2014年06月02日の日記

2014-06-02

http://anond.hatelabo.jp/20140602235131

女の子になってアヘアヘ言わされる妄想オナニーしている男の子

同じくらいの数居ると思うから

探して出会いなさい

折原家は鍛冶師の家系である

失伝してしまったヒヒイロカネの再現が折原家の悲願であった。

しかし、十六代目まで世代を重ねても何ひとつ成果を出せなかった。

当時の当主、折原直継はヒヒイロカネ実在を疑い、探求を諦めるようかと迷っていた。

ところがある日、直継の夢の中に稲荷大明神が現れてひとつの預言を伝えた。

近く生まれる直継の娘が悲願を達成するというものである

直継はそれを信じた。

数年後、直継とその妻である由美子の間に女児が生まれた。

直継は稲荷大明神に敬意を払って狐の鳴き声から、その女児に「紺 (こん)」と名付けた。

当時の鍛冶師は神職の一種で女性が携わることは出来ないのが建前であったので、表向きは男児として扱った。

紺は確かに優秀であった。

そして紺が二十歳のときにはヒヒイロカネ性質に近い金属の精製に成功さえした。

その金属はヒヒオルカネと名付けられ、大戦中は重用されたという。

だが、そこから研究が停滞してしまった。

大戦後は物資が不足したということと、直継が戦火に巻き込まれて死亡したかである

再び研究が進展したのは紺が婿を迎えたときであった。

婿は海産物研究家であったのだが、海水の成分についての成果が合金の精製に応用できると気付いたかである

そして更に十年、ついにヒヒイロカネが完成した。

いや、ヒヒイロカネよりも更に優れた金属であった。

世間では「折原紺のヒヒイロカネ」と呼ばれた。

いつしかその金属は単に折原紺と呼ばれるようになった。

それがオリハルコン語源である

擬似男性

女だけどオナニーする時は膣ではなく陰核を使う。

オカズは男女ものAVレンタルとか出来ないんで動画サイトで)

脳内では私は男になって女の子とよろしくやってる。

男のオナニーとほぼ同じだと思う。触ってるものが違うってだけで。

膣でした事ない。っていうか処女だ。

ご察しの通り恋愛経験0の喪女男性器にも触れた事はない。

だけど恋愛対象は男。

人並みに男性の事好きになった事あるし彼氏欲しいし結婚願望もある。

ただセックス出来るかはものすごく不安だ。

脳内では男になって女の子アヘアヘいわせるのが好きなのに、自分が突っ込まれて気持ち良くなれるんだろうか。

そして私みたいな女性は居るのかな。居ないんだったらやっぱり自分は異常なんだって事を自覚しようと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20140602141538

自分の周りの人間だけで、「日本人」を判断するような人間の方がよほど面倒くさい。

今後、この人の母親は、自分の周りの朝鮮人の行動だけで、朝鮮人全てを判断してる人を見かけても「レイシスト」と批判する権利放棄したってことで良いね

特定文字列を本文に含む記事を表示しない

ハテブの人気エントリーで、

"イケダハヤト"を本文に含む記事を表示しない、って設定したいんだけど

その機能が見つけられなかった。

あと虚構新聞も表示させたくない。

どうしたらいいのかな。

http://anond.hatelabo.jp/20140602213729

nanapiLIGカヤックのどれか。家入の手を離れたペーパーボーイは無いだろうし多分はてなは受けても落ちる。参謀本部だったら笑うw

祖母の話を書こうかと思う

長いし、ただただ書き留めておきたいだけの自己満足だ。

両親が共働きでおばあちゃん子だった。おばあちゃんに孫は自分を入れて4人いたが、一番下で他の孫と年齢が離れていることもあって自分が一番可愛がられた。

であるおじいちゃんは、自分が5歳の時に亡くなった。

本当に溺愛という言葉が正しく、同じ家に住んでいるのに、少しでも自分の姿が見えないと探しに来た。10分離れると不安だったのだろう。

高校時代受験勉強(という名のただの夜更かし)をしているときも、1時や2時に起きてきて「えらいねぇ。まだ寝ない?」と聞いてきた。

そのたびに「まだ。もうちょっと。」と言ってあしらっていた。

あるとき夜遅く帰ると、家の近くでずっと立って待っていた。

近所でも有名になるぐらい、自分のことを溺愛していた。

高校卒業し、浪人した。この時に実家を出て、予備校の寮に入って祖母との同居から離れた。

18年片時も離れず育てた孫がある日突然出て行くのだ。寂しかったのだと思う。もちろん電話が頻繁にかかってきた。

2、3日に1度というペースで、かかってきて、いつも決まって同じことを言った。

「次はいつ帰って来るんよ?カレンダー見ながら指折り数えてるんよ。はよ帰ってきて。」

寂しいことはわかっていたが、毎週末帰るわけにいかない。

「まだわからんよ。また分かったら電話するから。」

するとだんだん電話の頻度が多くなってきた。言われることはいつもと一緒。

「次はいつ帰って来るんよ?はよ帰ってきて。」

ある時、少しだけ反発をした。

「昨日も電話したやん。同じことばっかり言われてもすぐ帰れんよ!」

ちょっと強めに言ってしまった。少し後悔した。その瞬間、思いもよらぬことを言われた。

「昨日電話したけ?そうやったかなぁ・・・。」



あとで母親に聞いたところ、自分が家を出てから物忘れが加速しているのだそうだ。

財布を家の中で失くしたり、ご飯をたべたことを忘れてしまったりと日常生活に支障をきたし始めていた。

ショックだった。祖母は働き者で、両親が働いていて居ない間はご飯を作ったり塾への送り迎えをしたり、常に動いている人だった。

自分が家を出てから、世話をする人がいなくなり、昼間にずっと寝る生活になったのだという。

自分が家に居たら。そう思った。


だんだん痴呆が進んでいった。

1年と少し経つ頃には介護必要な状態になった。

母親介護をしていたのだが、痴呆改善することはない。

悪化するばかりで、母親が消耗していった。

電話越しで母親が「もう限界…」と呟いた。

母親は長女で自分が面倒を見なければという正義感が強かった。

だがもう限界をとっくに超えていたのだろうと思う。

夜も満足に眠れず、昼間も祖母が気になって仕事からちょくちょく家に見に帰っていた。

ある日母親決断をし、祖母を介護施設に入れた。

家族はそれに賛成したし、もちろん僕も賛成した。

自分実家から遠く離れた大学に進学したので帰るのは半年に1度程度だった。

その頃には自分のことは忘れられていた。

おまん、誰よ?」

自分は○◯やで。あなたの孫よ。」

「そうやったかなぁ。もう忘れてもて誰が誰かわからんわ。」

実家に帰るたびに辛い時間を過ごした。

辛かった。けれど祖母が育ててくれたことに対する感謝の気持ちがあったので、帰ってきた時は毎日のように会いに行った。


大学4年のある日の朝に夢に祖母が出てきた。

白いぼんやりとした、もやもやしたものの中に祖母が立っていた。

はっきりと「もう長くないんよ。」と言った。

ハッとして起きた。嫌な胸騒ぎがした。しかしその時期は大学研究発表会が近づいており、こんな夢を見ることもあるだろうと思い大学に向かった。

夜8時を超えたぐらいだったと思う。父親から電話がかかってきた。嫌な予感がした。

当たった。

「もう今晩がヤマらしい。」

聞いた時は冷静だった。

「今すぐ帰るから、待ってるように言って。」

結局実家に帰る終電には間に合わず、朝いちの電車で帰ることになった。

それまでにいろんなことを考えた。もし自分が着く前に亡くなっていたら。

せめて自分が着くまで。今まで育ててもらった感謝の気持ちをまだ伝えてない。

恥ずかしさなんてこの際どうでもいい。どうか自分が着くまで。

その願いは叶った。

病室につくと、両親や親戚が集まっていた。意識はもうない。

無意識の中で人工呼吸器を手で取ろうとしていた。邪魔なのだろう。

母親は泣きながら「お願いやからとらんといて。お願いやから・・・

言葉にならないようなか細い声で懇願しながら、人工呼吸器を祖母の口に戻した。

そこにいる全員がその時は近いことを悟っていた。

だがもともと体力だけはあった祖母だ。そこから24時間保ち続けた。

そうなると疲労困憊なのは家族の方だ。

もともとその数日前から病院につきっきりの母は明らかに体力の限界だった。

自分が診てるから今晩は帰っていいよ。少しは寝て。」

そう言って母親を深夜12時ごろ帰した。

自分は祖母の手を握りながら、「頑張って。おじいちゃんが向こうで待ってるよ」と語り続けた。

いままでありがとう。こんなに立派に育ったよ。本当にありがとう感謝言葉を言い続けて手を握り続けた。

ギュッと握ったら、少しだけぎゅっと握り返してくれた。

生物学的な反射という行動なのかもしれないが、そんなことはどうでもいい。

きちんと感謝言葉を言うことが出来た。

朝5時過ぎた頃だったと思う。疲れたいたので少しうとうとしかけた所にお医者さんが入ってきた。

手首を触って脈をみる。

一言だけ言った。

「ご家族を呼んでください。」

意味がわからなかった。先生はその言葉を残して病室を出て行った。

「やめてくれ。一人にしないで。」と思ったが、することがあった。

実家電話すると母親が出た。

何を言えばいいのかわからなかった。

出た言葉は「来て。はやく。」

たったこれだけだったが、十分だった。

15分後母親をはじめとする家族が全員来た。

その中で眠るように祖母は逝った。


みんな泣いていたのだけは覚えている。

そこから2日ほどは様々な事務処理に追われてほとんど覚えていない。

祖母は元気な時から自分に言い続けていることがあった。

名前を継いで欲しい。」

祖母には娘が2人いるが、どちらも嫁に出たので祖母とは苗字が違う。

うちの地方ではよくあることだが、祖母の養子に入ることで名前を継げる。

自分は次男なので、事あるごとに名前を継いでほしいと言われていた。

祖母が亡くなる前に役所に書類を提出して、名前を継いだ。

不思議な気持ちだったが、自分の中でこれが一番の祖母への感謝を表す方法だと思ったからだった。

今では祖母の名前を継いだことを誇らしく思う。

何年生まれ、何年世代とか

マスコミカテゴライズしてネタにするならともかく

個人で気にする奴は何なんなの?俺たち優秀!俺たちスゲー!とか、そういうの?

同窓会幹事でもやってろ

今まで若い女がいいと思ってたけど、今日、同年代の女と話してたら、何というかホッとするというか、仲間意識というか、そんな不思議な親近感と安心感を感じた。

そういう女といることが幸せなのかもな。

若いだけの女は何だか違う気がしてきた。

http://anond.hatelabo.jp/20140602233323

いや俺マジでブログやってないから本当に86年生まれのナカーマ知りたいから教えてくだちい!!!

http://anond.hatelabo.jp/20140602231923

ごめん、ふぇいたさん85年生まれっぽい。

http://b.hatena.ne.jp/feita/20130719#bookmark-154729466

ズイショさんも85年の可能性が高いかも。



集え86年生まれ(自己申告OK)

UNIXってそういえば

おいらがエンジニアになった90年代頭にUNIXが商用で使われだしたんだけど、その時はまだメインフレームが強力な時代で、UNIXエンジニアは日陰者だった。

こんなの使える訳ないとか、おもちゃとかさんざん言われた。

偉そうなおじさん達が3270端末を使っている横で、xtermでemacsしこしこ使っていた。1280x1024のディスプレイは自慢だったけど。

それが今やレガシー扱いなわけだが、よく考えると当時のメインフレームはまだ20何歳だったわけで、今のUNIXより歴史がなかったわけだ。

なんだか感慨深い。

そういえば、当時数少ないUNIX本の「Life with UNIX」に、MacUNIXっぽいみたいな記述があったけど、本当にUNIXになるなんて当時誰が想像したんだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20140602102444

Aタイプ人間からすると、「ふーん。俺は大きさ求めてないからいらないな」系の発言は

「(俺が興味ある)他の話題について話そうぜ」か「俺それに興味無いからこのあとの会話に参加できないけどいいよね」という意図

発言してることが多いし、そこに上の増田みたいなタイプが居てくれると

「俺は興味ない話題に無理に返ししなくて済む」し「グループはそのまま会話が続く」ので助かる。

てかそもそもその元増田も「自分の」生活が豊かになると思ってテレビ買ったんでないの?

それに対して自分価値観で判断した結果を返すのがそんなに冷水浴びせる行為なんだろうか。

Bにだって買うまでに至った価値観があるんだから

それに基づいて「Aに知らなかった世界を教える」くらいの気概があってしかるべきだろうよ。

いちいちそんなことに目くじらたてて気分悪くするようなやつならこちらから願い下げ。

さっさと会話を切りたいから、俺はこれから

「ふーん。俺は大きさ求めてないからいらないな」系の発言を積極的に繰り返していきます

(一応TPOをわきまえはするが、自由な人間関係のなかでは、ね)

就職して7年。

ずっとお世話になっていた派遣先会社との契約が、近々派遣元会社の都合で切れることになった。

新しい会社に行けるように違うスキルを身につける必要がある。

父親が入院した。

いつも見てた猫ブログの猫が大病で手術することになって命が危険レベルらしい。

妹が結婚する。

自分は何も変わっていないし変わるつもりもなくても、周りがそれを許してくれない。

生保とか損保とか

なんであんな儲かるんだ?

86年生まれの有名人

俺が知ってるやつ。

ホンダ

ナガトモ

オカザキ

イケハヤ

わるこ

ズイショ

ふぇいタ

追加よろ。

君が大人になってくその季節が

くその季節が

に見えて一気にスカトロソングになった。俺の中で。

スカトロ同人きぼんぬ!!!!!!!!1

↑この字読めたお前ら全員変態な。

異論は認めない。

検索結果に著者が出てくるやつ

Google検索結果にググタスの

プロフィールがでてくるやつ。

Googleの偉い人が言った

オーソリティランクを真に受けて早速登録した、

にわかSEOアフィリエイター

サイトばかり出てくるので

目視

品質サイトを飛ばす

基準として最適な今日この頃

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん