「トレンディエンジェル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: トレンディエンジェルとは

2020-10-10

はてな検索おかしくね

トレンディエンジェル斉藤事故調べようとしてはてなトレンディで調べたら出てこなくてトレンディエンジェルで調べたら出てきた

新着ブクマ数も多いのにトレンディの時に一番に出てこないのはおかしいと思うんだが

2020-10-08

トレンディエンジェル斎藤の件、

ケガはともかく、企画の内容が「エアバッグをお尻で爆発させたら宙に浮く事はできるのか?」って、

テレビ業界の人はこれを本当に面白い企画だと思ってやっているのだろうか?

だとしたら相当ずれていると思う。

そしてさらなる疑問は、

ネット民が総出でテレビから追い出したとんねるずよりも↑の企画の方がまだマシというか面白いってことなのだろうか?

おいらはとんねるずの方が好きだなー。

2020-07-24

新書いっぱい書いてる大学教授斎藤孝さんは

トレンディエンジェル斎藤さんとたかしを合成して作られたんだよね?

人の言葉理解するたかしを作るために二人は犠牲になったんだ

じゃあテレビに映ってるこの斎藤さんを名乗るおっさんは何?

2020-05-31

相方誹謗中傷で訴えられたら負けそうなツッコミ芸人

入選外 : ペコパ「いや知らねーんだったら教えてあげよう」

第4位 : ジョイマン「なんだこいつ~」

第3位 : オードリー「2人ともやべー奴じゃねえか」

第2位 : カミナリバカこの!」

第1位 : トレンディエンジェル「誰ですか」

殿堂入 : ザ・パンチ「(自主規制)」

番外編 : 馬鹿よ貴方は「顔をひし形に してやろうか」

2020-01-15

友人の頭が後退していない

後退していないけど

中央から地帯領土を広げているんだ

年々広げている

まだ30代になったばかりなにに

20代の頃

ハゲというのは笑えるものだった

でもいまやテレビトレンディエンジェルとか出るとなんとも言えない空気に包まれ

いや、もしかしたら本人はイジってOKポジションなのかもしれないけど、

でもそんなのわからいから、触れられない

恋人結婚、頭髪

1020代カジュアル話題にできた話も、30代になるとなかなか言いづらい話題になってしまうなあ

2019-12-21

友達に「芸能人並みにカッコいい」っていう男の人紹介してもらったらどう見てもトレンディエンジェルだった

かに芸能人並みだけどさ……

2019-09-25

トレンディエンジェルハゲてる方がハゲネタにできなくなったら

サンドウィッチマンの太ってる方がデブネタにできなくなったら

2019-03-06

17歳のJKだけど、萌え袖ってかわいくない?

17歳のJKなんだけど萌え袖している女の子ってかわいいなとおもって、自分もなるべく高校生になってから上着は袖が長めで萌え袖になるやつばっか選んでいた。

今日萌え袖っぽい感じのスーツを身に着けて、寝癖がついてないか鏡をみたら、そこにはクソ似合わない萌え袖をしたデコが広めのおっさんが真顔で映っていた。27歳にもなるってのに、何今でもかわいこぶってんだ。クソッ…。

 

萌え袖っていうのは、忍野扇ってブコメにあるけど、それは流石に現実でやるとどうかなって思うので、新庄あかねみたいなやつだよ。(手の甲だけが袖に隠れるタイプ

ちなみに、イマジナリーフレンドから城ヶ崎美嘉に似てるってよく言われる。

鏡を見るとトレンディエンジェルたかしから肌のツヤをとって表情が硬い奴が現れるだけのただの17歳のJKですよ。

2018-12-08

お笑い界における自虐ギャグの使い方の難しさ

見た目自虐ネタ、全部が悪いとは思ってない。

でも基本的に見た目自虐って安易だし古臭いし、

よほど行ききってない限りつまんないんだよな。

みてる側も、これで笑っていいのかなと罪悪感覚える時代になってるし。

例えば、アインシュタイン稲田とかレベルはもはや一芸だからどんどんやれって感じ。

トレンディエンジェルも明るいから笑うことに罪悪感を覚えない、だから良い。

ミキのこの前の漫才も、同じく見た目自虐ネタではあったけど明るいし、

そもそもジャニーズに入ったら」という、

お兄ちゃんどころか普通の人全員ダメシチュエーションから

別に本当は良い(でも東南アジアハーフダメ)

というわけで自虐ネタは、

ネタにできるほど飛び抜けて面白い見た目じゃない人がやると安直になるので注意」

「見てる人が笑うことに罪悪感を覚えるようなリアルな設定だと暗くなるからだめ」

の二つを守らないといけないのかもなと思った。

女性芸人自虐も全く同じ。

尼神インターの誠子とか相席スタートケイとかも

別に見た目普通から安直感あるし、

見てる側に罪悪感があって

「いや、そんなにブサイクじゃないし…」ってフォロー入れたくなる。

視聴者が気を遣ってフォロー入れたくなるのはだめ。

オカリナとかバービーとかよしこだと全然大丈夫

見た目が面白いのは間違いなく一芸だし、使っても良いけど、

面白くもない見た目のやつが自虐するのは、

見てる側が嫌な気持ちになるのでやめてほしい。

生々しいんだよな。

2018-12-03

M-1 2018 感想

見取り図 85点

受けていたが、ネタの展開は読めてしまって、知らない名前は後で何?と聞くのがわかってしまっているのであまり笑えなかった。この展開は2015年ジャルジャルもやっていた。覚えてないが他にもいくつもあるだろう。使い古されている気もする。ここに既視感があると全て既視感しかない。

悪口を言っても仕方なくて、十分上手くて受けていたので、審査員はもう少し褒めて欲しかった。トップバッターだし。じゃないと客も盛り上がれない。それが前半の点数の低さにつながったと思う。

とはいえ、この厳しさがなければM-1の緊張感と権威づけも出来ないので難しい。

しかし、いつでもこの厳しさを乗り越える組が現れてMー1の歴史がある。

結果、今回もそうなったわけだが、それにしても前半不利はどうしたものか。

スーパーマラドーナ 85点

ネタのチョイス。田中の方が実はヤバいやつ、という一点だけのボケなので、そりゃ最初に受けて後は盛り上がらんだろう。と思うのだが、予選では受けていたのだろうか。ラストイヤーで残念だが、今後はテッテレーでブレイクしてほしい。逆にいうと、これまでにその田中キャラを引き出せなかった武智の負けなのかもしれない。準々決勝のネタはよかった。

かまいたち 92

全体的に志らく審査の評判は悪いようだが、共感するところが多い。うまさはあったがあまり面白くなかった。前半で客が重いというのもあるかもしれないが、実は準々決勝の方が客は重い。決勝はテレビ向けに結構笑ってくれていると思う。で、その準々決勝のネタはめちゃくちゃ面白かった。それと比べると、このネタはそれほど面白くない。もちろん、うまいので笑いは取ったし盛り上げたけど、そこまでではなかった。やられた感はない。準々決勝のネタを是非見て欲しいし、どこかで披露して欲しい。

ジャルジャル 95点

ジャルジャルがとんでもなく面白いのは言うまでもないし、残念ながら伝わらない人も多いのも今さら言うまでもない。ジャルジャルファン的には今回のネタもきっちりと一般人向けにチューニング出来ていて良かったが、クオリティだけでいえば去年の方がはるかに高い。今回のはドネシア、ゼンチンというフレーズ面白さだけ。ルールチェンジの盛り上がりも2回。それに比べれば去年のネタは、ルールの複雑さ、その展開の仕方の絶妙さ、ポンピンと頭を撫でるという二つの回収要素などめちゃくちゃハイレベルだった。だからこそ伝わらない。その上での今年。

まあ、最終決戦に残って、2本目やったし、まあいいか

ギャロップ 92

面白かった。準々決勝と同じネタですでに見てたのに、決勝の方が面白かった。間が絶妙だったと思う。本番の緊張感がよりギャップを生んで面白さを増していた。と思ったが、そうでもなかったようだ。自虐が受けない、ってそんな法則あったっけ。ミキは?トレンディエンジェルは?まあ、最終決戦に残るネタではないか個人的ギャロップ活躍してたので満足。

ゆにばーす 90点

川瀬名人、緊張しすぎ。でもネタ構成面白かったし、ハラちゃんのしゃべくり面白かった。そういう意味見取り図、スーマラよりは個人的満足度はだいぶ高い。

ミキ 93点

正直ミキはあまり好きではない。ボケが本当に面白くない。あえてなのだろうけど。亜生カワイイキャラからあれぐらいのボケがちょうど良いのだろうか。笑いは全てお兄ちゃんで取っている。それなのに、ここまで笑いが取れる。そう言う意味では天才だ。

でも、審査員も言うようになったけど、ボケをもう少しひねった方が良いのではなかろうか。発想の凄さみたいなものが加わると最強だと思う。

トム・ブラウン 90点

勢いでやり切っていて良かった。特別面白いとは思わなかったけど、全体的に真面目な漫才ばかりだったのでとても気持ちよかった。でもそれ以上の感想はあまりいかな。

霜降り明星 95点

良かった。もうこのコンビは売れるのは時間問題状態だったので、やっとここできた、と思って嬉しい。ツッコミ粗品は19歳の時にピンでオールザッツ漫才優勝している天才。それにせいやが合わさったら最強。二人ともRー1出てるし。せいやすべらない話でMVS取ってたし。どうせ売れるなら早く売れた方が見ていて気持ち良い。嬉しい。

和牛 95点

ネタの展開、ツッコミ技術が凄まじい。よく出来た古典落語名人がやっているような漫才面白いのはみんな言ってるし知っているので、あえてケチをつけると、全てが計算し尽くされていてちょっと窮屈だ。でもすごかった。和牛オールザッツ漫才優勝コンビオールザッツの先見性はすごい。

審査員について

というか志らく問題について。

志らくはああい普通じゃない評価をするために呼ばれたんだろう。みんなが巨人や礼二のような審査したってつまらんじゃないか

ということを、受け入れられないのだろうか。息苦しい世の中だ。

とはいえ、みんなにたり寄ったりの評価でそれはそれで良いんだろう。

上沼恵美子はもう役割を終えたよね。お疲れ様でした。去年は特に良かった。

松本人志は、もう、ちょっとおじいちゃんですね。たぶん、もう出場者を可愛いと思って見ている。まあいいんやけど。面白いのは今でも面白いけど、もうそろそろ潮時かもしれない、と初めて思った。今年も和牛に入れるのは違うと思う。

最終決戦

ジャルジャル

去年も勝ったらこネタをやるつもりだったのだろう。ザ漫才でもやってたし。めちゃくちゃ面白いが、このタイプネタでは勝てないのもよくわかる。というか本人たちもわかっていると思うのだが。ジャルジャルのアホ要素を詰め込んでいるネタだが、それだけでは世間は受け入れてくれない。残念だが、もう何度も経験済みだ。

いつかのキングオブコントのオバハン連呼ネタもそうだ。めちゃくちゃ面白いのに。

やっぱり、1本目のネタと同じぐらいに奇跡的なネタを別の切り口でもう一本作らないと勝てない。例えば、2015年の1本目と今年の1本目を合わせるような。でもそんなの流石に無理だ。

2本目やって負けるのはファンとしても納得。福徳もすっきりしていたみたいなので良かった。

和牛

これも感想は1本目と全く同じ。古典落語名人芸。でも欲しいのはそれではなかったりする。欲しいものは何か。

霜降り明星

それが、この勢いと煌めき。眩しい。夢しかない。

ABC優勝ネタも含まれていて目新しさはないが、その頃よりはるかに洗練されているし、とにかく瑞々しい。これを求めているのがMー1じゃないのか。和牛はそりゃ面白いけど、獲るなら2016だったと思う。銀シャリじゃないやろう。と今更言ってもしょうがない。

世代交代をみんな喜ぼうよ。スター誕生したんだから。この二人は絶対裏切らない。天才が二人。奇跡的にコンビを組んだ。

僥倖僥倖僥倖! 

楽しみすぎる。

2018-01-26

トレンディエンジェルハゲが受けるのは「ハゲなのにカッコつけて決め台詞言ってる!」というギャップ感が根底にあるわけで

それはやっぱりハゲはダサくてカッコ悪いという風潮が世間には蔓延してるわけで

この前問題になったホモ黒人を演じて笑いが起きるのと同じでしょう

2018-01-13

今後ポリコレやらフェミやらに目つけられて近いうち消えそうなもの



まだまだありそう

2017-12-05

人を馬鹿にしてとる笑いがきらい

お笑い好きだけど、人を馬鹿にしてる笑いが好きじゃない。

和牛の他のネタは好きだけどM1中居さんの真似をするネタは好きじゃない。

去年優勝のトレンディエンジェルネタも本人たちの毛が薄いからって、それをネタにすることに抵抗があって笑えない。

から人の身体的特徴を笑ったりしてはいけないと言われなかったのかな

2017-10-30

2017年流行語大賞トップテン予想

もう発表されているかと思ったが、11月中旬ノミネート語が発表されるらしいのでとりあえず予想。順不同。

「実際に流行った言葉」ではなく「選考委員が選びそうな流行語」を多めに入れた。

一線(受賞者候補今井絵理子議員/週刊新潮編集長

議員本人は辞退すると思われる。

今年も週刊誌とその劣化コピーである民放テレビ番組は延々と不倫を追いかけ続けていたと思う。

このハゲー(受賞者候補豊田真由子議員/トレンディエンジェル斉藤

こちらも本人は辞退すると思われるので、代役として芸人が呼ばれると予想。

「違うだろー」では芸人を呼べないので選考から漏れるはず。

インスタ映え(受賞者候補渡辺直美

大賞最有力候補フォロワーが多いモデル芸能人あたりを呼ぶはず。

排除します(受賞者候補小池百合子都知事

盛り土」に引き続いて今年も辞退すると思われる。

プレミアムフライデー(受賞者候補総理大臣夫人

一年もたたないうちに跡形もなく消えたのは残念。こちらも辞退と予想。

菅野完とのニアミス回避

忖度(受賞者候補菅野完

やくみつるが今年も選考委員なら大賞に強く推すと思われる。

リカ問題(受賞者候補福島瑞穂議員

トップテンに入るかは微妙だが選考委員ねじ込み枠でノミネートされる可能性は高い。

なお福島瑞穂自身はそれほど森友学園問題には関わっていない。

枝野立て(受賞者候補枝野幸男議員

こちらも選考委員ねじ込み枠。

今年の新語負のオーラが強いので毒消し要素として。

スポーツ選手一言(受賞者候補:清宮幸太郎

場を華やかにするためのスポーツ系固定枠。候補者だけ予想。

けものフレンズ(受賞者候補吉崎観音

受賞すれば声優陣も一緒にやってくると予想。たつき監督の反応が焦点。

2017/12/2追記

予想した10語中3語(「忖度」「インスタ映え」「プレミアムフライデー」)がトップテン入り。10連複は思いの外難しい。

2017-10-17

トレンディエンジェルの出てるアートネイチャーCM

あれって撮影後に植毛した髪引き抜かれてるわけ?

中世時代刑罰みたいなことされてないかちょっとむごい。

パターン撮影する際には反対運動しよう。

2017-10-04

お笑いは何を笑うのか

今年のキングオブコント、例年と比べても全体的に面白かったと思う。

話題としてはにゃんこスターが掻っ攫った感はある。

ただ、かまいたちは優勝で文句ないと思うし、さらば青春の光も高評価に恥じないクオリティだったと思う。

かまいたちコントお約束を逆手にとったトリックさらば青春の光演技力

加えるならジャングルポケットテンポ感もすばらしかった。

そんなこんな盛り上がった大会だったが、ひとつ気になったのは、ゾフィーネタが「プチ炎上」したという話だ。

ネタをざっくり説明するならば、母親家出してしまい、息子と父親が「なんで出て行ったんだ!」とか、ありがちな言い合いをするのだが、

息子が「母さんがいなかったら誰がメシつくるんだよ!」「メシいつ帰ってくるんだよ!」とどうも様子がおかしく、

母親=メシつくる人」としか思っていない発言を繰り返し、その異常さに父親がツッコむという構図だ。

順位は振るわなかったが、個人的にはもう「メシ」というワードだけで笑ってしまうくらい面白かった。

なぜプチ炎上したのかと言うと、「母親=メシつくる人」という設定が「不愉快」「笑えない」という声が挙がったかららしい。

まあ、「母親=メシつくる人」ってのは勿論ヤバい認識なわけだが、ヤバいからこそ、それを笑えるのではないのかね。

あのコントあるあるネタではなく、「こんな奴いるわけねーだろガハハw」と笑うネタだ。

お笑いなんてのは大なり小なりマジョリティから外れた何がしかを、笑いという形で消化し楽しむものだ。

あのコントが「笑えない」ということで消化不良を起こしているのだとしたら、そんだけ「笑えない」普通のことになってしまってる、ってことかい

その現状を笑いに変えることもできないくらい気力も体力も残ってないくら疲弊してるってことかい

ちなみにお笑い畑での炎上といえば、保毛尾田保毛男が復活し、炎上した件がある。

しろこっちの方が大炎上なのだが、あいにく放送を見てなかったうえに世代じゃないこともあってか、ゾフィーの件のほうが先に耳に入ってしまった。

何を笑うのか、何なら笑っていいのか、ということに関して、両方とも根っこは同じ問題なのかなぁ、と思っている。

保毛尾田は性的マイノリティを徹底的に戯画化しているが、時代的にはもはやマイノリティがいることは当たり前、偏見を抱くほうがおかしいというのが潮流だ。

ホモ青髭気持ち悪い喋り方」という設定が、すでに時代遅れである今、むしろこんなもの笑い飛ばししまっても良かったのではないか

ゾフィーは今回のネタで、いわば専業主婦幻想やら女性蔑視といったものを笑っていたように思う。

これも同じく共働きなんぞ当たり前のこのご時勢でいまさら何を言っているんだと笑い飛ばしていいのではないか

両者がこうして炎上してしまう現状を見るに、どちらも思っているほど解決してない、ってことなんだろうか。

トレンディエンジェルがそれなりに人気を得てきたように、ハゲは笑いになる。

タイムマシーン3号が賞レースに名乗りをあげてきているように、デブは笑いになる。

でも、これらも程度の問題しかなくて、何か潮目が変わった途端に笑ってはいけないものになるのかもしれない。

何なら笑っていい、ということが時代の流れで変わっていくのだとしたら、お笑いというものは本当に難しくなってきているんだなと改めて思った。

もしハゲデブも笑ってはいけないとされる時代が来たとき、僕は何を見て笑っているんだろう。

そう考えると、にゃんこスター未来はとても明るいな、と思った。

下手に現実風刺する練られたコントよりも、「なんとなく楽しいコントにこそ未来があるのかもしれない。

2017-09-30

保毛尾田保毛男の騒ぎで思いだしたこ

以下の話は、言葉や展開はややうろ覚えだが、実際に起こったことは間違いないです。


2014年に行われたTHE MANZAIの話。2011年M-1後継番組として復活し、賞レースとして行われていた。

この年の決勝で、1発目に漫才披露したアキナが、

ロッジで同性(男性)に好きと告白されるシチュエーションを展開し、

それをキモイなどと罵倒し笑いにした。

彼らの漫才後、感想を求められたビートたけしが、

ホモとかそういうやつ聞くと笑っちゃうんだよね、と笑いをこらえながら言った。


続くトレンディエンジェルも、たけしのリアクション意識したのか、

ホモネタを雑にいれてつかみの笑いを取り、自身漫才を展開した。


最後に出てきた博多華丸・大吉は、そこには一切触れず自分たち漫才を貫いた。


この決勝を経て最終的に優勝したのは博多華丸・大吉だった。

もちろん、漫才スキルベテランの彼らがズバ抜けていたことは間違いないが、

彼らは他人馬鹿にする笑いを一切しなかった。


アキナトレンディエンジェルには、差別的な笑いに対する配慮覚悟も足りなかった。

彼らが優勝していたら、THE MANZAIも終わりだろうと思っていたので安心たことを覚えている。

(それとは関係なくM-1が復活したから、賞レースとしてはこの年が最後になったのだが)

どちらかが優勝していたら、今回のように騒ぎになっていたかもしれないね

2017-06-27

インターネット上でハゲへのヘイトスピーチが酷い

あんまりハゲとか言うなや

ハゲの人って髪の毛ネタにされるとスゲー傷付いたりムカついたりするんだよ

トレンディエンジェルにしても豊田にしても、もう少し一般市民ハゲ気持ちを考えて欲しい

ジャケット着てると斎藤さんだぞやれ!とか舛添の真似やれとか言われるし

俺はフサフサだから関係ないが

2017-01-03

笑いについて、はてなも随分変わったな~

一般的に「何で結婚できないの?」と人に聞くのは不躾でセクハラいたことだと思うのだが、吉田選手についての記事について「本人の持ちネタから」と肯定的に見る向きが多くて驚いた。

吉田沙保里は事あるごとに「彼氏欲しい」「結婚したい」とアピールしてるのに、何価値観押し付けてんの。


まさかこれが人気ブコメになるとはね。

「そんなに怒らなくても吉田選手は傷ついていませんよ」という反論に留まらず、「個人キャラクターを正しさで裁くんじゃねぇ」というニュアンスだよね、これは。

いやはや、はてなも変わったな。

パッと思い出せるだけでも、ハリセンボン近藤のブスネタトレンディエンジェルハゲネタについてのブコメはこうではなかった。「容姿イジリは早く廃れて欲しい」だの「恥ずべきこと」だのそういったブコメが人気になっていた。本人が積極的にブスやハゲネタにしてたか関係ない。もう笑いの構造差別的でアウトだから

吉田選手記事ブクマで、「持ちネタから」といったブコメを書いた人たち、そしてそれを支持した人たちよ。これからも是非そのスタンスを貫いて欲しい。ブサイクハゲデブ貧乏などの低俗な笑いにも「こんな差別的ネタは許されない」などと口が裂けても言ってくれるな。あれも芸人たちの持ちネタなんだからな。好きでやってんだ。あれで金貰ってんだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん