「クラウドファンディング」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クラウドファンディングとは

2017-05-20

http://anond.hatelabo.jp/20170520004714

インターネット時代クリエイティブ流入が遅かったのに対して、

Windowsフリーウェア文化OSのしょっぱさを補うために花開くのが早かったし、作者も承認を満たせた世界だった。

AVIUtlなど一強のアプリもたくさんあったし、そういう怪しい魅力の中でみんな納得してたように思う。

そっから元々存在したLinux近辺のOSSが有名になり、Firefoxで一躍ブレイクした。

この辺からソフトウェア作者に向かって「クソアプリケーション」などと放言する輩が増えたように感じる。

もっと最初フリーウェア時代からカンパウェアなる存在は多出していて、今で言うクラウドファンディング文化は元々あった。

2017-05-10

ベンチャーからって言うけどさ

最近いろいろと問題を起こしていて、一部で炎上している某ベンチャー起業について。界隈の人たちはベンチャーからって大目に見ろというけどさ、あそこはビジネスモデルベンチャーであって、tech系ものづくりベンチャーではないよね。

tech系ものづくりベンチャーってのは、本当に研究開発レベルプロダクトを失敗することも含めて開発しようとしているところで、イメージで言えばHoloLensみたいなものを高額で販売するようなことだよね。もちろんHoloLensの場合Microsoftベンチャーではないけれども。Kickstarter等のクラウドファンディングお金を出している人たちも新しいもの成功応援したいのであって、まぁうまくいかないこともある程度折り込み済みで投資してると思う。そういうベンチャーが失敗しても、みんな怒りはするかもしれないけど、ま、なかなか難しいよねって思うところもある。だからこそベンチャーなわけで。

ビジネスモデルベンチャーってのは、既存のものの組み合わせで安く販売したり、または高付加価値をつけるビジネスモデルベンチャーだよね。

たとえば、あなたの家の玄関まで本日中に伝書鳩が本を配送します、というベンチャー起業を仮に考えてみましょう。伝書鳩というのもあるし、本というもの既存商品だし、宅配便という流通モデル既存産業なんだけど、それらを組み合わせることで、伝書鳩による人件費の削減と高速な配達を実現しますというベンチャー

で、実際にやってみると到着率が20%でした、届いた本も鳥のフンでボロボロでした、というのが発生したら、そりゃユーザーは怒るよね。

で、それに対してベンチャーなので大目にみてくださいと言われても、そもそもこの企業伝書鳩の育成に対する技術をもっているわけではないのだから、待ったところで現状の問題改善できないし、つまりはこのビジネスモデルベンチャービジネスモデルは失敗でしたという結論しかならない。

それを技術解決するtech系ものづくりベンチャー言い訳引用されても、いや、それを改善する技術おたくにはないですよね?以外の感想はないんだよね、実際。

日本人ベンチャーに厳しいうんぬんは、このあたりの仕分けをせずに言うべきじゃないよね。批判する人も擁護する人も。とはいえ、たぶんビジネスモデルとしては失敗だと思うので、みんなの批判ネットイナゴがうんぬんと思わずに、真面目に受け取った方が良いと思います

こちらからは以上です

2017-05-06

クラウドファンディングって普通に予約販売だよね

https://www.makuake.com/project/skulllism/

とか50万円が目標とかってw。こういうのを、満足感重視で買う人、ほんと羨ましいわ。

とくにMakuake最近通販サイトとしてしか見れなくなってる。

2017-05-05

しろあずきクラウドファンディング募集って記事を見たんだが、なんだかこの手の売り方だけが巧い人増えたな。

よっぴーはあの人柄あってこそのよっぴーだけど、もう売るだけしか考えてない、ネタ切り売しかない人たちの論理化しにくい浅ましさというか。

何が悪いんだと開き直られると、まあ別に悪くないよねっていうモヤ感。東村アキコ峰なゆか的なペラい感じというか。

いや実際東村アキコ峰なゆか生き方としては頭いいと思うんだよ。ただもう決定的にペラい。

売り方だけ巧いのが中身ですって言っとけば通るのかな、今頃は。

2017-05-01

http://anond.hatelabo.jp/20170429020510

成功してるクラウドファンディングとか調べたり、

宣伝ノウハウ研究したりしたの?

知人はまさにできてないものクラウドファンディング成功したばかりだけど

動画を適宜アップしたり、周囲に宣伝を頼んだりしてたよ

そういうことしたんだろうか?

http://anond.hatelabo.jp/20170429020510

というか、クラウドファンディングって、もう出来ている商品の予約販売だろ、実質。

そういう現実を知らずに始めるとこういうことになる。

まして、ああああああ、とか、いやああああ、とかちょっと品性にかける文章も集まりにくいと思う。

基本、善意が集まるものからギャグはもともとそぐわないのよね。いい話系のほうが広がる。

良い授業料ということで。

2017-04-30

クラウドファンディング成功した例をマスコミが取り上げる度に

「なんだもう有名な人じゃん……」という気分で見ていた。

まあ、語るまでもないよくある話。可視化されてよござんした。

2017-04-29

ヤフオク違法出品を削除しない

クラウドファンディングでまだ発売されてないやつ

あの漫画家トラバ反論してるみたいだけど(?)

自分プライドがあって、前例固執して間違った努力を続けるタイプ典型なんだよなあ。

いや俺は間違ってないし俺が売れないのはおかしい、みたいなものを感じるんだよ。

事実出版経由では売れない人間だったが、在野のクラウドファンディングでは売れると思い込んでたわけじゃん。

普通に考えたら商業でだめなら在野ではなおさらだめと考えると思うんだよな。自分ひとりで商売するんだから

そういう行動になる背景には自惚れがあったんじゃないか邪推してしまうんだよな。あの頑なさだと。

http://anond.hatelabo.jp/20170429020510

こういうのは作りたいものの試作品がないと駄目なんだよ

その新作とやらのさわりの部分を一番目立つところに貼らないとな

要は増田募集から具体性を感じられない

クラウドファンディングってとんずら持ち逃げが多いか

「なんか妄言臭いな」と少しでも感じたら出資者はすぐ逃げるんだ

知らないおっさんの顔を始めにデカデカと見せられた時点で興醒めだし

その後の流れは僕って面白い人なんですよ〜という冗長自己紹介しか感じられないか

現行の増田クラウドファンディングのページじゃブラウザバックしたくてたまらなくなるわ

とりあえず新作の説明をしてる部分を一番始めに持ってきて、そして自己紹介もっと簡潔にしろ

それからクラウドファンディングって出資者にリターンがあって成立つものから出資者限定のグッズとかつけたほうがいい

あと人から金もらおうとしてるんだから文末にwとかなりけりとか「ッ!」とかつけないほうがいいよ

つかなんだよ増田記事最後のでかい文字

そんなこと覚えてCSSいじってる暇あったら新作描いて見せてくれよ

クラウドファンディングなんてやるんじゃなかった

売れないマンガ家を 18 年やった。連載も無くなった。金もない。

クラウドファンディングをやってみたけど、1000 円出してくれる人が 20 人にも届かない。

 

『浅倉家騒動記』の桝田道也が城擬人化マンガ新作を描きたい!松江城を! - FAAVO島根

https://faavo.jp/shimane/project/1801

 

もうどうしようもない。おわった。

まさに阪神本拠地だ。

 

 

 

 

 

 

 

乞う支援、窮状。

2017-04-09

カネの使い方がわからない

文化資本不足だと思うんだけど、ガキのころにマネー勉強を受けてない。たしかに。

経済学は寝てた。

10年ぶりくらいにマトモに通帳を見返してみたら貯金が8桁目前くらいはあった。

資産運用して増やすことに関心が無いわけではないが、増やしてどうするんだ?

というビジョンもなしに始めるモチベーションはない。減ったらこわいし。

平均すると1年あたり60万円くらい貯金が増えてるんだけど、

これってつまり年収マイナス60万円しても生きていけるってことだよね・・。

ボーナスいらないか残業しない労使契約ってできないのかなー

自分の中では、生活するうえでカネに困っている感覚はなくて、

しろ使いすぎだろ・・という自覚もあるんだけども、

世の中の人と見比べるとこれでも低収入・低消費に属するみたいだし、

なんか金銭感覚がズレてるみたいだ。

みんな浪費しすぎじゃないの? おれがしてないだけなのか・・

みんな何にそんなカネ使ってるの?

貯金が常時ゼロの人とかいるけど謎なんだよなぁ。

女(三次元)かな。

趣味が無いわけではない。

自作PC → でも次のモデルとか、値下がってからでいいか・・壊れたわけじゃないし。と思っちゃう

ゲーム → やりたいソフトが2,3個以上あればハードは何でも買う感じだが放置気味。でもOculus買っちゃった。

旅行 → でも時間と気力が不足している。海外旅行も行ってみたい。

カメラ → ゲームが増えたので放置気味。でも、あまり使いもしないのにレンズ買うの無駄だよなって思っちゃう。あと時間と体力と気力不足

アニメ → 基本的に1回みればいいので円盤不要。というかモノが場所を取るのが嫌い。円盤以外のお布施手段が欲しい。

募金 → 趣味に入れるのもアレだが、たまにする。して忘れる。

食事基本的吉野家とかすた丼とかその辺だ。メシには関心が低めだと思うけど、うまいものはうまいことはわかる。

スシパックも割引の時間になるまで買いに行く気力が出ないし、安く買えるとわかっているのに高く買うのはもったいない

ビールは本物を飲むようにしてる。たまに偽者飲むとやっぱりダメだよなーと思う。まあ偽者に慣れてた時期もあるし、慣れればわからなくもできるんだけど。

あと、費用とは別で栄養価としての自炊をしなきゃなーと思う。あんまりできてないけど。やっぱり自分調理したモノのほうがうまい

服はたくさんあっても無駄だし場所を取るのが嫌なので、必要最低限で歳相応で無難でみすぼらしくなければそれでいい。

たとえば1万円以上のYシャツ価値が見出せない。

出不精だからこそ都内に住んだほうがいい。短い移動時間で遊びに行けるから。でも家賃高いの嫌なので駅徒歩長くて古いやつ。歩いたほうが健康だし。

クラウドファンディングちょっとした投資家気取りで上から目線で何回かお金出した。

コレが性に合ってるかもしれない。時間と労力を使わずにカネを出すだけで物見遊山だから

貯金削ってウェブサイト運営してるわかり手さんなんかも興味ある。

会社辞めても死なない蓄えは必要精神衛生的に。辞める気もないけど。

やってみたいことはあるけども冒険するには心もとない貯金だよなと感じる。

書いてて思ったけどやっぱり自分必要なのは時間の使い方と計画性かも。

自分の中で時間価値に対する評価が低いよね。

もうトシなんだから時間価値をアゲていかないとアカン感じはする。危機感不足だけど。

たぶんADHDなせいか、そこが弱いんだよなぁ。そこんとこクリティカルパスぽいので解決するのが最優先か。

2017-04-06

UbuntuがやっとUnityをすててGnomeにするらしい

遅きに失した感というより、クラウドファンディング失敗時点で見切りをつけてほしかった。

http://gigazine.net/news/20170406-ubuntu-give-up-unity/

2017-04-05

プロブロガーパリに行くらしい

就活で40社落ちた某ファッションブロガーパリに行くためにクラウドファンディングに挑戦中らしい。

別に甘かろうと甘くなかろうとどうでもいいのだが、少し言いたいことがあるからこうやって書いている。

お前の挑戦には賛否両論あるが、お前は否定的意見に対してあまりにも無頓着すぎじゃねーか。

気にして病めと言っているわけじゃないが、良くも悪くも意見している人間はお前に興味があるんだよ。

なのにあからさまに「否定的意見は聞く気がありません」みたいな態度。

お前はこれから、いろんな人に叩かれていくんだ。そう考えると受け流すスキル必要かもしれないが、それじゃ誰も協力したくなくなるわ。

誰とも関わらずに、ブログで思いをただ書き殴って金稼ぎたいわけじゃねーだろ?

ブログあくまでお前の夢をサポートするツールだろ?

そのうち仕事とかでリアル人間と関わることだってたくさん出てくるはずだ。

いろんな人に支えられないとどんな仕事だって成り立たねーんだよ。

否定的意見が正しいかどうかはこの際どうでもいい。

だけどさ、お前のことを見てる人間に対してあまりにも不誠実だ。

プロになりてーんだろ?

だったらせめて「こいつは甘ちゃんだけど応援したくなるわ」って思わせるような態度取れや。

それと某ぽっちゃり板前

お前もだが、正論をそのまんまぶつけるとかホント馬鹿

正論は正しいけど、それをそのまんま、感情のまんまぶつけて、別の誰か傷つけて。

伝え方を考えろ。あれはあまりにも公開処刑だ。

お前のこの間のクラウドファンディング支援したが、ああいうことを感情的に言ってしまうのはあまりにも浅はかだ。

正直俺はお金を返してほしいと思ったくらいだ。

正しくないことを正しいと言ったり、適当に濁せと言っているわけではない。

ただ、お前は人と関わって生きていくんだろ?

なのにああいう言い方をしていたら、伝わるものも伝わらなくなるから、まわりまわってお前を応援する人間が減っていくんだよ?

お前らの踏み出す能力純粋に感心するが、対人間のとやりとりが下手くそすぎ。

http://anond.hatelabo.jp/20170405133905

最初商品を作って在庫を抱えて売り出すと、売れ残りリスクがある。

けれど、クラウドファンディングによって最初に注文数を確定できれば、

注文数+予備分だけ作ればよいので、在庫リスクが無くなる。

やってることは昔からある予約販売に過ぎないのだけど、

クラウドファンディングで売るというとかっこよく見えるので、

参入者がどっと増えた感がある。

2017-03-23

http://anond.hatelabo.jp/20170323091108

あくまスポンサーあっての商売からねぇ。

クリエイター趣味に金出してる訳じゃないし。

そういうしがらみ無くすためにクラウドファンディング資金集めたウルトラマンの新作!とか、観てみたい気はするw

でもモノ作りあるあるだと思うんだけど、いろいろ制限無くなったら逆につまらなくなった、とかもありそうだな。

2017-03-22

クラウドファンディングでラクラク小遣い稼ぎ!

https://camp-fire.jp/projects/view/22942

これ、どこからどう見ても海外サイトで「Mini TWS K2 Twins」とかの名前で売ってるやつなんやけど。

今見たら66人が買ってるけど、元値が20ドルちょっとから、3,900円で売って、日本語マニュアル作る手間とか送料とか考えてもそこそこ金になるな!

発送も遅くていいから、先に仕入れなくていいし。

リスクを取らずに儲けられる。

この商売はいいな!

昔、ヤフオクとかアマゾンとかでAliexpressで仕入れ商品を売って小銭稼いだことあるけど、今からやるならこれやな!

先に仕入れリスクがないというのは凄い!

というか、金欲しいからやるわ!まじで!

2017-03-20

食べられるものがない

カロリー減塩を考えると、野菜を中心としていか塩分少なめに仕上げるかが重要

でも調理時間のこと考えると(なるべく極小化したい)野菜ですらどうやって食べればいいかわからん

スーパーをぐるぐる回ってしまったぞ。良い運動。でも答えは出ないという。

  

そう言いながらもタンパク質を取る必要もあるし、健康的に食事を取るというのを突き詰めるといろいろ難しい。

COMPサイトを見たがそれ一つですべての食事を賄うという考えは危険だと思う。

ベースパスタはそれを使っていろいろ調理するのね。これのお米版出してほしい。

日本人なら米粒を前提にした食のあり方は誰でもわかるので応用しやすい。

クラウドファンディングBase Riceとか出てこないかな。

2017-02-27

マニラ近郊のゴミ山が都市鉱山に化ける

クラウドファンディングを使って、ゴミの山に暮らす子どもたちの福祉にも、環境浄化にも役立ちそう。

そのスジの技術に腕が鳴る方、語学国際感覚をお持ちなのにリストラされてしまった方、分野は違えどNPO的な何かをされたい方、などにご検討していただけたら、、

日本諏訪湖だと、金鉱なみの濃度で金を採れるらしいですよね、半導体生産の廃液が集まったゆえ。古い電子機器ほど、金の含有率が高いらしいですし。

2017-02-08

ネト充のススメ ってういうマンガ いつか続きを書いてくれ

読み始めたらいいところで終わっていた

作者は画力も話作りもうまい

PNデビューしたりしていそうだが

いつか、どこかで作品を完結してほしいと思う

頼むー

頼むー

クラウドファンディングとかしてくれてもいいんだぜ

2017-01-25

西野亮廣という怪物のたおしか

吉本興業所属するお笑い芸人キングコング西野亮廣氏の界隈が燃えている。

彼がプロデュースした絵本えんとつ町のプペル」についてである最近西野氏は声優明坂聡美を名指しで吊し上げたり、

公開番組に呼び出して晒し者にしようとする活動に熱心だ。

声優ファン諸氏はさぞ忸怩たる思いを抱えていることだろう。

この状況を指して漫画家ヒラコーは、

“みんなが憎悪の心を消して一斉に西の人関係ツイートを消し

今後一切どんな炎上挑発をしても相手にしなければ

勝手に枯死するタイプ妖怪なのだ

みんなの心が一つにならないと倒せないのだ

すっげえつええなこ妖怪

平野耕太 (@hiranokohta) 2017年1月21日

表現した。

しか批判的にであっても西野氏を話題にすることで、「えんとつ町のプペル」にはパブリシティ効果が生まれしまい、

それは西野氏を経済的に利することになる。吉本興業という大企業に守られた彼の立場もまた安泰だ。

だがそれは、あくまでも客観的に見た状況にすぎない。

西野氏が経済的利益目的にしているのなら、彼に対する対処は確かに大変に難しい。

しかし、彼が本当に求めているのは金銭ではない。

金銭メリットで見た場合西野氏にとって、ましてや吉本興業にとって、絵本の売上やクラウドファンディングから

上がる利益はそれほど莫大とは言えない。

彼がお笑い芸人タレントとして積み上げていくであろう利益と、繰り返される騒動の中で生まれた彼に対する面倒くさ

そうなイメージ、負の印象がもたらす長期的不利益を天秤にかければ、収支としてはマイナスも大きい。

最近コンプライアンス芸人教育に神経をとがらせている吉本からしてみれば、ほどほどにしておけよ、いい加減にしろよ、

という案件しか無い。

それでもなお西野氏がこの道を邁進するのは、彼が欲するのが金銭ではないからだ。

西野亮廣という妖怪一言で分類するなら、肥大化した虚栄心の化物である

彼が焦がれるほどに欲しているのは、知的ウィットに富んだ、唯一無二の優れた芸術家という他者から評価と喝采なのだ

西野氏の対応は常に後手後手で、その時々に批判された内容に愚直なまでに対応している。

無料公開で広告収益をあげていると言われれば寄付を発表するし、外注イラストレーターたちの処遇批判されれば特別

ボーナスを出すと吹聴する。

西野氏が本当にビジネスとして割り切って炎上を狙っているのであれば、ここまで右往左往する必要などないのだ。

それほどに彼は、小銭稼ぎに長けた絵本商売人、と見られることを恐れている。

西野氏が明坂聡美槍玉に挙げたのは、マウントを取る相手として手頃だった…ということもあるだろうが、一番大きい理由

彼女が「無料公開の是非」にフォーカスしてくれたことだ。

その点に論点が向かう限り、革新的ビジネスに挑戦するアーティストと、旧態依然とした者たちの無理解の戦いという図式

自身を落とし込めるのである

では彼が向かってほしくない方向がどちらかは明らかで、

クラウドファンディングという他人の金で、

外注で安く叩いた他人技術で、

作り上げた成果を持って世のクリエイター、購買者を「金の奴隷」と嘲った西野亮廣尊大さ、あさましさの是非を問われる

ことを彼は一番恐れているのである

彼の手元に何千万か残ったところで、絵本商売人がアーティスト搾取してうまいこと稼ぎましたね、という評価では西野

肥大しきった自意識は満たされない。

「なんだ、偉そうなこと言って自分で描いてないんじゃん」

「金の奴隷はお前じゃん。いや奴隷使いかw」

といった個々の評価は、ダメージを与えている手応えはないかもしれないが、エゴサに余念のない西野氏にはちゃんと届いている。

西野氏の自意識が、勝手に彼を弱らせてくれる。

彼がエゴサーチ自身への賞賛リツイートしまくっている様子を見てご覧なさい。

余裕がある人間あん必死なこと、しませんよ。

絵に対する勘違い

絵について勘違いがあるので指摘したい。

この町の風景単体で作品としての価値があるかというと、私はそうは思わない。

ブレードランナー」みたいな町を、「千と千尋の神隠し」みたいな色彩で味付けしただけと私は思った。

イラレの絵はゲームならテキストを引き立て、ラノベならキャラを引きたてなければならない。

ところが六七質氏の場合以前クラウドファンディングが有名になる前からパトロン募集して描いていたJohnHathway(※日本人

と同じ方式で絵を描いていた時期があり、そんな意味ではイラレではなく画家だ。画家は絵がメインでほかはサブになる。

一枚絵で納得させる美味しんぼでいうところのぜんざいテイストがあったと言ってもいい。

しかし、それでも他の絵本を覗いてみると、絵本の絵で完全に連続している絵が描けている人のほうが少ない。

しろ同じような絵柄で同じように描いている人のほうが圧倒多数だ。当たり前だ。漫画ではないのだから

まして六七質さんの場合あい形式の絵が元々多く、人選を誤ったという言い方もある。

JohnHathwayが何を描いてもJohnHathwayであるように、六七質さんもそういう人だ。

絵本としてはうるさい」ということなら話は納得できる。

またブレードランナーと言うよりシド・ミードフォロワーというべきだ。

しかシド・ミードフォローしているのはむしろ海外エンキ・ビラルや台頭してきた韓国中国イラレ

(例えばファン・ジウ、ジョンフェングアなど)

であり、薄暗さが強調されずに光がきらびやかな六七質さんの絵の評としては全然正しくない。

あの人の文脈は2009~2011年ころに流行った巨大建築物系のイラスト黎明期のもの

それをかなり前のシド・ミードと直接関連付けるのは乱暴過ぎる。

何より氏の作品は元々香港台湾から着想を得たという点でジブリに近いものだ。

http://anond.hatelabo.jp/20170123040505

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん