「VisualStudio」を含む日記 RSS

はてなキーワード: VisualStudioとは

2021-01-04

anond:20181206152011

以前の職場会社許可したソフトウエアしかインストールしてはいけないってことになったけど、秀丸ATOKが使えないと作業効率が落ちるとかめっちゃ文句言う人がいて、結局会社ライセンス買ってたな。

開発はVisualStudioだったし、ほかのエディタ覚えるっていってもそこまで大変じゃないし、秀丸固執しすぎで謎だったわ。

2020-10-15

エディター向けのお勧めフォント教えて

VisualStudioとかSSMSとか使いだが、エディターの標準フォントMSゴシック最近見るのが辛くなってきた。

作業が捗って、なんかハッカーみたいにカッコ良く見えるフォントあったら教えて下さい。

ちなみにエディターの背景色は真っ黒(#000)なので、その辺りも考慮いただけると助かります

2020-09-02

anond:20200902150243

OS対応ライブラリを調べて本当に問題いか確認していくと

VisualstudioコンパイルフラグOKっといわれて

コストばっかりかかる、金食い虫の嘘つきちがい。といわれて、首になっちゃうよ。

ただ、本当にサポートすると成ると、かこのライブラリが本当に大丈夫テストしないと

いろいろある時はあるから

あるでしょ

たまに、クロームからとか、FFバージョンがとかで不具合が出ること

組合せ論 確認してサポートしていますだし

確認していなくても動くよ!って

うん、

どうして、こっそり、簡易試験はやって、不具合はなおしているって思わないんだろうね

2020-06-18

anond:20200618142438

VisualStudioだともうながいので、補完前提で打ち込むんだが

ちょいツールを変えたら、なにをやっても競合するかんず

2020-05-06

anond:20200505233945

VBAExcelとか触ってるならPythonSelenium使ってWebシステム自動化や、PyAutoGUIで普通アプリ自動化とかやってみて欲しい

Pythonは少し癖があるけど難しい言語ではないし(VBAとはかなり毛色が違うとは思う)、ちょっと手間かかるけどPyCharmとかVSCodeとかの環境整えて補完やテストデバッグバージョン管理のやり方覚えると、VBAよりもイライラが驚くほど減ると思う

あるいは、プログラミング自動化好きな人と道具的なツールアプリを作るのが好きな人自己表現好きな人がいるように思えて(あとゲーム作り好き)、自動化好きな人ツールアプリを作るのが好きな人結構好みが似ていると思うからPCソフトを作るならC#+VisualStudioiOS/AndroidソフトならSwift/KotlinWebアプリならJavaScript(と今ならVueとか?よく知らない)とかを覚えると面白いかもしれない

自動化転職するのは難しい気がするけれど(事務系の資格持ちとかならスキルとして強いと思う)、アプリ開発ならかなり求人多いし、零細が多いか年収気にしなければ高卒でも就職は出来ると思う

2020-04-19

anond:20200419164557

究極的には2Gでもいける。さすがにVisualStudioは難しいが、make系ならなんとか

2020-01-30

プログラミング界隈との距離が辛い

本職じゃないかVisualStudio稟議下りない。

Pythonも色んな制限がある。

プログラミング界隈だと、待っていれば良い開発ツールが出てきて効率が上がるのだろうけど、

マイナーなもんだから自分で作るしかない。でもVisualStudio稟議下りない。


Windowsしか選択肢がないが、個人勉強しても、仕事でつかえない。辛い。

数値計算はいいけど、グラフプロットするとか、3D表示するとか、大規模になるとお手上げ状態になる。

2020-01-29

どうして海外製ばかりになったんだろうな

海外の方が技術力が高くとも国内産業を育てるために関税で国が守るというのは重工業までは普通だった。


パソコンCPUGPUやらマザボ海外製。

スマフォも一時期日本製部品が使われていると言われてたが割合は減っていっている。

それ以外の組み込みチップArmだったり海外製。


ソフトWindowsVisualStudioも。

アニメ漫画が強いといいつつも、制作にはAdobe他、海外ソフト必要

出版海外ソフト必要

CG製造関係ソフト海外が多い。ゲームが強いと言われるが制作必要なのは海外製だろう。


Web関係ほとんどが海外


アメリカが強すぎるのは確かだが、何が悪かったのだろうか。

1つ目は規模、2つ目はハードへの投資

Googleの一面はソフトウエア会社だが、差別化を支えているのは大量のサーバールーターだ。

これからハードではなくソフト差別化する時代新聞などではいうが、ハード進化しなければソフトでは理論演算能力以上は超えられない。

初代iPhoneハードを使って今のiPhoneXやpixel4を超えるソフトが作れると言われたら、多くの人は疑うのではないだろうか。要は両方必要だった。


3つ目は情報収集能力で、ニュースメディアに出る前の段階で、どれだけ情報仕入れられ分析できるか。

フランスのYoleのような技術分析ができる企業日本にそうそうない。

Googleだってネットに載らないようなオフラインカンファレンスでの情報収集には社員を送り込んだりしている。

2020-01-22

RPAなんてさ、Microsoftエンタメに力入れずにいたら実現できてたよね

からVisualStudioGUI作るところで、CUI操作自動化考慮して作れるようにしておけばよかったのに。

デスクトップ画像認識してボタン押すとかないわー


MS Officeも本当に効率がいいんだったらプログラマーにも受け良いだろうし。

VBAエクセル以外触るとハマるのも。。。

2019-10-25

数年前に卒業したHAL東京の話

こんな記事話題になっていた。

暇だからゲーム専門学校時代を振り返る - 昆布がないと開発できない。 http://donnpema6.hatenablog.com/entry/2019/10/23/004918

HAL東京は私の母校でもある。読んでいてとても懐かしくなった。

この記事を書かれた方と同じように自分卒業して思う事や学生時代を振り返ってみたくなったので書く。駄文ですが入学検討している高校生、在学中の方にこれからの参考になればと思う。

まずは私の情報について。

高校卒業上京HAL東京

学科ゲーム制作学科

現在大手ITにてモバイルゲームエンジニア(Unityメイン)

まず私はゲーム業界志望で入学してゲーム業界就職したパターン人間である

HAL東京ゲーム学科なんだからゲーム業界に行くのは当然ではと思われる方もいるかもしれないが残念ながら半数近く、またはそれ以上の人数がゲーム以外の業界に行く。

入学してから卒業までを簡単に紹介しよう

1年目

・冒頭で紹介した記事にもあった通り、HAL東京では前期・後期に別れて授業を行う。1年目は基礎を学ぶ。

・この基礎だが、プログラミング以外にもデザインコンピュータサイエンスなども行う。これは1年目の後期に改めて学科選択の機会があるからだ。実際にプログラミングやってみて自分に合ってないと考えた人はデザイン学科にも行けるというわけだ(最も、最初希望とは違う学科に入ってちゃんとその業界就職した人を私は知らない)

プログラミングの授業ではC言語を学ぶ。私は高校時代プログラミングなんて一切やっていなかったので初めて触れたのがCだった。printfHelloWorldしたりscanfでメモリ領域ぶっ壊したりしつつもプログラミングの基礎を学ぶ。 IDEVisualStudioだった。

コンピュータサイエンス系の授業では、基本情報技術者試験合格を目指し皆勉強する。HAL東京では基本情報技術者試験を取得していない場合、この授業が卒業まで続く。就職において資格を見る会社一定数いるのでこのカリキュラムは良いと思う。取得している場合Android開発やコンシューマゲーム機での開発授業などが選択できるようになっている。私は初の試験で無事合格したが卒業時でも取れてない人は一定数いた。馬鹿なんじゃないのか。

・1年目の後期から学科に別れた授業+コンピュータサイエンス系の授業といった感じで進む。

C言語コンソール文字を表示させてゲームを作るというのを1年目はやる。独自ライブラリが渡される。

文字だけで表現するのにこの時点で出来るやつと出来ない奴がはっきりとわかる。 優秀な人間自分でバックバッファ概念を構築したり、滑らかなアニメーションなどを実装している。凄い。当然彼らは誰もが知っているような大手ゲーム会社に今はいるはずだ。

・1年目の最後学内での制作物の展示イベントがある。そこで作ったゲームを展示するのだ。ここで出来ていない人はおそらく翌年には退学している。私は完成はしたものの拙い出来だった。反面、負けてられないなとは思った。

2年目

・2年目からDirectX使用した本格的なゲーム開発の授業がスタートする。またそれと並行してコンシューマゲーム開発の授業が始まる。私の世代ではNintendoWiiだった。

C言語の授業もC++の授業になり、クラス化などについて学ぶ。

コンシューマ開発の授業は基本的情報がない中やる。渡されるのはWii関数リファレンスの本だけ。あとは授業で教官から教えられつつ実装していく。

DirectXでは9を使用していた。Xライブラリのようなものは一切使わず、直でDirectXを触る。描画の仕組みなども学べるのでこの授業はとてもよかった。確か前期は2Dゲーム、後期は3Dゲームだった気がする。それぞれ個人開発で1本づつ作る。私はこの時に作った3Dゲーム結構面白く出来て自信がついた。

・2年目の後期ではWiiの開発でチーム制作を行う。チームは勝手に決められるが基本的に優秀な人がリーダーになる。チームによっては崩壊しているチームやギスギスしているところもあり、プログラミングできる人と出来ない人の差が露骨に出る。何人かはここで脱落し、退学する。

3年目

・3年目ではいよいよ就活に向けた準備とインターンが始まる

DirectXの授業は継続しておりCで作ってたものからC++で作るようになる。ここらあたりからかなり複雑なアルゴリズム(地面の起伏に応じた高度計算や正確な当たり判定の実装など)も学ぶ。

DirectXとは違うものとして、OpenGLの授業も始まった。OpenGLDirectXマルチプラットフォームを目指してゲームの開発を行う。またネットワークを使ったゲームOpenGLで開発したりもする。この授業では基本的自分で調べて進めていく。調べる力をつける。今思うと一番エンジニアとして大切なことが学べる授業だったと思う。

・先ほど書いた、基本情報合格していると選択授業でAndroidプログラミングなどもできる。

就活に備えたビジネスマナーなどの授業も始まる。その日はスーツを着て通学する。私はこの時点でスーツ着て働くのは論外だと強く感じるようになった。

・3年生のビッグイベントとして10月にインターンがある。これはHALゲーム会社IT企業に依頼する形で生徒を会社インターンとして参加させるというものである。当然ながらこれも出席率などに問題がある場合は参加できない。

インターンは1ヶ月間あり、ゲーム会社にいく人もいればデバッグ会社にいく人、IT企業にいく人様々である。どこにいくかは教官が決める。私はゲーム会社だったがかなり勉強にはなったしゲーム会社で働く雰囲気というものを知れたのでよかったかなと思う。

・3年後半からDirectX就職作品を作り始める。就職作品はいわゆる企業の人に見せる作品の事である。これは完全に個人で作るので人によって完成度はかなり違ってくる。中には商業作品のようなクオリティのものを完成させる人も出てくる。実力社会である

4年目

・4年目は卒業制作展と就職活動、産学連携の三つがメインとなる。

・私は4年になる頃には就活終わっていたのだが基本的に全てにおいて就活を優先する様になる。内定出るまではスーツで通学など、それ意味あるのか?

HALには学内企業説明会というシステムがあり、様々な会社が来校し企業説明特別選考の案内をしてくれる(任意参加だが就活中の人は実質強制参加である

・4年中盤くらいにはもうほとんどの人が就活を終えているが一部の終えていない人たちは延々と説明会に参加してはエントリーシートを書いていた。大変だなぁ。このくらいの時期になるともう学内企業説明会ゲーム会社はほぼ無い。自分で動け。

産学連携卒業制作ではチームを組み制作するのだが使用するグラフィックライブラリなどに指定はなく、プラットフォーム自由となる。そのため、DirectXOpenGLを学んでいても大抵のチームはUnityやUnrealEngineを使うことになる。

・4年目後半は卒業制作展にひたすら取り組む、この制作はとても私の中にも印象に残っている。正直楽しかった。好き勝手にみんなで面白ものを作れる。

さて、ここまで1〜4年の流れをざっくりと書いた。

次にHALについてよく聞く話、課題が多いという話にもついて触れておこう。

HAL東京では課題がまぁまぁな数が出る。

1科目年間20くらいは少なくとも出てる気がする。(規模はまちまちだが)

この課題だが課題一定数達成(承認という)していないと科目留年となってしまう。とはいえ教官自分がわかるまでサポートしてくれるので主体的に動けば落とすことは無いだろう。(私は4年間で1度も落とさなかった)

また出席率も見られる。確か80%切ったらアウトだった。

毎日しっかり通学して、出された課題をしっかりこなせれば基本的に力はつく様になっていたと思う。就活失敗していた人はハッキリ言ってこれが出来てない人が多かったイメージがある。

また授業は1コマ90分で最大1日5コマある

そのため1回休むだけで内容についていけなくなる恐れがある。しっかり授業は受けよう。

次に私の就活についても触れておこうと思う。

私は3年の中旬くらいから早く就活を終わらせたいと思っていた。また、コンシューマ業界は色々と魅力はあるが第一給料が安いところが多いし働く環境として良いとも思えない面が多かったので最初仕事モバイルゲーム業界がいいなと思っていた。

そのため早い段階で逆求人サイト登録したり、1on1面談イベント勉強会などにも参加する様になった。

個人的に今思うのが3年の中旬くらいの時期から動き出せたのが一番良かったなと思っている。勉強会などで大学生で同じ様にゲーム業界目指している人たちとも多く会ったりしているうちに、自分結構出来る方の人間なんだなと思う様になる。

正直HAL東京カリキュラムは異常で、普通にゲーム作りたいという人はOpenGLDirectXもやらない。直でそれらが扱える様になっているHAL生は業界的に結構貴重な人材になりうると思う。

描画の仕組みをわかった上でゲームエンジン使うのとそうじゃ無いのとでは全然違うんだなとこの時気づいた。HALの基礎から教える理念はとても大切だった。

私は趣味で別でDirectXゲーム作ってたりもしてたので、それを企業の人に見せたりもしていた。何かしら物を作りきるという経験を何回も積んでいるHAL生の評価は高い。(ちゃんと授業出てれば1本は作りきれるはず)

何社か逆求人で声がかかり、そのうち一番気になっていた会社と話しているうちにどんどん選考が進み、特に苦戦せずに2月くらいには内定が出ていた。私の就活はかなりあっさりと終わった。

モバイルゲーム業界IT業界は今かなり盛り上がってるのもあり年収もかなり良く、この結果にはかなり満足している。

最後に、私がHAL東京入学して良かったかどうか、という点について触れてこの駄文を終わらせようと思う。

結論から言うと私は入学して良かった。

もともと、ゲームは作りたいと思っていたが、何から始めたらいいのかわからなかった。

そんな中、専門学校で学ぶことで0→1が出来る様になったのはやはり大きかったと思う。

一度作り方を学べばあとはそこからどんどん自分から学んでいけた。

逆に、そう言う学び方が出来ない人はやめておいた方が良いと思う。

HAL東京在学中ずっと思っていたのが、学生間のレベルの差がとても激しいのだ。 無能か出来る奴のどっちかになるのだ。

自分積極的に学んでいける!出来る奴に絶対なってやる!と言うくらいの気合いがないとダメだと思う。

入学時にプログラミング経験がある人も一定数いるのだが卒業する頃には自分の方が書ける様になっていたし、結局のところ本人の努力次第である。決して入ればゲーム業界にいけるとか、そんな甘い話はない。

生半可な気持ち入学するのは出来る人たちの迷惑になるとハッキリ言っておこう。チーム制作の足手まといになってしまうだけである

自分自身が出来る奴になれればこんなに楽しい環境は無い。とても優秀な仲間と切磋琢磨できるのだから

2019-10-05

anond:20191003131545

新しく組んだPCVisualStudioインストーラーが真っ白になる現象半年解決できず未だに環境構築できないのでHelloWorldできたら泣くと思う。

2019-09-09

Cygamesじゃないけどデー子でエンジニアして退職して一年以上経ってた

当時の事を思い出したので箇条書きでやべーところを書いてみる。

未来のない業界で売ってたからそろそろやべーんじゃないかな。

今は新しい会社面白い仕事できてて心底やめてよかったと思ってる。

スクショ取ってエビデンスとか作ってる時間は本当に無駄だった。

世の中の新卒の子たちもこの会社やべえなと思ったらはやく見切りつけてほしい。

2019-02-08

anond:20190208143228

OfficeVisualStudioとAndroidStudioとPaint.netと入れても100G超えないしな。

一般人動画編集とかバリバリやるん?

2018-12-14

C#Classについて知ってる人教えてほしい

VisualStudioローカル動作するアプリを作ろうと思ってるんだけど

本当に初歩的なことかもしれないことが分からない。

class」というやつについてだ。

XXXXX.csというファイル内にそいつは居るんだが、

そいつの中には複数classさんが存在してもいいのか?SAVACLASSとLOADCLASS存在しても良いのか?

namespaceって何だよ。名前空間意味分からん


public class Person
{
    public string name { get; set; }
    public int age { get; set; }
}
public class Office
{
    public string name;
    public ObservableCollection<Person> persons;
}


private Office office;
private void init()
{
    office = new Office();
    office.name = "オフィス";
    office.persons = new ObservableCollection<Person>();
    office.persons.Add(new Person { name = "001", age = 11 });
    office.persons.Add(new Person { name = "002", age = 22 });
    office.persons.Add(new Person { name = "003", age = 33 });
}

上記って全て同じCLASSファイルに置いていいの?

OFFICEという属性にはPARSONというものが集まってて、そのPARSONの情報にはNAMEAGEがありますよ!というのは分かるんだけど

1から書けといわれたらちょっとからなくなる……

シリアライズも、デシリアライズも、「圧縮解凍」みたいなイメージしかないし

うーん。難しい。

クラスって何なんだ。VBA風に説明できる人いない?(VBAでもClassは使わずにFunctionとSUBだけ使い回してた)

2018-12-13

anond:20181213164421

生徒「VisualStudioなんてだっせーよな!」

生徒「帰ってVim使おーぜ!」

先生ぐぬぬ…」

2018-12-04

ケチすぎる男

今日仕事終わりに久しぶりにソフマップに行ってきた。

もちろんpaypayの20%還元を使うためだ。

そして何も買わずに帰ってきた。


paypayの20%還元ニュース自体は一週間ほど前に聞いていたが忘れていた。

昨日になって「あ、明日からだ、これ結構早く終わっちゃいそうだよなぁ」と思い

何か買うものがないか考えていたが正直何も思いつかなかった。


キャッシュバックの上限は5万円、つまり購入金額としては25万円分ある。

Twitterなどをぼーっと見ているとビックカメラApple製品を購入するのがとてもお得らしいことはわかったが

数年前に購入した親用のRetina iPadはまだ十分すぎるほど使えるし、

1年半前に購入したMacbook proCTOでかなりいいスペックにしただけあって何ら不満はなく買い換える必要もない。


そこで、ようやく思いついたのがデスクトップWindowsPCを新調してはどうか、というものだった。

私が今使っているデスクトップPC2009年に自作した。

当時最新だったi7-860 2.66GHz、メモリ8GB、SSD 80GB、HD5850で組んで、SSDのあまりの速さに感動した覚えがある。

途中、メモリは16GB、SSDは250GB、GPUはGTX570に換装したが、このPC自体はもう9年も使っていることになる。


このPCに買い換える前は、確か2~3年おきにPCを買い替えていた気がする。

初めてのPCは、PC9821 Cb10だった。

Pentium 100MHz、メモリ64MB、HDD 850MBで14型インチモニタと一体型のPCで、TVチューナーもついていた。

TVチューナーではTVを録画することも出来たが、avi形式の無圧縮で録画されるため

1分そこらでHDDの空き容量が無くなりかけて焦った思い出がある。

次のPCK6 300MHzで、次がAthlon TB 1.4GHzで、その次がCore2Duo E6600 2.4GHzだった。(うろ覚えなので数値は間違ってるかも)


これらのPCに買い替えた理由は、単純に遅さに耐えられくなったからだ。

ゲームが重すぎる、ブラウザがすごいもっさりしている、VisualStudioの起動や動作が遅すぎてイライラする等々、

どれも切実に、今よりも速いPCが欲しい!!、という思いがあって買い換えていたのだと思う。


そう、今回CPUに関しては9年も買い換えずに来てしまった理由はまさにそれで、現状あまり困ってないのである

SkyrimやWitcher3は普通に遊べたし、VisualStudio普通に快適だし(VisualStudio自体バージョンあがるごとに速くなってるのもある)、

Chromeメモリは潤沢に使うものの相変わらず速いままだ。


とはいえ、不便なこともないわけではない。

USB3.0対応していないのでスマホUSBメモリデータ転送する(この機会自体以前に比べてめっきり減ったが)のは若干時間がかかるし、

Windows10アップデートしてからスリープ出来なくなってしまったので毎回PCを起動/シャットダウンしなければいけなくなった。


そういうわけで、デスクトップWindowsPCを9年ぶりに買い換えることにした。

休みのうちに最近自作事情を調べて、よし今回はRyzen5 2600にして久しぶりにAMDで組むぞ!とワクワクしていた。

そして退社後に意気揚々ソフマップに向かい、その他のパーツもあらかた決めたんだけど、結局買わずに帰ってきた。


買えなかったのだ。

どうしてもこのPC必要なんだ!という強い気持ちを維持できなかった。

から無駄遣いはしない方だったが、最近特に酷く、

そういう強い気持ちを持てないと、私はモノが買えなくなっているのだ。

それも何故か収入が増えるに従ってその傾向は強くなっているように思える。


どうしても、

本当にこれは必要なのか、

別に現状そこまで困ってないのに何故買うのか、

もし買ったとして今持っているものとそこまで違いがあるのか、

買った場合ちゃんと使い続けることができるのか、

と考えてしまう。

先述のiPadMacbookにしても、

iPadは親のため、Macbookは移動中等のスキマ時間有効活用してスキルアップを図る、

という大義名分があって初めて購入できた。


このような状態のため貯金はすごい勢いで溜まっていっているが

正直幸せ状態ではない気がする。

何故こんなつまらない人間になってしまったのだろう。

2018-12-02

anond:20181202222346

CADは使ったことないし

Skypeもめったと使わん

メールブラウザでみてるし

Officeオンラインの奴使ってるから

仕事ではWindowsIEVisualStudioMacSafariXcode起動するだけやな

2018-09-19

anond:20180917140945

WindowsAndroidiOSmacOSの開発ばかりしてたので

VisualStudioAndroidStudio・XCodeっで満足してしまって

emacsvimのようなエディタを使う気にならん

社内にいまだにmifes使ってる人いるけどなぜそこまでこだわるのか不思議

2018-02-07

anond:20180207215353

よさそうな方法だな、と自分キーボードを見たら無変換・変換がやたら小さかった

 

改めてキーボードを眺めてみるとCapsLockに英数と書いてある。

押すとIMEONのまま半角アルファベットが打てる。

GoogleIMEスマホ入力みたいな予測支援受けれるし、文章ならこれでいいかもしんない。

 

プログラムの時はVisualStudio入力補完が必要から使えないけど

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん