「Dead End」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Dead Endとは

2021-02-20

ロック好きなら高校生までに聴いておきたい古典100

20世紀(2000年)までに出たアルバムを「古典」としています

1.Revolver / The Beatles

2.Beggars Banquet / The Rolling Stones

3.Who's Next / The Who

4.Led Zeppelin 2 / Led Zeppelin

5.Paranoid / Black Sabbath

6.Trout Mask Replica / Captain Beefheart

7.Live at the Harlem Square Club / Sam Cooke

8.Red / king Crimson

9.Tarkus / Emerson, Lake & Palmer

10.Close To The Edge / YES

11.Piper At Gates Of Dawn / Pink Floyd

12.Live / magma

13.Future Days / Can

14.Stand By / Heldon

15.Strange Days / The Doors

16.White Light White Heat / The Velvet Underground

17.Marquee Moon / Television

18.Radio Ethiopia / Patti Smith

19.End Of The Century / Ramones

20.Blank Generation / Richard Hell & The Voidoids

21.Remain In light / Talking Heads

22.Buy / James Chance & The Contortions

23.Never Mind The Bollocks / Sex Pistols

24.Damned Damned Damned / The Damned

25.London Calling / The Clash

26.Inflammable Material / Stiff Little Fingers

27.No More heroes / The Stranglers

28.Ace Of Spades / Motorhead

29.Over The Edge / Wipers

30.Dameged / Black Flag

31.Rock For Right / Bad brains

32.Why / Discharge

33.Heaven Up Here / Echo & The Bunnymen

34.Substance / Joy Division

35.Substance / New Order

36.Killing Joke / Killing Joke

37.Odyshape / The Raincoats

38.Cut / The Slits

39.Songs About Fucking / Big Black

40.Y / The Pop Group

41.Metal Box / Public Image Limited

42.This Heat / This heat

43.In"Jane Fron Occupied Europe" / Swell Maps

44.Heroes / David Bowie

45.Purple Rain / Prince & The Revolution

46.Our Favourite Shop / The Style Council

47.Psycho Candy / The Jesus and Mary Chain

48.Kollaps / Einstürzende Neubauten

49.Daydream Nation / Sonic Youth

50.Appetite For Destruction / Guns N' Roses

51.Nevermind / Nirvana

52.Wish / The Cure

53.Green Mind / Dinosaur jr.

54.Loveless / My Bloody Valentine

55.Screamadelica / Primal Scream

56.The Comforts Of Madness / Pale Saints

57.Siamese Dream / Smashing Punmpkins

58.Odelay / Beck

59.Parklife / Blur

60.Definitely Maybe / Oasis

61.OK Computer / Radiohead

62.Weezer (Blue Album) / Weezer

63.Satori / Flower Travellin' Band

64.PYG! / PYG

65.EVE / Speed, Glue & Shinki

66.晩餐 / Food Brain

67.一触即発 / 四人囃子

68.風街ろまん / はっぴいえんど

69.楽しい夕に / RC SUCCESSION

70.燃えつきる キャロルラストライヴ!! 1975.4.13. / CAROL

71.Public Pressure / Yellow Magic Orchestra

72.Welcome Plastics / Plastics

73.虫 / The Stalin

74.Deathtopia / Auto-Mod

75.蔵六の奇病 / 非常階段

76.Fight or Flight / The Mods

77.Boys & Girls / ARB

78.THE ROOSTERS / THE ROOSTERS

79.Phew / Phew

80.青盤 / あぶらだこ

81.ピース / 有頂天

82.GOOD EVENING WONDERFUL FIEND / THE WILLARD

83.Shambara / Dead End

84.裸の王様 / じゃがたら

85.DETESTation / G.I.S.M

86.服部 / ユニコーン

87.PSYCHOPATH / BOOWY

88.THE BLUE HEARTS / THE BLUE HEARTS

89.ヘッド博士世界塔 / Flipper's Guitar

90.Mother / LUNA SEA

91.空中キャンプ / Fishmans

92.Super Ae / BOREDOMS

93.フェイクファー / スピッツ

94.C.B.Jim / Blankey Jet City

95.ココロに花を / エレファントカシマシ

96.GEAR BLUES / thee michelle gun elephant

97.Kocorono / Bloodthirsty Butchers

98.Sim City / 平沢進

99.Buzz Songs / Dragon Ash

100. 無罪モラトリアム / 椎名林檎

追記2/21

すみませんJimi Hendrixを完全に入れ忘れてしまいました。

追記② 2/21

Sonic Youth綴りが違う、ご指摘感謝。訂正しました。

Stone RosesやSmithsあたりはTOP110なら入ったと思います

追記③ 2/22

ピストルズアルバム名も誤字有り、とご指摘。

ありがとうございます

四人囃子も「一色即発」と書いていたので

こちらも訂正しました。

あと数字=順位と思ってる方もいるようですが、

順位ではありません。

2020-06-19

DEAD ENDって誰かまったく知らんけどツイッタートレンドに出てくるほどの有名人なんだな

聞かれたら困らない程度には情報を集めておかないと・・・

2019-05-27

ボカロっぽい歌唱

VOC@LOID初期において「ボカロっぽい歌唱」が確立された流れ的な記憶から5選

2008/01/16 小林オニキスサイハテ

書いといてなんだけどPVの無表情っぽいミクにつられただけって気もしてきた。でも淡々とした感じからの2番のサビの「でしたーああ↑」でグッと来るはずなのでやっぱり入れる。「Packaged」とも思ったんだけど、あっちは声質が機械っぽくて歌わせ方はかなり調整してた気がしたので。

2008/04/08 cosMo@暴走P「初音ミクの消失 -DEAD END-」

ボカロマシンガン歌唱といえば外せない。喋りパート部分のみの元バージョンリリース2007年12月だけど、歌パートが追加され、よりエモくなって大ヒット。

2008/12/20 iroha炉心融解

初めて見たときは衝撃だったよねえ。この曲のボカロっぽさは、なめらかで途切れない高音とかもそうだけど、ブレス位置?が日本語理解してない感じに仕上げてあるとこも大きいと思ってる。

2009/08/30 wowaka現実逃避P)「裏表ラバーズ

簡単に言うと「ボカロっぽい歌唱」の文脈における「メルト」(=歌っているのがボカロであることに意味がない曲)だと思ってる。高音高速の極めてボカロな的歌唱であるにもかかわらず、歌詞の中に初音ミクというキャラクターの影はない。

2009/09/19 ガルナ(オワタP)「パラジクロロベンゼン

息継ぎできない系。リリース日見れば分かるけど「裏表ラバーズ後」の曲ではない。でもボカロっぽいの、と考えて思いついたので書いておく。あとキネティクタイポグラフィ。


さて裏表ラバーズってこんな昔だったかーとか思いつつ初音ミクWiki見てたんだがミリオン一覧に載ってる知ってる曲で一番新しいのでも2014年のとかだったんでおっさんもうボカロ好き名乗るのやめるわ。。。

2018-11-19

オンリーワンCPにハマる腐女子なんですけどもしかしてこれは呪われて

オンリーワンCPにハマる腐女子なんですけどもしかしてこれは呪われているのだろうか(題)

いやまじで、わりとかなり高確率オンリーワンCPにハマる。

ピクシブしかいないとかあるある

あんまりにも飢えた時は長年の相互フォロワーにお願いしてようやく他人の描く推しCPを拝んだりして生きてる。

いくつかのオンリーワンCP渡り歩いて生きてきた私ですが、楽しいこともあれば、やっぱり辛い時がある。

なにがしんどいって、人間関係なんですよね(DEAD END)

そもそもインターネット上の付き合いなんて楽チンなものです。

好きだなって思ったら気軽に感想送ったり、合わなかったらスッと避けたり。

歴の長いオタクならそういうの日常茶飯事なので、今更困ることはありませんわ。

よくある神絵師雑魚と付き合わねえみたいな話も、バスケやってる奴はバスケやってねぇ奴とバスケの話するより、バスケやってる奴とバスケの話する方が盛り上がるみたいなもんなので、そういう悩みもありません。

でもちょっと似た話かもしれませんね。

絵師でもないのに神まで召し上げられてしまう件(本題)

神になりたい人必見情報なんですけど、オンリーワンCP生産すると簡単に神になれます

CP傾向とか全部握れるんで闇堕ちしようが何しようがCP内戦争起きません。

あとCP供給してる私(唯一神)と閲覧者(迷える子羊)の一方的関係からはじまることが多いので、崇められ率バカ上がります

ただね、これマジの神絵師がうっかり降臨すると詰みます

飢えてたらヒエやアワも美味しいですけど、キラキラ銀シャリがご家庭に登場したら誰も見向きしなくなるのは道理なんですよ。

そしてアワはインコご飯になる。インコ可愛いなぁ。インコ大好き。

あとね、オンリーワンCPだと萌え語りが完全一方通行になります

閲覧者さんと友達になって語り合えばよくないって思いません?

9割9分くらい無理ですよ。

散々語り尽くされてますけど、二次創作ってまじキグルイが行う所業です。

原作っていう神推しを超えて溢れ出すリビドー(意味をよく知らない単語です)を自らの手で形にするって、常人には不可能

なので、いざ閲覧者さんとお友だちになっても話が続かないんですよ。

よほど神自身に興味を持つ人じゃないとね、神が語るCPの話を閲覧者がウンウン聞くだけになるんです。

グルイ同士でないと、萌え語りって出来ないんですよ。

まぁキグルイ同士でも解釈違いが起これば殺し合いですわ。がはは。

じゃあオンリーワンCPなんてやめちまえって思うかもしれませんね。

私もよくこんなキツい二次創作してられるかってブチギレることあります

めちゃくちゃメジャーCPウッカリ巡り合って沢山の閲覧者と気の合うキグルイ達に囲まれてゆるゆる二次創作してぇ〜〜!

CP解釈戦争とかより良い萌えシュチュ論争とか参加してみてぇ〜〜!!

私じゃないキグルイが生み出した推しCPくそ長文感想送りてぇ〜〜!!!

でも私の推しCPなので、需要が最も身近なところにあって、私がその場で供給できるんです。

そら生産するじゃん……

それに私の推しCPを推す誰かがいるかもしれない。

いつかの未来、私の推しCPを血眼で探す誰かが。

過去に私が血眼で探したように。

なんらかの電波を受信して、私の推しCP創作してくれた神が見られたこともあります

わずかなRT先を全部回って感想がないか探し続けることもあります

同じようなスクショが何枚もあるカメラロールを見られてドン引きされたこともあります

二次創作醍醐味萌えの共有にあると思っています

私は誰かと一緒に語り合うために創作しています

こういうところが萌えるんだよねっていう話の「こういうところ」をいちいち口で説明するのが面倒だから形にしています

誰かの創った「こういうところ」と私の創った「こういうところ」を見せあって感動したり共感したり爆萌えしたりしたい。

からオンリーワンCPなんてほんとは今すぐやめたい。

こんなのやってられるか!チクショウ!

俺はこんなCPやめるぞ!

うおおおおおおおおおおおおお!!!

でも今日オンリーワンCP創作する。

私の大好きな推しCPなので。

(追記)

私さんの推しCPすごい萌えますかいてくださってありがとうございます

って自分自分マシュマロにブッ込んだこともあるんですけど普通に寂しくなるので皆さんやめたほうがいいですよ。

2017-01-22

http://anond.hatelabo.jp/20170121203857

エミヤかいうやつの後先考えない正義感が鼻について、

ゲーム版だと突っ走ってのDEAD END、死んだほうがまだマシだと思えるようなBAD ENDがふんだんに用意されてるんだよね。

主人公が酷い目に遭う描写があることでそういう主人公へのイライラヘイト結構減ってる気がする。

「あああ!こいつぶっ殺してえ!」と思うけど、ちゃんと何度もぶっ殺されてくれるからね。

ヒロインが心の底から主人公を蔑み、その手で主人公をぶっ殺したり再起不能にしてくれるENDも結構ある。

アニメだと死なないルートを一直線に走ることになるからなあ…

やっぱりゲームをやって判断するべきだと思うよ。

2016-03-04

http://anond.hatelabo.jp/20160227183537

いやしか人権意識とか近代確立されたものだんだんなくなってきてるし、

いやいや、「なくなって」はなくね? 適切に機能してないだけじゃね?

でもって適切に機能してないけど増田の言うとおり適切な代替案もない状態Dead End.

ぶっちゃけその最大の例が自由主義民主主義じゃね?

マジ近代化終了って幻想近代はただ後期を迎えつつ未来を見いだせていない世界

色々な人が色々な主張をするけど全てが意匠と化すそんな時代じゃね? つーか何マジこの既視感wwwうぇwww


ここらで一発、世界を変えるインパクトのある発明とか希望

2010-07-11

思いの記録、あるいは「仕事人生とどちらが大事なの?」

「言ってることは分かるけど、でも、君の人生のほうが大事なんだから、今は休むことを考えなさい」

と言われた。つまり、休職しろという通知。人事より。

仕事パフォーマンスが落ちているな、と感じ始めたのは1月くらいからだった。社内に吹き荒れるリストラの嵐。部下が、同僚が次々と去る。そんななか、俺は超重要案件を独りで回してるという理由でそのリストラ対象からはノーマークだった。ただ、頼りにしていた仲間たちが消えていくことで、自分が指示者ではなく、作業者を兼任することを余儀なくされていることは感じていた。まあ、いつもの俺ならそのくらいはなんとかなる、ハズだった。

2月。社内政治は混乱を極め、俺は作業も指示も出来ず、ひたすら社内政治の調整だけを行っていた。ただ、その時はそれがこの先の仕事の成功につながると信じていた。

3月。協力して仕事をしている部署が、まるごと別の会社にたたき売られることになった。頼りにしている担当者も、辞めた。その頃から、焦燥感が強くなっていた。

「このままだとヤバい。確実にこのプロジェクトは沈む」

その言葉だけが、脳裏をずっと飛び交っていた。

4月さようなら協力部署。これからは君たちとお金の話をしなくちゃいけなくなった。とたんに増えるファクター。代替となった担当者の不理解。焦燥感はより強くなる。そして、人間リストラが一段落したあと、プロジェクトリストラも始まった。超重要案件とはいえ、バジェットがでかい。あいつらはいったい何をやっているのか。説明を尽くした。もはや会社上層部の意向一つで潰せる案件ではなくなっていること。いや、潰せはするが、その後の代償はどれだけのものなのか。一応PMの地位にある俺ですら、全容は把握できなくなってきていた。

5月になる直前。α版ができた。だが、中身はボロボロだった。それは当然だ。これだけ引っ掻き回されて、手戻りが大きく発生している。かつ、エンジニアへのディレクション不足が祟って、一番難しい部分は、まるまるリストラクチャリングが必要な状況にあった。ゴールデンウィークの間、「先生」にお願いしてリファクタリング実施してもらうことになる。「先生」も俺もこの時点で体調はかなり良くない。そして、関係各所へこの「不完全なα版」について、謝り倒し、内情をぶっちゃけ、頼むからプロジェクトを潰さないようにお願いして回る。そんな日々が続いた。

6月。なんとか軌道修正をし、スケジュールを引き直し、俺は指示者と作業者の地位に戻ることができた。しかし、この時にはもう遅かったのかもしれない。

まず、焦燥感で眠ることができなくなった。元々睡眠導入剤を飲んでいたのだが、全く効かなくなる。仕方なく、若干のOD普通に頓服として処方されるギリギリの量くらいまでで抑えた。薬とは10年来の付き合いだから、そこらへんは分かっている。それでも眠れなかった日は、一度だけお休みをもらうことにした。どれだけ無理を言ってるのかは承知の上だ。

次に、記憶がこぼれていった。症状は2つ。

1つは「仕事中にした作業や指示のことを覚えていない」。割と致命的だが、そもそも鳥頭だった俺は行動を頻繁にログとしてテキストファイルに書き出したり、バージョン管理ツールログを細かく書くよう心がけていたりしたため「記録」としては残っていた。それでも、記録に残さなかったささいなことは全て消えているし、自分の中で「それをやった実感」が全くないのが恐ろしかった。

もう1つは「自分がどこにいるのか分からなくなる」。よく「私は誰? ここはどこ?」っていう記憶喪失ギャグがあるが、あれに近いだろうか。自分が誰だかは分かっている。俺は、おそらく俺だ。しかし、俺がここにいるのは何故だ? そしてここはどこなんだ? そういう瞬間が訪れる。要するに以前の文脈がぷつんと切れてしまった状態。ほとんどが交通機関に乗っている時に発生しており、しかも日常の往復での出来事だったので、ケータイGPSなどを使って必死に推測することでオオゴトにせずに済んだ。ただ、一度だけ徒歩での移動中に発生したことがあり、その時は途方に暮れた。同僚と一緒だったため、なんとなく付いて行くことでなんとかなったのだが。

友人のライブに行っても、温泉に行っても、あるいはデカいホールでのコンサートにいっても、考えることは一つ。「今のプロジェクトは、大丈夫だろうか。俺がここで稼働して、先生にここまでお願いして、若手にここは任せて…足りるか? 足らないようならここも俺がやるしかなくて…」無限ループ。しかも、恐らくだがその要件には「記憶の穴」が多数存在していて、きっと何か大事なことを忘れている。

7月退職を決意した。ただし、このプロジェクトが無事離陸するのを見届けてから倒れたい。そう上司希望を出した。だが、上司は俺のことをかなり過大評価しており、切り札として残しておきたい気満々らしい。

「こんなにぶっ壊れている人間を置いておく余裕、あるんですか? 使えるところまで無理やり使って、その後希望退職すればあと腐れないんですよ?」

ダメだ、ボクにはそういう判断はできない。若いんだから、まだ生きて欲しい」

意味がわからなかった。さらに

「このプロジェクトより、君の人生が大事だ。誰か代わりの人間に任せて、休むことは出来ないか」

とも言われた。理解ある上司の、建設的な提案だと思うだろうか。一見、そう見えるかも知れない。だが、俺の視点から見ると、これは違うのだ。

そもそもこの不況下、これだけのバジェットをかけたプロジェクトを潰すには「物理的に」腹を切る人間が必要。だが、その結果がでるのはもうちょっと先のことなのだ。今、俺がこの会社から去ると「物理的に」腹を切る人間がいなくなるのが、困るのだ。

そして、代わりの人間。二重の意味で、代わりの人間を調達するのは困難だ。このプロジェクトはそもそも作業者、指示者、企画営業、そして政治的調整の全てを俺が担当している案件である。作業者になるつもりはなかったのだが、人減らしの結果、そうなってしまったというのが正しい。これを全部やれ、というのは、俺のコピーロボットを作る程度で済むのかどうか。それよりなにより「物理的に」腹切りするべき人間が増えてしまうことを、俺は危惧している。

だからこそ、立ち上がるところまで見守り、上手くいかなかったことを持って腹切り退職。それが俺の願いであった。その道を塞がれたのだ。

そもそも俺は若くはない。アラフォーで体中が悲鳴を上げている。ここらが潮時だと思っていたのだが。

もう一つ。たとえ休職して復活しても、戻るべき部署はなくなっている。かなり強い確信を元に、俺はそう思っている。戻るべき部署のない俺を抱えるこのお人好しな会社はなんだ? …うん、お人好しな訳はない。俺はどう利用されようとしているのか。そこまで想像して、吐き気を催した。


だけど。俺は今やってるこの仕事が好きだ。天職だと思っている。俺にしかできないことをやっていると信じている。ただ、体も心も全く追いつかなくなっているだけで。このプロジェクトを立ち上げて死ぬなら、本望なんだ。でも、それは許されないことだという。

自分人生なんて、何があるわけでもない。親の面倒を診て、死んだら墓の手配をして、親戚の皆様に「申し訳ないですが独り身のもので」と謝り、日々の楽しみはアニメ漫画程度のもので、それもホントに面白いなんて思っているわけでもなく。どちらにしても、仕事をしている限りは自分人生なんていうものはないも同然だな、という諦めの気持ちを持っている。

そんな人生と、体を心をこれだけ傷めつけて、まあ概ね再起不能から死の方向へ行く仕事の仕上げ。どっちが大事かと言われれば、俺に取っては仕事のほうがいい、死ぬまで仕事をやらせてくれ、と言いたい。

そんなに人間の命なんて大事か? 俺みたいな壊れかけのbotみたいなのでも大事なのか? 誰にでもリア充のような人生が待っているわけではないんだよ。


それとは別に、残り僅かな体調を整えるために早朝出勤、定時退社している俺に陰口を叩く連中もいるわけで…。そうだね、君たちも過労死ラインを優に超えていることは知っているし、俺もそれを何とかしようとかけずりまわったさ。でも、これだけ人が減らされちゃ、無理だよな…。

どうしよう。どうしようもないか。DEAD END

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん