「東京大」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 東京大とは

2017-04-09

http://anond.hatelabo.jp/20170409134010

ちなみに

http://todo-ran.com/t/kijis/13225

本屋の数ランキングです

密度で考えたら東京大阪は飛び抜けてるかも


<追記>

調べて初めて知ったけど神保町本屋の数には驚いた笑

http://map.bookcase.jp/jinbocho

2017-04-08

ヤマト負担を減らすことを考える。

「次の日に届かなくてもいい」みたいな意見があるけど、次の日に届けても3日後に届けても、負担は変わらない。

当日に届けるとなると話は別だけども。

全国各地を結ぶ輸送網は絶えず動いている。

そこに載せるのは大したコストではない。

東京大阪を移動するときに、東京駅で乗って乗り換えずに大阪駅で降りるのと、何度も途中下車しながら大阪に向かうので、前者のほうが労力がかからないのと同じだ。

逆に、荷物が溜まり、余計なコストになる。

すでに高度に発達したインフラのようなもの

捌き切れない問題は、営業所から届け先までのラストワンマイル

から、要するに、まとめて注文しろよ。

2017-03-24

多分わからないけど今の世の中って東京大阪の大都市だけの売り上げで日本は保ってる気がする。

おれの住む町なんかもう何もないもん。

チェーン店しかないもん。

そのチェーン店だって土曜日曜はまあまあ多いけど平日はほとんど客いないもん。

日本全土を制覇するには東京での莫大な売上がない限り地方でお店を維持できない気がする。

おれは地方地方相手に細々と死なない程度の売上でささやか生活をしてるけど、他は死にかけのやつも多い。

対面じゃ全然ダメからネットで全国相手にしてようやくってパティーンも多い。

どのみち地方は完全に終わってる感じがする。

2017-02-15

日本ロボットでもう一つ病がある

日本AIは周回遅れ…杉山将・東京大教授に聞く : 深読みチャンネル : 読売新聞YOMIURI ONLINE

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170210-OYT8T50014.html



二足歩行ばかりにこだわってる的なことが言われているんだけど

もうひとつ問題があって

それが顔



http://robo-garage.com/prd/index.html



↑いわゆるかわいい顔をさせたがるって事

かわいい感じを出すために、かわいいという記号性を盛り込ませたがるんだよ

R2-D2みたいな音や振る舞いでかわいさを表現するんじゃなくて

ただ顔にかわいいと言われるであろう記号をはっつけて終わる

これけっこう重病だから無能ロボットデザイナーは気づけよっていつも思ってるのでここに書いておく

ロボットデザイン界隈の人間の都合感にうんざりする

2017-02-02

http://anond.hatelabo.jp/20170202214508

東京ぐらいの大都市なら、現代ではちょっと郊外でも一応都会だとは思うけど。

まあどれぐらいかを都会とみなすかはかなり主観的だしなあと。

一応、自分主観では、東京大阪あたりの郊外のほうが、下手な地方都市都心部よりは都会度は高いと思う。

まあ「中心部」というステータスを重視するとすると事情が違ってくるのも事実だけど。

2017-01-28

例外は切り捨てろ」論法

http://anond.hatelabo.jp/20170128155016

例えば東京大阪間を移動するとして、多くの人は「普通新幹線だろ」と言う。

実際には羽田伊丹線航空会社ドル箱になるぐらいたくさん飛んでるし、目的によっては関空成田絡みの航空路を使う人もいる。

高速バスもあり、18切符期間には鈍行を乗り継ぐ人も多く、自分で車を運転して行く人もいないことはないだろう。



もはや「新幹線以外で東京大阪間を移動する」は「例外的」であっても、「あり得ない」わけではないのである

それでも一部の人は、新幹線以外で移動する人なんて「いない」とみなしてしまっていいという思想根底交通を語る。

あるいは、飛行機を使っている人などを異常とみなす。

要するに、これほど「ある程度は一般的」な場合ですら、「例外的から無いとみなしていい」とされることも多いってことだ。




なのにもかかわらず、なんで「女児に手を出す男性保育士」などという、飛行機東京大阪間を移動する程度の例外に比べたらもっと少ないような例外に関しては

無視」することが許されないのか。勿論どちらも完全無視は許されない話ではあるが、それでも多少の配慮で良しとするとか、そうなってもいいはずである



自然感情」とやらが関わってるからという話も、飛行機宗教的に嫌ってる人(http://anond.hatelabo.jp/20170127232138参照)からすれば羽田伊丹線忌避するのも「自然感情」だろう。

このあたりで「筋が通ってない」というところに、なんらかの違和感を感じる。




交通論、商業施設論、趣味嗜好etcでは、かなり多くの「例外とは言えそこまで少ないわけでもない例外人達」が不適切な取扱を受けてきたのだ。

なぜ男性保育士の話「だけ」そうなるのかよくわからない。あんなの東京大阪間で例えれば新幹線名古屋までいって近鉄に乗り換えて大阪へ行くとかそういうレベルの「例外」ではないのか。勿論全くいないわけではないだろうし、それに対する配慮が全く必要ないとも言うつもりはないが、「矛盾に対する違和感」があるのも事実だ。

2017-01-27

http://anond.hatelabo.jp/20170127120616

システム屋の正社員待遇なら、総支給25万くらいからあるな

その技術レベルだと年収400万から、てとこかな

システムを内製したいか専門家を雇いたいって場合だと、

得られるスキル限定的で潰しが効かない分、高くなるかもね

正社員待遇じゃなくて期間契約なんかだと、

設計出来る人の単価は月60万から、といったところ。

ただシステム屋って東京大名古屋福岡くらいの人口が無いと

商売にならないから、プログラマはその近辺しか住んでない

田舎だとまず人が居ないだろうね

学歴信仰幸福階級制度田舎高卒の雑感―

http://anond.hatelabo.jp/20170125191935

これを読んだ雑感。少々長いので要点だけという人は「学歴教の信者として」という小見出しから読んでもらいたい。

田舎出身高卒者として

俺は山の上の村落で育った田舎者で、最終学歴高卒。家から徒歩15分のところにある商業高校卒業した。つまりこの増田の言っている田舎高卒に当てはまる人間だ。

率直に言うと、底辺呼ばわりには腹が立った。なんとかしてこの増田反論を書いてやろうと思って昨日は色々調べたりした。しかし、増田の言っていることは大筋では正論で、この調査は徒労に終わった。

そりゃそうだよな。大卒と比べられちゃ高卒なんて屁の突っ張りにもならない存在だよな。底辺であることを受け入れるしかないよな。そんな諦観が胸を占めた。

でも、どこかに引っ掛かりがあった。確かにデータでは高卒経済的弱者社会的弱者だ。大卒には背伸びしたって勝てっこない。増田の言う通りかわいそうな存在なんだろう。しかしどこか納得がいかなかった。このもやもやした感じは、増田を何遍読んでも、自分の状況を何遍顧みても、消えなかった。

ぐるぐる考え続けて俺が行き着いた答えはなんとも陳腐ものだった。自尊心を傷つけられたから呻いていた、ただそれだけだ。高尚な思想なんてものはありゃしない。犬に食わせておけばいいようなプライド大卒者への劣等感で疼いていただけだ。

悲しいかな、俺は底辺なのにそれを心底では受け入れられずに必死で抵抗していたのだ。そんな不名誉称号を貼ってくれるな! 俺をかわいそうがるな! 俺を不幸な人間だと言うのはやめろ! 俺は胸底でそう叫んでいたのだ。

学歴教の信者として

この自己分析を進めるうちに俺は俺の醜い部分を再認識させられた。俺はなんてみみっちい人間なのだろう、事実事実として受け入れられないなんて。自己嫌悪に陥って俺は頭を抱えた。苦しさ、悲しさ、悔しさ、それらで一杯だった。

俺は頭を上げてパソコンの画面を見た。俺を散々悩ませる原因となった増田が目に入った。俺はそれをもう一度読んでみることにした。読み進めていくうちに、前述したもやもやが、自尊心だけでは説明し切れなかった部分が晴れはじめた。読み終わったとき、俺は一つのことに気が付いた。すごく当たり前でつまらないことかもしれないが、俺にとっては重要な気付きだった。それは俺が増田の言うことを丸っきり盲信しているということだ。

増田文章には大きなポイントがあった。それはこの部分である

しろ田舎高卒東京育ち大卒世界を知らないで、ずっとその地元で生きて死ぬのが幸福なのかもしれん。

事実田舎高卒東京大卒に経済力でも社会的立場でも劣る。しかし、確証されていないものが一つある。それはこの引用文で言及されている「幸福さ」である

増田も俺も東京大卒が属している世界幸福であるという無条件の信仰があった。引用から増田学歴幸福さを結び付けて考えているのは明らかだ。たしか東京大卒の給与は多く、社会的身分も高い。しかしそれが幸福につながっているのかは疑わなければならない点だろう。

果たして本当に田舎高卒東京大卒よりも不幸なのだろうか? 田舎高卒幸福東京大卒の幸福よりも程度の低いものなのだろうか? 俺の学歴信仰にひびが入りはじめた。

幸福は数量化できないし、ましてや比較してどちらがより多いとか、より質が高いとか、言うことはできない。そのような方法人類は持っていない。そうであれば田舎高卒が低級な幸福しか味わえず、東京大卒が高級な幸福を味わえるなんて意味の断定はできないし、するべきじゃない。

叔父として

最後に俺の私生活で起きた変化から学歴幸福について書くことで終わりとしたい。

今年、つまり2017年に俺の姉が出産をした。生まれたのは女の子だ。入院から数日して姉が実家帰省してきた。出産して数日は実家に帰るのが常識だそうだ。初耳だ。

俺は求職中だったので、ほとんどの時間を家で過ごしていた。そこで姉と姉の子の様子を長い時間見ることができた。姉は授乳オムツ替え、赤ちゃんの入浴など、甲斐甲斐しく世話をしていた。それは以前の姉を知っている俺からしたらなかなかの驚きであった。

昔の姉は子供が嫌いだった。そんな姉が子を産み、そして育てている。しかも愛おしそうに。夜中に赤ちゃんの泣き声で起こされても嫌な顔一つせずあやしている。俺はその姿を見て、本当に姉は幸福なのだと感じた。

姉も姉の夫も高卒だ。大学には行っていない。それでも幸福そうである。俺は彼女らの幸福階級分けされて、なおかつ下級なものに分類されるとは思わない。大学に行かなかったからといって幸福を得損なっているとも思わない。

もちろん、東京大卒の幸福も見下してはいない。中央省庁大企業で成果を上げる幸福もあれば、田舎で静かに子育てをする幸福もあるだろう。人間幸福はそれぞれであり、等しく価値あるものであろう。人類幸福を数量化し、比較する方法を得たとき増田が当たっているか、間違っているかが分かるが、その方法がない今はそう考えるのが妥当ではないだろうか。

最後増田の追記を読んで

俺が追記について加えて言うことはない。俺の雑感は以上。冗長文章最後まで読んでくれてありがとう

2017-01-25

田舎高卒自分底辺ってことさえ知らない

東京に生まれ中高一貫大卒田舎高卒ってその時点で生きてる世界が違うよな。

東京のやつは「いまどき大学行かない奴とかいるの?」とか、マジで言ってるし。

俺の出身中学田舎)で大学まで進学しているのは10パーセントくらいだし、田舎じゃ高卒デキ婚が当たり前。

企業就職してるやつよりもフリーターが多いし。

でも、東京で生まれ育って就職してる人はそんな底辺世界なんて想像できないし、逆もまたしかりなんだろな。

しろ田舎高卒東京育ち大卒世界を知らないで、ずっとその地元で生きて死ぬのが幸福なのかもしれん。

東京大卒と田舎高卒格差はめちゃくちゃ残酷

で、そのことを一番実感できるのは、田舎底辺から東京大学とか大企業とかに行った奴。

東京でのうのうと育って暮らしてるやつは、底辺を見て「自己責任」とかのたまう権利はないと思う。

東京という場所と、理解経済力のある両親のおかげで、本人の努力はついでぐらいのものにとどめるべきだ。

田舎底辺は単に運が悪かっただけ、生まれ場所が悪かっただけで、かわいそうなもんだとおもう。

そもそも田舎高卒は、自分底辺ってことさえ知らないから、可哀そうというのはお門違いだけど。

そう考えると、進学したくないとごねる俺に「東京大学だけは出ておけ」って叱ってくれた俺の母さんと父さんは偉大だと思う。

母さん父さん、ありがとう、今度何か送ります


追記

反応がたくさんあって嬉しいです。

返事はできないけど、トラバブコメ全部読んでます。いろいろ参考になる、ありがとう

底辺」という言葉が乱暴すぎたなって反省してます

ブクマ見ると、みんなは底辺=「不幸」「見下されるべきもの」って連想するんですね。

文中の底辺っていうのは、さまざまな機会に恵まれてない環境とその環境再生産する人たちを指してます収入はもちろん、大学進学の機会や知識人間関係を手に入れる機会。そもそも選択肢が与えられていない状態

でも、底辺存在している人も、世間で上流・中流といわれる人も、人間本質とかはそんな変わらない。

しろ東京に生まれ中高一貫大卒田舎高卒」ってのは両方とも、それぞれの世界の「普通」の道を選択してるっていうのは同じなんじゃないかと。

どちらも似たような理由選択してんのに、学歴とか、収入とか、接する人とかそこで形成される性格とかそういうのが大きな違いが出る。

それって、なんというか、かわいそうだよな、って。

東京まれ中高一貫の一部は、自分いかに恵まれ環境にいて、運が良かっただけなのかを知らない。努力もしているのかもしれないけど、田舎高卒だって俺が見ている限り、その世界普通であろうと努力をしている。

中高一貫大卒田舎高卒自分の生きる世界では、底辺ではなく「普通」だと信じてる。

田舎高卒自分底辺だって知らないのと同じように、中高一貫大卒も俺も、この世に生きるほとんどの人が、自分がどこにいるかなんて何も知らないんだろうなって、ブコメ見て思いました。

生きるって難しいね

あと、中学校大学進学率について。俺の中学は1学年約100人で、その内隣町の進学校大学進学希望90%超)に行ったのが8人、他は地元高校か、少し離れた定時制

で、地元高校の進路について、さっき見てみたら大学進学が7人いたから、大学進学率は約15%だった。適当に書いて申し訳ない。

両親にはお魚を贈りました。

2017-01-13

自分努力していれば相手強制して良いのか


自分はこんなに苦労しているのだから全員そうするべき」とかいうこと言ってくる人がいるけど

じゃあ東京大阪間在来線で移動してる人もいるんだからお前もそうしろって言われたらするの?

2016-12-28

http://anond.hatelabo.jp/20161228025000

あ、そういうことか。こっちが想定してたのは、大元の500円で止まらせろって言ってる人が

そもそも宿自体が全く安く泊まれるのが存在しないから、どこでも良いか旅行先で泊まれ所作ってくれって話だろうかと思って

その後で高速バスどうこうって提案してきた人がいたか

じゃあ東京大名古屋ぐらい限定でそういうのが合ってもいいよねみたいな感覚だった。

すごくいろいろと限定された貧乏旅行なんだから行き先(性格には宿泊地)の制限ぐらい多少は別にかかってもいいだろみたいな感じで。

http://anond.hatelabo.jp/20161228024541

ん? 貧乏旅前提なんだから、遠く過疎地へ赴く際の車内泊手段の話してたんちゃうん?

ワイがイメージしてるのは青森-苫小牧フェリーで行って宿代浮かすようなパターンだったんだが。(これは実際全然浮かないんだけど。疲れは取れる)

東京大阪とか東京発で大都市に行くまでの一部往路なら大丈夫だけど、そっから先の経路で車内泊出来る事あんまないよねって話だと認識していたんだが……

http://anond.hatelabo.jp/20161228023333

少なから高速バスでは走っても走らなくてもハコの大きさをこれ以上増やせないので、一泊のコストを下げるのは不可能だね。

そもそも、東京大阪間とかが安いのは大都市間なら必ず客が入るからなんだし。

客の入りづらい区間で夜間だけエンジン吹かすバスとか経営存在し得ない。

http://anond.hatelabo.jp/20161228021341

いや別に高速バスを宿にしろとか言ってる元の意見ほど上手く行かないってのはわかってるし

ただ単にちょっと動くだけのバス東京大阪間のバスで全く同じ運賃は無いだろってだけの話だから、そのあたりは大前提のつもりだったんだが

てか別に普通の宿とかでも日によって値段変わるし、500円しか出せないとか言ってるレベルの人なら日を選ばさせれるぐらい仕方ないのではと思ったけど。

http://anond.hatelabo.jp/20161228021002

因みに東京大阪3000円って閑散期の日曜深夜発レベル最安値からな。

普通に金曜発の宿として利用しようとしたら1.5倍以上を覚悟しなきゃあかんのやで。

http://anond.hatelabo.jp/20161228020425

高速バスってのは、勿論遠距離逓減とか、さらに言えば競合とかによる例外的運賃はあるが、基本的には長い距離を走れば高くなる傾向にあると思う。

例えば、同じ大阪発の夜行高速バスでも名古屋までなら東京より安い場合が多い。



それを考えれば、「ちょっと動く」だけで東京大阪分は別に取らなくてもいいとは思う。

勿論元増田の言う「ちょっと動いただけ」のちょっとが厳密に何キロわからん限り、どれぐらいの運賃になるかはわからないってのは理解しているが。

それでも往復分いるってのには変わりないし、料金面で大して良くはならないだろうって趣旨には賛同するけど。

まあ夜行に限らず高速バスはかなり複合的要素で運賃変わるから一概に言えないってのもあるけど。

http://anond.hatelabo.jp/20161228015856

高速バスは行った先で別の客捕まえて戻って来るのが仕事から、実質1日で2運行分の仕事しなきゃ儲からないような仕組みになってるんだよ。

ということは、バスを動かさずに宿として運用するなら、その2運行分の費用乗客から徴収しなくてはいけない。

東京大阪間の高速バスは大体安いので3000円だから、倍にすると6000円だよな。

ならカプセルホテルでよくね?

2016-12-22

最近、森喜郎を本気で尊敬し始めている

自分オリンピック東京に呼びたい!とか言い出したわけでもないのに、誰も引き受けない組委員会トップを引き受けて、日本中から嫌われて、老害だの引っ込めだのののしられながらも、なんだかんだ、関係者利益が図れるように物事しきっている。

正直、自分ボスだったら、頼りがいあるなあと思う。

あの「表面的な批判マスコミに嫌われることなんて、いまさら屁とも思わない」強さはすごいと思う。

いや、マジで


当初計画からの会場の変更なんて、舛添のころからやっていて、そのころは、あんなにもめなかったのに、小池百合子が手をつけたら、なんだか大騒ぎになった。

まあ、やりやすいところはあらかた手をつけてしまっていて、そこへ小池百合子が、過去検証の結果とかきちんと踏まえずに、思いつきで目立とうとして「長沼復興五輪を!」とか言い出したから話が混乱したんだろうと思う。

単純に「経費をもっと下げましょう」という話だったら、あんスタンドプレー不要で、粛々と進めればいい話だったはずだ。


有明アリーナを造るかどうかについては、やはり造ってほしい人も結構いたわけで、そういう人たちにとっては、「森先生のおかげで、小池百合子人気取りのためにつぶされずにすみました」ってな感じだろう。



猪瀬なんかが、最近ちらほらテレビにでてきて、森を悪と利権権化のように批判したりしているが、だったら、あん組織委員会やれば?とか思ってしまう。

批判もいいけど、あんたが、オリンピック招致してきたんでしょ? もしオリンピック後の負の遺産東京大変なことになったら、あん責任とれんの? って感じだ。

2016-12-20

便利 = 忙しくなる

1日必要だった事が1時間で出来る様になった結果、23時間浮くのではなく23時間他の事が出来る様になった。

人々は便利になったと言うが、逆に忙しくなってる。

今も世界は便利を求めてどんどん加速に力を入れている。

日本で開通するリニアもそうだ。

東京大阪間が短縮されれば、これを行き来する芸能人もっと仕事ができるようになる。


これからもどんどん世界は便利を求めて忙しくなっていくのかな


ロボットがより高性能になったら人々はホリエモンの言うように

働かなくていい時代が来るのかな。

もし本当にそういった時代が来るのであれば

今働いてる僕らは桃源郷行きの船を一生懸命漕いで漕いで

辿り着いた時にはもう死んでるのかな

あと二世紀程、後に生まれたかったな.

どらえも~~~~ん









のびた

2016-10-26

大学中退者がなりたいのはザッカーバーグではなく正社員

スティーブ・ジョブズも、ビル・ゲイツ大学中退していますFacebookを立ち上げたマーク・ザッカーバーグソフトバンク孫正義もそうです。タモリ秋元康堺雅人などなど、大学中退して社会活躍している人はたくさんいます

https://www.gssc.kyoto-u.ac.jp/counsel/ryunen.html

中退した人がなりたいのはジョブズビルゲイツじゃねー、正社員だよ。雇 用 の 安 定。

あ、中退自己責任から雇用の安定は甘えとか思ったあなた厚労省発表のガイドラインでも音読しておくように。

中退した人の現実はこれ↓

大学中退経験がある25~34歳の半数以上が非正規雇用で働いており、この割合は同年代の平均の2倍に達する――。こんな実態東京大などの研究グループ調査で明らかになった。


大学中退者、非正規多く 25~34歳は平均の2倍の54%

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO04591420X00C16A7CR8000/

少数の有名人がかつて大学中退してました。だから何?

発達障害記事でも同じような書き方を見た気がするんだが、ほとんどは社会底辺でもたまーに社会的地位が高くなったり裕福にもなれるから我慢しろってことなんですかね。

随分、無責任だなあ。

2016-10-09

むかし少しだけ好きだった女の子ツイッターを見た。



わざわざに探したのではなく、以前から相互フォローだったけど他のつぶやきに流されて普段読んでなかったのが

今日たまたま目に入ったというだけ。



そしたらもう見事なサブカルクソ女子に仕上がってて幻滅してしまった。



地方から東京に進学してそのまま東京大好きになってしまって

「今が楽しい!」ということを無駄アピール

洒落カフェに行ったことを嬉しそうに報告したり。

がんばります宣言したり。

あらゆる発言が気に食わない。悪いけど生理的に無理な感じ。



別に今は1ミリ好意を持ってはいないつもりだし、

俺の中の勝手感情ではあるんだけど。



自分の中でも何がそんなに気に食わないのかわからない。

感情が複雑過ぎて言語化できない。



俺があまり他人を嫌いになったことがないせいかもしれない。

だいたいは嫌う前に無関心になってしまうので気持ちのやり場で悩むこともなかった。

この環状にどう整理を付けていいのかわからなくて。



リアルでは長いこと会っていないのでその間に色々あったんだろう。

関心を一切なくしてしまえば気を揉む必要もなくなるんだろうけど、

そんな形で解決していいのか、そんなんでいいのかなって。

2016-09-13

http://anond.hatelabo.jp/20160912220139

不当な料金なんぞ簡易訴訟で取り返せるはずだが、管轄東京大名古屋福岡ならお勧めはしない。

あそこの裁判所には国会議員みたいな裁判官がいる。


So-Netまりソニーは去年から大株主シティバンク系になった。

また三菱ゴールドマンが組んで株を売っぱらったからだ。かつて東電東芝合弁企業もサウステキサス社に売り払われた。

2016-09-10

君の名は。」の東京至上主義死ぬ気持ち悪い(追記有)

君の名は。」を観た。映画としては面白かったが、監督東京至上主義的発想がにじみ出ていて気分の悪い作品だった。以下ネタバレこみでどこが気持ち悪かったか書く。




まず、三葉が飛騨に住んでいるのに東京の話ばかりするところが気持ち悪い。飛騨は一応岐阜の一部であり東海地方であるテレビ名古屋ニュースが入るはず。ならば、まず三葉が向かうべき都会は東京ではなく名古屋のはずである。もちろん、東京名古屋では都市の規模に明確な差があるけれど、「カッフェ」はたくさんあるし雇用も最低限はある。実家の様子を見に行くことを考えれば名古屋就職するという選択肢も考えられるはずで、そこがすっぽり抜け落ちているのが不思議だ。小説版では三葉が名古屋のことを「大きな田舎」と表現する場面があるらしいが、当たり前だが飛騨よりは名古屋のほうが何倍も都会だ。三葉たちが困っていたのは「カッフェ」がないこと、雇用がないこと、訳のわからない因習があることだ。それらから逃れるためだけならば東京ではなく、岐阜市なり名古屋市なり富山市なり近くの地方都市に引っ越せばいい話である。(岐阜富山雇用が少ないかもしれないけれど)三葉が「田舎」を脱出したいという気持ちはわかるが、その向かう先が「東京」である必然性は感じられなかった。

次に、三葉たち糸森村の若者たちが最終的に三人とも上京するというのが気持ち悪い。繰り返し書くが、三葉たちが「田舎から脱出するなら名古屋に引っ越すという手段もある。それなのに三人が三人とも東京に出てくるのはなぜなのか?また、百歩譲って名古屋飛騨と同じレベルの「大きな田舎」だとして、「田舎」に彼らが残らなかったのはなぜか?糸森が消滅したとして、その地元愛着があるなら欠点はあれど飛騨に残るという考え方も抱けたはずだ。特にテッシーは親父が土建屋でその跡を継ぐという選択肢も考えられたはずであり、岐阜就職することもできたはず。東京に行った三葉と地方に残ったテッシーという対比もできたのに三人とも上京してしまうというのが腑に落ちなかった。

そして、彗星が墜落したあとの三葉とテッシー夫婦以外の糸森町民の姿が描かれないのも気持ち悪い。町は半分くらい吹っ飛んだが避難完了したはずで、三葉の妹やおばあちゃん、親父さんは生き残ったはずである。それなのにせいぜい三葉の親父さんが週刊誌に載ったことがわかるくらいで妹やおばあちゃんの後日談はない。あたか彗星によって三葉たち以外の糸森町民は抹殺されてしまたかのようだった。また三葉たちは生き残ったが、糸森という文化彗星墜落によって消滅してしまった。これは瀧が過去を改変する前も後も実は変わっていないように思えた。田舎文化田舎に残った人たちを瀧は実は救えていないのではないか

(そもそもおばあちゃんや妹は生き残ったのかという疑問もある。ラスト付近で瀧が彗星被害について振り返ったとき、彼は「突然の避難訓練によって、奇跡的に『ほとんど』の町民が生き残った」といった。この言葉からわかるのはあの彗星墜落によって少なからず死者が出ていたということである。その死者の中にテッシーの親父や三葉パパや四葉が入っていた可能性も後日談が描かれなかったから十分ありうる。神社土建屋といった「田舎因習」の象徴である彼らを監督は観客にはわからない形で彗星で消し去ってしまっていたのかもしれない。)





自分意見を整理すると以下の二つ

①「君の名は。」の世界には「東京」と「ど田舎(=飛騨)」しか存在しないのが気持ち悪い。地方都市存在無視している。

若者たちは必ず「東京」へ行かなければならず、彼らが抜けだしてしまった「ど田舎」は描く必要がないという思想気持ち悪い。東京は必ずしも「地上の楽園」ではないし、若者たちが抜けだしても飛騨に残った人たちの生活は続いている。「田舎」は「東京」へ向かう若者たち踏み台ではない。

この二つは監督の「東京至上主義から出てきているのではないか東京以外に日本に都会はなく、あとは全て「田舎である。「都会(=東京)」は素晴らしく、「田舎(=東京以外)」はくそったれであり、若者は必ず上京しなければならない。自分は新海監督のファンではないので彼が今までどういう映画を撮ってきたかよくしらない。だけど、「君の名は。」を自分なりに解釈するとこういうメッセージがあるように思えて仕方ない。そしてこの発想は「東京以外」にすむ自分としては非常に気持ち悪い。セカイ系だなんたら言われてる人らしいがその手の批判もむべなるかな、と思ってしまうような映画だった。





・追記

一部ブコメに返信




「miruna 軽井沢田舎ボンボンにはTOKYOあんキラキラに見えるんだよきっと。ファーストフードの豊かさを無視してブルジョア高校生がクソ高いカフェお茶してトラットリアバイトするんだから。」

これは全くその通りだと思います自分がなんでこんな増田を書いたかというと恐らく新海監督は長野のご出身(それも関東圏にかなり近い)なので都会=東京なんですよ。彼の原体験にはど田舎長野)と都会(東京しかない。近くに札幌福岡名古屋のようなそこそこ都会な都市がない。だから地方都市をぶっ飛ばし若者がみな東京にすい寄せられていく話を書いたんだと思います。でもそれは福岡名古屋札幌のほうが東京より近いエリアでは微妙事情が違ってくるはずなんですよね。だから本当はご自身出身である長野東部舞台にされたほうがしっくりくると思います



「Phenomenon あんだけ飛騨を美しく描いてるのにその解釈②はないんじゃない」

この点については「星の降る夜に”『君の名は。』(ネタバレ) - 私設刑務所CHATEAU D'IF http://chateaudif.hatenadiary.com/entry/2016/09/09/232626」というエントリー自分以上にわかやす解説しています

新海誠本人の田舎への郷愁景色のみで、ヒロインの言う「都会に行きたい」、東京大好きが本音というところだろうか。彗星には世界が滅びる鬱映画メランコリア』的な破壊衝動も感じる。人が死ぬ必要さらさらないけれど、場としての田舎は滅び去れ! 災害描写3.11メタファーなのだが、滅びるのが予言通り、みたいな乱暴さもあり、ババアの教えや伝統芸能が、街が救われることプラス自分恋愛のために存在した、というのはすごいナルシシズムだ。 ”

ヒロインや友人ら主要登場人物はみんな東京へと去り、親以上の世代のその後は語られないあたり、まさに「親殺し」の物語であったとも言える。”

メランコリア」は未見なのでよくわかりませんが、自分は「君の名は。」を観て「アクシズが墜落してしまった逆襲のシャア」みたいな映画だなあ、と感じました。人は死ななかったわけですが、彗星の落下自体「奇跡」回避できなかったということは、実はかなり絶望的な映画なのではないか、と。彗星の落下は自然現象ですが、その落下を設定したのは監督自身です。彼には田舎人間若者以外)を全て抹殺したいという願望があったのでは?少なくとも私は田舎に対する愛着は感じられませんでしたね。



とにかく自分事実誤認四葉彗星の死者数)をたくさんしているということもわかったので、もう一度見返したいと思います。そしたらまた追記を書くかも

2016-09-03

とある飲食店の評判を知りたくて、

ググった末にとあるブログが引っかかったわけよ

んで読んでると気になってた店だけじゃなくて、

地元の店がいろいろ網羅されてたわけよ

おお、これは参考になるかなと思ったのだが、

この人ほぼ毎食外食してんのな…

昼はどこそこで何々を食べた(写真付き)

夜はどこそこで何々を食べた(写真付き)

んでもって週末は東京大阪等々で何々を食べた(写真付き)

まり世界の違いに何だか惨めになってそっとSleipnirを閉じた俺

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん