の悪辣非道な統治に比べると、ミャンマー国民倫理の高さ、その潔さは比べようがないのではないか。

英国植民に狎れ、英国留学したスーチー女史には土着の思想も発想もない。東チモールグスマンのごとし。或いはパキスタンのブッド元首相のごとき。

ミャンマーを一週間旅行したことがあるが、その穏やかな人々と風景のどかさに、むしろ感動した。

さてミャンマーの北方地域から北東部にかけての山岳地帯は軍事政権も統治が及ばない無法地帯をかかえる。カチン族、カレン族、モン族が実効支配する地帯で、しかも麻薬栽培が盛ん。その無法地帯国境を接するのは?

中国です。

辺境地帯のゲリラは武装しており、独自の税金を取り立て、長年にわたって軍事政権と対峙してきた。

北東部はカチン族などの部族長らが指導権を握り、カチン民主戦線(NDA),シャン州軍(SSA),民主同盟軍(MNAA),ワ州軍(UWSA)等、反政府では同じでも、ゲリラ間の統制はとれておらず、お互いがいがみあっている。いがみ合えばあうだけ、ミャンマー軍事政権としては分断統治がやりやすい。

しかし国際的孤立にくわえ、国内政情不安民主化要求の板挟みにあって、ミャンマー軍幹部は、個別にこれらゲリラ頭目たちと会談しはじた。

年初から五月初旬にかけて密かに停戦を話し合ったが、長い戦闘による猜疑心が交錯したため交渉は難航し、結局、五月下旬になって破談におわっていたことが分かった(アジアタイムズ5月29日号)。

停戦条件は信用できない

軍が提出したのは、ゲリラ側の武装解除とひきかえに、かれら戦闘員をミャンマー政府の『軍人』として政府軍へ参入し、給与を支払うことなどが条件だった。

とくにUWSAは、中国テコ入れで対空砲、地対空ミサイル、190ミリ迫撃砲などで武装しており、軍部の出す条件はうっかり飲めないと踏んだ。

武装解除したあげく軍が急襲して殲滅させられた例を、カチン族らは見てきた。

UWSA軍は25000名。またワ州軍はカチン族の集団で武装兵士20000名を抱えると言われ、武装解除と自治が交換条件だが、やはり政府を信用しておらず、停戦交渉は決裂した。

これらの武器はどこから来たか

中国である。ワ州には中国が援助した武器工場まで存在する。

一方で、欧米が激しく非難するミャンマー軍事政権が制裁措置をもろともせずに存続する理由は最大の胴元が中国だからである。

国際的に孤立しても核武装を急ぎ、核実験を繰り返して平然としている北朝鮮も、結局は中国テコ入れをしているからだ。

中国国際社会の反対をよそに、堂々とミャンマー政府を支援してきた。

中国ミャンマー軍事政権への武器援助の交換として獲得したのは、インド洋アンダマン海沖合の無人島を二つ租借し中国海軍の観察基地としているほか、ミャンマー沖合の海底ガス油田開発権利をインドと競って獲得している。

後者は30年の長期契約である。

中国雲南省ミャンマー南方の港湾とを結ぶハイウェイ建設、山岳での発電所建設を援助し、さらに沖合からミャンマーを南北に縦断するガス輸送パイプライン中国が敷設する。

そうしてビジョンを持っていると同時に中国反政府ゲリラ組織へのテコ入れを行うのである。第一はパイプラインを安全にまもるためには山岳ゲリラとの妥協が必要であり、第二に中国が最大支援国としての発言力をバックにミャンマー軍事政権を説得できるからだ。

 

ビルマ共産党に一時期テコ入れしたのも中国だったが。。。。。

一方、中国1970年代から反政府ゲリラの肩入れしてきた。理由は彼らがビルマ共産党の流れを汲むからであり、また国境貿易の主体でもあり、麻薬の柱石地点でもある。

途中で中国ビルマ共産党の武装援助のテコ入れをやめる。理由はビルマ共産党は、とても組織的に脆弱で使い物にならないと判断したからである。

あたかもコミンテルン辛亥革命直前から清朝反政府組織テコ入れし、孫文日本から寝返らせて、周辺をソ連将校らが固め、さらに蒋介石毛沢東の双方を援助した。西安事件を命令して蒋介石毛沢東を共闘させるために国共内戦を終わらせ、抗日統一戦線を組ませた。当時の中国共産党は山岳ゲリラの類い、スターリンの命令には逆らえず、また蒋介石も息子の蒋経国モスクワ留学(という名の人質)にとられていた。

コミンテルン国民党共産党に両天秤をかけていた。

いま中国は、あたかもコミンテルンの謀略の現代版を実践するかのように、一方でミャンマー軍事政権に異常なテコ入れおこない、他方ではミャンマー反政府ゲリラ組織にもテコ入れしてきたのだ。

山岳ゲリラの跳梁に悩まされるミャンマー現地民はタイの難民キャンプへ逃れており、これは国際的な人権問題。次の難題がそこにある。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん