「裁量労働」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 裁量労働とは

2020-10-13

何も決まってないが、ただただ限界会社を辞めた

大好きでずっとやりたいと考えていた仕事だった。

よく言えば、寝る間も惜しんでスキル経験を積むために10数年過ごした。

少なくない犠牲のかわりに、そこそこの経験と実績を積んだ。数は少ないが、いくつかアワードも獲ることができた。

好きなことを仕事にした。のだと思う。

 

ただもう疲れてしまった。ただただ疲れてしまった。

実際は、自ら寝る間を惜しまずともやらなければいけないだけだった。

業界的に残業代など夢物語裁量労働という名の元、「クオリティ」と「納期」のため、できることはしたと思う。

 

受け持ち業務を捌き切る前にどこからか舞い込む仕事、到底捌けない業務量を力技でねじ込む毎日

ある日は、深夜3時の時点で翌日午後イチ提案検討すらできておらず、

半ば記憶が無くなりながら資料を仕上げたこともあった。

 

勝手に決まる無謀なスケジュール、何度も依頼するが一向に改善されないスタッフ増員、

残業代が出ないか残業はしないと言いプロジェクトの核となるヘビーな業務放置するメンバー

レビュー指摘でオフィス号泣する新人、拾い続ける仕事仕事仕事

本当にもう限界ですとマネージャーに何度伝えても、何も変わらない。

 

こんなにも必死で伝えているのに、なぜ変わらないのかと思ったとき

私自身は限界だと思ってるけど、周囲からは「全然まだまだ頑張れよ」ということなのかなと考えた。

 

月の過労死ラインが当時の残業時間の半分程度だと気づいたときには、体も心もおかしくなっていた。

深夜のオフィスで、手の震えと涙が止まらなくなったときもあった。

寝てるとき寝言自分自身罵声を浴びせて、泣きながら起きることも続いた。

朝方の蕁麻疹、腹痛、生理も止まった。

体調を崩して仕事を休むと、当たり前だがその分仕事が溜まっている。

心底限界だった。

 

担当案件を無事見送った後、退職した。

 

 

今は「疲れたから休む」というふざけた理由で、毎日のんびり過ごしている。

ただ、のんびりし続けるわけにはいかない、働かなければいけない。

2020-09-04

在宅勤務を進めていくには裁量労働にしないと成り立たない

(極論すると在宅勤務者の労働時間なんて管理できない)

裁量労働にするなら年俸制にしないと成り立たない

裁量労働なのに同一賃金では仕事をしない人が得になってしまう)

年俸制にするということは定期昇進をやめないと成り立たない

(定期昇進では年俸格差が生まれない)

定期昇進をやめるということは中途採用前提でないと成り立たない

人材流動性高まるので必要人材はほかから取ってくることになる)

中途採用前提ということは今の無能上司群は出世できない

なので在宅勤務が進まない

2020-08-27

anond:20200827201948

裁量労働日常業務をこなしつつ、時間があまりまくっている。有閑貴族だが、資産形成の取っ掛かりにバイトしまくるのはありだと思いますわ。オホホホホ💃はふん😩

ちな、既に土日に時給一千円の農業バイトをしてる。

2020-07-23

anond:20200723225704

許すっていうか

おもわず会社名を書きそうになって思いとどまったけど

誰でも知っている会社の某事業所事業所全体が社内ニートだったぞ

まり仕事のなさに所長があらゆるところにしゃしゃり出てきて所長以下の仕事は無し

課長も勤怠管理しかすることなくて鬱病休職してたよ

 

そしてこの会社だけじゃなくてもうひとつ全く同じ状況の会社があったよ

一応、技術社員は全員フレックスもしくは裁量労働適用されているんだけど

8時半には着席している空気感会社だったんだよね

でも毎日遅刻 (コアタイム内なので遅刻じゃないが遅刻という空気感)、

突休する社員が絶えなかったよ。課長以下の勤怠はボロボロ

有給取得でマイナス査定をしてはいけないとはいえ

どうやって査定乗り越えてんのかスゲー謎に思った

 

何が言いたいかというと社内ニートは割といます

好きなことを仕事にするのはいいのか悪いのか問題

サラリーマンお気持ち短編

2000年代くらいにネットでかなり加熱化した議論に「好きなことを仕事にするべきか、否か」ということがある。

好きなことを仕事にすべきという人は、

自分の好きなことを仕事にすると夢や自己実現が果たされ、モチベーション高くバリバリと好きな仕事ができる

とかゆー感じだったっけ?知らんけど

一方、好きなことを仕事にするべきじゃないという人はこんな人だ。

アーティスト作家という仕事収入に波のある仕事なので本業別につべ

・夢が叶うはずない

・好きなことを仕事にするとストレスが多くて嫌になって燃え尽きる

・下積みの辛い仕事を長く続けるくらいならさっくり就職した方が生涯年収高い

などみてーな感じだったと思う。

違ったっけ?まぁいいやそんなもん。

ちなみに大学生がった僕はこれを素直に受け取って好きなことを仕事にするべきではないという理屈人生を張ることにした。

さて、奇しくも現在、僕は好きな文章周りの制作部門仕事にしている人間だ。そこで働いて得られた知見を他増田達に紹介する。

好きなことを仕事にすると嫌なことが多いの問題について。ストレスがヤベー。仕事自体文章書くことは嫌いじゃないのでそうでもないのだが、社内的なルール、やり方、方針がアホすぎてやってらんねー。私は制作部門所属なんだが、営業部門からの難癖がすごくてびびる。一般的な足し算の理論で言うと金をかければかけるだけ作り込んだバラエティに富んだ制作物に仕上がる。しかし、営業部門総務部門にはそれがわからんのです。経費で精算することにクッソうるせー。会社に鉄パイプが置いてあったら二三回カチコミしてるレベル

これが多分好きなことを仕事にした時に出で来るストレス軋轢というものなんだろうが多分文章関係に限らず、漫画映画映像関係でも同じようなことを聞くので似たような問題なんだろう。

制作収入について。会社正社員なので取り敢えず来週の仕事に困ることはない。収入公務員よりも低め。平日多忙休日出勤あり。なんだが、裁量労働というところが気に入っている。良くも悪くも評価成果物ベース自分の作ったもの収入に直結するというもは割と諦めがつきやすくていいもんだ。

下積みについて。好きなことを仕事をするまでに長い遠回りをしました。卸売営業建築現場工程管理など、いろんな仕事経験しましたが「これは別に俺がやらなくてもいい仕事」という感覚だったので長く続きませんでした。今の会社でも何度か転職活動をしていても受からないし、退職金中退共最安の掛け率だけど、まぁ今の仕事を続ける感じでいいかって思いますマル。なお、別業界での業界知識などは自らの待遇改善活動などに生かされている模様。

いかがだったでしょうか?今回は文章周りの制作部門からレポートでしたが、ご参考になりましたでしょうか???なお、絵・映像写真などの別業界ではまた違う感じかもしれないのでご留意ください。文章の質については20分で書くとこんなもん。俺は男らしいか推敲なんて女々しいことはしないんだ!えっへん!以上

2020-06-03

anond:20200602163443

管理職管理するのが仕事なんだよ。

部下が勤怠状況および進捗状況を、上司が納得するように伝達できてないと、管理不行き届きってことになる。

もちろん物理的な仕組みがないと無理なんだが。

裁量労働でうまくいくって信頼感が労使双方になければテレワークはうまくいかない。

労働者側は、仕事面白いから適切な休憩時間以外にサボりたいなんて思わないこと。

管理側は、部下の時間はタダだから上司顧客ワガママは無制限だなんて思わないこと。

2020-06-01

ハードルが下がったので精神科に行くことにした

きっか

以下の投稿の反応を見て精神科に行ってもいいんだと思ったので行くことにした。

誰でもあるような症状だと思う。

精神科に行く人の症状を見ると壮絶で、自分なんかが行ってもいいのかなとは予約した今でも思っている。(逃げ)

□突然無気力になってしまった

https://anond.hatelabo.jp/20200527191436

ちなみに増田に書くには匿名だけどログが残せてハードルが低いから。

話そうと思っていることを書いておく。

病院に期待していること

後述するがやる気を取り戻したい。毎日成長のためと頑張っていたころのように働きたい。

それと同じくらい毎日積み重なるタスクから逃げ出したいし会社休みたい。

自分の症状

  • 仕事への気力がない。

最初テレワークで見てる人がいないからだと思ってたけど、出社し始めても変わらない。

会社にいても仕事が手につかない、作業スピードが上がらない。

差し込みの仕事が増えるたびに頭が停止する。

残業か…と気持ちが落ちる。

  • 通知が怖い

slackメールの通知が来るたびにビクビクするようになった。

これまでは「ああ~なんやろ?」ぐらいだったけど、見るのが漠然と怖い。

うちの会社ポジティブ推奨。というかポジティブスタイル評価に響くのでみんな結構ポジティブ

これ自体はい会社だなと思う。問題が起きた時でも、相談すれば常に前向きに協力してくれる人が多い。

でもこれが今の自分には全く合わない。このポジティブさがしんどい

書いてて自分でもひどいなとは思う。向こうはポジティブに接してくれても自分にはしんどいからイライラするなんて。

□思いつく理由

多分これが一番大きい。今の会社で5年目だけど給料があがらない。というか下がった。

同期は上がっているのでつまり無能

大きめの会社制度はしっかりしているので、しっかりと無能評価されるのは精神的に響いてる。

同僚と仕事内容も変わらない(と思ってるだけかも)ので不信感もある。

いつでも仕事ができるので頭からこれまで以上に仕事が頭から離れなくなった。

裁量労働会社なのでいつまでも仕事ができるので徹夜や早朝から仕事をするようになった。

□その他

散々言われてるかもしれないけど、精神科に行くって予約が必要かつ予約も一杯で疲れてる人にはハードルが高い作業だなと思う。

それだけ疲れてる人が多いってことなんだろうけど。

またそのうち結果を書こうと思う。

2020-05-26

出社前提とテレワーク前提で給与体系同じなのおかしくない?

テレワーク前提はいわば裁量労働制であって

自分の勤務先の話ではあるけど1分単位残業がつく出社前提時と

給与体系が全く同じまま強制的に「残業ゼロ」でサビ残横行なのは納得いかない

裁量労働残業込みの労働時間を「みなし」とするなら

給与残業代込みの平均標準報酬月額を元に支払うべきじゃないのか

給付金サビ残補填で消える

2020-04-20

裁量労働だと労働時間が短くなると主張する人間がいるらしい

意味がわからない

2020-04-14

anond:20200414020738

自分仕事大好きで裁量労働をいいことに勝手に働きまくっていたが、会社事情で寝ずに働かねばならなくなったらほんの数ヶ月で病んだ。

仕事でつめられているとかでなければ、環境が同じなことで仕事をしていないときにも仕事のことを考えているんじゃないか

引きこもり耐性があると思っていた頃に好きだったことを、業務時間外に楽しむんだ。通勤時間が無い分可処分時間が増えて、好きなことをできると思おう。まあ心療内科にもカジュアルに行ってみても良いと思うし。

2020-02-17

anond:20200217111056

それは裁量労働であって正社員がみんな得られる条件ではない

2020-01-26

anond:20200126061941

裁量労働なら本質的には休業申請は要らない。(前の会社福利厚生の仕組み上必要だったけど)

本質的にはリクルート案件転職ではないほう)

なんだが、ま様子見やろうな。

2020-01-18

anond:20200118082452

マジレスするとあと何時間残業出来るか計算している世界だぞ

裁量労働でご自宅でなんやかんやお仕事ってのはあるけど

VPN接続って普通に勤務扱いなのよね

そこを適切にツッコミ入れる勤労管理部署orシステムがあるかどうかだけは

会社による

2019-11-03

anond:20191103070357

今まではガチの完全裁量労働で14時に来て18時に帰るとかでもやることやってれば問題なかった

中途で入ると結構給料高めに出てた

無駄技術だけで評価されるから出戻りとかが容易だったので技術だけはある頭おかしいやつらのセーフネット化してた

件の退職者は頭のおかしい側であのままだと他社でも無理じゃねーのって感じ

2019-11-01

ドワンゴ退職現職エントリに思うこと

あの会社結果的やりがい搾取で生きてるのが、如実すぎる。

やりがい精神込みで潰せるのがやばいソースは俺

新卒で入った同期は、1/5くらいになってるんじゃね?????

俺は調子があがってた時期に本体系の企画ディレクションやってたが、

自分が考えたものを指示出して作る人間のほうが給料もらえて残業しないのに

裁量労働から残業代もでない俺側が評価されずに某前会長からトップダウンを期限(機嫌)守って頑張るのが嫌になった。

好きだったが、もう限界でやめた。数年前だけど。

愛があるからというので楽しいからとかじゃない、真っ当な会社じゃないのを受け入れた奴しか残れない会社なんだと思っている。

最近、やめないだろうと思ってた最古参スキルが尖った人もやめてるのをみるに、色々大変なんだろう。あくまでも個人の感想だが。

どこに向かうかわからないが、おっさんおっさんなりにプレミアム会員で応援はする。

あ、叡王戦はやめるんじゃねーぞ。

2019-08-18

残業あるところに成果なし

突発的なトラブル対応みたいに一時的に(2~3日くらいとか)業務量が上がることは仕方ないと思うけど。

そうじゃない、慢性的残業しているところは成果出てないと思う。

成果が出ないか残業していないではなく、残業してるから成果出ない。

目先の作業をとにかく片付けるだけになってる

残業状態ではとにかく目先の業務を片付けることが第一目標になる。

その業務本質とかそういったことはどうでもよくて右から左に。

それがちゃん効果を上げるか、行ってもよいものかどうかなどは全く考慮しない。脳死状態で手を動かすことが第一

業務以外のことはどうでもよくなる

たとえば1日3時間残業すると、休憩含めて拘束時間12時間

通勤が往復2時間とすると14時間。残り10時間で飯風呂睡眠その他の雑務になる。

6時間も寝たら4時間しか残らないな。

それを週5でやるわけだから当然、人生の5/7はただ生きてるだけになる。

週末にはへとへとになってるから寝てるくらいしかやることができない。

そういう生活だと人生で一番詳しいのが仕事って状態になるので、仕事しかすることができなくなるし、他に興味もなくなっていく。

(残業ゾンビが家に帰ってもやることがなかったり、定年後にすることがないみたいな状態になるのはこれ)

ただ本当に仕事をするうえで大切なインプットを根こそぎ落としてしまっているので、できることは脳死作業になるから別にスキルが上がっていくわけでもない。

信じられないミスが増える

正常な判断力を失った残業ゾンビが行った作業はどんどん信頼性が低下していって、後から見返すとどう考えても正気じゃないミスが含まれている。

だけど本人もそれをチェックした側も誰も気づけない。誰も正常な判断ができないから。

そういったミスは成果に対して価値のないマイナスとなる。それを防ぐという名目で役に立たないチェック作業会議が増えて残業時間けが増える。

残業ゾンビ残業ゾンビをつくる

これは本当に実感があるのだが「俺が残業してるんだからお前らもしろよ」って気持ちになる。もちろん相手の都合など関係ない。

体調不良だろうと家族の看病だろうと「ほーん休めるっていいご身分だな、仕事しろよ」って感想しか出なくなってくる。

敬意を払う基準が成果や能力では無く労働時簡になる。政治的に正しくないのはわかっているし、もともと自分もそういう考えは大嫌いだったはずなのでまだ口には出していない。

---

では単純に残業をやめればいいのだけど、すでに残業蔓延しているところはそれができない。

長時間労働が「当たり前」になっている

業務スケジュール長時間労働前提になっている。業務量や会議時間なども。

まり残業込みで100%と認識されてるから残業を除くことが出来ない。

たとえば月20日労働で160時間。1日2時間残業残業40時間とすると労働時間の合計は200時間

残業無しの160時間から考えると1.25倍の成果(=アウトプット)が出ている。

逆に200時間基準にすると、160/200=0.8となり残業無しの時間は8割の成果(=アウトプット)しか出せなくなる。スケジュールに影響する作業である

から残業をやめる場合一時的に「達成目標が2割減」になることを許容しなければいけないが、目先のことしか考えない残業企業はそれができない。(できていたらとっくにやめてる)

一時的に」と書いたのは、普通のペースに戻せば残業状態に起因する価値のないマイナスが減り、そのぶんの労力を効率化に回すことによって処理量を回復させる可能性があるからである

(とはいえ残業状態100%と認識されていると、何をしても「残業無しでこれなら残業していたらもっと成果がでていた。評価低」と難癖つけられるので業務効率化をするメリット従業員側にないけれど)

すでに残業代を払っているから働かせないと「損」

これは巷に蔓延るみなし残業企業の言い分である

あれはもともと「実質残業込み労働契約」だと考えられているから、昨今の働き方改革はしごを外されたようなものだろう。

みなし45時間場合は、「1日10時間労働」と解釈して入社するのが正しい。「仕事が早く終わったら早く帰れるから残業代分お得」とか考えるのはあんころ餅より甘い。なぜなら「仕事は前倒しで片付ける」のが残業仕草からである

ちなみに裁量労働も似たようなもので、あるのは「残業する裁量」のみとなる。

残業しないと生活できない

これはこれで割と居る。それもそのはず、基本給で年収300万の人でも月40時間残業が0になると、年937,500円のマイナスになるからかなりごつい。

1日2時間残業をやめるだけで年収100万近く下がるとなるなら、残業した方が楽に決まってる。

---

以上により、残業企業では本当の意味での成果(=売り上げ、利益事業スケールアウト)を出していくことが難しい。

どころかむしろ、消耗した従業員の取り替え先がみつからないと事業規模を縮小することにすらなる。(人手不足黒字倒産というやつである)

まっとうな企業は「仕事をする→余暇で疲れを癒やす情報仕入れる→仕事に生かす→成果に繋がる」といったホワイトサイクルを回して成果を積み上げていけるのだけど、残業企業は「仕事をする→仕事をする→仕事をする→退職過労死」のバッドエンドしかない。

ただ前述したように、すでに残業に染まっているところが抜け出すのはよほどの覚悟(一時的に成果2割減)が必要になる。

まだ残業ゾンビになっていない労働者にできるのは、残業企業に近寄らないことである

・みなし残業企業を避ける (裁量労働は注意深く避ける)

残業時間の平均を見る (平均取って月30hなどと言っているところは、押し上げているものが多数存在するってことだ)

企業理念や話を聞く (お客様第一とか言っているところは、従業員健康二の次ってことだ。あと自分で考えて動ける人材とか言っているところも注意深く避ける。むしろマネジメント層が何も考えてなくて自分で考えて動かないと駄目なだけかもしれなくて、そういうところで求められる「自分で考えて動く」こととは「自分で考えて残業する」ことである)

リスクヘッジとしてはまず、みなし残業企業機械的に避けておくことをお勧めしたい。あとは企業によるので自分の目で確かめてくれ。

2019-08-05

事務職裁量労働

事務職裁量労働制を取り入れたい。

事務職って営業じゃないかノルマもないし、基本ルーティンをこなすことがメインになる。

しばらくは短い時間仕事がこなせるようようにと業務改善が進むけれども、ある程度まで進むと

誰も新しいことはしなくなるかも。一方、定期昇給はしていかないといけなくて、ではその昇給した分の

労働価値ってなんなんだろうか、となる。そもそも定期昇給の意義って雇用者側にとってどんなものなんだろう。調べてみる。

事務職裁量労働

事務職裁量労働制を取り入れたい。

事務職って営業じゃないかノルマもないし、基本ルーティンをこなすことがメインになる。

しばらくは短い時間仕事がこなせるようようにと業務改善が進むけれども、ある程度まで進むと

誰も新しいことはしなくなるかも。一方、定期昇給はしていかないといけなくて、ではその昇給した分の

労働価値ってなんなんだろうか、となる。そもそも定期昇給の意義って雇用者側にとってどんなものなんだろう。調べてみる。

2019-07-28

SESって実はまともなんじゃないの?

みなし残業なしとか、休日数とか、残業時間とかでフィルタしてくとだいたいSESが残るんだけど。ちな名古屋

SESはずいぶん叩かれてたし毛嫌いされているし客先ガチャとかそういうのはあるだろうし悪行を擁護するつもりもないけど、労働条件としてはそのへんの企業よりまともなんじゃないのかって感じになってる。

これからの流れとしては、サービスを作りきりじゃなくてアップグレードしてかなきゃいけないから、エンジニアSESに頼りきりのところは駄目なんだろうって思うけど、働く側としては大層な目標掲げてみなし残業なんてのより随分マシだと思うんだよね。

もちろん俺の観測範囲から、俺が知らない(紹介されない)良い求人はいっぱいあると思うよ。そもそも人が辞めないところはやたらめったら求人かけないだろうし。

でも俺に見えなかったら俺にとっては無いも同じだからそれは考えない。

(ちょっと追記)

SESがまとも」って書き方しちゃったけど、すべてのSESがまともではないからね。

「まともな条件でフィルターしていったらSESが残った」が正しいのかも。

SESでもアレなところはたくさんあったよ。SESなのにみなし残業とか。SESなのに裁量労働とか。意味わからん

2019-07-04

anond:20190704223004

ホワイトが何を指すか判らんけど、上場している大手ソシャゲー系の新興会社なら労働時間にはうるさいよ。

最近やらかした某社は「社員全員が裁量労働な。でも朝は社長のお言葉があるから定時に出社しろよ」っていうクソ運用を少し前までやってたけど。

 

昔ながらのゲーム会社は駄目です。諦めろ。まともなのは任天堂ぐらい。

2019-07-01

株式会社ドワンゴ退職しました(契約社員編)

1年ちょっと契約社員として働いたドワンゴ退職しました

職種としてはサーバサイドエンジニアです

なぜ契約社員

元々協力会社立場で、ドワンゴプロジェクトに参加していました

そこで声をかけてもらって、選考を受けてもらいたいと言われました

当初は正社員としての採用というはなしでしたが、まだエンジニア歴が浅いため、

経験スキル不足といった部分もあり、将来性を見据えて、

ゆくゆくはチームのマネージメントも含めて雇用したいということから

まずは契約社員として経験を積んでほしいということで、契約社員として入社しました

プロジェクトの行く末

前職からすでに1年弱プロジェクトには参加しており、

そこからさら半年ちょっとサービスが開始となりました

しかし、残念ながらすぐにサービスクローズが決まり雇用については考えると言われました

その結果、次回の契約更新をしないという結論になり、退職すること決定しました(契約社員半年ごとの契約更新)

この点については、自分スキル経験不足が問題なことも当然自覚していますし、

会社として状況が変わってしまったので仕方ないかなと思っています

(他部署検討くださった方がいれば、感謝しています)

が、僕も人間なので裏切られた気持ちも、やるせない気持ちも当然あることを理解してもらいたいです(恨んだりはしてません)

よかったこ

個人的には完全裁量労働で、やることをやっていれば評価してもらえるのはありがたかったです

また、前職ではレガシープロジェクトも多かったのので、割とモダンな開発環境で、環境構築の段階から携われたことはとても有意義でした

チーム的にも割とコンパクトで、すぐに相談できる人がいたり、働きやすかったです

困っていれば別部署の方からアドバイスをもらえたりと、社員の方々もSlack上はフランクで、話しやすかったと思います

一部Slackが心地よくないという話もあるようですが、社員数も多く、雑談を含めて色んな話題が出てくるため、

個人的に腹が立つことも、不快なことも当然ありましたが、人と付き合う上で仕方ない部分なのかなと割り切っていました

ちなみに契約社員ですが、前職よりは相当給与は上がりました

とはいえエンジニアとしてはまぁまぁというところでしょうか(スキル経験不足のため)

よくなかったこ

お昼がとても困りました

ケータリングやお弁当など、現状試行錯誤しているようですが、お昼に一人でゆっくりしたい人にとっては、なかなか手軽ではありませんでした

近くのコンビニも全く商品がなく、お昼の時間を大幅にずらさないとパーソナルスペースを確保してお昼休憩を取ることが難しかったです

また、僕は中途で、参画するプロジェクトも決まっていたため、同期と呼べる存在がいませんでした

新卒の人たちは仲良くフォローしあっていましたが、僕には誰とも交流する機会もなく、

結局ほとんどチーム内の人としか面識がありませんでした

そのため、チーム外の状況についてほとんど知る機会がなく、Slackを眺めるくらいでしか社内情勢がわからなかったです

中途で入社する人は社内でコミュニケーションを取るのが難しいかもしれません

今後について

現在無職です

退職の話が出てから退職するまでに、2ヶ月ほどありましたが、

その間では決めることができませんでした

一応話をもらっている企業もありますが、絶対ではないので不安です

幸い蓄えはあるので、今月あたりに決まればいいなと思ってます

備考

多分僕の経歴的に社内の人にはすぐに誰かわかると思いますが、

個人の感想として流してもらえると嬉しいです

また、機密保持契約サインしている以上、これ以上詳しく書けないことをご了承ください

(どの部分が機密に当たるのかを確認できないので)

(追)

額42万ナスなし

株式会社ドワンゴ退職しました(非エンジニア編)

4年半くらい勤めていたドワンゴを先日退職しました。

自分気持ちの整理の為に非エンジニア目線退職理由などを書いていければと思います

はじめに

ドワンゴはいろいろな職種がありますが、筆者は「企画ディレクター」という職種Webディレクターをしていました。Webアプリサービスや追加機能などを企画して事業の立ち上げ・伸張を目的に、企画書を作ったりデザイナーさんやエンジニアさんと相談しながらサービスを作っていく職種ですね。

niconicoには様々なサービスがありますが、動画生放送などの花形サービスではない部署企画職として働いてました。

マネージャーになる以外に明確で確実な給与上昇のパスがない

これは割とどこにでもある話かも知れませんが、個人的に残念に思うポイントでした。

よって役職者になり、手当をもらうことがとりあえずの目標となります

やはり給与は低め、かつ長く勤めている人ほど給与が低いということが多かったのではないかと。

もちろんキャリアパス複数ありマネージャー以外の道もあるのですが、そう言ったキャリアの人はそれはもう優秀な方だけという印象です。https://meso.github.io/post/farewell-dwango/

社員基本的はいい人

いい人が多いので直接関わる人たちと仕事を進める分にはストレスは少ないです。これはある程度勤めていればそう感じるものかとも思いますが、特に筆者の場合は良い方々と仕事ができたと自負しています

Slackがとにかく息がつまる

いい人が多いという点と矛盾するかと思うのですが、社内のコミュニケーションツールSlack)は心理的安全性を阻害していると思っています

エンジニア主体運用されていた頃は、IT企業特有自由雰囲気で楽しさがあったのですが社内の標準ツールになり利用者が増えてからは、発言の場として自由であることの自治を重んじるあまり発言がしにくい環境になっていたように感じていました。

たとえば…

強制的に参加するSlackチャンネル会社総合チャンネルだけなので、見なければいいだけなの話なのですがいわゆる「ネットのノリ」「インターネット文化」が強く不快になる人も多かったと思います

働き方は本人、部署裁量がある

社員全員ではないが、基本的企画職やエンジニア職は完全裁量労働なので出勤時間・退勤時間などは自由

基本的には良いことなのですが、社風が緩めなので昼のミーティングメンバーが集まらなかったり午前のミーティングそもそも設定が不可能だったりします。子育てなどの都合で、早めの時間帯で出社退社される方もいるのですが、メンバーが全員集まる時間が遅めのため退勤後に連絡を取らなくてはならないこともあり、問題点は少なからずあるのかなと思います

また、明らかなシフト勤務の部署もあるようで、その場合でも裁量労働としての勤務形態なので不満がある方も居たようでした。

在宅勤務は制度としては存在しないですが、部署によっては上長判断許可することもあり多様に働ける部分は素晴らしいと思います

で、なんでやめたの?

ドワンゴでの仕事が「ナウいBtoCサービスを展開するIT企業企画だった」と胸を張って言えたらよいのですが、ここ数年結果を見ればドワンゴ下り坂を加速させた要因を止められずにむしろ加速させた人たちが筆者のような「企画ディレクター」職だったのかなと個人的には思っています

また、いわゆる傍流のサービス企画というのは成功・失敗したとしても会社の業績・事業に与えるインパクトが少なく明確な成功体験を得ることはできませんでした。

そういった、自責気持ちもっとやれるんじゃないかという気持ちが折重なり、別の環境で新たなキャリア・力試しをしてみたい…と言うのが表向きの理由で、やはり業績面・給与面への不安や不満というのが大きな理由として挙げられます

伝えられかたは違いますが「年収100万下がるかも、ごめんね。」と言われたのはとても大きかったですね、はい。※穿った見方をしたので、実際にはそうはなっていないとは思います

また、担当していたサービス・関わっていたサービスが縮小や終了していくなかで、自分にできることが無くなっていく感覚は強かったです。

最後

本当はもう少し色々と良くない事を書き連ねてやろう、と息巻いていたが書き進めると様々思い出して取り留めのない文章になってしまった。傍流サービスとは書きましたが、非常にボリュームのあるサービス運営できたことは本当に良い経験になりました。

これはドワンゴという会社からできた経験だと思いますし、本当に自分にはもったいのない経験でした。正直かなり厳しい状況だと思いますが、オレの好きだったniconico社員たちを守ってやってくれ…

現場からは以上です。

追伸:本当は雇い止めの話とかしたかったのですが、当該者ではなくむしろ加担した側の自分が語ることは失礼な話だと思い削除しました。

2019-06-19

リモート時間労働の難しさ

ある界隈では、時給換算なのにリモートっていうのがあるんだけど

そうなるとどうしても、普通時間縛りっていうよりは、若干裁量労働っぽくなる

 

たとえば8時間見積もりのものを6時間で終わらせて2時間サボるみたいなこともあれば

時間見積もりだったけど、上手く行かず10時間かかって2時間損をするみたいな

これはある種しょうがない

 

早く終わった人が「早く終わったので値引きします」「おわったので2時間分の仕事をください」とはなりづらいし

長く掛かった人が、その理由説明するのも大変だ

数週間レベルなら説明もするだろうけど、数時間レベルだと無視ちゃうんだ

 

こうなると、自分の得意領域とか、やりやす仕事だとスムーズに進むが

自分の不得意領域とか、難解な仕事だとどんどん苦しくなる

 

でもそういうのって外から予測が立てづらい

蓋を開けたらクソまみれというのが多すぎる

と言う難しさ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん