2016年03月01日の日記

2016-03-01

http://anond.hatelabo.jp/20160301235511

春の弥生のこのよき日

なによりうれしいひなまつり

うれしいひなまつりの4番の歌詞

3月、もうおぼえたね!

http://anond.hatelabo.jp/20160301235620

メトリクスで重要なのは、それが正しいかどうかではなく、多くの人(あるいは全員)がその共通ルールを共有しているという事実のものなのよ。皆が同じルールゲームをしているというだけで、そのルール自体はあまりイケてなくても大きな価値を生み出す。同じノリで言うならプログラミング言語だってオカルト一種だ。

そろそろ日付が変わります

http://anond.hatelabo.jp/20160301234802

花粉症にしてみたら腐海空気人類生命維持できる清浄空気に変えてくれる命綱やで。

花粉を吸いすぎたら花粉症になるとか言うし健常者も空気をきれいにしとくに越したことはないと思う。

加湿の快適さはうるさらで実感した、喉が楽で快適。

http://anond.hatelabo.jp/20160301234402

鬱積した結果として煽りに走ってそうな人と

「あ、こいつにとって煽りを入れるのは呼吸をするのと同じなんだな」って感じの奴がいる

循環的複雑度ってさ

定量的に糞コードを測定するってスライドブクマされていて、見てみたらやっぱり循環的複雑度がでてたわ。

あれ、こういう話題でよく見るけど科学的根拠はないんだってな。

考案者のマッケーブに、科学的根拠は?って質問したら「役にたってるんだからいいじゃないか」みたいな答えしか帰ってこなかったって話を見たことある

まあ、たしか分岐ループが多くて複雑なコードバグが多くなるだろうけど、オレが「分岐は1点。ループは1.2点。ネストが一段で係数1.5を掛ける」みたいな増田係数みたいのを適当でっち上げても、バグの数と相関関係が出てくると思うんだよ。

あんツールを使わないと測定出来ない複雑なメトリクスでなくて「ネストはn段まで」とか「ifはn個まで」とか超簡単なルールでも対応できる程度のもんだと思ってる。

それなのに、Googleの超頭いい人達まであんオカルトを信じて「クソコードの測り方」みたいな数式を考えだしちゃってるわけでしょ。

なんかすごいよね。

http://anond.hatelabo.jp/20160301224607

これほんと思うわ

予算も期間も取れてない、顧客との調整もできない

明らかにマネジメントで失敗してるプロジェクトに放り込まれ

遅れたのは下流担当技術不足だとか平然と言いやがるから

殴られ屋の奴隷みたいな仕事渡り歩いてる

母親浮気現場突撃した

相談する相手もいなく、ただただ吐き出したいのでここに書く。

一応スペック

毒母アラフィフBBA。贔屓目に見なくても美魔女かいう部類に入ると思う。

増田アラサー非リアSE最近転職実家に戻った。

傍目から見ると増田家は2世帯同居の仲の良い5人家族(+1匹)という、ごくありふれた家庭環境に見えるようだ。

きっかけは記憶にも新しいゲス不倫報道

あの報道への社会の反応は個人的に衝撃だった。芸能人不倫なんて今時ゴシップ誌くらいでしか扱わないと思っていたので。

世の中まだ捨てたもんじゃないなと変に勇気付けられた。

ちなみに母は初犯ではない。まだ小さい頃、私の頭上をFAXやら炊飯器やらがよく飛び交っていたのを覚えている。

何台の折りたたみケータイの上と下が離れ離れになっただっただろうか。とにかく母は腋が甘く、股が緩かった。

そして数ヶ月後にはなあなあでよりを戻し、雨降って地固まるを繰り返していた。

前のゴタゴタから籍は抜いたままのようだ。2つの姓を都合良く使い分ける母に虫唾が走った。

子供から慰謝料請求

事実婚相手から慰謝料請求

調べてみると、どちらも金額は期待できないそうにないのがあまり面白くない。

父には事前に事情情事?を話し協力を仰いだが、なしのつぶてだった。あの頃の情熱はどこへ行ってしまったのか。

昔と比べて父は丸くなってしまった。慣れてしまったのだ。今は歯牙亡き元狂犬。

母方の祖父はいつも母と喧嘩しているが、娘のことは可愛いみたいだ。最終的にはあちらと一緒に出て行くだろう。

妹は分からない。親の不倫も許容できるリベラルな私カコイイ的な価値観で生きているように見える(というかコイツ浮気上等なヤツだった)

尾行にはスマホ位置情報アプリ使用した。

仕事出張は全て嘘だった。いつも実家から半径10km以内をうろちょろされていたのが腹立たしい。

ただ今となっては探偵ごっこはとても楽しかった。

暗闇の向こうにいるターゲットから10メートル距離カメラを構えた時は手に汗握り、真夜中の国道の追跡は心が躍った。

義憤に駆られた背徳感は斯様にも心地良いものなのか(型落ちの一眼レフは碌にAFが効かなかったので今度フルサイズに買い換えよう)

先日、またしても近くのホテルで夜から時間位置情報が止まったままだったので、朝帰り前に現場を押さえることにした。

会社には休みの連絡を入れ、ホテルには9時に到着。よく見慣れた車が駐車場に停まっていた。

1011時・・・いくら最終チェックアウトが12時とはいえ、ギリギリまでイチャつく必要はあるのだろうか。

今頃足の悪い祖父は雪がチラつく中、一人でバス電車を乗り継いで病院に向かっている。

11:58 聞き慣れた声の方向に向かいカメラを構える。

ファインダーの向こう側には、私を冷たく睨みつける母と知らないおっさんがいた。

2人と別れた直後、激しい吐き気を催した。思っていたよりもダメージは大きく、ただただ気持ち悪かった。

カメラには何も写っていなかった。

白を証明たかったのか。

黒を証明たかったのか。

後の家族会議では謝罪も弁解もなく、逆ギレを繰り返していたので、とりあえず家から出て行ってもらうことをお願いした。

以前別居中に借りていたマンションの一室が今もあるのは調査済み。このまま家族ごっこを続けるのは耐えられなかった。

それ見たことか、やってると思ってた ―味方である筈の人間の声にいちいちざわつく。なら何故やめさせなかった?

謝罪もなく、もちろん慰謝料などもなく、そもそも私自体、目的を持っての行動でもなかった。

嘘つきへの失望とほんのちょっとの妬みからの行動。背中を押してくれたのは勿論ベッキーと文春。

今思うとただのハードランディングな親離れでしかないのかもしれない。

どうせあの人はほとぼりが冷めた頃、また戻ってくると思っている自分もいる。というか犬がいるからどーたらと今も出入りを繰り返している。

なんだか試合に勝って勝負に負けた気分。私が悪いのか?

http://anond.hatelabo.jp/20160301235056

そんなアクセス乞食みたいな記事読んでイライラしてるの?

Facebookシェアされる記事なんて99%無価値から見なきゃいいのに

http://anond.hatelabo.jp/20160301234844

まさに。

めちゃくちゃ苦しんだり、失敗して手足無くなってダルマで生き続けることになったり、どうなるかわからん

自分人材として無価値なのか

企業には、スター人材採用必要だが、「有害人材」を雇わない努力も不可欠である

http://www.dhbr.net/articles/-/4176

Facebookでこんな記事が流れてきた。

タイトルをみて、自分が「有害人材」だといわれてるような気がして頭を掻きむしった。

就活中でイライラしてるだけだと思うけど、自分人材価値みたいなものに自信が持てなくなっている。

昨今は「人間性」が採用評価基準になっているからこそ、余計に自分価値に自信が持てない。

人間性なんて評価しないでほしい。でも相手を黙らせるほどのスキルがあるわけでもないんです。

支離滅裂です。

http://anond.hatelabo.jp/20160301234802

どっちのジャンルも、買って使ってみて初めて「あ、これ必要ないわ」って気付くんだよ

http://anond.hatelabo.jp/20160301234712

即死できるかどうかって経験しないとわからないから怖いよね

から見ると即死に見えても本人はめちゃくちゃ苦しんでるかもしれないし

空気清浄機とか加湿器って必要なの?

今までの人生で、必要と思ったことがない。あと、浄水器も。

加湿器に関していえば、一人暮らしで冬場の乾燥時期には大抵部屋干しの洗濯物があったりするから、なんだかんだ部屋が乾燥しすぎることがないってのもあるかも知らんが。

どうでもいいから早く即死したい

煽るような人はなんか鬱積してる感が文章から滲み出てる

この増田ではないと思うがな

http://anond.hatelabo.jp/20160301233242

自覚があるのなら、人として大丈夫だ。

一番たちが悪いのは、自覚なく説教臭い話を年下にまき散らし、しかも「俺って話が面白いからみんな聞いてくれている」とか思っているオヤジ

なんっていうか「俺はまだ酔ってなんかいねえよ」っていう酔っ払いが、一番たち悪かったりするのと一緒。

http://anond.hatelabo.jp/20160301211315

なんて映画か忘れたけど、食事をしながら会話するシーンで、口元のアップとパパイヤの断面のアップが交互に繰り返すシーンが超エロかった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん