「感謝感激雨霰」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 感謝感激雨霰とは

2019-09-14

anond:20190615221010

元増田です。

その節は駄文長文失礼いたしました。

去る9月6日に『僕の心のヤバいやつ』2巻が発売されました。

正直にいいますと、発売日を忘れていたのです。あれほど長文で愚痴ったのに。

増田を眺めてる時に、ふと「そういえば」、と思い出しました。無事にKindleで購入しました。)

人の心は移ろいやすく、熱はこんなにも簡単に冷めてしまものなのですね。

しかし、容易く冷めることができるなら、容易く燃えることもできるでしょう。

2巻面白かったです。おススメです。

そしてなんと今ならウェブ連載に追いつくことができます

今ならウェブ連載に追いつくことができます

10/1が次のウェブ連載の更新日なので、

それまでであればウェブ連載に追いつくことができます

すばらしい。こうあるべきだ。こうあって欲しかった。

いま、そうなっている。すばらしい。

作者桜井様迅速単行本化熱烈感謝感激雨霰

秋田書店編集部偉偉良仕事仕事

以上

2019-03-08

初めて同人誌感想を頂いた

よく同人誌感想関連での増田の話を目にする。

『悪意のあるメッセージに心が折れた』

感想を送らず監視だけしていたら神が去った』

『神に感想送ってよかった』

それ以外にも支部検索0件のCPの本を出した話など胸が熱くなった。

ところで私は今とても浮かれている。少し前にマシュマロ11月に出した同人誌感想を頂いたのだ。それだけではない。支部メッセージに長文の感想を頂いたのだ。正直いって嬉しい。非常に嬉しい。嬉しすぎて、外に向かって叫びたい。「ありがとう!!!」と!

マシュマロは当然匿名なのだが、pixivについては送った人がわかる。どちらも好意的感想だったというのもあるが、私が作品内で伝えたかたことをしっかりと受け止めて貰えたことに感謝感激雨霰といって具合である

私は、とあるジャンル活動しているしがない文字書きだ。こちから一方的に発信するだけで、基本的交流はしていない。だから、名が知られているわけもないし、フォロワーだって全部名前を言えるほどしかいない。それはそれで不満はなかったのだ。

昨年、身内が『支部作品をまとめてはどうか?』と勧めてきた。彼女のスペースに置かせてくれるとも言ってくれた。いずれ形にしたいとは思っていたので、出すことにした。しかし、ほとんどジャンル交流をしていない。同じCP作家の知り合いもほとんどいない。フォロワーさんも数えるほどしかいない。一体誰が私の作品をよんだくれるのだろうか?不安しかなかった。

結果的に本は完売し、再版して書店にいれた分も完売した。

しかし、その時点では感想は貰えなかった。

感想貰える方が珍しい』とかよく目にする。知名度もない私にはそんなもんだろうと受け入れていた。

二月のイベントで手元に残っていた分を再び委託で置かせて貰うことになった。正直、前回イベント書店分で頭打ちだろうと予測していた。それでも何冊か売れた。とても嬉しかった。

イベントが終わりしばらくしてからであるマシュマロ感想を頂いた。とても嬉しかった。ありがとう。私が意識して書いている部分をしっかりと汲み取ってくださっていた。本当に嬉しい。

それから最後に残った分をBOOTHに置くことにした。ネコポス利用なので誰が買ったのかはわからない。そんな中、買って下さった方が支部メッセージ感想を送ってくれた。匿名でのやり取りで購入した物に対し、あえてアカウントのわかる手段感想をくださっていた事に痺れた。しかも、嬉しい事ばかり書いてあり、こんなに褒められたのは生まれてはじめてではないか?と思うくらいにだ。

お返事は無理なさらずとあったのだが、お返事を書きたい。しかし、いざ書くと歓喜のあまり気持ち悪い文章になってしまい、未だ書けていない。

からこの場を借りて御礼を言いたい。

本当にありがとうございます。褒めて頂いたことも嬉しいのですが、隅々までじっくりと読んで頂けた事が本当に嬉しいです。また、手に取って貰えるような作品が書けるよう精進したいと思います

というわけで、しばらく創作脳ではなかったのだが、今は書きたい衝動に駆られている。なかなか集中して取り組む時間が取れないのだが、私は書き続けようと思う。

本当にありがとう

2018-03-02

神〇〇様が大好きで大嫌いだ

絵師、神文字書き、神レイヤー……。あなたの界隈にもきっといることだろう、そのジャンルのいわゆる「神」な人。

神〇〇の作る作品が大好きだ。今日推しカプ描いてくれてありがたい。でもね、でもね、でもね、最近少し苦手。

ここから先はクソ腐女子のヤベー偏見とヤベー嫉妬しか書いてないので、うるせー知るかって方は戻って結構です。

前提として、わたし文字書きで、最近精神崩して創作意欲がズタボロ、それでも同人作品は好きだから生産せずにROM専になって数ヶ月経つ。

というか、もともと同人ジャンルにおいて「小説」の需要は極端だ。

その界隈の神の作品結構18禁でもそうでなくても一定数は読んでもらえる。本当にこれは汚い嫉妬しかないんだけど、わたしみたいなその他大勢は埋もれがちだ。18禁ならとにかく推しカプのエッチなのが読みたい!って人が少なからずいてくれるのでわりと見てくれるが、そうでない作品は本当陽に当たらない。

わたし同人界隈に入ったのがわりと新参なので、個人サイトが云々〜な時代の話はできない。が、最近顕著な気がする。

とあるカプのワンドロに参加した。

イラストはいわゆる「界隈の神」の作品はもちろん、ワンドロで始めて出会った方の作品もかなりふぁぼりつをもらっていた。対して小説は、そのカプ界隈の神文字書きさんでも数リツイートぐらいだった。

読んでよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!最高だから!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!推しカプ好きな全人類読んで!!!!!!!!!!ってなった。

小説は相当面白い人か相当界隈で名のある人じゃないとやっていけない。んじゃ面白い話書けって話だよね、そう簡単に書けるかアホ。うるせえ絵描きも大変だと言われればそれまでだ。努力は同じだけ、もしくはそれ以上だろう。どちらがより努力、って話をしたいんじゃない。

先日も「同人イベントサークルにいると、サークルの前を通って行く人が『小説ちょっとなあ〜』と言われて傷つく(意訳)」な内容のツイートを見かけた。

国語できりゃ誰でも文書けると言われたらそうだし、それより専門的な知識(絵描かないからよく分からないけど、人体のパーツとか、構図とかか?)や道具が必要絵描きが大変と言われたら、それも一理あると思う。

いや、文字と絵の界隈の話をしに来たんじゃなくて。

もうブランド化が進んでないか

「〇〇さんの作品なら外れない」みたいな、いやそれも作品探しの方法として間違っちゃいないのかもしれないけど、それでも、あまりブランド化してないか

ブランド化って言い方が良くない?だよね思う、でも実際そういうところあると思う。

〇〇さんの作品からリツイートする、〇〇さんの作品からとりあえず読む。

本当、底辺文字書きとしては閲覧数だけでも神の救いなのだ

ぷらいべったーの閲覧数が1でも、ああ良かった!!!一人でも見てくれた!!無意味じゃなかった!!こんな小説でも多少の需要には答えれた!!と思える。たとえ事故リンク押しちゃっただけでもいい、もう見てくれるだけで感謝感激雨霰なのだ

文字は、本当に陽に当たらない。

絵師さんの描くものが大好きだ。今日推し描いてくれてありがとう。大好き。

でもね、でもね、わたしがこれだけ応援して、わたしがこれだけ好きで、こうして思ってるのに報われない、もう推しカプのお情けでもいい、見てほしい。

あーーーーーー!!!!!!!むかつく!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!わたし一生懸命書いた!!!!!!!!!わたし推しカプ好きだから書いた!!!!!!!!!!書いたんだよ、わたしなんかの文章出すの恥ずかしいしもっと神がたくさんいるけど書いたんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!なのに!!!!!!!!!!ただ界隈で有名なだけで!!!!!!!!!!ア゛ーーーーーー!!!!!!!!!これ以上言うともう本当ただの妬みにしかならない、割愛

からふぁぼをもらったりフォロー返してもらうと何か自分人間の株上がったような気さえする。ブランドだ。

最近同人界隈やりにくい。

神〇〇好きだ。だけどこの神にはこんな応援してくれてる人がいて、わたしもその一人で、それなのに。何がダメだったんだ、やっぱ才能か?フォロワーか?なんなんだ、謙遜する心か?こうやって読んでほしい読んでほしい言ってるやつのは読みたくないってか?もうなんでもいい。そんなこと言ってる暇ありゃいいもの書けるように努力しろってか?うるせえしてるわ。

神〇〇、大好きだ。大嫌いだ。

2016-08-06

俺がみんなに共感して欲しいと、気持ちを込めて書いたブコメには星が一つもつかないのに、

たいして興味がない記事に、何の気なしに書いたブコメに大量に星がついたりするのは

何でなんだぜ?

これがブコメ法則ってやつなのか?

[追記]

俺のid:RQBeuH98Rb

前者:http://b.hatena.ne.jp/entry/news.yahoo.co.jp/feature/277

後者:http://b.hatena.ne.jp/entry/bylines.news.yahoo.co.jp/nakayamayujiro/20160804-00060527/

[追記2]

何だよ~。みんな優しいな(泣)

[追記3]

みんなスターありがとう。うれしいよう。

[追加4]

kyo_ju

前者のブコメで"何の意味もない"と言っているのには賛同できない。

行政は猫の生命を守るために店を取り締まっているのではないし。

問題業者動物愛護法に基づく登録取り消し処分を受けたということと、

動物愛護法精神は何かということを考えていただきたいな、と思います

行政処分を受けるような悪質業者は論外として、良心的に猫カフェ営業

していたとしても、経営に行きづまる事もあるわけで、そんな時に店にいた

沢山の猫達はどうなってしまうのか?ふと、心配になりました。

皆々様からは、天文学的数字スターいただき感謝感激雨霰でございます

からの追記はこれにて終了とさせていただきます

2015-10-21

感謝感激雨霰

感謝」を個人がしているぶんにはあたりまえというかふつうというか、とくに変に思うこともないのに、大勢集団になって「感謝しましょう」とか言い出すととたんに胡散臭くなる現象ってなんなのかしら。

2015-09-09

食事を作ってくれる女房には感謝してます

昼間はPCの前に張り付いている。

Youtube動画をチェクして、YahooGoogleはてなトレンドをチェックして、最後キーワードを決めて文章を書く。

ノマドと言えばそうなのだけれど、外出はほとんどしない。お金節約であり体力の節約になる。

体を動かせば健康にもなるが、何かと物入りにもなる弊害を抱えているからね。

しかし、いくら動かなくてもお腹は減る。減り過ぎて背中とくっつきそうになる。(感覚ね、感覚童話でもあるでしょ)

そこで食事を作るわけだが、これがまた面倒なわけ。なるべく簡単に済まそうとするわけ。

食材があれば別だが、無いときは更に簡単にしようとする。できれば火を使わずに、チンして作る。

ただし、チンして作る食事にはレパートリーが少ない。大抵はどこか似ている。だから、いつも同じようなメニューになる。

上のような理由で、昼食を作るときは頭を悩ます。悩みたくない時の食事は、それこそネコまんま並みになる。

妻が仕事から帰るのが、ほぼ10時を回った頃。彼女は立派で、けっして私を厨房に立たせない。(まあ、結果が悲惨になるのを知っているから)

自慢じゃないが、うちの細君の食事は美味しい。限られた食材でも上手く扱う。昼食とは大違い。感謝感激雨霰世界

グルメじゃないので、食べたいと思うようなものはそれほどないが、たまに食べたくなる料理が頭に浮かぶ。

それを彼女に伝えると、ほぼ想像と寸分違わずに作ってくれる。またまた感謝感激雨霰世界に浸る。

最近は、外食産業が充実しているからなのか、口の肥えた人が多くなったよう。だが、実際はそうでもなさそう。

女房の作った飯が不味いと、小言を言うのは亭主の業か?いずれにせよ、あまり感謝をしている旦那は多くない。

私のように、昼間粗食に強いられている者には、女房の作る食事は値千金にも感じられる。

幸せだなあ。僕は、君といる時が一番幸せなんだ。死ぬまで……」三点リーダの部分はさておき、食事には彼女が居てくれないと。

こちらの性格を知り、味覚を知る女房が居てくれてこそ、生きている実感が湧くといったところだ。

「衣食足りて人礼節を知る」などと申しますが、現代では通用しないのかな?

とにかく、食事を作ってくれる女房には感謝しています

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん