「合法ドラッグ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 合法ドラッグとは

2016-07-28

まあ合法ドラッグがどうなろうとどうでもいいけど

覚せい剤はシャキッとするとか書いてる奴はどこで手に入るのか教えろ

2016-04-13

まだ合法アナルほぐれるお薬ってある?

合法ドラッグだった5meodipt、通称ゴメオ

合法ドラッグだったビデオクリーナーのRUSH

何でもかんでも違法としても、

結局は欲しい奴は今の時代合法のものを買う

例えそれが体にわるくなっていようが

それで今まだ合法のお尻の穴がほぐれるいいお薬ってあるの?

2016-03-05

風俗が大人の趣味という理解不能な風潮

単に解禁されるのが18歳以上なだけでやってる事は単なるマスカキの延長線上に過ぎないのに何でこんなの好きな人はいつも調子に乗ってるんだろう。

中学生が「俺面白いAV見つけてさ~~」と調子こいてるならまだ理解できるんだがそれを30過ぎたオッサンがやっているのは理解できない。

「君~~いつまでもネットなんて暗いことしてちゃ駄目だよ~~そうだ風俗いこうよ大人の嗜みだよ~~」まで来ると別の星の人間と話しているんじゃないかと。

なぜ風俗キャバクラ好きな人あん下半身直結な物を大人の趣味として通用するものだと思っているのだろうか。

合法ドラッグを酌み交わしてこれぞ大人の付き合いだと言っている人も理解できないが、自分お酒は好きな方なのでこちらはあまり喧嘩は売らない。

でも喫煙者マジックミラー号みたいな部屋で休憩時間を多めに取ってるのは少しずるいと思う。

2016-01-13

http://anond.hatelabo.jp/20160113173747

GANGSTAはそれで話題になったわな

描写がどこまでジャンキーじゃなかったからぎりぎりセーフだったとか

自体が写されてないとか、確かアンプルだったとか、ぎりぎりセーフになる理由はある

不思議なメルモはただのキャンディだろ

ドラッグに対して肯定的描写だったり、味方側にジャンキーがいて楽しそうにしている描写があるとNGだという話

よく例に出されるのが、

カウボーイビバップ1話とか、

ほかの作品はほぼすべてアニメ化されているラノベ作家あざの耕平の「Dクラッカーズ」(主人公ジャンキー)、

CLAMPの「合法ドラッグ」あたり?

CLAMPほとんどの作品アニメ化されてるよね。

2016-01-02

合法ドラッグの上手な付き合い方知りたい

尻にゴメオやらラッシュやら突っ込まれたい

2015-10-31

15,6年前のインターネットって

ふつう児童ポルノとか合法ドラッグとか手に入ったよね・・・

規制された今が良いか悪いかなんて俺には分からないけど。

2014-12-15

http://anond.hatelabo.jp/20141215144519

FBTwitterはてな全部消えてるな。

合法ドラッグのキメすぎで、やばいことになってんじゃね?

2014-12-01

http://anond.hatelabo.jp/20141201210343

ソースはないよ。

でも少なくとも第一世代ハーブよりも前の、diptとかケミカル系の時代

かなりの数が出回ってるにも関わらず死亡事故となるとあまり聞いた覚えがないわ。

SMプレイして中吊りラッシュ吸いまくって死んだオッサンの話が2chで有名だったけど、

合法ドラッグ(当時の名称)でトリップして車乗って事故起こしたとか、そういう話は不思議と聞かなかったなあ。

2014-09-05

幸せすぎて不安になる

ネットアニメマンガゲーム

合法ドラッグレベル快感物質垂れ流させるものがあふれすぎてて、俺こんなに幸せでいいの!?って恍惚としちゃって少し不安になる。

飽食上等!

あー人生楽しいな―

2014-09-02

あーあー

フリーランスってサボろうと思うといくらでもサボれるからダメだ。

明日確認なのに、全然終わらない。当然今日は出来上がるまで仕事睡眠二の次っていうか寝れないだろうなー



8月頃から仕事全然進まなくて、

自分は何て甘えた怠け者野郎だとうんざりした気持ちからさらに手が止まって

結局ここまで自分を追い詰めたな。



でも甘えた怠け者野郎仕事してないのに、精神的には全く休んでない。

ずっと考えてる。やらなきゃやらなきゃってずっと、もう一ヶ月か。

もちろん進めてはいるが、多少畑違いの仕事であること、進行などが思い通りに行かないことで

やる気消滅。

私は嫌々やることも、自分の思い通りに仕事が進まないことも許せなくて、

から会社にいられなくてフリーなっちゃったんだよね。

フリーになっても、やっぱりこの性格が結局自分を苦しめてる。



仕事進まないならいっそ頭もオフにしちゃって休めばいいのに、それもできてない。

馬鹿だなぁww



はー。でもやるさ、何しろ明日確認からなw

納期は9月末だけど、つらいからできる限り今夜中にやっちゃおう。

終わることだけが、今手を動かすモチベーションだ。

制作業としてこれは最低だが、仕方がない。

いいものを作るやる気や気力が今は出ないし、お金はこういう時モチベーションにならないし、

酒飲みながらやりたいわ。寝ちゃうから無理だけど!

危険ドラッグとかに手を出す気持ちもわかるわ。寝ないでハイになって仕事できたりするんでしょ?



あーあー愚痴った愚痴った。

よしやろう!暗い気持ちも自分を責めるのも終わり!!まだ夜は長い!!!

できるさ!いいもの作ろう!いける気がしてきた!

ミンティアレッドブルっていう素敵な合法ドラッグで乗り切る!

明日の午後は何も考えず好きなことやる!

全てが終わった暁には、立川まんがパークに行くんだー!平日に!

楽しみだー、頑張れ私!!!

2014-07-24

http://anond.hatelabo.jp/20140724211440

正解。

ゲームとしての出来はクソなんだけど。中毒性が高すぎる。

ソシャゲこそが真の合法ドラッグだね。

2014-06-27

http://anond.hatelabo.jp/20140627144714

ちげーよ。

最近じゃ成分をコロコロ変えても対処できるように、

包括的な指定がされてたはず。


から昔は「合法ドラッグ」だったけど

最近脱法ドラッグと呼ばれるようになった。全部法律違反のはず。

2014-02-25

単焦点ヤバい

2~3年前まで標準ズームレンズだけで満足だったのに、今は 50mm F1.8 程度じゃ満足できない。

昨日は 85mm F1.8 を使って開放とボケ感を一度に味わってきた。

もっと撮れるように、近頃筋トレも始めた。

これって合法ドラッグじゃね?

http://anond.hatelabo.jp/20140224121238

2014-02-24

ランニングヤバい

2~3年前まで5km走れば満足だったのに、今は10km程度じゃ満足できない。

昨日は30㎞走ってハンガーノック多幸感を一度に味わってきた。

もっと走れるように、近頃筋トレも始めた。

これって合法ドラッグじゃね?

2013-10-10

http://anond.hatelabo.jp/20131010134757

から、そもそも幸せになるのが目的じゃねえっつー話だよ。

お前は別に合法ドラッグでラリって幸せそうにしてる奴を見つめて目を細めてればいいんじゃね?

2012-02-17

http://anond.hatelabo.jp/20120217154347

単純に合法ドラッグ屋ってことだろう。

ドラッグドラッグであって、合法か違法かと危険性は大して関係ない(人間たまたま危険性を広く認識したもの違法になってるだけ)。

合法だけど違法ドラッグ並の効能があるものを作って危険性の認識が不十分であることをいいことに荒稼ぎしてるだけ。

金融屋がヤバイ金融商品デリバティブで誤魔化してAAA格付けで売っていたのと同じ。

これが合法でいられるかどうかは、政治家先生とどれだけ仲良くなれるかにかかってる。

今頃はドラッグ開発と同じくらいの重要業務としてロビー活動が位置づけられてるんじゃないかなあ。

(逆にロビーイングしてないんだとしたらアホすぎる)

2012-02-11

http://anond.hatelabo.jp/20120211222549

批判の対象をもう少し広げて「人の錯覚を利用して不当な利益をあげることができるビジネス」とすると、おそらくケタ違いのビジネスもあるのでしょうが

その商売がソーシャルゲームにされている種の批判を受けているかといえばそうではないようには思えます

2011-04-10

http://anond.hatelabo.jp/20110410024640

パチンコでもらった景品と それを換金することを分けて合法賭博としてるわけだから

シャブはな合法ドラッグなら対等だと思う。(シャブ ダメゼッタイ)

2011-04-03

脱法ハーブドラッグ)で家族を失いかけた

脱法ハーブというものに手を出してしまった。

後悔にまみれたその記憶自分の手で書き表すことで、私は二度とこうしたものに手を出さないことを自分自身で確認しようと思う。

独身の頃からそういうものに興味はあり、海外日本では禁じられている薬物に手を出したこともあった。

ただ、同行者はそれを吸ってとても楽しそうにしていたが、私には一向に効き目がなく、その体験はただ、

私に「あちらの世界」への憧れをかきたてるだけのものだった。

それには依存性はほとんどなく、何年もの間、それを欲しいと思ったこともなかったし、

一生必要ないと思っていた。ただ、「あちらの世界」への好奇心だけは私の心に根深く残ったままだった。

7年後。現在。2年ほど前に結婚して1歳の子どもがいる。

私はたまたま合法ハーブという語をインターネットで見つけ、好奇心からそれを調べた。

現在日本では禁じられていない成分のみを用い、幻覚作用覚醒作用をもたらすものということだった。

建前としてはお香としての使用を前提にしており、その煙を吸引することは推奨していない。

もちろん、それはただの建前であり、それらのサイトや関連Wikiにはその吸引体験が

多く綴られていた。

私は甘く見ていたのだ。

過去にそれに類するものを服用してまったく効果があらわれなかったこと。

1時間ほどで効果のピークを終えるという情報

そして、アルコール程度の影響で終わるのではという根拠のない自信。

夜22時30分。私は近くの街にあるその店の門を開いた。

暗い照明。ガラスケースに収まり怪しい光をはなつ「合法ドラッグ」のパッケージ

パイプやボング、紙巻き器などの喫煙具。

「なんにしますか」カウンターの奥にいたのは、Tシャツキャップをかぶった

小太りの男だった。小悪いB系といったいでたちだった。

私は「あまり強くないものを」と頼み、Wikiである程度名前が知られていて評判のよいもの

選び、それを買った。喫煙具と合わせて5700円。高いけれど、もちろん無理な価格ではない。

店の奥にはソファとテーブルがあり、その場で吸えるようにもなっている。

どうしてその場で吸おうと思ったかは分からない。家よりも安全だと思ったのだろう。

大きな間違いだった。

慣れない手つきで買ったばかりのふわふわした葉(かすみ草の花のようなものもふくまれていた)を

紙に巻き、火をつけた。要領は海外でやったときに知っていた。深く煙を吸い込み、

30秒ほど息を止めてゆっくりと吐き出す。

普通だ。まったく普通だ。味も悪くない。

もう一度同じように吸った。何度も、何度も。ジョイント一本分、草が燃え尽きるまで全て吸った。

好奇心がわき、それからの身体的な変化を記録しようと思い、iPhoneを取り出した。

文字をフリックで打つが、まず指にしびれを感じだし、すぐに視覚おかしくなってきた。

指を動かすが、目に映る像がワンテンポ遅れている。徐々に体中にジーンという

しびれが広がり、耳に聞こえる音が暴力的なまでに大きくなってきた。

Evernoteにその記録が残っている。

10:35

電気がくるかんじ。

パルスが短くなっていく。

rgb

ビーン

という音

電気風呂みたいになってきた

目がよわくなっていく。

スローモーション世界


電気のビーンという音が

してると思ったら。

ここの照明の響く音でした。


耳が良くなるって本当だったんだね。


音がすごい立体感を帯びてきた。

時計を見ると22時45分くらいだったか

家には24時に帰ると約束している。

十分すぎる時間はあったが、私は怖くなった。

このままでは帰れなくなるほどに、自分の状態は

悪くなるのではないだろうか。

後悔。後悔。

私は光のあふれかえる街に飛び出した。

うそこは別世界のようで、なにもかもが

うるさい音を発しながら私の横を通り過ぎていく。

見知った道はまるで違う道のようで、私は駅に行くために

交差点にたちどまり、何度も風景を確認しながら

駅へと急いだ。

足が思うように動かず、気づくと外界からシャットアウトされるほどの

思考の大波が私を襲う。今ものをなくしても分からないぞ、やばいな、と

私は頭の片隅で思った。

ごまかせるかな、ごまかせないだろうな。

今の私を外から見ると、とてもまともには見えないだろう。

妻にだってわかるに違いない。

電車に乗った。

電車の中は混んでいて、においがとてもひどかった。

ドアの脇に立っていたが、どうにも足がふらついてカクカクする。

そして、すぐに思考の大波。

最寄りの駅はすぐそこだ。しかし降りられないのではないか

乗り過ごしたら万が一にも帰ることはできないだろう。

わたしはまたiPhoneを取り出して記録を始めた。

自分の体が電気の粒に分解されて、寄りかかっている壁に吸い込まれるような感覚

心細い、あまりにも心細い。何も支えるものがない。

もう涙があふれ出そうだった。

なんてことをしたんだろう。愚かだ。あまりにも愚かだ。

警察保護されるようなことになったら妻はなんて顔をするだろう。

ずっとずっと妻のことだけを考え、かろうじて残った正常な感覚

かきあつめるようにして、私は電車に揺られていた。

時間感覚が遅い。ずっとずっと考え事をしていたように思ったが、

駅にはなかなかつかない。時間が5倍伸びているようだ。

着かない。着かない。私は焦った。

電車が減速する。私は急に堪え難い嘔吐感に襲われ、

鞄の中に吐いた。周囲の目が突き刺さるのを感じたが、

その時扉が開き、私は転げるように電車を出た。

帰らなければ。妻と子どものいる家に帰らなくては。

あと10分、私の足よ動いてくれ。私の脳よ導いてくれ。

わたしはドラッグ喫煙具を鞄の底からやっとの思いで

引き出し、ゴミ箱に捨てた。こんなもの、二度とやるものか。

一歩、一歩、改札を出るのもやっとこさ、私は家への道を

ふらふらしながら歩いた。

家の手前でまた嘔吐感に襲われ、また吐いた。

そして。

妻は私を出迎えてくれた。ほっとした顔を覚えている。

私は謝った。

「ごめんなさい。ごめんなさい」

妻の顔が凍りついた。

それから、私は何時間も家のトイレに張り付き、

空っぽになった胃を上下させながら、

妻に事情を少しずつ説明した。

妻は驚き、悲しみ、倒れている僕の横でワンワン泣いた。

「そんなに私と別れたかったのか」そういって泣いた。

なにも妻は悪くなかった。日常に不満もなかった。

ただ、好奇心だけでわたしはしてはいけないことをしてしまったのだ。

私は自分ゴキブリ以下の生物に成り下がったのを

感じた。涙が出た。止まらなかった。

吐き気はなんとかおさまり、私はソファに横になった。

そのまま気を失うように眠った。


翌朝、私の思考は元に戻っていた。

少し頭が重いが、普通の状態だ。

寝室では妻と子どもが眠っていた。

私はこっそりと二人の横に身を横たえ、もう一度眠った。

それから、妻は長らく口をきかず、私はただただ、謝りつづけた。

ずっと妻といたいこと、子どもをともに育てたいこと、

もう二度とこのような愚かなことをしないこと、何度も何度も謝った。

夜明けても、自分はみじめなゴキブリであった。

「もう一度やったら、離婚します」

妻は言った。「しかしこのことを許したわけではありません。絶対に許しません」

妻はつづけた。

違法か、合法か、そんなことは関係ないの。こういうものは、あなたの何もかも、今まで積みあげてきたいろんなことを、

あなたが善良な人であったことさえも、一度に奪ってしまうかもしれないの。」

子どもが起き、私たちは三人で外に出た。

子どもがその日、はじめて私のことを「パパ」と口に出して呼んでくれた。

また涙が出そうになった。

その日。子どもが寝た夜。私はまた妻に謝った。

妻はずっと泣きつづけ、泣きつづけて、

その間私は彼女がしなければと言っていた

家事をやった。戻ってきた私に妻はひとこと

「ありがとう」と言った。

「こちらこそ、ありがとう。ごめんなさい」私は返した。

私たちは寝息を立てている息子の横に、

いつもしているように枕を並べて寝そべった。

妻に許可を取り、そっと体を抱き寄せて眠った。

幸福だった。これがなによりの幸福なのだ

薬物が体を駆け巡り、蝕みだしてからずっと、私は自分が手にした幸せを全て手放してしまうことを恐れた。

そして事実、それは極めてリアリティのある話になってしまった。

あの薬を口に含んだそのときからだ。

身体的な依存は極めて少ないとのことであるが、

実際のところは分からない。しかし私は絶対にもう手を出さない。

妻と子どもと暮らすこと。今の仕事。そして数十年後の、妻とのささやかな夢が、

何よりも大切なのだ。それが、一瞬にして水泡に帰す。そんなものには

二度と手を出さない。私は強く心に決めた。

これまでよりも、よい夫で、よい父でありたい。

家族生活を何よりも何よりも、大切にしたい。

混濁した意識の中で、ただただ妻子の顔だけを思いながら

家に帰れた。その記憶けが、あの数時間の中でただひとつ

私の誇れることだった。

戒めのために、わたしはこの記録を残す。

電車の中で吐き気と、思考の洪水に飲まれながら私が打ったEvernoteへの記録を結びに。

だ。これは

毒だ。

捨てる。

捨てる。駅についたら。



追記(4/4に少々改変)

私は合法ハーブをやっている人たちを否定しません。

現在の法に照らし合わせて問題はないはずだし、自分が快適に生きられる範囲でやればいいと思います

私が不慣れで、しかもこういうことをやるのに適した環境にない、それだけのことです。

いくつかご意見をいただきました。セッティング環境を作れてないのがよろしくない、と。

家では数時間自分一人の時間をつくることなどできません。

思えばそうした状況から一時的に逃避したかったのかもしれません。

から外にしました。もちろん、それがド素人の甘い選択であったことはいうまでもありません。

トんでいる状態で徒歩計20分、電車に乗って10分という帰宅への道のりを辿らなければならない、

その焦り、帰れないのでは・ばれるのでは・様子がおかしくなって警察を呼ばれるのでは、という

ネガティブな思考が悪い方向に私をもっていたことは十分にありえることです。

そもそもバッドトリップだったのかもわかりません。ただ、私は自分の身体の変化がおそろしくなった。

やってくるものに抗い、平静を保とうとした。それが嘔吐感をもたらしたのかもしれません。

それに身を任せていたら楽しかったのかもしれませんね。

要するに、私はやってはいけない立場人間だったのです。

妻がそういう考えで、その妻を大切にしたい私にはできないものなのだ

そういう気持ちでいます

なお、私が使用したのは「ジプシー」。ジョイントで1本まるまる吸いました。

2010-10-30

今日有村

http://twitter.com/y_arim/status/29147910329

合法ドラッグには浅からぬ縁があってな……昔ジャンキー一歩手前まで行った

2010-07-17

ヤンデレさん

ヤンデレに限らず、様々な特殊嗜好ってのは、「本物」に遭遇したり、その闇の部分に直面してないからこそ可能な娯楽なんだよなと思う。

パソコンの使い方分からないから教えて欲しい」と誘われ彼女の家にホイホイ付いていったら、部屋で出されたコーヒー睡眠薬入りで、しかも用量が滅茶苦茶だったため三日ほど昏睡状態になった俺には、ヤンデレ嗜好の普及はなかなかきついものがある。

やばい!何か盛られた!」と直感して階下に居る彼女母親に助けを求めようと四つん這いになって部屋を出ようとした時、彼女に後ろから抱きつかれ、耳元で「なんで?なんでそっち行くの?」と何度もつぶやかれたのが原因で、未だに背後から抱きつかれると足がすくんでしまう。退院直前に妹が巫山戯てそれをやらかした時は失禁した挙げ句呼吸困難にまでなった(そして妹は両親からこっぴどく叱られ、俺は退院が少し伸びた)。ちなみに、その後の家宅捜索でロープやオモチャの手錠、ナイフ、どこで手に入れたか合法ドラッグのような物も見つかったそうな。何するつもりだったんだか。

いやほんときつよ。完全無防備な状態で、好意を寄せている相手から唐突に命を脅かされるっつーのは。

ただ、ヤンデレ女の恐怖を描いたフィクション作品なんかを読むと心が落ち着く俺がいる。何故だろ。

2010-01-30

かつてない電池オナニー

増田の皆様、小寒い週末いかがお過ごしでしょうか?

このたびマジすごいオナニーの方法を発見いたしましたのでご報告いたします。

  1. 今すぐに9Vの電池を買ってくる
  2. 椅子などリラックスできるところに腰掛ける(この時裸になってもいい)
  3. 電池を縦に持ち、突起が二つ並んでいる所を上にする
  4. 深呼吸してリラックする ←超重要!!
  5. 2つの突起を舐める

これだけで完了です。

一種の合法ドラッグみたいなもので今までのオナニーオナホとは次元が違います。

形容するとすれば、前立腺刺激のドライオナニーに近い快感が得られます。

男性の何十倍もの快感が得られると言われている女性のイク状態が、ナメている間中続くそんな感じです。

普通オナニーとはおさらばです。俺はもう3ヶ月はチンカス付きトイレットペーパーを便所に流していません。


よかったら、試してみた感想を下さい。

2008-12-27

http://anond.hatelabo.jp/20081227004055

日頃から偽善するチャンスがあったらありがとうっていう合法ドラッグを率先してもらいに行っちゃうタイプなんだけどさー

俺、自転車のチェーンはめるのはムリだわ

やり方わかんない

素手だとさらに

2008-10-04

ネズミーランド

 家の近所という事もあって、休日電車に乗ればネズミーランドに向かう人でごった返していて、帰りはネズミーランドに毒されて帰ってきた男女が、ネズミの耳を付けて電車に乗っています。

 家から近いのに余り行かないネズミーランド。わざわざ新幹線に乗って毎週通っている学生時代の友人は「もったいない!」と、言われるけど、今まで5回位しか行った事がありません。うち2回は小中学校の時の遠足でした。

 行かないのには理由があって、余りいい思い出がないから。

 小さかった頃、家の近くにディズニーランドが出来たからと、両親がわざわざ連れて行ってくれた時、お城のアトラクションで「誰か参加したい人はいるかな?」と、お姉さんが優しく声をかけてくれました。まだ子供だった私は直ぐに手を挙げました。私以外はみんな大人だったので、みんな私に順番を譲ろうとしてくれたのか誰も手を挙げなかったので、私は必然的に私が参加出来るんだと、思ったら、お姉さんはちらっと私を見て「じゃ…そこのお兄さん」と、全く違う人を指名。私は参加出来ませんでした。

 密林を行く船に乗ったら、髪の毛も長くてスカートをはいてる私に向かって「気をつけないと、槍が僕の頭に刺さっちゃうよ!」とか「坊やさらわれちゃうかもね!」と、母親が何度も女の子ですと言っても聞き入れず、最後まで男の子扱い。

 小学校遠足の時は、アトラクションネズミーランド人生全てを捧げてしまったと思われる男の人が、甲高い声で「やっぱり平日のネズミーランドは最高だね!君は好き?僕はネズミがいちばん好き!」と、聞いても居ない事を話しかけられ、10分以上ネズミ話をされました。

 その後、乗った宇宙船が、私と友達、後は相撲取りというなんだか凄い宇宙船体重が重すぎて、修理工場に行きそうになってしまったり…。

 恋人が出来てデートで渋々言った時は、象が突然止まってしまい、1時間近く見せ物状態だったり。リスふたり組にがっちり両腕捕まれて、拉致されそうになったり。

 あまりいい思い出がありません。あそこには合法ドラッグ空気が流れていて、みんなハイになって帰るんだよと、友達にいわれた事があったけど、ほんとうにそうなのかも。多分、今日も夕方の電車に乗ったら…ネズミだらけだな…。