「勝負下着」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 勝負下着とは

2017-05-27

恋と服

恋をするとお金がかかる。

なぜなら女子とは、恋をした途端に着る服がなくなってしまう生き物なのだ(※)。デートが決まったりなんかした日にはもう、新宿原宿銀座に向かわずはいられなくなる。私は主に、恋をすると新宿をあてもなく徘徊する流浪の民となる。ルミネや界隈のショップというショップをまわり、クローゼットの肥やしを片っ端から一新し、それまでさして気にも留めなかった化粧品を手にとってはレジに持って行ったりするのだ。

というのも、恋をすると、何らかの力により、これまで自分が何をどのように考え服を着ていたのか、まったくといっていいほどにわからなくなってしまう。馬鹿になってしまっているのだろうか。恐ろしい。ルミネエスカレーターを何往復も上下しながら、これは面白い現象だなぁと毎度俯瞰してみたりするが、そう考えている本人は何と言っても必死である。それまで手持ちの服で十分に生活していたはずなのに、ある日を堺にクローゼットの服たちが途端に色あせて見えてしまうのだ。なんということだろう。こんな服で外へお出かけになんて行けない。ましてや好きな人の前になんて、とてもじゃないが立てやしない。その思いは焦燥となり、私の足をルミネ伊勢丹へ向かわせる。

目の前の彼に、少しでも可愛いとかきれいだとか思ってもらいたい。きっと恋をすると誰もが、そんな気持ちでいっぱいだ。しかしそれよりも切実なのは、彼の前に立ったその時、はやる心臓邪魔されず彼の目を見つめられるような、なんでもない涼しい顔をして会話できるような、そんな自信を持つために、私は服のちからを借りるのだと思う。

着るものとはとてもすごいちからを持っている。誰に見られるわけでない下着ひとつとっても、新しいブラやお気に入りパンツを身につけるだけで、それだけで気分は花が咲き、なんとなく遠くを見て歩けるようになるものだ。勝負下着とは、彼のためではなく、自分の自信のために身につけている。

恋をするたびに私のクローゼットには新しい服が増え、その分惰性で着ていたものたちは消えていく。新陳代謝のようだなぁと思う。惰性で着ていたものたちだって、昔いつかの誰かを思いながら買ったものなのだ。それなのに、新しい恋をするとまるで世界が一変したかのように、とにかく古臭く、やぼったく見えてしまう。よくこんなもの着ていたなと、中にはそう思ってしまものだってある(一応言っておくが私は相手の好みの服装に合わせるタイプ人間ではないので、そういう意味世界が一変したのではなく、あくま自分の中で、大好きだった服が色褪せて見える)。

誰かに恋をするたびにこの現象が起きるので、人生の七不思議としてここに書き留めておく。

今日新宿夕方まで歩き回った。

明日デート代々木11時待ち合わせ。パックしてもう寝なくちゃ。



※…すべての女性がそうではありません。それから妙齢なのに女子とか言ってごめんなさいね

※※追記:妙齢とはうら若いという意味だそう。誤用ごめんなさいね。この場合はじゃあいい歳してとか言ったほうがいいのかしら。

2017-05-12

http://anond.hatelabo.jp/20170512095004

レストランスマートお勧めを聞くクソリプ

まずは一通りメニュー対話する。

一番自分好みの料理を食べてやるんだと本気になって読み込む。

もしその対話に答えられないようなメニューのお店なら、その店は良いお店とは言えないかも知れない。

そもそも、この世界に一番美味しい料理なんてものはない。

あるのは自分が好きか嫌いかということだけ。

失敗したくないからって最も売れてる料理を食べるのは、他人人生を楽しもうとしていることと同じ。

異性も同様、相手がどんな人間かを知ることが大事

表面的な部分ばかり見るのではなく、相手じゃなくてはいけない理由をよく考る。


それでも決まらないなら、次は謙虚姿勢

「こちらのお店初めてで、どんな料理があるかお聞きしたいのですが。」

もしくは、「この料理が気になったのですが、どんな料理か教えて頂けますか?」

あ、そうなんですね。お店のこと知ってくれようとしているんですね。そしたら説明しますね。という気持ちに火がつく。

いきなりこちらからお勧めを聞くのではなく、まずはどんなお店なのかにしっかりと耳を傾ける。

異性相手に「あなたの魅力はなんですか?」なんてまず聞かない。

いいところを褒めて気になるところを質問してみるのが先。

「それ素敵ですね。」「これはどういうものですか?」

相手服装にも所持品にも沢山のヒントが用意されている。

その上で自分の好みを伝える。

普段なら和食が好きで、魚介とかあっさりしたものが好みです。」

「肉肉しいパンチの効いた料理が食べたいです。」

お腹が温まるような優しいものがあったらうれしいです。」

飲み物も同じ。

「いつもは日本酒なんですけど、香りの良いキレがあるお酒がが好みです。」

お酒感が強いものが苦手なので、フルーティーものがあったらお願いします。」

まずは先に自分趣味嗜好を伝える。

映画が好きです。写真が好きです。音楽洋楽をよく聞きます

趣味の合わない相手から、コソコソ隠れながら趣味を楽しむ人生苦痛

で、ここではじめて、「何かおすすめはありますか?」と聞く。

はじめに聞くのと一番の違いは、「こんな自分ですが」が省略されている。

教えてあげたくなる気持ちのお膳立てと、得られた具体的なヒントがあってはじめて、あなたあなただけの料理お勧めできる。

それで本当に好みの料理出会えたなら、そのお店は間違いなくいいお店。それで好みに合わなければ仕方なし。

それはお店の良し悪しではなくて、自分との相性が合わなかったと言うだけ。

ここまでしっかり対話してきたのに、空気読まない趣味とか押し付けられたらそんな異性と一緒になろうなんて思えないのと同じ。

自分趣味を受け止めてくれて、その上で一緒にこういうことができそうですね。とか提案してくる異性がいたら神。

まり大事なことは真剣に向かい合うということ。

自分真剣に向かい合ってはじめて相手真剣を引き出すことができるし、そもそも相手真剣かどうかを知ることができる。

相手理解しようと心がける。謙虚姿勢自分の好みを伝える。それではじめて相手から正しい情報を引き出すことができる。

それでも合わなければそれまで。無理して付き合ってもお金時間無駄

対話もなく突然お勧めを聞くことは、「美味しければなんでもいいです。」と言っているのと同じで、「異性なら誰でもいいです。」というのと同じ。

自分が言われたとき気持ちを考えてみればすぐに分かること。

欲求を満たしてくれるだけのサービスは、どちらにも沢山用意されている。

一番のNGは、常連でもないのに「今日お勧めは?」とか聞いてしまうこと。

それは相手とお互いの好みを知った仲になってはじめて使える言葉

ドヤ顔でそんなこと言った日には、一番利益率高い料理とか、お店にとって都合のいいものを掴まされるので本気で注意。

それをわかってないで誰にでもいい顔してしまうお店も多いけど、長続きした試しがない。

でもそういうお店のほうがいいお店だと思われてしまう世の中でもある。景気が悪い話だ。

そもそも大して面識もない相手から、いきなり大切なものを出してもらえるわけがない。

会っていきなり「今日勝負下着ですか?」とか聞かないし、例えそうだとして、「はいガチできました。」とか答えるわけがない。

いたら嬉しいけど、そんなフレンズばっかりなパークは嫌だ。

2016-12-22

http://anond.hatelabo.jp/20161222162606

別に結婚まで至らなくたって、付き合いだしてしばらく経てば

よっぽど美意識高い女性でない限りいちいち勝負下着着たりしなくなるだろ

2016-12-13

おしっこを漏らさせました

ぐああああ!もういい!男が漏らした話はもういい!

俺が!書く!俺が漏らさせた話を書く!

当然ながらフィクションだ。世の中そんなエロゲみたいな展開はほとんどない。全然ない。

この手の話はフィクションにしておくことが一番だ。


おしっこを漏らさせました。

別にトイレに駆け込む女性を引き止めたわけでも、居酒屋トイレで酔いつぶれてトイレ待ちの女性膀胱が爆発したわけでもない。

純粋プレイとして漏らさせた。

相手商売女でも恋人でもなく、いわゆるそういう行為をするための契約を結んだ相手だ。

タイミング的に彼氏は作りたくないが、プレイはしたい。そういう人間は男女問わず一定数居る。

まりフィクションだ。


漏らすという行為は、動画などで見る分にはエロいし興奮するが、現実には実はそうでもない。

なぜなら、漏らす行為には我慢が付きまとう。「漏れそう」から「漏らした」までの長い間、勃起を維持することは果てしなくむなしい。思わずプレイ前に賢者になってしまうほどだ。

結局どうしたかと言うと、トイレに行きたくなる程度に溜めてもらってプレイ開始。エロいムードになったあと意図的放出してもらった。

意図的に出させてはもらしではないなどと無粋なことは言わないで欲しい。プレイは楽しめてこそだ。限界我慢までの間勃起を維持できる御仁には敬意を表したい。

話はそれるが、この際に着用してもらう下着はベージュおすすめだ。しみが残らないこともさることながら、あえて勝負下着ではないという生活観が、おもらしという失敗を引き立たせる。

この生活感というもの馬鹿にできない。日常から日常に移行する格差彼女の恥ずかしさをかきたてる重要な要素になる。恥ずかしさもない意図的なおもらしなど、それこそただの室内放尿だ。

仰向けに寝転がった上に、かぶさるように下着姿の彼女がひざ立ちでのしかかる。

軽くいちゃいちゃした後そのまま漏らしてもらう。

向き合ったままでは漏らす瞬間が見えないではないかという同士の方の意見ももっともだ。

だが、このスタイルには理由がある。彼女の顔が間近で見られるのだ。

想像してみてほしい。

彼女の恥ずかしそうな顔越しに、股部分から液体が出続けている図が展開されるのである

一般的なおもらし動画では、カメラから少し離れた位置決壊している女性が写っている状態になる。

そのまま同じ状況でもらさせてみても、間近で見ている以上の目新しさはない。

俺は、相手存在を間近に感じたい。

その点、このスタイル相手の表情と状況が同時に確認できる。そこが興奮するのである

ちなみに、俺は掛けられて興奮するタイプではない。結果的に掛かってしまっているが、出ていることを確認できるという意味以上の興奮はしない。むしろかかっていることは少しだけマイナスポイントだ。

少し恥ずかしそうな表情をしている彼女に体を起こし、キスをしながらパンツに手をかける。

過度の言葉攻めは場をしらけさせるし、俺も好きではない。

なので一言短く「出しちゃったね」とだけ言う。

責めるでもプレイに没頭するでもない。事実確認大事だ。



さて、ホテルのベッドが水浸しになることを心配している御仁がたくさんいるとおもう。

だが安心してほしい。この話はフィクションだ。

床におねしょシーツを敷き詰めた上でのプレイである

最後になるが、結局果てたひとことは耳元でささやかれた

「もう、すごくかたい」のひとことだ。おもらし全然関係ねぇ

http://anond.hatelabo.jp/20161212022246

2016-09-18

「なぜジェラート・ピケは売れるのか?」

 昨日、同僚のS氏と会議室新規案件ブランディングアイデアを出し合ってた。

 あんまりアイデアも出なくて、適当ネットを開いていたらジェラート・ピケのサイトにいつもは口数の少ないS氏が横から謎の食いつきをみせた。それから展開された彼のジェラピケ論が少し興味深く、大いに滑稽でそのことについてちょっと書こうと思う。

 

「なぜジェラート・ピケは売れていると思う?」

 はじめ彼はそう聞いた。

 わたしは持っているジェラートピケを思い返しながら、着心地が良くてかわいいと答えた。

「まるで繊細な砂糖菓子、綿菓子みたいに」

 彼はそう言葉を加えた。

 S氏はなんていうか言葉が甘く、ロマンチストのきらいがある。なんでジェラピケの着心地を知ってるのと聞きたくなったけれど、その前に彼が言葉を続けた。

ジェラート・ピケのすごいところは、その、"食べるもの"にするからだと思う」

ちょっと、何言ってるかわかんない」

 わたしは率直に言った。

「えっと、つまり、着ている人を"食べるもの"にかえるんだよ」

 はあ、なんのために?と聞いたところで、彼は、

「オトコ」と言った。

ちょっと何言ってるかわかんない」

 わたしが言って笑うとS氏も笑った。

 彼はジェラピケのコンセプトページを開いて見せた。

"アイスクリームに包まれているようなふわふわ幸せ感覚"

"まるで自分がデザートになったかのような気持ちにさせてくれるルームウェア、ジェラート・ピケ"

"女の子にしなやかな魔法 PIQUE MAGIC をかけるのです"

 ページにはそんな言葉が並び、最後にはジェラピケを着て"食べるもの"になった女の子ソファで横になっていた。

 へー、とわたしは思わず声を出した。

 デザートの意味合い女と男で違っているのか。ジェラピケを着ていながらそんなこと思ってもみなかった。

 わたしが鈍いだけなんだろうか、他の愛用している女性はそこまで考えてるんだろうか。喪女がきいたら発狂しそうな話だ。

 S氏がコレクションページに画面を変えると、トップにはジェラピケを着てベッドですやすやと眠る女の子が映った。

「今さ、不意に勝負下着って言葉が浮かんだ。

 女性を"食べるもの"にしたてるブランドは他にもあるけど、やっぱジェラピケは一線を画すというか、立ち位置が真似できない。

 例えば……これ、」

 S氏は別タブでpeach johnサイトを開いた。

 ちょうどオータムドルチェというキャンペーンで下着の女性が色とりどりのドルチェ見立てられて並んでいた。口紅をさしたモデルたちは谷間が強調され腰はくびれている。バチバチのごりごりの女のイメージがそこにあった。

「どのブランドも単純に女性性を強調していくとこうなっていく。アメリカ的というか肉食的というか、あからさまで力勝負。言うならば恥じらいがない、エロティシズムが足りない」

 画面を見ながら真面目に話すS氏に、それはキミのシュミではないか、と思ったけれどそれは言わずに、ジェラピケは違うんだ、と聞いた。

「ジェラピケにはあざとさというか、巧さがある」

 はあ。息を抜くようにわたし曖昧にうなずいた。

 勢いに乗って話す彼はわたしの反応も気にせず話をつづけた。

「ジェラピケはまず着ている人を満足させてくれる。

 かわいくて着心地が良くて、なんていうかその自分用に仕立てられている感じは特別感を感じさせてくれる。

 でもその特別感をより引き立てるのにまだ足りないものがある。

 なんだと思う?」

 わたしはすこしめどくさそうに首を横に振った。

「オトコに愛でられることだと思う。イケてるメンズ女の子扱いをしてもらうことで特別感は最高潮に達するんだと思う。

 大事なのは自分あくま女の子であることで、それらしいことは微塵も表情に出さず、自らの手は一切汚さずにコトを満たすこと、むしろほしいままにすることにあると思う。そして、そのあざとさというかズルさを完璧に巧妙に演出する道具としてジェラピケほど適したものはない。」

 

 S、一体、おまえはどんな女と付き合ってきたのか、その女の人に会ってみたい。

 そんなことを思いながらわたしは笑ってしまった。

 この話の後、なんかジェラピケ、着にくくなったのは確かだ笑

gelatopique http://gelatopique.com/concept.html

peachjohn http://peachjohn.com/?sid=ec_footerbnr

2016-07-08

http://anond.hatelabo.jp/20160707182710

別に男の性欲のことは一言もいってないのにな。

旦那妊娠線あろうが乳が垂れようが嫁に対して欲情するとしても、自分熟女AVみたいなセックスしてると考えると萎える、という嫁もいるよって言いたかった。

実際、あんまりそういう心理について言及する人いないしと思うし「勝負下着なんかより普通の下着のほうがいい」とか「どうせ脱ぐんだから意味ない」とかいう男も多いと思うんだけど。

男にファンタジーがあるのと同様、女にもファンタジーがあって、それを理解せずに「ずっと拒否されてる」ってのはお互いさまじゃん。

あと、逆パターンレスもあるよね。女が求めても「母親しか見れない」って応じてくれないタイプの男。

結局はミスマッチなのだろうし、夫婦でじっくり話し合って、それでもだめならやっぱり別れるしかないのではと思う。

2016-07-07

http://anond.hatelabo.jp/20160707100421

レス経験ある女です。(その後いろいろあって離婚しましたが)

自分場合産後半年ぐらいは会陰切開の後が痛くてつらかったのに強要されて相手への信頼感がなくなったというのがまずある。

その後は家が狭くて親子の寝室が同じ部屋だったか子どものいる場所ではその気になれなかった。

欧米ではうんぬんってのは、あれは子供夫婦空間から完全別離して添い寝とかしない生活習慣だからなんじゃないかなあ。

もし他に夫婦信頼関係損ねるようなことがないのであれば環境理由可能性が高いと思うので、子ども預けて2人で旅行でもする機会をもってはどうでしょうか。

あと、私はそういう感じじゃなかったけど、産後妊娠線とか体型の崩れを気にして…って話も聞く。

女の性欲って割と自己愛に直結してるので、自分が美しくなくて気持ち萎えるとかあるんだね。

(余談だけど勝負下着って男のためじゃなく自分のためのものらしい)

2016-04-22

http://anond.hatelabo.jp/20160422124301

おりものシート付けてる人ってそんなに多いの?

その割には生理用品コーナーに占めるスペースが貧弱な気がする。

かく言う自分も付けていない。

勝負下着とか高級下着であればシートも付けるかもしれないが、普段着ぱんつにシートなんてもったいないと思ってしまう。

2015-12-02

女性向け同人ジャンル大手に恋をしたら理不尽な目にあった

私→バイ、非処女女性経験なし、字書き

A→バイ、処女女性経験あり、絵描き大手

B→ノンケ、「Aとは寝ない」と宣言済み

AがBのことを性的に好き(無自覚)で、私がAのことを好きで、

別に私はセックスたかったわけじゃなくLINE若い女の子

雑談できればよかったんだけど、

Aが「Bとラブホに泊まる」とかちょっとバイの自覚ホントあんの?

みたいなことを言い出し、勝負下着を揃え、

ふたりきりでラブホに泊まって、

案の定心に痛手を負って出てきたその後から

怒涛のLINEが送られてきて、2日間は相手したけど

3日目からは流石にうんざりしてきて、

しかもどんどん調子に乗ってきて、

私を貶めるようなTweetをするようになり、

愛され神絵師(笑)からそのTweetは1000人近い人間の目に触れて、

業を煮やしてBにネタばらしし、謝罪ツイートを頼んだら、

失望した」と言われてリムーブされたので

こっちもきっちりブロックしておいた。

ポルチオでしかイケないくせに、

さっさとちんこ咥え込んでこいよ、23歳。

2015-11-03

勝負下着を買ってみた

思い切ってビキニパンツを購入してみた。

茶色に白地の格子模様でいかにもエロそうなやつ。

履いてみたら、あら大変。

両股から大量のギャランドゥがコンニチハしてるじゃないか。

よく見るとおいなりさんもチラリズムしているし、これは酷い。

こんなんじゃ勝負どころか打席にも立てやしない。

ううむ。

一念発起して毛を剃ってしまうべきか。

それとも違うものを買い直すべきか。

絶賛悩み中。

ま、勝負する相手もいないんだけどさ。

みんな、勝負下着って何履こうと思ってる?

http://anond.hatelabo.jp/20151103171945

こっちからすればあの子はそんなのを着てないと何度も言っているわけで

女性のいわゆる「勝負下着」は

そういうデパートの下着売り場で買うものじゃないんだよね。

じゃあ勝負じゃない下着ってどこで買うの?

http://anond.hatelabo.jp/20151103163746

男が興奮するかどうかの話しているとき勝負下着存在意義の話をされてもなwwww

読解力無さそうだからその部分引用しておいてあげよう

まりデパートなど多くの人が見られる環境で売ってるもの

バサン下着なわけで

興奮する必要は一切ないわけ。

その違いを分からないで、勝手妄想して興奮してる気がするが、どうなのか。

下着のきらびやかさと男性の興奮度には関係が無い(下限はある)

http://anond.hatelabo.jp/20151103162331

女の人は勘違いしてるのかもしれないが

勝負下着なんてのは高い下着を売りつけようとしている下着会社マーケティング

下着のきらびやかさと男性の興奮度には関係が無い(下限はある)

1枚1000円の縞パンであっても興奮する

http://anond.hatelabo.jp/20151102225732

そもそも、一部の男性勘違いしてると思うのだけど、

女性のいわゆる「勝負下着」は

そういうデパートの下着売り場で買うものじゃないんだよね。

値段にもよるけど、

たいていは下着専門店

あるいは服屋で買うものなわけだ。

まりデパートなど多くの人が見られる環境で売ってるもの

バサン下着なわけで

興奮する必要は一切ないわけ。

その違いを分からないで、勝手妄想して興奮してる気がするが、どうなのか。

2015-10-28

http://anond.hatelabo.jp/20151028220412

女性だって勝負下着つけてるときには「いつ脱いでも大丈夫!」みたいな根拠のない自信をもって行動できるっしょ?

のびのびのクタパン履いてるとなんか緊急時には対応不可みたいな不安あったりするじゃん。

から絶対に見えないってわかっててもさ。

男性ちんこは脱げない勝負下着みたいなもんさ。

2015-08-23

女性同調行動的な消費をしなくなってきた。

例えばコスメは「みんな大人になったら化粧するんですよ。社会に出たら化粧はマナーですよ」というメッセージでやってきた。

けど、12年ぐらい前からBBクリームの大ヒット。これで化粧が面倒だと思っている女が大勢いることが明るみになってしまった。

以前はファンデーションの前にお粉をふるって、ファンデーションを定着させる化粧品さらに上塗りして…みたいに売ろうと思えば売れた。

けどBBクリーム以来どんどん手軽なコスメが増えてきて、驚くことに現在では、

情報積極的に集め、商品を購入し、感想を話す・ネットに書きこむ層を「コスメオタク」として分類しなければならなくなった。

アパレルヤバい

これも9年ぐらい前からブラジャーいらないよブーム

以前は就寝用ブラジャーまで売れていたのに、今はみんなブラトップタンクトップパットのついた謎の商品が大ブーム

そりゃアメリカなら、タンクトップ一枚で乳首をピンと立たせている女性がいるけど、それが日本でも普通になってくるとびびる。

広告側は下着に特別感を持たせたいと、勝負下着だとかモテ下着だとかあの手この手で押しまくってきたけど、

それが逆効果になった面もあるみたいで、今は下着にこだわっているとエロいとか、SEX好きそうとか、1020代の一番下着に気合を入れる年代に、

そういうアンケート回答が出るようになってしまった。

若年層のオバサン化というコード会議で出てきたときには笑ったけど、やっぱりみんなブラジャーは苦しかったのかなぁ。夏は地獄だし。かゆい

あとキャラクターも。

毎日TVで流してる○○たまがここまで流行らないのは怖い。キャラクターの売り上げは知名度に比例するという教科書はみんなで灯油をかけて燃やそう。

以前は、女性に対しては

"みんなしているんですからあなたもやりましょうね"という上から目線の売り方が普通だったし、本人達にも受け入れられていた。

まあ私も発信する側、謙、受け取る側だから、みんなとずれない安心が欲しいってすごくわかる。

男性に対しては

"この商品あなたに売っています"という販売がウケた。

オタクヤンキーも同じ。カテゴリに対してアピール

もっと細かくいうと、ランドセルCMでお母さんを一列に並べて「みんなはこのランドセルを選びました」

介護用品のCMで年配の女性をならべて「みんなはこの介護用品を使っています

女性同調行動と言うか、もうはっきりいって同調圧力に訴えかける広告

一方で男性向けは多くても3,4人しか人間が出てこない。

それもビールとか「友達とこういうことをしたいあなたへ」系のCMだけで、大抵は一人二人しか人が出てこない。

女性女性という記号でくくれたのが今まで。

みんな化粧する、ブラジャーする、洋服すき、料理すき、動物すき、パステルカラーすき、手書きの文字すき、同性の笑顔すき、

でも受け取ってくれるパイが少なくなると、当然売上そのものが減ってくる。化粧はしないし、ブラジャーも買わない女性達。

同調項がどんどん減っていって、なんだかさみしい。

みんな化粧しよう、ブラジャーしよう、服を買おう、料理しよう、動物を飼って、女友達ハッピーにさせるために、ちょっとしたプレゼントを用意してみよう!

2015-05-19

女子大生うんこを漏らしても笑い話にはできない

ネットではうんこを漏らしてしまった話をたまに見かけるけど、実際にうんこを漏らした人に出会った事がない。

しかし私はうんこを漏らしたことがある。

 

大学2年生の冬、

飲み会帰りの電車の中、急におしっこがしたくなった。

 

最寄り駅に着いて、ホーム階段ゆっくりとのぼって改札前のトイレを目指した。

かなり酔っていて、はやくのぼると階段を踏み外してしまいそうなくらい体が言う事をきかなかった。

おしっこがしたい、おしっこがしたい、そう思いながら階段をのぼっていると下半身がじんわりとあたたかくなった。

 

やってしまった。

 

そう思って急いでトイレに向かう。

 

女子トイレちょっと遠い。多目的トイレちょっと近い。

緊急事態だ。急がなきゃ。

私は多目的トイレに入った。

 

多目的トイレに入ったのは初めてで、使い方が分からなかった。

引き戸だったのでとりあえず力づくで閉めてみる。

なんとか閉まった。

すぐそばに開閉用のボタンがあったけど、その時は気づかなかった。

 

便座に座る前、履いていたショートパンツにおそるおそる触れてみた。

あれ、濡れてない。

やった。漏らしてなかった。

 

履いていたショートパンツタイツパンツおろして便座に腰掛ける。

ほっとした。

と同時にパンツの上に、大さじ1杯くらいの、少し下痢気味の、やわらかいうんこを見つけた。

 

今度こそやってしまった。

 

高校生ときちょっと背伸びをして買ったピーチジョンピンクパンツうんこ色に染まっていた。

ブラとセットで買ったのに、もう履けない。2000円くらいしたはずなのに。

とりあえず持っていたビニール袋に汚れたパンツを入れた。

パンツちゃん、3年間私のお尻を守ってくれてありがとう

 

パンツと決別をしたら少し落ち着いてきたので周りを見渡した。

さっき力づくで閉めた扉に少し隙間が開いている。

まり切っていなかったのだろう。

見ると扉の横に開閉ボタンがあった。

 

ああ、ちゃんと閉めておかないと、誰かが入ってきちゃうな。

便座から立ち上がって扉まで向かい、閉ボタンを押した。

 

まらない。

 

ああ、一旦開けてからじゃないと閉まらないのか。

ボタンを押した。

扉がゆっくりと開いていく。

さすが多目的トイレ、誰にでも優しいから、開くスピード超遅い。すごい。

 

そういえば何も履いていなかった。

 

慌てて閉ボタンを押すけど、開いている最中は閉まらないようだ。

 

左手で股間を隠し、右手で閉ボタンを連打する私。

 

私は、もうろうとしつつあった意識を急激に取り戻した。

でも、人間って、慌てている時は頭がまわらない。

私にはそのとき、隠れるという選択肢が浮かばなかった。

 

扉が開ききってから閉まるまで、30秒くらいだっただろうか。

それはそれはとてつもなく長い30秒だった。

 

幸いにもトイレの前を通る人は1人もおらず、この痴態は誰にも見られる事はなかった。

 

 

誰かに話したいけど、こんな話をしてしまったら絶対モテない。

私が男だったら笑い話にできていたんだろうか。

 

 

 

追記5/20

こんな文字通りクソ増田反響があって驚いています

ひとつパンツを3年も履くなんて・・・というコメントがいくつか見受けられるので、以下私のパンツの履き方についてお話させていただきます

 

人によるとも思いますが、最近若い女の子はやたらと下着が好きです。

私も好きでして、パンツは50枚ほど持っています

普段使いのものはそのうち30枚です。1ヶ月に1回履きます。(31日の月は2度履くものもあります

日付によってパンツを変られるように30にセパレートされたケースにパンツを入れています

これはどうでもいいことですが、私のパンツを見ればカレンダーを見ずとも何日かが分かります

 

そして残りは選抜組パンツです。

選抜組とは、俗にいう勝負下着だと思っていただければよいです。

ブラとセットで購入し、ここぞというときに着用します。

まあ、あいにくここぞという時がないのでほぼ観賞用のパンツ群になります。たまに履きます

 

今回うんこを漏らしてしまったピーチジョンパンツはこの出来事ちょっと前に選抜落ちしたパンツでした。

選抜落ちとは、元々選抜組だったものの古くなったり趣味が変わったり、様々な事情のために普段使いに降格したものを指します。

確かに期間としては3年履いていたのですが、回数としては10回も履いていなかったかと思います

 

3年間私のお尻を守ってくれていたというのは、すこし盛ってしまっていたかもしれません。

ですが、選抜落ちの彼らには特に愛着があり、それまで大事にしていたパンツだったために悲しさもひとしおでした。

 

 

 

追記6/17

お久しぶりです。

パンツを盗まれたのでご報告にあがりました。

http://anond.hatelabo.jp/20150617074548

2015-05-17

デートに着ていく下着がわからない

三回くらいセックスした人と近々もう一度会うことになった。どんな下着をつけていけばいいのかわからん。以前関係を持ったときは相手を異性としてあんまり意識していなかったし、そういう流れになるとは思っていなかったのでテキトーだったり色気のなかったりするものをつけてたんだけど、なんだかその人のことが気になりはじめてしまった。急にかわいい下着つけてったら勝負下着だと思われない?引かれない?ウザがられない?っていうかどういう下着が受けいいのかわからない。みんなどういう下着が好き?

2014-07-19

その日の出来事

職場で、街中で。出会った女性、すれ違っただけの女性に聞きたい。

処女を失った日のことを。

いつだったのか、寒かったのか、暑かったのか、暗かったのか、明るかったのか。どうしてその日だったのか、期待はあったのか、予感はあったのか、興味はあったのか、予兆はあったのか、約束はあったのか。どんな雰囲気だったのか、どんな流れだったのか、どんな言葉から始まったのか、どちらから言い出したのか、視線を絡めたのか。

どこだったのか、どうやって行ったのか、布団なのか、ベッドなのか、はたまたそれ以外なのか。どんな音が聞こえたのか。どんな音楽が聞こえたのか。窓はあったのか。カーテンはあったのか。そこから見えた景色は。空の色は。月は。雲は。

その日は何を着ていたのか、下着の色は、素材は、デザインは、上下揃いだったのか、いつもの下着だったのか、いわゆる勝負下着だったのか。最初脱いだ1枚はなんだったのか、脱いだのか、脱がされたのか、下着姿になった時の気持ち、ブラを脱いだ時の気持ち、ショーツを脱いだ時の気持ち。初めて裸を男に見せた時の気持ち、見られた時の気持ち、相手の視線を感じた時の気持ち。隠そうと腕を、足を動かした時の気持ち。隠すのをやめた時の気持ち、あきらめた時の気持ち。

唇以外にキスをされた時の気持ち、乳房に触れられた時の気持ち、もまれた時の気持ち、もみしだかれた時の気持ち、乳首に触れられた時の気持ち、それをせめられたときの気持ち、口にふくまれた時の気持ち、自分の体を求められた時の気持ち。

足を開かれた時の気持ち、秘所を見られた時の気持ち、そこに空気がふれた時の気持ち。指が触れた時の気持ち、撫でられた時の気持ち、開かれた時の気持ち、隠すところがなくなった時の気持ち。さらに指が伝ってきた時の気持ち、指が入れられた時の気持ち。そこに視線が集中していると判った時の気持ち、相手の顔が近づいて行った時の気持ち、息遣いをそこで感じた時の気持ち、舌がふれた時の気持ち。

声が漏れた時の気持ち。濡れていると判った時の気持ち。それを相手も知っていると判る気持ち。

初めてペニスを見た時の気持ち、それが赤黒く張りつめているのを見た時の気持ち、いまからそれが自分の中に入ってくるとわかった時の気持ち、触った時の気持ち、手を添えた時の気持ち、やさしく握りしめた時の気持ち。

相手の息遣いが荒くなってきたとわかった時の気持ち、これまで以上に密着してきた時の気持ち。相手の表情は。

入口にペニスが触れた時の気持ち。

亀頭が入った時の気持ち。

処女膜に触れた時の気持ち。

そして、それがついに破られた時に見えたもの

それでもまだペニスが進むのが止まらないとわかった時の気持ち。

ついにすべてが収まった時の気持ち。

それが動き始めた時の気持ち。自分の中に、相手が入ってきたのだとわかった時の気持ち。それが他人の体だとわかった時の気持ち。聞いたことがない自分の声を聴いた時の気持ち。

体位はなんだったのか。天井は見えたのか。避妊はしたのか、しなかったのか。最後は中だったのか、外だったのか。貴女は達せたのか、届かなかったのか。相手は達したのか。そのあと離れたのか、すぐにまた始めたのか。何回つづけたのか。

体を起こした時何を思ったのか。最初自分の手で触れた自分の体はどこだったのか。最初にどんな言葉を交わしたのか。どうやって立ち上がったのか。

風呂場で最初にどこを洗ったか。さっきまで押し開かれていたそこに自身の手が、指が触れた時なにをおもったのか。処女じゃないとわかった時何を思ったか。さっきまで楽しまさせていた乳房をみて何を思ったか

また下着を身に着けた時、何を思ったか。その姿を相手は見ていたのか。相手はどんな目を向けていたのか。どんな表情をしていたのか。そして何を話したか

非処女になって最初に飲んだのはなにか、食べたのは何か。どんな味がしたか。どうしてそれを選んだのか。本当に空腹だったのか。

そしてどうやって、その日、相手と別れたのか。一人になって何を思ったのか。そのあと最初に何をしたのか。

そんなことを聞きたい。話してほしい。彼女たちのを顔を見るたび、その秘密を聞かせてほしくて胸がうずく

2012-05-31

私女だけど三次元縞パンには虫唾が走る

二次元縞パンは良い。二次元現代日本とは別の世界から

二次元世界スーパーの下着売り場には縞パンが大量に売られていて誰でも気軽に買っていけるようになっているんだろうと思えばいいから。

特別下着選びにこだわりがなかったらなんとなく縞パン穿くことになるのが二次元世界なんだろうから

でも三次元スーパーの下着コーナー、縞パンどこにも無い。

デパートでも、下着専門店でも、どこでも扱ってない。扱ってるのを見たのはコスプレ衣装ネットショップくらい。

ようするに、三次元縞パン穿いてる女はメンタリティコスプレイヤーな女しか居ない。

小学生ときも、中学生ときも、高校生ときも、更衣室での着替え中、一度も縞パンを見なかった。

だって普通に生きてたら出会わないパンツなんだもの

三次元縞パンは、「赤のサテン地のTバック」や「黒の網タイツガーターストッキング」並に、「見られることを意識されたドヤ感ありありのパンツ」です。

どう?かわいいでしょ?興奮するでしょ?ロリっぽいでしょ?処女っぽいでしょ?嬉しいんでしょ?という全力のドヤ。

でも夢見がちな萌えオタ男は「縞パンは素朴でシンプルな下着」と勘違いしてる。

全然ちげーよ馬鹿イマージュとか楽天で1980円ブラパンセットでも見てこいや。あれが最も素朴な下着だよ。

"いかに注目されるか"にさほど関心の無い、最も普通で最も素朴な層の女が装着してんのはそういう下着だよ。

三次元縞パンは男に見せて喜ばせるためにわざわざ買うもんなの。素朴どころか意図だらけ、自意識だらけの勝負下着なの。

縞パンを素朴でシンプルに穿きこなすことができる子は二次元しか居ないの。

それ知らなかった奴はマジでフィクション現実の区別ついてないお花畑脳。

2012-05-11

http://anond.hatelabo.jp/20120511163408

男性向け雑誌でも女が好む部屋とか勝負下着とかあるけど…

男性向け雑誌でもそういう特集あるのか

知らんかった

しかしたら、今はフェミクラスターにとってはい時代かもしれないな

オシャレして、髪や眉整えて、肌を整えたりしないと人間扱いされないし、

就職にも差し障りが出てくるから

2012-03-15

女って男のパンツきじゃないよね

男は女のパンツが異常に好きだ

女のパンツが見えたら何とかさりげなく見ようと必死犯罪者は何とか女のパンツ盗撮しようと必死

金を出したり犯罪してまで、必死になって女の使用済みパンツを入手しようとしたりする

勝負下着だってさまざまな彼の趣味に合わせ多種多様

女は男のパンツが好きかと言えばそうでもない、大好きな彼の脱ぎたてパンツが欲しいかと言われると、別に要らん

見ず知らずの男子学生パンツが欲しいかと言われると汚いからいらん

死ぬほど好きな芸能人パンツ辺りで、やっと貰いたい人が出てくるくらいかと思う

男の股間に携帯差し入れて撮ったパンツのアップ写真など見たくもない

この下着を穿いてくれたら超興奮するハァハァなパンツは思いつかん

男性向けのセクシー下着はあるが、ゲイの方向けだ

多分男性ゲイになっても男のパンツが好きなのだろう

男は何でパンツにあんなに興味あるんだろう、そして女は何で男のパンツにあんなに興味ないんだろう

2010-12-13

http://anond.hatelabo.jp/20101213162854

両脇細いのや飾りでリボンが付いてるのは持ってるけどほどけるのは履いた事ない。

ほどけるのは実用と言うより彼にサービスしたい夜用の勝負下着なんじゃないか

通販サイトで探してみたら

>ほどける純白のリボンが、遊び心を目覚めさせる。

とか書いてあったし、ほどくのが目的の下着かと。

気になる所があれば男性用紐パンってジャンルがあるようなので自分で履いてたしかめてみたら?

っつか嫁さんの下着くらい把握しとけ。

2008-02-14

勝負下着を買ったり溜め込むのが好きだが、

なんせ使う機会がない。

いつ勝負するんだよって話。

だからいつもはいてるのはどうでもいいパンツばっかりで

いつも穿いてるからすぐボロボロになる。

だからせっかくかわいい下着買っても、ボロボロパンツしか穿いてない俺。

普段から勝負しろってことなのかもしれんが

かわいいやつは「何かあった時用」なので。

結局何もないわけだが。

2007-11-09

ジャングルの奥地に幻の生物スイーツ」をみた!!

スイーツ(笑)ガイドラインガイドライン板@2ちゃんねる)より転載 

元はたぶんニュース速報だがそっちはタイトルがついてなかったのでこっちで。

68 :水先案名無い人:2007/11/04(日) 21:20:27 ID:qHj3ZrcN0

[ジャングルの奥地に幻の生物スイーツ」をみた!! ]

我々デキる女性探検隊一行は、南米アマゾン、魔境「ロハス」へと向かった。

その魔の密林に住むという未知の生物スイーツを捕獲するためである。

スイーツ身長は15m、太古に生息した恐竜を思わせる姿を持ち、

秋色ファンデが似合う自立した大人の女性の雰囲気をかもし出す。

現地では、まさに「等身大小悪魔」と恐れられているのだ。

我々一行は、とりあえず川を上流までボートでさかのぼった。

ボートから落ちれば、たちまち殺人ピラティスの餌食になる。

やがて上流にたどり着いた我々はボートから降り、そこから徒歩でロハスへ向かうことにした。

何かが密林から常に上目遣いで我々を監視している、そういう気配がした…そのとき!

何者かが我々に突如毒矢を放ち、奇声を上げながら我々を制止したのだ。

その者は、愛されメイクに着まわしトップレスのいでたちをした未開の裸族ワーキングビューティーだった。

ワーキングビューティーは、恋に効く女の武器を手にしながら、我々を威嚇していた。

我々は現地ガイドを派遣し、なんとか説得を試みた。

現地ガイドの説得によって誤解が解けた我々は、彼らの村に招待されることになった。

そこでは今まさに彼らは合コンの真っ最中であった。

我々もその席に参加した。

この席で男女が結ばれ、やがてWハッピー婚に至るとアンチエイジングに夢中の長老は語った。

我々は、長老ロハススイーツについて聞いてみた。

長老によると、ロハスはこの村から一つ山を越えた先にあるという。

そして、長老ロハスのスパで岩盤浴最中スイーツを目撃したというではないか。

しかし、長老はこれ以上語りたがらなかった。

我々は礼を述べ、眠りにつくことにした。

「明日はいよいよロハスだ。それじゃあみんな。おやすみ、マンモス

69 :水先案名無い人:2007/11/04(日) 21:21:40 ID:qHj3ZrcN0

翌朝、我々は日の出とともに目を覚まし、ロハスへ向かう準備を開始した。

ロハスは、特殊な地形と強力なマイナスイオンの効果により、方位磁石はおろかGPSすら効かない。

さらに危険動植物が我々の行く手を阻む。まさに文字通り魔境なのだ。

我々はモテカワメイクを施し、勝負下着を装着し、念には念を入れた。

ちょうどそのころ、ワーキングビューティーの集落では、ガールズトークに華を咲かせながら

女たちがフェミニンな朝食の準備を始めていた。

我々も朝食に呼ばれ、村にある隠れ家的オープンカフェにお忍びで集合した。

彼らの主食パスタと呼ばれ、練った小麦を麺状にしたものを各種ソースでからめて食べるという、

まさに文明社会生きる我々にとって想像を絶する食べ物であった。

朝食後、長老が我々の無事を願い、祈祷を捧げてくれるというではないか。

長老は奇声を上げながら、ホットヨガポーズを取りながら、呪文を唱えた。

「鏡に向かって頑張れ自分、可愛い顔が台無しだぞ!キエーー!!」

長老によると、この呪文は女ヂカラをアップさせ、自分らしさを演出させてくれるという。

万全を期した我々一行は、村人に礼を述べ、ロハスへ向かうため村を出た。

険しい山道とジャングルを行くこと数時間、それらしき場所に到達した。

そう、若い女性に人気の高級ブランドショップが立ち並ぶ、この新定番スポットが魔境ロハスである。

我々は恐怖と興奮によって血液サラサラになるのを感じた…まさにそのときである!

神戸コンサバ隊員の一人が、怒号のような悲鳴を上げたのだ。

「ぐああああぁっ!!やられた!!」

なんと獰猛な毒蛇に右足を咬まれたというではないか。

70 :水先案名無い人:2007/11/04(日) 21:22:14 ID:qHj3ZrcN0

すぐさま我々に同行していたセレブドクターが診察を開始した。

ドクターが曰く、この場で右足を切断するか、各種サプリメントによるデトックスしか助かる方法は無いという。

我々はデトックスを選択し、隊員の女子力を回復するのを待つため、ここでベースキャンプを張ることにした。

百戦錬磨の隊員達は、手際よくくつろぎインテリアを配置し、アダルトショットバーを持つベースキャンプ

設置することに成功した。

そして、負傷した隊員を酸素バーに運び、ここで治療を続けることにした。

と同時に我々は、スイーツを捕獲すべくキャンプの近くに数箇所のハニートラップを設置。

繁殖期で恋愛体質スイーツハリウッドスターに大人気のキラキラ小物で誘い出すという作戦だ。

それとは別に、夜間撮影のできるビデオカメラを数台設置。

捕獲できなくても、せめてその姿をがんばった自分へのご褒美に撮っておきたいとの思いである。

やがて夜を迎え、隊長危険生物が我々を襲わないよう見張り役に思い切って残業を伝えた。

次の朝、我々はハニートラップに仕掛けたキラキラ小物がなくなっているのに気づいた。

ついにスイーツが現れたのか?「ヤバイ!キテる!」隊員達は全てのハニートラップを確認した。

しかし、キラキラ小物が全て取られているだけで、スイーツの姿はどこにもなかった。

ビデオに映っているかもしれない。我々はビデオをすぐさま再生。女だけで、楽しむ。

が、ビデオに映っていたのは、いかにもヲタージョ喪女な野生のメスイノシシだけだった。

しかし、負傷者が出てしまった以上、ここに長居をすることはできない。

我々は等身大の自分を残念に思いながらも、ロハスを後にした。

この魔境に絶対スイーツ存在する。

今も、スイーツの、そんな彼女の普段の顔はツンデレ系でカレの気を引いちゃっているのだから…。

我々が愛され上手である以上、かならずこの目で常に上目遣いで見届けてやると、隊員達は各々

胸に熱い思いを抱きながらジャングルを眺めていた。

ナレーション田中信夫 BGMロッキーテーマ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん