「どぶろっく」を含む日記 RSS

はてなキーワード: どぶろっくとは

2018-10-31

GoogleAds出でるRICOH3D広告まじで死んで欲しい

RICOH 360 for Ad

これだ

https://360ad.ricoh/

これだ

 

スクロールできねーんだよお前

死ね

死ね

何度も思った

 

バツボタン押して消そうと思ったらタップ扱いになった

イライライ

どぶろっく入れるか

2015-04-17

FBメッセージをやり取り。

もうね、絶対に俺に気があると思う。これはどぶろっく勘違いじゃない。

どうしよう、嬉しいな。

2015-02-19

http://anond.hatelabo.jp/20140820015153

どぶろっく妄想で嘘っぱちだ、これは顰蹙買ってもしかたない、本気じゃないんだ冗談だ、と理解している

痴漢どぶろっくのような弁えがない

違いはこれだと思う

どぶろっく子どもが見てるテレビに出て来てほしくないけど

2014-11-04

いよいよついていけなくなった

エレキテル連合とかどぶろっく名前しか知らない、でもそれはまあいい、テレビ見ないからねーで済むから

でもインターネッ子としてヒカキンとかマックスむらいって人々の名前今日知ったのは流石に終わってね?

一方でやまもといちろう氏とかHagex氏のウォッチ記事に出てくる登場人物ほとんど知ってるんだよ

インターネッ子としても偏りすぎだよ、やばい

来年もっと心がきよらかないきものになりたい

2014-10-08

http://anond.hatelabo.jp/20141007213053

普通にストーカーな訳だが、ってマジレスしちゃいけないんだろうな

どぶろっく痴漢関係」を思い出した。ちとずれてるけど。

2014-09-23

http://anond.hatelabo.jp/20140923213541

ギャグメロディつけて歌詞にしてCD販売すればいいのでは

どぶろっくもしかしてだけど」というCDがあるので販売はもちろんメディア使用とカラオケ使用でも印税が入る

野良素人が真似した分までは無理だけど

2014-09-09

wryyyy1984のキャッシュまとめたよー

はてなから追い出されました - Togetterまとめ http://togetter.com/li/716876

だいたい8/30〜9/1あたりのキャッシュ

"wryyyy1984.hatenablog.com" - Google 検索 http://www.peeep.us/0c8355ab

躁鬱病人間はみんな青二才のようなバカではない - wryyyy1984’s blog http://www.peeep.us/e53f725b

はてなでいつも何かにキレている青二才さんの経歴が華々しかった件について - wryyyy1984’s blog http://www.peeep.us/286646f6

己の不幸・不遇に「誰をも納得させる特別さ」を求める気持ちについて - よく消える青二才増田の発掘保管場所 http://www.peeep.us/7373f7dd

青二才自分ブログが「明らかに数字と不相応な内容のブログ」だと思ってないらしい - よく消える青二才増田の発掘保管場所 http://www.peeep.us/51c9317c

ここまでの4つが私が書いた増田 - よく消える青二才増田の発掘保管場所 http://www.peeep.us/bf229400

それを愛と呼ぶべきではない クソと呼ぶべきだ - よく消える青二才増田の発掘保管場所 http://www.peeep.us/84cff9c4

0001炎上する人とどぶろっく関係 - よく消える青二才増田の発掘保管場所 http://www.peeep.us/881084e5

今後青二才へのツッコミはこちらのブログで行う - よく消える青二才増田の発掘保管場所 http://www.peeep.us/411fb11d

記事一覧 - wryyyy1984’s blog http://www.peeep.us/b27a0f74

このブログについて - wryyyy1984’s blog http://www.peeep.us/66339b92

はてなブックマーク - wryyyy1984 のブックマーク http://www.peeep.us/7e198196

ただのクソ粘着でした。30にもなってこうゆうことする男の人って……

2014-08-31

奥さんのいる、3つ年下の職場の先輩。

いつも優しい。

私だけでなく皆に優しい。


ある日退社する時最後の2人だったんだけど、小雨が降ってる中、門を閉めようとしたら

「いいよ、濡れるよ」と言って先輩が門を閉めてくれた。


時々勘違いしそうになる。


これ言ったら気持ち悪い思いをさせてしまうかな、とか

ひょっとすると、万が一恋が始まってしまったらどうしよう、とか思いながら、


「惚れてまうやろーーー!!!

って言いそうになるのを我慢してる。


もしかしてだけど、先輩は私の事気になってるけど既婚者だから自分からは誘えなくて、

から誘ってくるのを待ってるんじゃないかとか。


どぶろっくメロディーが頭の中で繰り返される。

2014-08-24

どぶろっく痴漢関係って

劇場版サウスパークのテレンス&フィリップみたいだねえ

Shut your fuckin face uncle fucker

2014-08-23

どぶろっく痴漢関係」を読んで、思ったこと

Love Piece Club - どぶろっく痴漢関係

http://www.lovepiececlub.com/lovecafe/mejirushi/2014/08/19/entry_005292.html

話題になっていたので読んだ。

とりあえず、流し読みされやすテキストだと思った。

タイトルタレント名前が入っているので、人は集めやすいだろう。

下ネタ芸人の“どぶろっく”と性犯罪代表格“痴漢”という組み合わせもいい。

週刊誌における下世話な見出しを想起させる。

だが、肝心のタレントの話は、後半にならないと始まらない。

前半は自身痴漢体験談と「なぜ痴漢痴漢をするのか」という話。

興味深い話ではあるが、下世話な話を期待している人間にははっきり言って退屈だ。

その結果、適当に流し読みされて、間違った解釈をされるハメになる。

的を外した反論などを受けることも少なくないらしい。

話題になったテキストには、よくあることだが……。

特に“膜”についての話が話題となっている。

田房氏曰く、

「彼らにとっては、自分が相手に加害を加えているというよりも、
自分世界自分の半径1メートルを覆う膜のようなものの中に、女の子が入ってきた、という感覚なんだ」

という。

意見としては面白いが、論拠に乏しい。

引用している書籍取材されている強姦加害者は1人だけで、ケースとしては不十分だ。

それ以外では筆者の経験取材を論拠としているが、自己完結の域を出ていない。

「感じ」「感じた」という仮説的表現を多用していることが、その印象をより強調する。

それでも妙に説得力が感じられるのは、筆者の秀でた表現力が故だろう。

連続して「あの感じ」を使用するくだりは、映画を思わせる迫力すら感じさせられた。

実にドラマチックである

続けて“どぶろっく”について。

痴漢加害者の思考を“膜”の論理自己完結した筆者は、

これをどぶろっくネタもしかしてだけど』と重ね合わせる。

ここで筆者は『もしかしてだけど』の例として、次の二つを挙げている。

電車で前に座ってる女が白目をむいて寝ているが、もしかして、俺の股間を見て失神したのではないか」
「夜道で前を歩いてた女が、こちらを振り返って急に歩くペースを速めた。もしかして、俺を招くために部屋を片付けたいんじゃないのか?」

もしかしてだけど』を観たことがある人なら分かると思うが、

ここで用いられているネタは『もしかしてだけど』の中でもかなりエグい。

これらのネタは、全体の後半で用いられることが多い。

ソフトな『もしかしてだけど』に飽きてきた観客に向けられたカンフル剤的な役割を果たすためだ。

それがメロディ歌声もない言葉だけの状態で表記されているのだから

どぶろっくを知らない人には印象が良くないだろう。

事実Twitterでは、どぶろっくを知らない数人の方々が不快感を示していた。

YouTube公式動画が公開されているから、URLで紹介しても良かったのではないだろうか。

https://www.youtube.com/watch?v=qj3bCb4a_9w

当然、それでも不快に感じる人はいるだろうが。

「そんなどぶろっくがこんなに老若男女に大人気なのは痴漢などの性犯罪に関する知識が日本の世の中に浸透していないことの表れである。」

“膜”の論理を用いて、筆者はどぶろっく人気をこのように評している。更に、

「「どぶろっくを笑う世界」には、痴漢などの性暴力存在しないことが前提になっている。
同じ世の中にそういった被害は実際にあるのに、その被害とどぶろっくは別々のもの認識されていて、
観ている人たちの中で、まったくつながっていない。」

と、どぶろっくを受け入れている世間に対して言及している。

今年の4月になって“膜”と『もしかしてだけど』を結び付けた人とは思えない。

自らのことを棚に上げて、よく言えたものだ。

そして筆者は、

性犯罪者のことを「異常者」「一生治らない病気」「性欲によるもの」と片付け、
社会全体で無視し、代わりに間違った認識だけを広めているためにその実態を知る機会がない。
つまり性犯罪というもの性犯罪被害者に対してもマトモに向き合ってないということである。
そして社会全体が「女性に対しての侮辱」に対して徹底的に鈍感なことが、どぶろっく流行を力強く支えている。」

結論付ける。

社会全体が「女性に対しての侮辱」に対して徹底的に鈍感」であることは否定しない。

が、その理由として、『もしかしてだけど』の流行だけを用いるのは、些か無理がある。

そもそも、

「例えば、お笑い芸人ギターを持って
「老人の家に孫のフリして電話して助けを求めてみたんだ もしかしてだけど 間違えて俺の口座に振り込んでくれるんじゃないの」
と歌っても、面白くないし不謹慎だしお笑いとして成立しない。
それは、「オレオレ詐欺」という犯罪が実際にあることをみんなが十分に知っていて、
その犯人はこういう発想で犯罪をしているということがパッとつながるからだ。
そして同時に「老人に対する侮辱」も感じ、不快な気持ちになる。」
女子中学生痴漢に遭って「マジ痴漢ってなんなの?! ムカつく!」と言いながら、
どぶろっくを見て笑っている、という状況は異常だと思う。」

などの記述から察するに、筆者は演芸に関してまったくの素人だ。

少なくとも、犯罪モチーフとしたネタは少なくない。

古典落語の分野を見ても、『穴泥』『置泥』『締め込み』『出来心』など、

泥棒主人公演目は数多く存在している。

現代若手芸人たちも、犯罪を取り扱ったネタを幾つも発表している。

例えばおぎやはぎは、「俺さぁ、結婚詐欺師になりたいんだよねェ」とのたまい、

結婚詐欺師になるための方法を二人で思案する漫才を作っている。

しかも彼らのネタの中では、かなり評価が高い)

筆者は立川談志は「落語は人の業の肯定である」と言ったことはご存じだろうか。

ことによると、毒蝮三太夫存在すら知らないのかもしれない。

女子中学生のくだりも同様だ。

痴漢経験したことによる恐怖と怒りを、笑いが超越する可能性を完全に無視している。

それが果たして異常だろうか。

我々は、我々が経験した哀しい経験を、世の中の全ての作品に反映しなくてはならないのか。

不幸にもそうなってしまった人もいるだろう。が、そうじゃない人もいるだろう。

そういう人たちは異常というのだろうか。

性犯罪者を異常と切り捨てる世間批判した、その口で。

痴漢に対して苛立ちを抱いていることは理解できる。

だが、その感情正当化させるために、“演芸”という他ジャンルを荒らすようなことをしてはいけない。

最後に、重箱の隅だが、

私も2008年どぶろっくの「男の妄想」芸を観たときから面白いと思って笑っていた。どぶろっくが好きだった。
だけど、2011年から痴漢に関し調べるようになり、今年の4月に「刑事司法ジェンダー」を読んで、
やっとどぶろっく自分が遭っていた痴漢被害がつながった。
10代の頃からあんなに痴漢に遭っていたのに、どぶろっくを観ただけでは分からなかった。

どぶろっくが好きだった」という人が、

「やっと」「どぶろっく自分が遭っていた痴漢被害がつながった」という表現を使うだろうか。

別にいいんだけど。

2014-08-22

http://anond.hatelabo.jp/20140820105714

どぶろっくを引き合いに出して語ってる内容が、営業妨害レベル迷惑さなんだよね。

主張の内容が間違ってない事とは関係が無い。

2014-08-21

http://anond.hatelabo.jp/20140820112928

どぶろっくというの見たことなから知らないんだけど、このお笑い面白さって痴漢に結びつくような危なさも含めてのものなんじゃないの。

このネタ面白いけどよく考えると危ないです不謹慎です、とかいうけどさ、危なくて不謹慎からこその面白さてのがあるのであって、問題提起必要みたいな人ってそういうことについてどう考えているの?

過剰に不安がり自分の身を守りたがる人達によって世の中がつまらなくなるのってすごく嫌なんだが。

http://anond.hatelabo.jp/20140820015153

どぶろっくは遥か昔にテレビでそういう芸を見たような気がする程度で

どぶろっくというコンビ名も完全に忘れてた(そもそも本当にこのコンビだったのかも分からん)程度の知識しかないけど

http://b.hatena.ne.jp/Sugaya/20140820#bookmark-219497121

記事後、どぶろっくの芸について論評している人が多いけれど、その大半が「どぶろっくは男の妄想を歌っている」止まりで、そのフリ→オチの構成に触れている人がいないのがちと切ない。単なる妄想じゃないのよ。

とあったので検索したら歌詞を見つけた(つか、歌詞サイト歌詞が載るような「歌」扱いなんだねこれ)

もしかしてだけど

http://j-lyric.net/artist/a053444/l02cf0e.html

新・もしかしてだけど

http://j-lyric.net/artist/a053444/l02f199.html

前者はまだいいけど、後者は「女性誌はエッチ記事だと売り上げが上がる」と言う事実提示し出す辺り、

ただの根拠もない妄想で終わってる感じがしない。

もしかしてだけど~じゃないの」の繰り返しだけで終わってれば「ねーよwwww」とも言えるけども

そこに事実が混じると「ねーよwwww」とは言えなくなり、「それまでの内容も全部事実だと思ってるんじゃないのか」と言うリアリティが生じて、怖い。

上のブコメはこれの事を言ってるんだろうか?

2014-08-20

命題:田房永子に性欲はあるか

膜とか男からしたらわけわかんない妄想産物をつくりだしたり、関係の無いどぶろっくを引き合いに出したり、めちゃめちゃな田房永子に果たして性欲はあるのか否か。

http://anond.hatelabo.jp/20140820015153

ブコメには書きにくかったが、痴漢する男には2種類あって、一つはどうしようも無い性衝動に突き動かされてる。その性衝動コントロールできないやつ

もう一つは冷静に犯罪にならない相手、シチュエーションを狙ってるやつ。

どちらも「どぶろっく痴漢」に書いている「痴漢してもオーケーな膜」みたいなものを感じてるわけじゃない。

http://anond.hatelabo.jp/20140820015153

どぶろっくの歌は「女性性的主体的である、と解釈する男の歌」である

それは違う。正しくは

女性性的主体的を持つとき、それはそれを観察する個々の男性妄想合致したものであり、つまり女性主体性とは男にとって都合の良いものである、と解釈する男の歌」

だ。私は女性だが、彼らの芸は見ていて気分の良いものではない。

http://anond.hatelabo.jp/20140820015153

とても微妙問題を提起していると思った。

元増田の論点に乗れば、確かに、解釈(妄想)と実行のあいだには無限の距離があって、エロい妄想をするということ自体性犯罪の予備軍扱いするなら、共感は得られない。

だけど、今回のテーマは個人の解釈に留まるものではなくて、解釈する共同体(お笑い鑑賞)に矛先が向かっている。

自分どぶろっくというのは知らないから確信もって話せないけど、要約から察するかぎりは、たんに女性の振る舞いを性的解釈するだけでなく、その解釈をアイロニカルに提示することで笑いを誘っているのだろう。

これを鑑賞するひとはどういう考えを内面化するか? と言うと、ひとつには、この種の妄想家の愚かしさを相対的に眺めることができるようになるから男性妄想けん制する役割を果たすかもしれない。

しかアイロニー効果は、たんにその対象を相対化するだけじゃなくて、保存しもする。つまり、「こういうひとって馬鹿でしょ、でも世の中そういうもんなのよね」っていう。アイロニーメタ的な目線から

それだけじゃなくて、この笑いが描く女性は、対象としてしか登場しない。元増田性的主体として現れている(からこれを否定すると女性性的主体性のもの否定するんじゃないか)と書いてるけど、妄想のなかで男の性的欲望に照らして解釈されている女性が「主体的」だなんて(そしてそれを否定したら主体性のものが消えてしまうなんて)、まさか元増田も本気で書いているわけじゃないだろう。

ましてこの笑いにはその妄想嫌悪なり拒絶なりで反応する女性がお仕舞いに現れるわけでもない。自滅する振りをする男芸で閉じていると言っていい。

そういうわけで、自分としては、性差別的な状況を容認するような笑いだと思う。

でも、これが個人の妄想に過ぎないのなら、それはどうしようもない。

だけど、これは公共放送にのってて、その流通には社会メンバーひとりひとりが少なから責任を負ってると思う。

さっきも書いたように、解釈(妄想)と行為あいだには無限のへだたりがある。

問題は、両者を隔ててるものが何か、わからない、ってことだ。

けっきょくは、結果論的に「犯罪を犯したやつ」と「犯さなかったやつ」との区別しかできないかもしれないんだけど、それじゃ犯罪を予防することもできない。

メディアの影響はしばしば指摘されている。

今回のケースでは、どぶろっくお笑いが直接性犯罪を引き起こす、なんてことは言われなくて、そういうものを「ただのお笑い」として流通させようとする社会メディアのありかた全体が問題にされていると思う。

からといってもちろん、規制するための法律を……なんてことは、現状では受け容れられない。

表現の自由は大いに保証されるべき。

でも、そもそも法制度に頼るのって、社会の最終手段とまではいかないまでも、とりうる手段ひとつに過ぎないのでは?

たとえば、隣人がうるさいからという理由で、即警察通報するのって、近隣住民とのコミュニケーションが不在だからこそ起きることだと思う。苦情を直接言う、ということがなくなっている。

同様に、いま、何か世の中でまずいことが起こってると考えたときに、頼れるもの法律しかない、って事態になってるんじゃないか。

ほんとは道徳とか倫理とか、そういうことが語られてもいいと思うんだよね。

表現行為ポルノお笑い加虐性問題にしたいからって、即規制だ、とかそういうことにならずに。

話し合いじゃなにも変わらない、個人では社会を変えられない、そういうペシミズムが、すぐに法や規制行為に頼ろうとする振る舞いに繋がってくるんだと思う。

記事だって元増田だって、これが社会の考え方を変えるとまで信じるのは、ちょっと楽観的すぎるかもしんないけど、でもこういう提案を受けて、規制とまではいかないでも、自分がそれを変えるひとりなんだって意識することは大事なのではないかな。

移動中なんで支離滅裂でごめん。元増田の疑問にちょっとは応答したつもりです。

http://anond.hatelabo.jp/20140820015153

これはどぶろっくが気の毒すぎるよ。変な引き合いに出されて。言っている事は、内心の否定フィクション否定に近い。

たとえば、女性ヤオイマンガ的なフィクションを描く時、男性同士の恋愛タブー性、非日常性、禁断性みたいのを下敷きに描く訳でしょ。これは、当事者リアルゲイの人にとっては、迷惑不愉快な話だと思うよ。だけど、フィクションだし、内心の自由保障されているから、特別問題にもならんだけな訳で。

この人、作家として漫画家としてどんな作品を描いているんだろう?と思ったら、主観の強いノンフィクション的な題材でばっかり描いているのか。それだって、そこに描かれた一方的描写で傷ついた人もいると思うよ。純粋フィクションより、描かれる側にはよりきつい話だよね。

内心がどうであろうと、社会別に痴漢に優しくない。会社はクビになったりするし、報道名前が出ちゃったら再就職だって簡単じゃないだろう。

ごく少ないこの人の描写する異常な行動の連中の思考から勝手男性全体の話に広げて批判されるのは、大変不愉快だった。

どぶろっく痴漢関係」を読んで

Love Piece Club - どぶろっくと痴漢の関係 / 田房永子

どぶろっくの歌も、痴漢の心性も、どちらもあり得ない妄想だという点では一致している。

でも、だからといって

そして社会全体が「女性に対しての侮辱」に対して徹底的に鈍感なことが、どぶろっく流行を力強く支えている。

というのは、いくらなんでも論理の飛躍が過ぎるのではないだろうか。「どぶろっく=男の妄想痴漢ダメ」くらいな短絡さに見える。

どぶろっくの歌は、どれも女性の行動に対する「解釈」のレベルに留まっている。もしかしてだけど、実際の性犯罪者がその歌のような解釈を経ているかもしれない、という話はわかる。でも、解釈あくま解釈であるエロい解釈をするやつが全員性犯罪を犯すわけではない以上、解釈自体は無実なはずである。確かにそこには「犯罪者の9割が犯行前に水を飲んでいる」という以上の蓋然性があるとしても。

女子中学生痴漢に遭って「マジ痴漢ってなんなの?! ムカつく!」と言いながら、どぶろっくを見て笑っている、という状況は異常だと思う。

と言うが、その事実こそが痴漢どぶろっくの違いを証明している、とも言えるのではないだろうか。

「男が女をイヤらしい目で見ている」ということに対して、けしからん、と言いたい気持ちはわかる。

でも、「男が女をイヤらしい目で見ている」ことを笑いとして受け入れることが、そのまま「社会性犯罪を受け入れている」ということにはならないのではないか。少なくとも自分にはその理路がすんなり飲み込めなかった。どなたかわかりやすく教えてくださる方はいないでしょうか。

どぶろっくの歌は「女性性的主体的である、と解釈する男の歌」である。その歌に対してノーを言うことは、「女性性的主体的であること」に対してノーと言うことにもなりかねないんじゃないか…というのはかなり強引な理屈だが、どぶろっくの歌を「性犯罪助長」と解釈するのも、同じくらい強引なんじゃないか、と思わないでもない。

あとあんま関係ないが、痴漢痴漢をするのは「妄想によって自分の都合のいいように現実解釈しているから」であって、「膜」とかいうわかりづらい例えを使う必要は無いんじゃないだろうか。

あとあと、

親や教師に「どうしてそういうことをされなければいけないのか」「なぜ痴漢痴漢をするのか」と尋ねても、まるで「言ってはいけないこと」があるような困った顔をして、大人たちはモゴモゴとし、「いるんだから仕方ない」としか言わなかった。

のは、「男は女にエロいことをしたいからであり、中にはその気持ちを抑えられない人もいるからだ」という身も蓋もないことを言うのが憚られたからなんじゃないだろうか。





みたいなことを自分ブログに書いたらメチャクチャ叩かれそうで怖いのでここに書きます

2014-08-19

欲望を社会的規定したがる人のアホらしさ

Love Piece Club - どぶろっく痴漢関係 / 田房永子

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.lovepiececlub.com/lovecafe/mejirushi/2014/08/19/entry_005292.html

これまあ記事自体もアレだけど↓のコメントがまたひどい

tora_17 心理 社会犯罪

極論して、この国が志向する男性性欲は全て「社会女性側に強いたお膳立てによって初めて成立する不自然物」だと思ってる(客体であるべきとされながら相手側の行為の全責任女性押し付けられる矛盾がその証左) 2014/08/19

tora_17 性 犯罪 心理

下階のブコメに引き続き。要は「男性の全ての性衝動自然存在する本能的・動物的なもので本人に抑えられない(ので責はない)」というクソ神話の嘘さえ明らかにされればそれだけで一変するだろうに、げに強固だよ 2014/08/19

んなわけねえじゃん。フランス現代思想的というか浅田彰的なものにかぶれすぎじゃね?

じゃあこの国以外で起きている性犯罪はなんなんだよ。北欧のようなポリティカルコレクトネスに敏感な国での性犯罪は仕方ないものとでも言うのか?

結局こういうのって出羽の守しかない。

あと元記事について言えば、どぶろっく的な「童貞のああ勘違い」こそが性犯罪の原因であるとするならば、

性犯罪ストーカーDVほとんどが配偶者恋人という童貞とはベクトルの違う人種によって起こされていることはどう説明つけるのか?

もうちょっと犯罪統計ちゃんと読んでから話してくれ、な。

http://anond.hatelabo.jp/20140820015153

http://www.lovepiececlub.com/lovecafe/mejirushi/2014/08/19/entry_005292.html

痴漢の心理分析まではいいんだけど、どぶろっくが出てくるあたりから結論先行で論理展開が極めて雑。

思いつきの話に対して無理矢理に理屈をつけてるだけって感じ。

2009-08-06

お笑いナタリー芸人の人気順をまとめてみたよ

http://natalie.mu/owarai/artist/list/order_by/watchers の開始約1日(8月6日午前7時頃)のランキングを一覧表にしてみたセヨ

順位芸人お気に入り人数
1タモリ76users
2バカリズム60users
オードリー58users
3さまぁ~ず58users
5ラーメンズ53users
6キュートン48users
7ダウンタウン45users
8松本人志40users
9バナナマン37users
10ケンドーコバヤシ32users
11鳥居みゆき29users
12ロッチ28users
ナインティナイン27users
今田耕司27users
13バッファロー吾郎27users
16ジャルジャル26users
ナイツ25users
キングオブコメディ25users
17千原兄弟25users
20板尾創路24users
21伊集院光23users
有吉弘行22users
22ウッチャンナンチャン22users
24おぎやはぎ21users
25江頭2:5020users
26ガリガリガリクソン19users
笑福亭鶴瓶18users
東京0318users
27少年少女18users
モンスターエンジン17users
関根勤17users
爆笑問題17users
30アンタッチャブル17users
笑い飯16users
ビートたけし16users
立川談志16users
34雨上がり決死隊16users
U字工事15users
シティボーイズ15users
38ブラックマヨネーズ15users
41中川家14users
とんねるず13users
夙川アトム13users
劇団ひとり13users
明石家さんま13users
42椿鬼奴13users
村上ショージ12users
THE GEESE12users
柳原可奈子12users
浅草キッド12users
サンドウィッチマン12users
サバンナ12users
47しずる12users
よゐこ11users
カリカ11users
54もう中学生11users
木梨憲武10users
立川談春10users
57ふかわりょう10users
我が家9users
なだぎ武9users
石橋貴明9users
土田晃之9users
エレキコミック9users
次長課長9users
チュートリアル9users
東野幸治9users
60マヂカルラブリー9users
浜田雅功8users
有野晋哉8users
ハリウッドザコシショウ8users
小島よしお8users
藤井隆8users
増谷キートン8users
69東京ダイナマイト8users
NON STYLE7users
どぶろっく7users
ザ・ドリフターズ7users
どきどきキャンプ7users
弾丸ジャッキー7users
ラバーガール7users
木村祐一7users
7users
ダイノジ7users
平成ノブシコブシ7users
POISON GIRL BAND7users
76宮川大輔7users
くりぃむしちゅー6users
有田哲平6users
志村けん6users
大輪教授6users
ビーグル386users
犬の心6users
オリエンタルラジオ6users
麒麟6users
ジャリズム6users
天竺鼠6users
トータルテンボス6users
ピース6users
フルーツポンチ6users
88ハライチ6users
きたろう5users
ダチョウ倶楽部5users
マシンガンズ5users
マイコーりょう5users
ダンディ坂野5users
ますだおかだ5users
高田純次5users
住田隆5users
つぶやきシロー5users
かたつむり5users
小籔千豊5users
ザ・パンチ5users
シャンプーハット5users
中山功太5users
はんにゃ5users
FUJIWARA5users
ほっしゃん。5users
森三中5users
ライス5users
リットン調査団5users
102レイザーラモン5users
ダイアン4users
上田晋也4users
大竹まこと4users
斉木しげる4users
エスパー伊東4users
アルコ&ピース4users
ウメ4users
阿曽山大噴火4users
はるな愛4users
鬼ヶ島4users
出川哲朗4users
ザ・プラン94users
タカアンドトシ4users
千鳥4users
とろサーモン4users
ハイキングウォーキング4users
博多華丸・大吉4users
ハリセンボン4users
パンクブーブー4users
130R4users
野性爆弾4users
矢野・兵動4users
ロンドンブーツ1号2号4users
123アンガールズ4users
間寛平3users
濱口優3users
イワイガワ3users
坂本ちゃん3users
加藤茶3users
おかゆ太郎/渡辺ラオウ3users
神奈月3users
松村邦洋3users
勝又3users
松尾伴内3users
マキタスポーツ3users
Hi-Hi3users
飛石連休3users
カンニング竹山/竹山隆範3users
カノン3users
チョップリン3users
安田大サーカス3users
鬼頭真也3users
ドランクドラゴン3users
ゆってぃ3users
磁石3users
狩野英孝3users
いとうあさこ3users
アントキの猪木3users
風船太郎3users
囲碁将棋3users
イシバシハザマ3users
LLR3users
大西ライオン3users
COWCOW3users
加藤浩次3users
桂三枝3users
カナリア3users
ココリコ3users
品川庄司3users
島田紳助3users
チーモンチョーチュウ3users
チョコレートプラネット3users
なかやまきんに君3users
南海キャンディーズ3users
ハリガネロック3users
フットボールアワー3users
ラフ・コントロール3users
ロザン3users
いつもここから3users
相方不在3users
147超新塾3users
銀シャリ2users
くまだまさし2users
小堺一機2users
中村有志2users
キャイ~ン2users
流れ星2users
仲本工事2users
フラミンゴ2users
名刀長塚2users
360°モンキーズ2users
笑福亭笑瓶2users
ダーリンハニー2users
トップリード2users
風藤松原2users
ハマカーン2users
タイムマシーン3号2users
鳥肌実2users
コンタキンテ2users
ヒロシ2users
劇団イワサキマキオ2users
ニッチェ2users
清水アキラ2users
かみじょうたけし2users
ゴー☆ジャス2users
BBゴロー2users
渡辺正行2users
テツandトモ2users
こまつ2users
瞬間メタル2users
が~まるちょば2users
永野2users
アンジャッシュ2users
田上よしえ2users
ふせえり2users
Wコロン2users
スピードワゴン2users
マギー審司2users
井上マー2users
インパルス2users
エリートヤンキー2users
カラテカ2users
ジャングルポケット2users
ジューシーズ2users
ショウショウ2users
笑福亭松之助2users
シルク2users
ストリーク2users
だいたひかる2users
鉄拳2users
友近2users
西川のりお・上方よしお2users
ブレーメン2users
ミルククラウン2users
メッセンジャー2users
山崎邦正2users
レギュラー2users
ロバート2users
ザブングル2users
ネプチューン2users
ビビる大木2users
猫ひろし2users
モロ師岡2users
ハウス加賀谷2users
194アホマイルド2users
ブロードキャスト1user
はりけ~んず1user
クロンモロン1user
じゅんご1user
神田山陽1user
高木ブー1user
ジェニーゴーゴー1user
オテンキ1user
大川豊1user
寺田体育の日1user
倉元幸二1user
ミヨポン1user
鉄板■魔太郎1user
銀河と牛1user
LOG-IN1user
スマイリーキクチ1user
麦芽1user
チェリーの果実1user
井手らっきょ1user
米粒写経1user
ポップコーン正一1user
電撃ネットワーク1user
三拍子1user
さくらんぼブービー1user
アメリカザリガニ1user
オジンオズボーン1user
オセロ1user
兼島ダンシング1user
代走みつくに1user
ドラハッパー1user
ヒカリゴケ1user
ピーマンズスタンダード1user
松本美香1user
5番6番1user
ザ・ニュースペーパー1user
杉山えいじ1user
パパロア1user
社会人Z1user
藤子1user
コージー冨田1user
くじら1user
ユリオカ超特Q1user
ラブ・セクシーローズ1user
1、2の大心1user
しげる1user
ジンカーズ1user
マッドドックス1user
田代321user
ハリネズミ1user
オアシズ1user
エレファントジョン1user
ニッケルバック1user
荒ぶる神々1user
パペットマペット1user
イジリー岡田1user
イマニヤスヒサ1user
JJポリマー1user
島田秀平1user
ダブルブッキング1user
ホリ1user
チェリー☆パイ1user
星野卓也1user
昭和のいる・こいる1user
アームストロング1user
青空1user
アジアン1user
アッハー小泉1user
インポッシブル1user
宇都宮まき1user
エハラマサヒロ1user
えんにち1user
(英)タナカ1user
桂文珍1user
ガリットチュウ1user
キャベツ確認中1user
グランジ1user
クロスバー直撃1user
こりゃめでてーな1user
コンマニセンチ1user
サカイスト1user
佐久間一行1user
シベリア文太1user
ジョイマン1user
笑福亭仁鶴1user
陣内智則1user
スーパーマラドーナ1user
鈴木つかさ1user
スリムクラブ1user
それいけ斉藤くん1user
天津1user
土肥ポン太1user
トミーズ1user
DonDokoDon1user
2丁拳銃1user
野沢直子1user
ノンスモーキン1user
バッドボーイズ1user
ハム1user
ハロ-バイバイ1user
ビタミンS1user
姫ちゃん1user
藤崎マーケット1user
マキシマムパーパーサム1user
まちゃまちゃ1user
宮川大助・花子1user
メメ1user
山本吉貴1user
ライセンス1user
ジェリービーンズ・コレクション1user
モリマン1user
ケン坊田中1user
寿一実1user
コンバット満1user
高田課長1user
青木さやか1user
1user
にしおかすみこ1user
フォーリンラブ1user
飯塚俊太郎1user
元氣安1user
長州小力1user
ペイパービュウ1user
高円寺パルサー1user
チャンス大城1user
松本キック1user
258しんじ1user
 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん