2021-06-10

日本の古き良きIT企業退職して3年がたった

3年前、世間一般にはメーカーSIerとして知られている会社退職した。ただ俺のポジションパッケージソフト開発であり純粋SIerとは異なる。

客ともSEとも会話せず、ひたすらドキュメントプログラムを書く部署だ。といっても別にペーペーではなく主任クラスであり、

会社の業績がとてもよかったこともあり年収1000万弱はあった。35歳。

これだけ見るととてもいい待遇に見えるだろう。でも耐えられないことがいっぱいあった。

Linuxで動くアプリなのにVMを動かすのも苦労する8GBしかメモリのないWindows PC、紙にコード印刷して説明しないと納得しない品質保証部、

作業実施Excelにチェックを付けていくテストjquery一つ使うのに3ヶ月かかる承認フロー、開発中にバグを一つ出すごとに

ひたすら反省文を求める品質保証部と一緒になって詰めてくるマネージャー、常にコンパイルできないtrunk、

Java 5の時代から進化しないコード、使いにくい社内ミドルウェアの利用を強制される設計、開発期間の半分以上を占める最上設計

一旦書いたコードは消してはならずコメントアウトしないといけないコーディング規約など、数を上げればきりがない。

色々改善活動を頑張ったものの、結局Subversionの導入も品質保証部がついていけないから、ということでClearCaseといわれる

今ではほぼ誰も使ってないであろうバージョン管理ツールが使われ続けることになった。使いにくい社内ミドルウェア

研究所がその道のプロと聞いたので一緒に改善を図った。そしたらRubyしかいたことがない文系新卒の子が出てきた。

一応研究所の人だし…と思って新バージョンプロトの開発を依頼したら、1分以上稼働できない状態になって出てきた。

研究開発は準委任相当なのでそれ以上修正を依頼できずに期間が終わった。

また前の会社独特の文化として、大きなバグを出した開発者反省会(社内ではとある固有名詞で呼ばれている)があった。

この反省会のターゲットになった開発チームはその資料準備で開発が1〜3ヶ月ほど止まるほど大掛かりなイベントだ。

このとき担当品質保証部は「連帯責任から」という理由資料レビューに大変な精を出す。余計なお世話だ。

このため1020ページほどの資料を毎週レビューにかけて最高のものにしていく。でも結局本番では幹部からの怒号が飛んで終わりである

連帯責任かいっていた品質保証部は幹部と一緒になって詰めてくる。連帯責任ではなかったのか。

幹部によると、この反省会があるから今の会社があるんだそう。これを経験して一人前らしい。

こんな感じで開発の体制はひどかったが、世間一般ではホワイト企業と見られている通り有休は取りやすかった。

そのため、転職活動を始めた。そしたらなんと「メモリ32GBのマシン」「mavenが気兼ねなく使える回線」「自動テスト

GitHub」「CI/CD」 という発言ポンポン出てくる。メルカリだのGoogleだのといったイケイWeb系ではなく、

いわゆるSIerでもだ。最初は何だこの格差はと思ったが、まぁ営業トークなんだろうな、と思い直した。というわけで

ケイWeb系も内定は出たものの、つい安定をとってしまい某大企業のDX系の部署転職した。

そしたら何だこれは。最高スペックMacBook ProからGitHubpushするだけで自動デプロイで即サービスイン、

問題が発生したら社用携帯に通知が飛んできて、クラウド監視サービスログをチェック、即修正デプロイ

社内の連絡はSlackで、スタンプを押せばIssueがたち即関連部署対応に走る。OfficeツールGoogle Docsで、

計算表はちゃんと表として使っている。開発者ちゃんと開発をしており、反省会の準備や品質保証部の接待なんて業務はなく

純粋エンドユーザーだけを見ている。ここはなんて最高の環境なんだと歓喜した。また個人的にはおまけ程度であるが、

年収は30万ほど増えて大台に乗った。

さて、それから3年がたった。人間というのはい環境になれると対して喜びを感じなくなる、というのはそうだと思う。

今では別にdeployブランチマージされたらCIが走って自動テストが走りデプロイされるのも、だから何?

って感じだしま普通仕事として淡々とやっている感じはする。待遇面で悪化した点もちらほらあるし

(例えば年間休日が5日ぐらい減った、残業が月5時間ぐらい増えたなど)などもある。

ただ一つ言えることは前の会社には戻れないな…ということである人間一度生活レベルを上げてしまうと下げるのは

とても苦痛に感じてしまものである

ただ、一つだけ今の会社転職してよかったと感じ続けられることが一つある。それは人だ。

前の会社では家でプログラムを書いているなんていった日にはおちょくられたり、人生楽しいの的な目で見られたりした。

芸能人ゴルフの話ができないとコミュ障扱いされた。そのため仕事の話はしても、飲み会にはできるだけ行きたくなかった。

でも今の会社では雑談としてFastlyが落ちても大丈夫CDN構想とか、AtCoderの話をして盛り上がることができる。

ダイバーシティなんていうが、人間所詮同質な人間同士で集まったほうが快適なんだな・・・という複雑な思いを抱いている。

追記

皆さん読んでくれてありがとうございます。いくつか質問が出ているので答えられる範囲で答えます

真面目な疑問なんだけど、Java5のコード書いてる人を1000万で雇う会社があるの?どういうモチベーション??

製品自体90年代から脈々とバージョンアップしている企業向けのソフトウェアなので、コードベースが古いというのがあります

またユーザーからすると中身がJava17だろうがJava5だろうが関係ないわけで、要は業務が滞りなく進めばよいわけです。

そのため昔から受け継がれたスパゲッティコードを地道に解き明かし、新しく出てきた要件を今までのコードベースを壊さずにバグなしで追加していく、

もとからあったバグについては、その他の数百万行のユニットテストもないコードに影響なしで修正を施す、といった技能必要になります

こう考えると意外と希少なスキルなんだな・・・と思えるかもしれません。

clearcaseよりもsubversionの方が100億倍導入も運用簡単だと思うんだけど品管どうなってんの?

ClearCaseご存知な方がいるんですね!一から作る製品だとSubversionのほうが簡単かもしれません。ただ、ClearCase専用の

社内ツールがいくつかあり、そのツールで出力した情報を社内資産として持っているという理由があったりします。

例えばお客さんから「この機能バグってるっぽい」というクレームを受けた際、その機能周辺の情報をそのツールから検索し、

コードレベルで再発防止策を関係部署総出で練った上でお客さんに回答する、という運用フローになっています

そのため、Subversionに変えるためには開発陣の一存では無理で、品質保証部やマネージャー層など全ての知識アップデート

必要になり、そこまでコストをかけて説得して回る必要はあるのか・・・という話になってしまうわけです。

ただ、社内の生産性を向上させるのが目的部署としてはSubversionGitを社内に浸透させたがっているのも事実で、

新規プロダクトなんかはGitを使っていました。ただしGitHubプロキシでアク禁されているだけでなく、サービス名名指しで使用禁止

になっているので、相当の理由がない限り使えないかと思います

主任クラスでも1000万円近くもらえるのか。すごい。

1000万という数字に興味のある方が多かったので参考までに書いておくと、等級ランクというもの存在して管理職を除く最上位のランク

なると2人の子持ち、賃貸住まい、標準評価で大体900万になるという感じです。年功序列だが部署ごとに違うというイメージで、

研究所だと20代で到達する一方、利益を上げていない事業部や間接部署だと定年間際まで到達しない人も多い、ぐらいの感じです。

平均では30代中盤ぐらいでしょうか。

ちなみに私の場合は基本給は33万程度ですが、そこに裁量労働手当と住宅手当、家族手当がついて月給で50万を超えるぐらいでした。

ボーナス個人評価よりも部門業績に大きく左右されるのですが、部署が最高評価場合は夏冬とも150万以上でした。

最後最後ダイバーシティについては、ダイバーシティ勘違いしているように思う

なるほど、たしかに。ちょっと言葉の選びが悪かったかもしれないですね。

  • IBMですな もはや外資系ではなく日本企業なんだね

    • IBMの中の人だけど流石にこんな酷い状況ではないので違うと思う まあどこかにガラパゴス化した部署があるのかもしれないが、それなら社内転職でいいしなあ

      • IBMは日本企業じゃん。あらゆるノリが。そもそも日本に出来たの戦前だし イントラやエライ人のご挨拶が無ければ外資であることを忘れる 訴えられるから書かないがヤベー事業所あった...

        • 社内環境が元増田が言ってる内容とまるで異なるので元増田が勤務していたIのはBMではないと思うという意味で、IBMが日本企業かどうかに関しては言及してないです

      • IBMは実務者層を無視して偉い人に売り込みかけるとか、日本企業のクソベンダーと一緒じゃん。

  • NTTデータあたりがぱっと浮かんだ。 NTT研究所で文系新卒が出てくるのもなんだか簡単に想像がつく 多分早稲田の文系あたりなんだろう 富士通だと35で1000万弱はかなり厳しいし、日立中...

  • 某社は「落穂拾い」という名前のつるし上げがあったけど今でもあるのかな? 2年目の研修員論文とか謎だらけだったな

  • ClearCaseというからには日本アイ・ビー・エムかな。 でも、おかしいな。箱崎では最新のソースは客のサーバにあるとぬかす女リーダーwがいたり、 ソースをUTディレクトリからSTディレ...

    • ClearCase、某証券も使ってたから汎用機でIBM使ってた所は押し付けられてそう

  • データってNTT系列にありながらドコモほどではないがイケイケってイメージなんだが違うの?

    • 恫喝すれば人が動くと思ってる連中多いし、どちらかというと東西よりじゃね

  • Hだな。

  • Fかと思ったけど給料が高すぎるな

  • IBMはMacだから違うな

    • 2016年のことだけど、MacbookAirだった。メモリは8GBだったろうな。あてがわれた使い古しの、キーボードの隙間にフケがたんまり落ちていたThinkPadが8GBだったし。

  • 私も落穂が思い浮かんだ。

  • 自動テストくらい今や何処でも当たり前だけどな…

  • 落穂だな~

  • デリヘルさんじゃなかった

  • こういう「自分を評価しない旧来ブラック企業を退職してイケイケベンチャーに就職して年収も上がって好きなことしてウハウハです!」って言う記事 いくつも見るけど誰もその後を書...

    • いや、 某大企業のDX系の部署に転職した。 って書いてあるの読めないの? しかも転職後3年経った今の感想というところも。

      • 多分、その人の価値観では、「某大企業のDX系の部署」ってのは「イケイケベンチャー」に相当するんだよw  多分ねw

    • リアルが充実し始めたらネットで発散する必要ないような

  • 自分に合う環境がいいよね(小並感

  • 自分に合う環境がいいよね(小並感

  • パッケージソフト開発部署が最終利用者のエンドユーザー企業どころか、導入運用する自社のSIer部門の顔すら見てないの、あるあるだな。 いくつかHっぽいけど、ClearCaseのあたりかなり...

  • 品質保証部が幅利かせてる、文系出身者でも入れる研究部門がある、裁量労働手当があることを考えるとHだな しかしHってこんなに給与高いんだねえ

  • これ気持ちはめっちゃわかるし、経験もあるんだけど、この苦労をかける側にはどうしたら成れるんだろう。 俺も、新しい技術に文句をつけて勉強するのをさぼったり、部下に怒鳴って...

  • 落ち穂拾いじゃないのかこれ

  • ダイバーシティなんていうが、人間は所詮同質な人間同士で集まったほうが快適なんだな・・・という複雑な思いを抱いている。 これに気づけただけ増田は人間として上等だよ。 多様...

    • リベラルさんの言う多様性っていうのは弱者属性持ちのお金持ちのことであって、そういう下層民とは最初から関わる気ないでしょ

    • 「Web2.0によって、人の属性ではなくその人の本質(話の内容や価値観)が重視される時代になった。したがって、階層を超えたコミュニケーションが発展する」 って20年ぐらい前に高ら...

      • 所詮個人には意見なんてないし、コミュニケーションは実社会で我慢してた誹謗中傷煽り合いだったな 予想した奴は赤っ恥のレベルの未来だったね

  • https://anond.hatelabo.jp/20210610184501 文面からおそらく弊社の、しかも関わりのある事業部なのだろうと想像した。そういう意味ではまずは今までご苦労様。 その上で一言アドバイスさせてく...

    • 部長相当職ということは担当部長、CPMあたりかな。ハードウェアレベルの高い技術ってなんだろう…塚や神のハードはほぼ消滅したし、もしかしておとか鉄道の話してる?

    • 主管技師の可能性もあるのか。品質が良いもの=顧客が本当に欲しいものだと思ってそう。まぁ、入社から徹底的にそういう教育されるから仕方ないか。

    • Webの技術進歩のあり方は先進化ももちろんあるけど、「洗練」が主導しているというのを分かっていない気がする。既存仕様のラッピングも多数だろうし、それの何が悪いんだ? 流行に...

      • Web系の方々は自分たちが使っているものを極めて表層的にしか理解していない人が多いんだよね ラッピングをラッピングとわかっていて使うなら問題ないけど 裏で何が動いているか理解...

        • 裏で何が動いているか理解していない 顧客は裏で何が動いているか理解する必要もないし、表面のAPIだけ整っていれば受け入れやすい。 それは開発者側、エンジニアでも同じで...

          • いやGAFAの人は裏も分かってる一流でしょ ここでいうWeb系は日本の有象無象のイケイケ空っぽWeb系企業のことなんで そういう連中がSIerを技術的に遅れてるだの言うのは不愉快だねってこ...

    • megamouth さんですか? https://www.megamouth.info/entry/2018/05/21/031550

    • 例えばDockerなんて大昔からLinuxが持っている機能の寄せ集めだし、Gihubなんて本質的にはファイル名に日付を管理するのと変わらない。弊社に関して言うと、AWSなんていってるけど所詮VM...

      • 言ってる事はあってるだろ Gitというかバージョン管理概念なんて、元をたどれば日付でバージョン管理していたって話は合ってる 「Githubすげぇ」「Githubしか勝たん」みたいな本質では...

        • 言ってること全く合ってないよ GitHubというかgitは日付やタイムスタンプでバージョン管理なんかしてない。 コミットハッシュとコミットの参照元でバージョン管理してる 君はおそ...

          • この人は歴史の話をしてるんじゃないの? バージョン管理がGitに行きついた成り立ちを知っているから、バージョン管理の本質を理解しているって受け取れるけど

            • こういう見え透いた自演ほど恥ずかしいものはないな Gitなんてもう最先端でも何でもない一般的な社会インフラだぞ そもそもLinuxを発明したLinus Torvaldsのプロダクトだし。 (てかLinus Torva...

          • 「バージョン管理」が主題であって「どのように」は本質的な論点ではないな 単にバージョン管理と差分管理が同じ入り口だっていうだけの話だろ

        • 全てのソフトウェアはチューリングマシンの焼き直しと言われて傾聴できる素朴な感性は長きの労働によってすでに失われてしまった・・・

    • 一言 気持ち悪い

    • 自分が正しくてほかの人間を見下してる感じの人なんだろうね。 まあこの人の組織ではそれでうまくポジションを確保してるんだろうから世渡りはうまいんだろう。

  • ClearCaseだとHは無いね、IBMだな IBMは日本企業なのかってところはあるけど、カムフラージュなんじゃない? 「古き良き日系IT企業」ってタイトルだと、噓では無いけど世間一般にはミスリ...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん