「アストルティア」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アストルティアとは

2021-07-17

ドラクエ10超おもしれえ

ドラクエ35周年記念生放送ってのを観てたんですよ

2021年5月27日のやつ。猛烈にハマってるドラクエライバルエースになにか良い話がないかなって期待して観たけどありませんでした。

で、ドラクエ12出るんだわーいってなってんたんだけど1つだけ喉にひっかかってたのが

ドラクエ1からドラクエ11の中で俺、ドラクエ10だけやってねえな……」

ってのがありまして

35%offで遊べるってんで買いました。月額1,000円だけどまぁ、そこらへんはゲーセン行けばもっとかかるしねって納得。

結果、すんげー面白いです。

このゲーム簡単に言うと「バカが考えた理想ドラクエ」って感じ。

バカなら

「全装備が見た目に反映されてほしい」

キャラメイクは膨大なパーツを組み合わせて豊富種族から選ばせてほしい」

「装備とは別に見た目だけの装備もあってほしい」

「全ての装備にカラバリが全色あってほしい」

MMOだけどドロップ品でケンカしないようにドロップ平等メンバー分同じものが手に入る」

とか言うじゃん。無茶な提案をするじゃん。

全部ある。やべえ

そんでもってさら馬鹿なら

内装外装をカスタマイズできる家が欲しい」

「高速移動に使える乗り物が欲しい」

ダーマの神殿があるドラクエみたいに転職がほしいし、リメイク7みたいに転職で見た目変わってほしい」

「だいじなもの含む全アイテム2Dイラストが欲しい」

「全モンスター図鑑が欲しい」

とか無茶言うじゃん

ある。あります。やべえ量ある。

そんでもって

PvPミニゲーム

釣り

職人要素」

カジノすごろく

バトエン大富豪

「仲間モンスター

スライムレース

タイムアタック

とかそういうミニゲーム的なものが山盛りある。遊びきれん。

遊ぶ前はもう8周年だかって話で人がいないか、もうレベルカンストした人が色々蹂躙してて新規は楽しめないでしょぐらいに思ってたのよ

ちゃん新規でも職人として製造したアイテム市場に流して利益が得られる。これは人が多いからこそなんだろうか・・・。とにかく楽しい

メインの部分も、自分にあったNPC雇用できるようになっていてRPGとして楽しめる苦戦するようなレベル帯で進めてもいいし

ゲーム崩壊させてボスを瞬殺できる仲間を用意して戦闘作業にしてもどちらでもいいというプレイヤーに完全に任せるスタイル楽しい

私はレベル60ぐらいの仲間という縛りでレンダーシア進んでるけど苦戦しまくって楽しいです。

というわけでドワーフ男として蒼天のソウラで憧れたアストルティア世界に入ってはや一ヶ月。

なんとか冥王ネルゲルを倒してver1終わらせてver2の舞台レンダーシアまで足を踏み入れました。

蒼天のソウラで語られていたように、装備を整えるためのゴールドを得るのは中々地道で大変だけど、魅力的な世界で楽しく冒険しています

今は一気に増えた道具袋や装備袋拡張クエスト四苦八苦したり、ハウジング面白いなぁとか撮影イベント楽しいなあ、職業クエストの為にそろそろメガルーラストーン欲しいなぁって満喫しています

MMOでもドラクエドラクエだったし、バカが考えた事をそのまま実装たかのような豪華さですごいなぁって日々驚いています

現状、歴代で1番「ボリュームがすごい」ドラクエドラクエ10だと断言できています

理由としては、毎日4時間遊ぶのを一ヶ月続けて全体の1/5しか遊べてないドラクエなんてはじめてなんだよ!!!他のドラクエならもうエンドコンテンツって言うか隠しボス入ってるよ140時間遊んだら…。

2021-03-07

ドラゴンクエスト漫画個人的最高傑作追記アリ】

マイナー話題から反応って言うかブクマトラバも無いと思うけど(って予防線張ったけどめっちゃあったわ。ありがとね)

ドラゴンクエスト漫画作品って色々とあるじゃないっすか。俺、基本、(電子書籍中心に)全部買ってまして。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章紋章を継ぐ者達へ~

DRAGON QUESTダイの大冒険

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 クロスブレイド

ドラゴンクエストモンスターズ+新装

ドラゴンクエスト6 幻の大地

ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たち

ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場

ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説

スライム冒険

スライムもりもり

スライムドーン

ゆうべはお楽しみでしたね

で、全部買って読んだ結果一番おもしろ漫画が何かと考えた結果

ドラゴンクエスト10外伝漫画蒼天のソウラだなぁって

蒼天のソウラがどう面白いかと言うと

まず、敵が超頭いいのよ。敵には「復讐の月(イシュ・ヤンカル)」という大魔術だか魔導兵器だかの発動という勝利条件があって

その勝利条件を人類アストルティアの5種族)達に知られないように達成しようとしている。

その魔族側が持つ余裕の範囲内で、研究をしたり復讐に動いたり。敵として考えられる範囲内で理性的に行動を起こしていて

一枚岩ではない魔族側をうまい事まとめている国家の長としての魔公王イシュマリクが超かっこいい

魅力的な物語は超魅力的な敵あってのものだと思うので、敵が作中で最高に魅力的なキャラクターというのがまず最高。

それを倒すべく立ち向かっている我らが主人公のソウラもすごいキャラクター

最初チートとも言えるエクステンションラインドラゴン紋章)頼りのキャラクターだったけど

そのラインの力を使って効果的に戦うやり方を模索したり

自分ライン以前から持っていた剣術への理解を深める事で新たな境地へたどり着いたり

キャラクターそれぞれが目的を持っていて

ネームキャラクターみんながやりたい事や目指している事が違っていて、それぞれが「作者に動かされている」のではなく

「生きている」って感じのキャラクターなのが素晴らしい

あと、ドラクエ10世界なので、今行われている海底魔城攻城戦100名の読者投稿キャラクター活躍しているんだけど

流石にドラクエ10勇者ほどのパワーは無いという描写は守りつつ、メドローアのような呪文

魔術を極めた者によるハッキングだったり、旅の扉の建造による補給作成作戦だったり

自軍拠点を作る為に世界樹の種?を使ったり

全編にドラクエ1110にいたる全てのドラクエの要素が網羅的に使われていて

ドラクエ好きならその世界観構築の巧みさに感動しかない。

他のドラクエ漫画はだいたいが「主人公達が作品世界内で最強」なんだけど、ソウラ全然そんな事なくて主人公達の実力はその世界の中でも低い所からスタートしていて、主人公よりも強い冒険者が山程いるっていう層の厚さも個人的に好き。

面白すぎるから毎月Vジャンプ買って読んでいるんだが

すごい面白い漫画なのにネットだとあん話題になっていなくて

ドラゴンクエストという超有名ブランドでもスピンオフとなると追う人はあんまりいないんだなぁって思った。

ドラクエ10で遊んでたらスマホアプリ経由でタダで全話読めるからドラクエ10遊んでる人はだいたい読んでいるんだが・・・

この作品面白すぎるのでドラクエ10を遊んでない人にもおすすめできてしまう。

と言うかVジャンプ、今、全ての漫画雑誌の中で一番おもしろいまであると思う。

ジャンプオタクなら是非読んでほしい雑誌だわVジャンプ

ダイの大冒険の前日譚も連載中だしな。

追記

まさかホッテントリになるとは思わなんだ。

「タダで読めない」については1日10ジェムもらえるからコツコツ溜めれば年間3650ジェムになるログボで買ってるって人が多いのよ。(そのおかげで紙の売上そんなに無いのに8年以上連載続けられてる。スクエニ様様)

この漫画の何がいいって「バイシオン」「スカラ」「ズッシード」なんかの補助呪文効果的に使われてる事だったり

キラキラポーンやHPリンクビッグバンギガスラッシュのような特技がカッコよく使われてる事だったり

他のドラクエ作品よりもドラクエ要素を当たり前のように作品に取り込んでるのが好き

10に出てないモンスターも平然と登場させてたりするのには賛否両論あると思うけど

1から11までのドラクエの中に好きな作品があれば

中人物がさらっと流しているアレやコレやの中に大好きな世界観の延長線上にあるドラクエが見えてくると思う。

例えばエスコーダ商会の船の名前が「パトリシア級8番艦ミーティア号」なんだけど

首にミーティア姫が象られていたり、パトリシアって4の馬車馬の名前じゃん!船のサイズ基準になってるんだ!ってなったり

小ネタを挙げればキリ無いんだけどとにかく良いのよこの作品

あと、天空物語電子書籍いから未履修だわ。電子書籍発売されたら買うね。

他のドラクエ作品面白いの多いけど、読んでる作品は人それぞれ違うんだから人それぞれの「個人的最高傑作」があっていいと思うのよ

ただ、2つ言うことがあるなら、ダイの大冒険好きには今連載されてる「勇者アバンと獄炎の魔王」は買ってほしいし(作画変わってるけど気にしないで。原作あり漫画の魅力は原作者が8割だと思ってるので)。

ロトの紋章好きは続編のもんつぐまで読んでほしい(完結したばっかり)。

1番好きな作品なら食わず嫌いせずに最後まで付き合うと楽しいよと、ダイ好きとロト紋好きには伝えたい。(最強ジャンプ買ってるからクロスブレイドも読んでるけど、こっちは素直におもんないですね…)

あ、スライム冒険記については、今連載しているスライムドーンでは人間になったヨーゼフ(スターシステム)が出たり、モシャス変化のカメオ出演だけど勇者スラきちが出たり、蒼天のソウラキャラクタースライムドーンのレギュラーになってたりするのでかねこ先生好きにはこちらもオススメ

あと、追記ついでに漫画関係ない事書くんだけど。

ドラゴンクエスト 勇者アベル伝説」ってアニメをこないだabemaTVの一挙放送で全話観たんですよ。

すっげー面白かった。

観る前は評判悪かったんで敬遠してたんだけど、確かに序盤つまらないけど後半面白いって言うか

ダンジョンを踏破するワクワク感」「新しい街に到着してホッとする感覚」「パワーアップ基本的アイテムの入手」だったり

何よりも原作BGMが使われている事だったり、身内と実況してツッコミ入れながら楽しんだから面白かったって要素が1番大きくはあったんだけど(1人で観てたら序盤で脱落してたかもしれぬ)

なんにしても自ジャンル作品食わず嫌いって良くないなって思った。

今はドラクエライバルエースっていうドラクエデジタルカードゲームやってるけどすごい面白いので、ドラクエは令和も現役コンテンツだなぁって思う。

2020-11-30

ドラクエ10ゴールドベホマズン問題

落書きです。あるネトゲ界隈で起きた事件とその余波について主観に基づいて書いてます

しずく、はっぱゲーについて

最近のエンドコンテンツで邪蒼鎧デルメゼというボス実装された。Twitterとかまとめサイトを見るとあまり評判がよくない。いろいろな批判があるけれど、ここではしずくゲーという点に注目する。

しずくというのは「せかいじのしずく」という全員のHP満タンまで回復するアイテムである。これは旅人のバザーで買うことができる。ゴールドを支払えば僧侶などの回復職でなくても全体完全回復が無制限にできるのでゴールドベホマズンと一部で言われている。

また「せかいじゅのは」というアイテムがある。死亡(戦闘不能)になった味方を蘇生させることができる。これは「せかいじのしずく」と異なり店で買うことはできない。

以下、読みにくいのでアイテム名を漢字に直す。

世界樹の雫と世界樹の葉は、ちいさなメダルというアイテムと交換で入手できる。もともとちいさなメダルは貴重品で、敵を100体討伐すると1枚支給されるとか、ごくまれに敵が落とすとかであった。だから世界樹の雫と世界樹の葉は貴重品で、これを湯水の如く使うバトルは起こり得なかったはずだった。

なぜこのようなバランスになったのか。

青箱ローラ問題

ドラクエ10フィールドには、青い宝箱(青箱)というのがたまにランダムに出現する。中身もランダムで、ちいさなメダルが入っていることもある。

あるとき複数プレーヤー分散青箱を探し、見つけたらチャット場所を共有する行為流行った。これを青箱ローラーと呼ぶ。青箱ローラーにいち早く参加したプレーヤーはその当時では大量のちいさなメダルを入手することができた。

運営はしばらくして青箱ローラ対策を行った。しかし、青箱ローラーにいち早く飛びついたプレーヤーと、飛びつかなかったプレーヤーの間でちいさなメダル格差がここで生まれた。

運営ちいさなメダル格差を埋めるために行ったのは、ちいさなメダルインフレさせることだった。以前は1枚ずつコツコツ集めたちいさなメダルだが、メダル100枚チケットロイヤルメダルフラワーなどの登場で100毎単位で大量に手に入るようになった。これでちいさなメダル格差はなくなったと思われた。

ちいさなメダルインフレの余波

おそらく溢れかえったちいさなメダルを回収するために「達人のオーブシステムが考案された。達人のオーブは新成長要素の面もあるので、メダル回収だけが目的ではない。これも主観になるが、達人のオーブは長らく評判の悪いシステムで、何度も改修が重ねられてきた。

以前の達人のオーブは、宝珠を石版にはめるシステムだった。この石版はちいさなメダルと交換で入手できた。得られる石版はランダムで、理想の宝珠をはめる穴が空いている石版を入手するためには(主観で)数千枚単位ちいさなメダル必要とした。

一方で、世界樹の葉や雫を交換するのに必要ちいさなメダルの枚数は据え置きとなった。

再び、しずく、はっぱゲーについて

ドラクエ10世界に溢れかえったちいさなメダルにより、プレーヤーは膨大な数の世界樹の雫や世界樹の葉を使うことができるようになった。回復キャラがいなくても無制限蘇生可能で、全体完全回復ができる。むしろ僧侶などの回復職は道具を使用しないことがメリットで、回復能力だけを見るのなら、世界樹の雫をばらまいたほうが有利である

僧侶場合は、範囲回復ベホマラーを使うことができるが、完全回復ではない。回復魔力を高めるとか、スキルの「聖なる祈り」を使うことで回復量を増加させることはできる。聖なる祈りはバフ(良い効果)なので消えることがある。例えば敵に倒されて蘇生した直後に全体回復を要する場合は、聖なる祈りを使っていないので回復量が不十分である。単体完全回復ベホマは、一度使うとしばらく待たないと使うことができない。

通常の取るに足らない敵やストーリーボス相手世界樹の雫をふんだんに使うことはあまりないが、最高難易度ボスを倒す際には僧侶を入れるよりは、ダメージ効率よく与えられる職だけでパーティ構成して回復蘇生は道具に頼るバランスになるのは必然だったと思う。

現在ドラクエ10ディレクター安西ディレクターで、この安西ディレクターはあまり評判がよくないと思う。しかし、こうした戦闘バランスになる原因を作ったのは前任の斎藤ディレクターだと思う。もちろん、安西ディレクターボス戦で世界樹の雫を禁止するなどの対策はできるだろうからプレーヤーはそうした対策を求めて安西ディレクター批判しているのかも知れない。

斎藤ディレクターちいさなメダル以外にも、一部のプレーヤーが差をつけると、その差が無意味になるほどのインフレ政策を取ったディレクターだと思う。ネットで見かける斎藤ディレクター批判アストルティア学園という自分趣味コンテンツ開発に夢中だったとか、そのアオリをうけてゲーム内容がスカスカであるとかが目立つが、個人的にはインフレ政策が最大の失策だと思う。

斎藤ディレクター3つのインフレ政策

簡潔に書く。

カジノコインインフレ

カジノ通称「逆天井事件」というカジノコイン簡単に手に入るテクニックが見つかった。紆余曲折を経て、カジノコインは大量に簡単に得られるようになった。初期の目玉商品VIPカードは無価値になった。

このせいかは定かではないが、以後カジノに魅力ある景品が追加されることはなくなった。またカジノというコンテンツ事実上終わったと思う。後に追加されたスライムレースの賞品はゴールド現金)であってカジノコインではないあたりも、カジノコインが景品では訴求力がないことを物語っている。

経験値インフレ

スペシャルくびきという福引の3等の景品でメタキンコインが3枚得られた。メタキンコインメタルキングという経験値を大量に得られるモンスターと戦えるアイテムである。この3等はわりと当たりやすく、多くのプレーヤーが大量のメタキンコインを得た。

ここでも斎藤ディレクターインフレ政策を取った。「ドラクエ10 経験値 グラフ」で検索すると一目瞭然だが、それまでレベル上げに必要経験値は緩やかな曲線で上昇してきたが、ある時点でレベル上げに必要経験値が激増した。

レベル93から94への必要経験値より、レベル100から101のほうが少ないはずもなく、一度跳ね上げた必要経験値レベル上限が開放されたり、新職が追加されるたびにプレイヤーに重くのしかかることになる。

他と違う点は、メタキンコインを2等の景品に変更してメタキンコイン供給を絞った点である

ちいさなメダルインフレ

前述の通り。

まとめ

喉元過ぎれば熱さを忘れるというけれど、いまネットでは安西ディレクターの開発体制でのボスについて批判が集まっている。最近ボス世界樹の雫を大量に使うこと前提のボスになっているのは安西ディレクター責任というよりは前任の斎藤ディレクター責任が大きいと思うので、ここに簡単にまとめておいた。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん