2018-05-15

妹のゴミ部屋を掃除した

妹が一人暮らししていたゴミ屋敷のような部屋を、この3日間をかけて片付けた。
とにかく吐き出して残したいという思い9割、誰かの役に立つかもしれないという雑な期待1割で書きます

経緯

2009年春に妹が地方大学へ進学し、それからアパート一人暮らししていた。
その後いろいろあって、3年前の4月に突如実家に帰ってきて、実家ニートに転身した。もともと内にこもりがちの性格であったが、在学中にうつ病も患っていたらしい。3年近い休学を経て、結局退学した。今もそれほど状況は好転していない。
それ以降、アパートに戻っておらず、契約けが残る状態が続いていた。

丸3年放置されていたため、さすがにだめだろうと父へ打診し、今年の5月に父と僕で片付けと解約を行った。この件については妹は一言も口を聞かなかったので、二人で強行した。
大人二人いればなんとかなるだろうと2泊3日で予定を組み、自分が先行して部屋に入って片付けを先行する手はずになった。
この件については全く頑なな妹の態度から、「人が死んでるのかな?」とか、「異臭騒ぎになっているはずだからバラバラにして冷凍されているかも」とか、「郵便受けに大量の督促状とか入ってたらどうしよう」とか、出発までの数日間はそんなことを勘ぐり、心中穏やかではなかった。
父が出発当日に妹に声をかけたが、部屋に引きこもって出てこなかったらしいので、結局父と二人で作業も行うこととなった。

大家さんに借りた鍵(妹は持っているとも無くしたとも、何も言わなかったらしい)を使い、ドアを開ける。
アパートはよくあるタイプの1Kで、玄関から入るとキッチンがあり、扉を挟んで左にユニットバス、奥の戸を開けると6畳の居間があるという構造自分は妹のアパートにこの時初めて入ったが、大学時代は全く同じ間取りアパートを借りていたので、。

開けた瞬間、なんとも言えない臭いが真っ先に鼻についた。多分、配管の中の水が蒸発しきって、下水臭いが逆流していたのだろうと思う。3年間開けていたのでこんなものかもしれない。
玄関は、空き缶が詰められた大きなゴミ袋(45Lくらい)と、紐でくくられた雑誌が何束か、それと買ってきたであろう掃除用具が転がっていた。
次に、左側のユニットバスの扉を開ける(内心、かなりビビっていた)。ゴキブリカマドウマ死体が転がっていたり、シャワーカーテンが真っ黒にカビていたり、臭いも更にきつかったけど、思っていたほどではなかった(シャワーカーテンなんかは消耗品だし)。とはいえ、ここで用を足す気には全くなれなかった。

最後居間の戸を開ける。が、30cm位しか開かない。何かがつっかえているらしい。30cmの隙間からは、ゴミ部屋が広がっていた。テレビで見た、あのゴミ屋敷のような部屋だった。
床が見えなかった。ベッドと同じ高さまでゴミが層に積み重なっており、畳なのかフローリングなのか、カーペットを敷いているのかどうかとかは全くわからなかった(ちなみにフローリングの上にカーペットが敷かれていた)。

その後合流した父と3日間(作業時間は丸2日)をかけて、なんとか片付けを終え、解約までこぎつくことができた。
可燃ごみは45Lのゴミ袋で40袋弱、ビン・缶が10袋程度、ペットボトルも同じくらいで10袋、粗大ごみが約100kg、これに加えて冷蔵庫洗濯機リサイクル家電処分した。

教訓と考察

ゴミ屋敷の片付け作業において

片付け作業でのポイントを忘れないように記録します。もう二度とやることは無いかもしれませんし、そう願っていますが。

事前に”どの程度の”状況なのかは把握したい。
妹がこの件については全く口を割らず、また僕も父も部屋に入ったことが無かったので、状況がわからず、準備も中途半端になってしまった。
もし屋敷と言えるくらいの広さだったり、糞尿があるようなら、心身の衛生のためにも、専門業者に頼んだほうが良いと思う。今回はそういうのが無かったので、なんとかなった。運が良かった(?)。

二人以上で作業するのは必須だと思った。一人では絶対心が折れる
僕は心が折れた。居間をひと目見ただけで、頭の中が真っ白になり、10分くらい部屋の前で狼狽していた。動転していた中、「とにかく十分な装備が要る」と思い、部屋からいったん離れて近くのスーパーマスクゴム手袋軍手ウェットティッシュ調達した。部屋に戻り、まずは何かに着手しようと玄関に散らばっていたカタログ雑誌を、紙紐(転がっていた掃除用品の中にあった)で縛り始めた。雨が降りしきり、薄暗い玄関で黙々と作業しながら、「妹はこんなところで6年間も住んでいたのだろうか」「こんなところにいたら頭がおかしくなるに決まってるやろ」「こんなしょうもないものに囲まれて、6年間で何が得られたんだろう」「玄関にあった掃除用品は自分でなんとかしたかったけど、どうにもならなかったのだろう、自分を恨んだり呪ったりしたかもしれない」「なぜ助けを求められなかったんだろう」「今もそう、どんな思いで、どんな気分で生きているんだろう」「なんでこうなったんやろ、なんでやろ」と頭がぐるぐるし、だんだん悲しくなり、終いには泣きそうになっていた。作業したくない言い訳かもしれない。その後、父が到着するまでの間、恥ずかしいことに作業を投げ出して近くのカフェに逃げ込んで、清掃業者を調べていた、というか茫然としてしまっていた。
父が加勢してからは、とにかく話しながら作業した。話すことがなければ、「オラオラオラ」とか「うげーなんじゃこりゃ」とかなんでも良いか独り言を出して、”黙々”という状況をなるだけ避けた。そうして余計なことを考えないようにした。独り言は案外一人では言えないものなんだな、というのも初めて得た気付きだった。

できれば一緒に作業する人は年長者が良いかもしれない。
僕の父は、僕ら兄妹の引っ越し祖母遺品整理などを手伝っていたので、片付けは手慣れたもので、そういった作業用キット(父曰く「いつものやつ」)を自前で作って実家から駆けつけてくれた。僕が狼狽して入れなかった居間を見ても、「おうおう、アイツ(妹)、なんちゅう散らかしようや。ちょっと中入ってつっかえてるもん取って」と怯まなかった。「あ、このおっさん、やる気やな」と、自分もここで覚悟を決めた。

車も必須可能なら、軽トラなどを借りておきたい(量が多いのと、ゴミなので車内を汚したり臭いをつけたりするため)。
借りるときは、片付けている部屋から持ち込み可能自治体清掃センターがどの程度離れているのか、といったところから積載量も考えた方が良いかもしれない(遠いとこまめに運んだときタイムロスになるため)。

土足で作業すること。そうでないと身動きが取れない。靴もできれば底が頑丈な登山靴や安全靴が望ましい。ゴミの下に鏡などがある(今回はゴミの下から合計5枚、そのうち2枚が割れていた)。自分も気づかずにそれを踏み抜いたが、軽登山可能な厚手のスニーカーだったので助かった。
土足に加えて、ゴム手袋マスクメガネ(花粉症用の装備が良いかもしれない)は必須。3年人が住んでいなかったので臭いはそこまでだったが、代わりに埃っぽさが酷く、メガネが無いと危険だった。実際、作業が終わるころにはレンズホコリで白くぼやけていた。衛生面でダメージを受けるとモチベーションがすっごい下がるし、何より感染病とかが心配になってくる。

作業スペースが限定されるので、二人で作業するときはきっちり役割分担をすること。
居間ゴミ処分作業の中心になるが、動けるスペース・何かを置いておけるスペースが全く無かったので、二人が作業するためには何らかの作戦必要になった。
そこで、僕がとにかく可燃ごみ・ビン・缶をゴミ袋に詰め込みまくって部屋を原状復帰させること、父がダンボール分別必要もの解体や、分別必要ゴミの分解、雑誌などの資源ごみの紐括りなどを担当することにした。そうすることで、足の踏み場がない居間には僕、玄関には父という配置で、前衛の僕が分別できないゴミ玄関に投げ、後衛の父が投げられたゴミを処理するというフローができるので、二人の動線干渉せず、効率的作業できた。

進捗は正義
床に敷かれたカーペットが少し見えたときは「このゴミ無限ではなく作業意味があるんだ」と勇気づけられたし、いっぱいにしたゴミ袋の数を数えるのが少なくともそのときは僕にとっての勲章だった。2日目の午前、居間の奥の窓まで到達し、締め切られていたカーテンと窓を開け、光と風が差し込んだときは「ライン川を渡った連合国軍兵士はこんな気分だったのか」と思いながら、ガッツポーズをしていた。完全に頭が湧いているけども、何にせよ進捗をあげている気分になれないと、無限に続くような作業に耐えきれなかった。

一番ゴミが多いのはベッドの周り。
ゴミ屋敷になってくるとベッドの上は最後生活圏になるので、燃えるゴミの大半はここから出るのだろう。実際、ゴミ袋に詰め込む作業時間の7割程度は、ベッドの周りに関わっていたと思う。逆にベッドからというところのゴミは、実はベッド際ほど層が高くなかった(放り出された空のダンボールが折り重なって、最初は見えなかったが)。
ちなみにベッドの周りのゴミの中に、(合算すると)現金十数万円が埋もれていた。大事な物もきっとベッドの付近で見つかるのだろう。「こうして廃棄品から千万が見つかることになるんやなー」と父がのん気にぼやいてた。そのとおりだと思う。

ゴミ屋敷にしないためにできることはなんだろうか

延々と続く作業の中で、「なぜこうなってしまったのだろう?」と考えていた。
妹が精神的に患っていたこともあって決して一般論ではないですが、自分一人暮らし経験とも照らし合わせながら、整理したい。

ベッドの周りのゴミの中で特に多かったのは、ティッシュビニール袋、綿棒、割り箸から揚げ棒や焼鳥の串、500mlの牛乳パック、レシートアイスの棒とカップ、コンドーム(もちろん全て使用済み)。要するに、普通は捨てることに一切躊躇しない物がほとんどだった。
でも人によっては、ビニール袋は「何かに使うかも」とか、レシートは「いくら使ったのかわからなくなるのが不安」とか、そういう(場合によっては無意識的な)抵抗が働くかもしれない。捨てるときには、その都度、軽重異なるが判断が求められるし、捨てて得られるものも無いので"保留"という形で、なんとなくそのへんにうにゃむにゃしてしまうのかもしれない。
上でも述べたとおり、ベッドの周り(特に上層)はもはやゴミ屋敷化してしまった状態での行動を反映していると考えられる。この時点では、もう何かを判断する力を失っていたのだろう。ベッドの周りには大量のバファリンもあった。ゴミ屋敷とかそれ以前に、妹がそうなってしまう前に手立てを打ちたかった。悔やみきれない。
「余計なものを買うから、ああなるんだ」と思い込んでいたが、そうではなく「本当にしょうもないものも捨てられないから、こうなるんだ」という当たり前の気づきもあった。

あれだけ汚い居間の中で、中身の入ったゴミ箱・ゴミ袋の類が不思議と見当たらなかった(未開封の市指定ゴミ袋は片付けの途中で見つかった)。
捨てることがシステムの中に組み込まれておらず、捨てるハードルを高くしてしまっているというのもわかった(これは自分一人暮らしの中で覚えがあって、生ゴミ用に蓋付きのゴミ箱を買ったが、ゴミを放り込むのも、袋を出して捨てて入れ替えるのも面倒になって使わなくなったことがあった)。
ゴミ箱なんて使わずに、不格好でもそのままくくって捨てられるように市指定ゴミ袋を部屋に転がしておき、そのゴミ袋の下とか横にでも換えのゴミ袋を置いておくなど、とにかく「捨てやすい、ゴミ出ししやすい」を状況を作ることが大事なのだと思った。

捨てられない人にとって、通販は敵。
ダンボール処分に困る。解体担当の父もうんざりしていた(任せきりですまんかった)。硬くて解体しくいし、資源ごみだし。中身の方を早く取り出したくてダンボール処分どころではないかもしれない。
特にひどいなと思ったのはニッセンで、ゼクシィみたいな分厚いカタログが何冊も何冊もゴミの山から出てきた(発狂するかと思った)。体積的には、ニッセンで買ったものより多かったのではないだろうか。資源ごみは回収日が限られていて、しかも包装ビニールから取り出して紙紐で縛るなど手間がかかるので、捨てられない人間はあっという間に溜まる(自分定期購読した雑誌を、未開封状態積読した覚えがある)。
ゴミの下層の方に多く見られたのも、もともと捨てる手間が大きく、また捨てるメリットも少ない(生物のように腐ったりしないし)ので、まだ正常な判断ができる初期の時期でもなかなか捨てられず、結果、ゴミ屋敷へのトリガーとなるのだろう。

仕送りも敵。
ごみの下層でほったらかしにされたダンボールの中には、自分も見覚えのあるものメーカーのもの散見された。送り主は母で、仕送りされたものだった(僕も同じ時期に別の地方大学へ進学し、一人暮らしをしていたときに送られてきていた)。
中身はマヨネーズとか、ごま油とか、缶詰とか、そういうどこでも買えるような食品だったが、台所を片付けていたときほとんど未開封なのに気づいた。確かに、そのへんで買えるもので、しか調理しないと使えないようなものなど邪魔しかない(僕は強く「仕送りをやめろ、やるなら現金にしてくれ」と伝えていた)。
送られた品というのはなんであっても捨てにくいものだし、ましてやそれが一人暮らし栄養状態心配する母なのだからなおさらだありがた迷惑とはまさにこのことなのだろう。残念ながらこれもゴミ屋敷トリガーとなっていたと思える。

これは僕の直感なのだけど、一面床が見えなくなったらおしまいで、誰かに助けを求めたり介入したほうが良い。
床にゴミがある状態というのは、心理的ストレスが高い。捨てたくなるはず。だけど、一回ゴミで覆い尽くされたら、あとは高さしか変わらないのでゴミが増えたことを認知できない。そしてその期間が長くなるほど、もはや変えられない事実になる。ちょうど僕が初めて居間を見て「これは専門業者に頼むしかない」と感じたときと同じ絶望に、毎日毎日曝される。
この状況を打破するためには、他の誰かの助けがいるのだと思う。

どうでもいいこと(なんか汚い話)

初日に父がアパートに到着したときのこと。ユニットバスを見ると「うわーきたなー」と言いながら、そのまま入って、じょぼじょぼじょぼとおしっこをしていた。ちなみに2日目には自分大事荷物ユニットバスに置き、3日目には大の方もしていた。団塊世代の衛生感覚、恐るべし。僕は最後まで我慢してしまった。

意外とゴキブリは居らず、生きているのは1匹も見なかった(これは地域特性かもしれない)。
その代わり、5ミリくらいのうねうねした、尺取り虫のような、ちっちゃなムカデのような虫がそこかしこで這っていた。なんだったんだろう。

賞味期限が5年前に切れた卵の処理は簡単乾燥しきっているので液体ではなくなっていた(冷蔵庫の中だからかも)。

  • anond:20180515221222

    価値ある文章だと思います。実際の手順もそうですが、妹さんの心理への考察が鋭いと思います。もっと書いて欲しいくらいです。 サイボーグ忍者の孤独な戦いの中では、増えていくゴ...

  • anond:20180515221222

    毎回毎回私もこの一歩手前まで汚部屋を育ててしまうんだよ…一人暮らしじゃないから生ゴミ通販系のゴミはないんだけれども妹さんの気持ちすこーし分かるわ… 妹さん、体と心ゆっく...

  • 君のような しっかりした兄がいるのに どうしてそのような妹なのか

      不思議だ                                    anond:20180515221222

  • anond:20180515221222

    管理会社が、住人がすんでいない部屋は、どうするのかきいてくるものなのかと思っていました。 お金さえ払えばそんなに酷い部屋でも借りたままにできる程、部屋が余ってる世の中に...

  • anond:20180515221222

    “(合算すると)現金十数万円が埋もれていた。” なるほどなぁ。遺品整理業者、ゴミ屋敷処理業者のインセンティブが理解できたわ。

  • anond:20180515221222

    現在進行系で部屋が汚すぎて困ってる 今日は頑張って片付けるか

  • https://anond.hatelabo.jp/20180515221222

    弟のゴミ屋敷を掃除した。 なんとタイムリーな話。 俺は今年の春、3日間の東京出張のついでに、 都内で一人暮らしする弟(フリーター)のゴミ屋敷を片付けてきた。 部屋の状況は、...

  • 部屋の中を見れば その人の精神状態がわかる

                                          anond:20180515221222

  • anond:20180515221222

    病んでいるからゴミ屋敷なんだと思ってたが ゴミ屋敷になるから病むフローも普通にあり得るのか

    • anond:20181117092615

      家=脳の中身って気もしますね。 職場で 山積みされた書類のデスクの方がいらして まったく片付いてたことが一度もないので 女子で片付させてください!とお願いしたら 「だめ。...

  • anond:20180515221222

    ウチも半分ゴミ屋敷だ。 パンや生活用具が寝床を侵食している。 やらねばと思っても体が動かない。 こういうのは一人ではダメで、手伝ってくれる人がいないとね。 自分の場合「スッ...

    • anond:20181117110320

      体が動かないのは休息不足、いろいろ悩み事を抱えすぎているからだと思う。 マインドフルネス、瞑想あたりの本を図書館なりで買ってみて読むのをおすすめする。 ただし、セミナーや...

    • anond:20181117110320

      捨てる捨てないをジャッジは出来るんですね? だったら片付きますよ。 ひとりだとたるいなら、シルバーさんとかにお願いして手伝って貰えないかな? やってもらえるみたいだけど、...

  • anond:20180515221222

    妹の秘密を世間の晒し者にする行為。 善意悪意に関係なく妹には害悪な人間なのだろう。 家族に恵まれなかったゆえか。

  • anond:20180515221222

    汚部屋を作ったほうとしてほぼ同じ経験あり。 鬱の当事者にとってゴミ出しは大敵。ほんと無理。判断力が落ちてまず要不要の判断が出来なくなる。 判断できないからとりあえず横に置...

  • anond:20180515221222

    部屋がゴミ屋敷になるのきっかけとしてありがちなのは、せっかく出したゴミに分別ができてないシールが貼られてそれからゴミ出しがおっくうになって溜め込みだしたりとか、ゴミに...

  • anond:20180515221222

    「コンドーム(もちろん全て使用済み)。」って、こんな部屋で男を連れ込んでセックスしてたの? それともオナニー道具のカバー用?

  • anond:20180515221222

    鬱病だった、とあるけど妹さんはもう精神科には通ってない? ならまだ通った方がいいですよ。

  • anond:20180515221222

    数年前にほとんど同じ環境・状況で妹の周辺を掃除した。自分の得た知見としては、床が見えていようがいまいが、ほぼゴミであるものを捨てられなくなった時点で相当まいっている証...

  • anond:20180515221222

    うわー今現在の私の部屋と同じ状態だ 玄関先に袋に入ったままの掃除用具が転がってるのも同じ、 ベッド周りのゴミも同じ(これはあえて取っておいているのではなく、鞄やポケットか...

  • anond:20180515221222

    ゴミ捨てルールがけっこう精神的負荷になるから、住む場所(アパート、地域)のゴミ捨てルールを確認しておくのは結構重要だなぁ。 ルールを守ることが精神的負荷になってゴミ屋敷作...

    • anond:20181117144404

      でもキモくて金のないおっさんがゴミ出しのルールを守っていないと近所の方々と協同してバッシングするんですよねわかります

      • anond:20181117144903

        金は貯まらないのにゴミだけ溜まるんですね、わかります

  • anond:20180515221222

    おお見事なTHE合理主義者ですね、しかもかなり優秀な部類だ。文章の細部にある考察に、頭の良さが浮き出てる。最後の最後まで妹の精神的ケアには一切触れた形跡がない、これもまた...

  • anond:20180515221222

    おお見事なTHE合理主義者ですね、しかもかなり優秀な部類だ。文章の細部にある考察に、頭の良さが浮き出てる。最後の最後まで妹の精神的ケアには一切触れた形跡がない、これもまた...

  • anond:20180515221222

    実家の俺の部屋はゴミ屋敷だったけど、1人暮らし始めてから全く散らからなくなった。 部屋が広くなって、実家の6畳子供部屋と違って収納もあるし掃除のときの避難所ができる感じ ...

  • anond:20180515221222

    おもしろかった ゴミを出せなくなるのはうつ病と結構関係がある 普通のゴミ出しって朝夜規則正しい生活をしていてやっと出せるもので 1日の中で2時間半くらいしか出してよい時間がな...

  • anond:20180515221222

    自分もゴミ部屋の住人だったのでいろいろ共感するところはあった、記念トラバ 今は引っ越して快適 けどまた徐々に床が見えなくなりつつあるあたり、気をつけねばならない

  • https://anond.hatelabo.jp/20181123124008

    ここ最近になって初めてブックマークがつけられたように見える昔の増田(数ヶ月前から10年以上前のものまで)。 記事への言及は増田の投稿当時に普通に付いていたようだけどブック...

    • anond:20181123124008

      むかしどこかで読んだことある記事が増田に再投稿されてるなと思ったら当時の増田そのものだったのか やっと謎が解けた ありがとう なぜ今頃ブクマされてるのかはわからん

    • anond:20181123124008

      SSL化でブクマが分裂していて,拡張によってブクマ先が違うから。 タマホームはたぶんこれ(ムササビ美術大学)から流れてきたのでは

  • 2018年版はてな匿名ダイアリーランキング

    年の瀬や 水の流れと 人の身は 明日待たるる 匿名ダイアリー ランク タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 増田文学100選 3435 2018/06/17 02:57 おもしろ 2 Wi-...

    • anond:20181209010243

      https://anond.hatelabo.jp/20181209010339 タレコミ系とか長文だらけやぞ。

    • anond:20181209010339

      あとで読む。 今年のまとめ、良くぞ作ってくれました。 あざーっす

    • anond:20181209010339

      ギリギリ載らなかった なぜかちょっと悔しい たぶん期待してしまったせいだな 期待はほんと毒だ

  • anond:20180515221222

    妹のゴミ部屋を掃除した 。 父が出発当日に妹に声をかけたが、部屋に引きこもって出てこなかったらしいので、結局父と二人で作業も行うこととなった。 一番ゴミが多いのはベッ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん