「トッド・フィリップス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: トッド・フィリップスとは

2019-10-24

[]2019年10月23日水曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
005613565242.284.5
01457133158.577
02263129120.3108.5
031269057.552
0479012.912
05641569.28
0622216198.251
0739350789.929
0871528474.444
09105922687.939
1013413651101.955.5
119913257133.959
121741169667.224
131651242275.334
141601117269.830
151651058764.239
161751515186.644
171821502582.641
181801417278.740.5
1910912767117.141
2012112741105.337
2118220645113.437
221991127756.735
231891848797.842
1日262323825090.840

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

Hentai(10), 気張ら(6), porn(4), ベン・ハー(3), トッド・フィリップス(3), imation(3), HENTAI(17), hentai(6), 安倍昭恵(3), Animation(3), 報連相(11), ジョーカー(33), 宇崎(26), 清潔感(22), 献血(28), 巨乳(43), ポスター(40), 権威(16), 乳(19), 天皇制(7), ディズニー(12), L(12), ポルノ(10), 腐女子(27), 性的(45), リベラル(30), ネトウヨ(48), BL(15), 消費(29), キモい(29), 服(34)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

(タイトル不明) /20191023163352(15), ■宝くじ当たったけどすることがない /20191021211936(11), ■アラサー婚活している /20191023172222(10), ■〇に当てはまる一文字を考えてください!! /20191023082626(9), ■ユーザー名ってどうやって決めたの /20191023190834(8), ■"性的消費"の正体 /20191023170349(8), ■「普通の男」とは /20191022161323(8), ■LGBTは救済されるのに /20191023095017(8), ■○○フェスの飯がまずい理由 /20191023103604(8), ■会社を潰したいんだけどどうしようかな /20191023141709(8), ■助けてくれ /20191023140733(7), ■ハーレムキモさ /20191023102242(7), ■仕事ゼロなのにどうして疲れるの?問題について。 /20191022151516(7), ■30、40代向けの女性向け雑誌見て鳥肌立った。 /20191023230042(6), ■映画ジョーカーから見たKKOは団結できない問題 /20191021230300(6), ■普通の女はこんな感じ /20191022222758(6), ■女の人はなんでディズニーランドが好きなのか? /20191023141206(6), ■垢BANされないギリギリ下品ハンドルネームを考えてほしい。 /20191023165202(6), ■絵の評価がよくわからない /20191023213726(6), ■ /20191023221240(6), ■自治体保健所で行なう性病検査無意味どころか有害でさえある件 /20191019002457(6)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6712252(2251)

2019-10-23

監督作家から見る「ジョーカー分析

話題映画ジョーカー」を観た。3日間もの間、印象的なシーンが鮮明に再生され、日常生活を送りながらも映画の中の世界が頭から離れなかった。観賞中は息が詰まるような緊張感が続き、ショッキング描写気持ちは激しく動揺した。

これは一体どういう映画なのだろう。なぜこんなにも強く私の脳内占拠したのだろう。これは議論を呼ぶ名作なのか、はたまたただのトラウマ体験なのか。作品に散りばめられたエッセンスから頭をよぎった監督たちの紹介とともに答えを探っていきたい。

まず系譜としてはマーティン・スコセッシなしには語れない。スコセッシは言うなれば妄執の父である社会が見せる夢に取りつかれた青年現実妄想の間でもがく、という題材をひとつテーマとしている監督だ。アメリカンドリーム皮肉たっぷりに描き、鬱屈した現実とポップな理想を同居させ、若者狂信的な思いを貫くことで結果的社会カウンターパンチを食らう、という内容に特徴がある。主人公にはしばしば常識倫理観が欠如しており、それが社会との隔絶や陰惨な事件を起こす引き金となる。「タクシードライバー」や「キングオブコメディ」でうだつの上がらない妄想癖の男を演じたロバート・デ・ニーロが「ジョーカー」で今度は人気番組司会者を演じているのも意図的皮肉だろう。社会の片隅で生きる男が自意識肥大させて全能感を獲得するという構図は明らかにスコセッシに倣ったものだ。

だが、スコセッシ作品と比べると「ジョーカー」の方が観ていて受けるショックは大きい。はじめから狂気じみたスコセッシの描写する青年と違い、「ジョーカー」の主人公アーサーは特殊障害こそあるものの、それなりの分別を持って慎ましい生活を送る恵まれない男なのだ尊大さよりも不遇を強く感じさせる分、彼が段々と堕ちていくのを見るのはつらい。

似たような余韻を残す作家連想するのはダーレン・アロノフスキーだ。アロノフスキー絶望職人であるこちらも現実妄想の対比によって物語が進行するが、えげつないほどの乖離物理的に後戻りのできない状況を生み出すことによって観客もろとも登場人物絶望へと叩き落とす。往々にして個人における心理状態の変化に焦点が当てられ、描写に肉体の変容を伴うのが特徴だ。職人と称したのは、映像音楽を神経質なまでに駆使して恐怖や落胆、憧れといった感情を煽っていく技巧派スタイルからだ。その画面は暗く、重く、そして美しい。「ジョーカー」を観て「レクイエムフォードリーム」や「ブラックスワン」を想起した人も多いだろう。アロノフスキー作品同様、「ジョーカー」には喪失のものを賛美する鎮魂歌のような要素がかなりある。観客に登場人物と同じ夢を見させた上で、それが緊張とともに深い闇に飲まれていく過程をただただ美しく映し出すのだ。

では、「ジョーカー」の監督であるトッド・フィリップス独自性はどこにあるのか。それは、社会的にインパクトのある題材を濫用し刺激的すぎるほどリアル描写にこだわっているにも関わらず、全体として悲壮感を打ち消しにかかっているところにあるように思う。まさにジョーカー的とも言える、悲劇喜劇かは主観次第、というのを地で行くような趣きがある。スコセッシが愛に飢え、アロノフスキーが闇を愛でる一方で、フィリップス節はなんとなくはじめから終わりまで人々の孤独平行線のまま、深刻なのにどこか表面的で、楽観していて投げやりなのだ

過去作の「ハングオーバー」でもトッド・フィリップスはそんな調子だった。いたずらに過激モチーフを画面に持ち込み、場当たり的に対処していく。物語は緻密に構成しながらも強いテーマ性は内在させず、作り手としての態度はどこか楽観的だ。調べてみるとドキュメンタリー出身とのことで合点がいった。おそらくは観客を引きつけておく演出は最大限発揮しながら、事象としてはすべてありのままを受け入れる、ということである男子寮、バチェラーパーティー、そして今回のジョーカー誕生といい、悪ふざけと相性の良いトピックを選んでいるのもきっと彼らしさなのだろう。待てよ、よくよく考えれば彼の切り口は「やりすぎ男子」そのものじゃないか

だとすると、やはり「ジョーカー」という作品社会的意義を議論するには不向きな映画だろう。映像表現に長け、社会ありのままに捉え、悪ふざけを好むトッド・フィリップスという監督が、人々にトラウマを植え付けるほどやりすぎてしまった結果できた映画なのではないか社会問題全部盛り、過激表現シマシでありながら「そういうこともあるさ」と爽やかに言わんばかりの演出にはそれで説明がつく。それは確かに時代を反映しているかもしれないが、風刺意図や分かりやすメッセージはおそらくそこにはない。

新時代のやりすぎブラックジョーク、それが私の「ジョーカー」に対する結論である

※ 本当はクリストファー・ノーランにも言及たかったが、うまくまとまらなかったのであえて割愛した

anond:20191023162220

というかガチトッド・フィリップス史観だと「アーサーは独善的エゴでマレー殺しをやった。別に世間がそうさせたわけでもなんでもない」が正になるっぽいけどな。

https://theriver.jp/joker-climax-decision/2/

監督解釈は槙野さやかジョーカー解釈の方が正しそうな世界線らしいぞ。

anond:20191023162220

トッド・フィリップス「まだ正解が何であるかの答えは出してないんだが?」

2019-10-22

トッド・フィリップスでもないのに他人映画感想に「解釈間違い」とか言ってるお前

さすがにちょっとイタいと思うから自重すべきだと思うぞ…

anond:20191022025053

トッド・フィリップス曰く”見る人のためにこの映画定義することはしたくないんです。これ (『ジョーカー』) は政治的映画ではありません。いや、そう感じる人もいるでしょう (笑)あなたがこの映画をどのようなレンズを通して見るかによって、それは決まるのです。”と。

ジョーカー』について語ることで、その人の認知バイアスあぶり出される。

2019-10-17

ジョーカーについての面白い考察

以下の考察がなかなか独特で面白かった

https://www.youtube.com/watch?v=2bW1NikndLE&lc=z220fpkrrkncs5rrd04t1aokgmsmsagkxlrbpcxbwvsjrk0h00410.1571242512657368

映画ジョーカー」は監督トッド・フィリップスはこれまで撮ってきたハングオーバーシリーズと同じく、どこか抜けてる主人公があり得ない不幸に連続して遭遇してギャフンというコメディ映画にすぎない

しかカメラをロングショットではなくクローズアップで撮ってるせいで深刻な悲劇に見えてしまっただけだという説

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん