「メリケンパーク」を含む日記 RSS

はてなキーワード: メリケンパークとは

2017-12-30

めざせ世界一クリスマスツリーに関するご意見について(回答)

神戸市から回答が来た。私のリクエストは「広報課」に対してで、広報課は公共性の無いイベント(※1)まで広報すべきでない、というものだったが、回答は「神戸市経済観光局観光企画課」からだった。

※1 https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/0010779156.shtml

テンプレの間に挟まれていた文言は次の通り。

 平成29年12月1日付けの神戸新聞及び神戸新聞NEXT掲載された西畠清順氏への取材記事に関しては、神戸新聞社による西畠清順氏への取材に基づくものであり、神戸市としては事業概要等の客観的事実に関する内容以外の西畠氏個人発言について回答できる立場にございません。

 神戸市としては、前述の通り神戸の賑わいや観光集客資するという観点から参加しておりますので、多くの方にメリケンパークへお越しいただき、この1本の木が発する魅力に触れていただけたことをありがたく存じます

他のかたへの回答と突き合わせてみると、「西畠氏個人発言」を使って回答していたりするので、矛盾していていて、実に苦しい感じがする。

https://twitter.com/negativeheart_s/status/945996378219540480

世界一のクリスマスツリーPROJECTを中止して下さい

2017-12-13

先に誤っておきます楽しい話じゃないです、ごめん。楽しくないどころか、大いに気分の悪いことを書きます。読まなくても特に問題ないことしか書いてないので、読まないのも推奨。読むと決めたら注意して読んでください。

#世界一クリスマスツリー というプロジェクトがあります。ひょっとしたら情熱大陸で知ってる人もいるかも。このプロジェクト時間が経つに従ってイベントストーリーが追加されてて、怒りが増していっているので、自分でも自分が当初どう感じていたかからなくなりそう。わからなくなる前に書き留めておこうと思いたった。ただそれだけの記事です。怒りポイントは大量にあって、それぞれの人がそれぞれ怒っているので、私の場合も書いておこうと思った。読まないのも推奨。大事な事なので二回書きました。

最初記事

この話題に一番最初に触れるきっかけは、神戸新聞記事の紹介だった。

港に樹齢150年の巨木でXマスリー 神戸全長30m(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース

https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201710/0010612425.shtml

神戸メリケンパークに今冬、全長約30メートルの生木のクリスマスツリーを立てる計画が進んでいることが3日、関係者への取材で分かった。珍しい植物を追い、世界中を回る「プラントハンター」の西畠清順さん(36)=川西市=が企画世界的に有名な米ニューヨークロックフェラーセンターのツリーと同規模になるという。12月の約1カ月間ライトアップし、神戸港開港150年目を華やかに締めくくる予定だ。(上杉順子久保田麻依子)
西畠さんが率いる植物コンサルティング会社「そら植物園」(川西市)が開港150年目の記念イベントとして主催神戸市が後援する予定。
リーにする木は富山県氷見市山中に生えている推定樹齢150年、推定重量40トンのアスナロ。約2年前に西畠さんが見つけて掘り出す準備を進め、クリスマスツリーとして立てる場所を探していた。
神戸市側との協議を経て、「阪神・淡路大震災から復旧し、開港の大きな節目も迎えた街に立てたい」と神戸港での設営を決心。震災犠牲者をしのぶ「神戸ルミナリエ」とも開催時期を重ねることにした。
木は今月中旬に根ごと掘り出し、輸送可能状態にまで枝を圧縮した後、11月初旬に氷見を出発。トレーラー富山県内の港に向かい神戸港まで海路で運ぶ。同月中旬メリケンパークに到着するという。
会場では大きな鉢に植樹し、反射材入りメッセージカードに観覧者の夢や目標を書いてもらい、飾りとして木に結ぶ。観覧無料で、ツリー周辺でマルシェ音楽イベントも開かれる。
西畠さんは「巨木を立てることは古来、鎮魂の意味があり、やるなら神戸しかない。生まれ育った兵庫から震災の傷痕が残る東北熊本希望を届けたい」と意気込む。

この時点での感想


次の記事

次に目にしたときは既に非難の声を集めた記事だった。曰く「醜悪すぎる」

http://buzzap.jp/news/20171120-xmas-tree-kobe/

いろいろ読み進めると、主催者側は様々なストーリーを追加していたようだった。

「今回のプロジェクト面白いところは、ロックフェラーセンターのツリーよりも大きなクリスマスツリーを立てようというプロジェクトと見せかけて、みんなでギネス世界記録を狙うというところ」

え!!ロックフェラーのような賑わいを作るのは実はどうでも良くて、記録を作る企画すり替えるの?それは騙す気まんまんということ?最初からそう言えばよかったんじゃないの?それはサプライズにはならない、みんなと同じ方向を向いて進んでいないと、おかしくなる。賑わいを作ろうと頑張ってたスタッフ気持ちを、どこかに捨てることになる。最初から記録更新目標なら、みんなでそこに向かえばいいのに、どうしてこんなことをするんだろう?

フェリシモが加工して販売するだって畏敬の念へったくれもない。それじゃぁ、150年の樹木という意味すら必要なくて、それだったら「単に大きな樹を用意して、みんなで楽しみました。楽しんだ記念グッズを販売します」で良かったんじゃないの?関係者ごとに違う話を吹き込んで回ってたりするのか?そもそも移植じゃなかったんだ。この先も敬っていくものとして扱うのではなくて、材木ってことね?

「輝け、いのちの樹。」だって意味がよく分からない。全く共感できない。輝いているのは電飾でしょ?命が輝くというのはそういうことじゃない。賑わいを作り出して祝う場合だって、輝くのは私たちの命であって、クリスマスツリーじゃない。

極めつけは「ヒノキになれない落ちこぼれの木がこのプロジェクト世界一に輝くことを目指す」ですよ。これは、なぁ、もう、ダメだ。完璧に。敬う対象としての木が、材木になるのは、100 歩譲れたとしても、この投影ダメだ。「落ちこぼれ」とか人間らしすぎる。人間投影されてしてしまっている。これはシャレにならない。この木が弱って、材木として加工されていくという過程を、この神戸の人たちに見せようというのか。例えば自宅が燃えていくのを、なすすべもなく見ることしかできなかった人。あるいは、親や子供がれきの下から救出できずに、なすすべもなく失った人。そういう人達が住んでいる、この神戸で。ただの材木ならまだよかった。この投影によって、樹がそういう意味を持ってしまう。過去の辛い思い出を引き出されるのは、それだけでも相当辛い。さらに、その樹が輝くことを目指す、ですよ。もう一度何が投影されているかを考えてみてください。これがどれほど傲慢で不遜な行為に映るだろうか。まさに魂に対する冒涜ですよ。これは駄目です。人の道を外れています

それでもここまでなら、何かを盛大にこじらせた自称アート作家の事案で済んでいたかもしれない。

次の記事

神戸港巨大ツリー 催事伐採生田神社鳥居に」

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/0010779156.shtml

この記事は、さらに踏み込んできた。

ここまで命を弄んだ挙句に、それを町のシンボルたる生田神社に持っていくなどとは、さすがに許しがたい。断じてNOだ。持っていくにしても十分な手続き必要だ。まさに鎮魂をしなければ受け入れられない。生田神社のコンセプトは命の女神なんですよ?

「ツリーを見るのが嫌な人は見なければいい」という発言、これ意味わかりますか?これまで私たち公園だった場所ですよ?ツリーは見たくないに決まってるじゃないですか。過去の傷がえぐられるのを分かっていて、どうして見に行く気になる?そういう前提で、見に来なければいいというのは、公園を奪ったということなんです。私たち土地を奪ったということなんです。これは明確な神戸市民に対する攻撃だと、はっきりしたんです。攻撃されて黙っているとでも思ったんですか?怒って当然でしょうが

2017-11-22

メリケンパーククリスマスツリー、いいじゃねえか

http://buzzap.jp/news/20171120-xmas-tree-kobe/

また、野暮な連中が野暮に文句を言ってる。

お前らは、あれだな、

盆踊り荻野目洋子ダンシングヒーローなんて」

って言うタイプの連中だな。

別にいいじゃねえか。

楽しく踊ってるんだから

別にいいじゃねえか。

世界一クリスマスツリー

地方の小さなイベントを、少しでも盛り上げようと、

山師の思い付きに、

あいつは山師だなあ」って思いながら、

みんなで乗っかって、

楽しくやろうとしてるんだよ。

やろうとしてる。

やろうとしてるんだよ。

神戸市役所はさ、もともと8階建だったんだよ。

それが、震災で6階部分が崩壊して。

普通、建て替えるじゃない?

でも建て替えなかった。

6階以上を撤去して、

5階建の建物として再利用した。

お金がなかったからね。

仕方ないね

で、そのあと。

震災から20年以上経った今も使っているんです。

今でも。

怖いですね。

お金がなかったからね。

仕方ないね

ちなみに、今年の初めに建て替えが決まりました。

ようやく。

世界一クリスマスツリー

いいじゃねえか。

軽薄なイベント

からいいんだよ。

軽薄なイベントに、軽薄に予算がついて、

軽薄に盛り上げれるようになったんだよ。

ようやく。

息子は、震災を知らなくて。

結婚した妻も、知らなくて。

学校の校庭が避難所だらけになったこともないし、

体育館教室避難してきた人たちであふれることもない。

隣の家が火事になったこともない。

自転車で川沿いを走る通学路は、

新しく舗装されてとてもきれいで、

でも、沿道は空き地駐車場だらけで。

部活帰りにふと、

「きっとこの空き地でも誰か死んでるんだろうな」

と思うこともない。

必死の思いで大阪駅まで通勤したら、

みんな普通に働いてて、

そっちのほうがびっくりしたよ」

って親父に言われることもない。

それがいいんだよ。

そりゃあ、まあ、俺も、

最初ニュースで見たときは、

正直趣味が合わないと思ったし、

ダサいと思ったし、

率直に言ってあんまり好みじゃねえよ。

でも、赤いボールシャボン玉を持って、

いつものようにメリケンパークに行き、

早朝降った雨が乾ききっていない芝生の上で

はしゃぐ息子の相手をしながら、

しろに大きなあすなろの木が立っているのを見ていたら、

まあ、いいんじゃないかな

って思ったんだよ。

いまは結構、たのしみにしている。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん