2012年07月25日の日記

2012-07-25

http://anond.hatelabo.jp/20120725224800

世の中そういうものだよ。

例えばゴスロリコスプレではなく、なんか深い精神世界の一環であの格好をしているワケなんだけど、一般人から見たらゴスロリメイドも一緒くたのコスプレという同ジャンルに分類されている、ってのと同じ。

らきすた日常キルミーベイベーゆるゆりたまゆら、のキービジュアルを並べられて区別できる人がどれだけ居るのか?っていう話。

何故女はゲイは好きでロリコンは嫌いなのか

http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4251963.html

>293: 黒トラ(dion軍):2012/07/24(火) 20:32:09.13 ID:G0rnyvyA0

> 女ってゲイとかオカマとか大好きだよな

自分を性対象と見ない(貢がない)人間なのに、マジで意味分からん

>297: アムールヤマネコ(チベット自治区):2012/07/24(火) 21:40:58.37 ID:N3EMKFY/0

>>>293

自分を性対象と見てないか安心感があるんだよ

女は惚れていない男に自分を性対象として見てほしくない、痴漢不快な思いをさせられたり、セクハラを受けたりレイプ危険を感じたり、そんなのは嬉しい事ではない。

から自分性的被害を与えない安全圏の男性であるゲイは好ましい。

男の人はここを勘違いしている人が多いように思う。

よく「ロリコンに相手にされない婆が嫉妬してロリコンを叩いている」と言っているロリコンが居るが、ロリコンに性対象として見られるのはおぞましいだけで、全ての女性が望んでいない。

結婚前提として付き合い惚れこんでいる男性でも、ロリコンと知ったら切り捨てるくらい嫌な人種だ。

自分を性対象として見ない事が、ロリコンに対する嫌悪の原因ではない。

女性ロリコンを嫌うのは、女性人生ロリコンとの戦いだからだ。

まずロリコンの性対象となる幼女時代ロリコンは大きな脅威だ。

学校でも頻繁に「車に引きずり込もうとする変質者が出ました皆さん気をつけて下さい」など注意喚起がある。

私は実際引きずり込まれかけた、妹はいつも一緒に遊んでくれるお兄ちゃんに家に連れて行かれて裸の写真を撮られた。

幼女ロリコンにより無知や力のなさを利用され、性的搾取されたり殺されたりする危険さらされる。

成長したら、あれはそう言う事だったのかとロリコンの行動の意味を理解し、とてつもない嫌悪感と戦う事になる。

その後子供を産んだら我が子をロリコンによる性犯罪から守る生活が始まる、母親にとって子供性的な目で見るロリコン以上に恐ろしい人種は居ない。

から女はロリコンが嫌いなのだ

http://anond.hatelabo.jp/20120725232246

>> それとも普段はメーラーを閉じておいて、チェックする時だけ起動するの?

そういうことでしょう。

想像力が足りないんじゃないの? 世の中いろいろあるよ。もしかしてケータイしかメールを使ってない?

インターネット上のメールのしくみの説明で、たとえ話でよく使われるのが「郵便受けに手紙が届いて、家から郵便受けまで取りに行く」ということだよ。自分の目の前まで手紙が送られてくるワケではないよ。

それに緊急の用事はメールでなく電話でするのが常識だよ。

http://anond.hatelabo.jp/20120725221454

からそんなもの常人20前に通過してるものだろ?

30過ぎてその地点じゃ遅すぎだし、練習する機会もない訳で

30で始めて働こうと思ってます

20代はずっとニートでした。みたいなもんでしょ?

そんなの結果は言うまでもないじゃん。

メールチェック」ってなに?

Eメールをチェックする時間を決めておく。

「朝と夕方の2回だけチェックする」というように、メールチェックする時間を決めて、それ以外の時間は見ないようにします。メールに集中を乱されずに、作業に飲めり込めるようになります

http://matome.naver.jp/odai/2134130510961945201

これと似たようなのをよく見るのだが意味がわからない。この人らはメールを手動でチェックしてるの?「メールチェックボタン」みたいのがあって、チェックする時それを押すの?それとも普段はメーラーを閉じておいて、チェックする時だけ起動するの?緊急のメールが来たらどうするの?

向こうから勝手に来るものなのに「チェックする」という意味がわからない。「電話チェックする」とかあまり言わないでしょうに。

http://anond.hatelabo.jp/20120725225837

補足の補足の・・・

恐らく、恒常性を利用して相手を支配できるのかもしれない

まり、相手の恒常性を崩し

それを整えてやることで

整えてくれた対象と、その方法をより欲することになるだろう

特に、その人が自然恒常性を崩している時には

それを整えてくれたこちらを強く欲するだろう

その様な経験が蓄積することで、人を意のままに出来るのかもしれない

http://anond.hatelabo.jp/20120725224757

補足、というより・・・

恒常性の維持のために、他人は防衛機制を使う

恐らく、恒常性の維持にどのような方法を用いるか性格や好みと呼ばれるものなのだろう

他人から支配されることに喜びを感じる人は

支配されること=自分で何も考えなくてもいい状態になることで

苦痛に属する不快刺激を無効化し、恒常性を保つ経験をしたために

支配されることを好むようになるのかもしれない

わたしは腐女子ではないよ。

ここ数年で”腐女子”という言葉が普及して一般化し、気軽に腐女子とか腐(フ)なんだねと言われることが多いので困惑することが多い。

確かにわたしはJUNEやおいBLと呼ばれるジャンル漫画小説同人誌が大好きだ。

でもどうして、同嗜好を持つ人たちのなかの一部の人たちが自虐として自らを呼ぶために使っていた言葉を、わたしにまで向けられねばならないかと思う。

はっきり言うと不愉快。わたしは自虐によってその世界に介入したいわけでもなく、自分自身と自分趣味は切り離して考えていきたいのに。

なぜ他人に腐ってるという揶揄を含めた言葉定義されるのを受け入れなければならないのか。

わたしはJUNEやおいBL好きな人であって腐女子ではないよ。

http://anond.hatelabo.jp/20120725223007

さらに補足

ホメオスタシス維持の働きが観測されるという事はつまり

維持しなければならない程度の、何かしらの変化が生じているのだろう

体内で細菌が増えた時に、白血球の数が増え働きが活発になるように

あらゆる防衛機制や自殺自傷行為が生じたのだとしたら

それをしなければ恒常性が損なわれる程度には変化が生じているのだろう

http://anond.hatelabo.jp/20120725221525

自分で記事分けて補足

これは、免疫という概念でも同様の事が生じているかもしれない

普段は外部に対して働く防御(防御とはつまり、体内の機能作用等の恒常性を守る働きである)を行う免疫

何らかの要因によって働き過ぎることで、自らの体組織なども破壊することもある

例えば、自傷行為によって自らの気分を安定させるのは

(実際には誤った作用だが)免疫有害な対象=自らの体組織破壊する行為と同様である

まり自傷行為によって恒常性が回復・維持されるという誤った作用が生じているのだ

http://anond.hatelabo.jp/20120725221454

結局切り分けられるわけでもないもの

勝手に切り分けて、こっちが正義だ、こっちが悪だとか言い出すから駄目なんだろうなあ。

【若干ネタバレおおかみこどもの雨と雪を観た

先日話題になってる細田守監督おおかみこどもの雨と雪を観た。

この作品は「すべての年代女性に向けて」と雑誌であおられていたので、そこまで期待せずにみた。

途中まで、「あ、ここ一橋大だ」とか、「ケモナーかい!」と心の中で突っ込みながら見ていたんだけど、雨と雪が生まれて、おおかみおとこが死んだあたりからとてつもなく感情輸入してしまった。

まず家族構成が自分酷似しているのだ。自分には姉がいて、両親は離婚している。しかも、雨の性格自分そっくりだ。小さいころは姉の影にかくれておどおどし、母に甘えてばかり。おまけに小学校にはなじめない。

なじめなかった後は雨のような才能は自分にはなかったため私は凡人のコースを歩むことになるが、見事に「一姫二太郎」の家庭を描いてるなあ、と感じた。

もっと人間の家庭に近づけるなら、雪が嫉妬して若干グレるところもあってもいいかもしれない(笑)いや、「早く大人になりたい」というせりふで描かれているか

私いま22歳で、雨から12年遅れて親元を発とうとしている(今も一応、一人暮らしだが)。彼のように思い切って広い世界にいってみたい。

散見される「母の強さ」とかはあまり感じなかった、というか、あの家を一人で修繕したのは無理があると思った(笑)

とにかく、自分の家庭を第三者目線で見たらこんな感じだったのか、と感慨深くなった。

死ぬ事への動機付けの最新理論

私的ではあるが

ホメオタシスという言葉が着想のヒントだった

恒常性という意味であるそうだ

恒常性を維持するという働きは、主に体内で起こる

血圧・体温・血糖値などが変化した場合、それを正常値に戻そうとする事だ

これにより常に同じような体内環境を維持している

心理学においてはこれを一次的欲求の説明に使った

まり、食・性・排泄等々が充足されていない状態から充足されている状態へと戻そうとする

その為に人は何かしらの行動を行うのであり、そうでなければ行動は生じないというものである

フロイトはホメオタシスの逆にヘテロスタシスがあり、こちらは変化(成長や自己実現)を促すものであるとした

そしてこれが死の欲動に繋がるのだとした

さて、死ぬ事についてである

ホメオスタシス恒常性の維持の機能だけでも自殺は起こるのではないだろうか

死ぬということはつまり、あらゆる精神活動が止まるということだ

もし、自分の持つ処理能力では葛藤情緒不安定状態を解消できないとしたら

その時に生じる対処法は概ね不適応だろうが(例えば否認、投影乖離といった防衛機制)

その中で最も危険なのが自殺だろう

ホメオスタシスを維持しようとする為に、それを処理する・感受する機能の停止=自殺を選ぶという事だ

通常は、あらゆる防衛機制によりそれを防ぐが

まりに大きいショックの際には恒常性維持のために生命活動の停止を選ぶこともあるだろう

http://anond.hatelabo.jp/20120723232813

ブクマコメントの人たちは気づいてて、トラバの人たちは気づいていないみたいだけど、注目すべきは、非リア充リア充サイドにいけるかどうかってとこじゃん。

「きみ呼んだっけ?」の人が彼女を紹介されるまでになったこと。

それでもカップリングが成立するまではなれてないこと。

10から三十路までにすごく変化してような気もするし、これからも変化し続けるようにも思う。

しかし、根は変わってないようにも思う。

http://anond.hatelabo.jp/20120725210622

知り合いの夫婦(妻が学会員)の例だと、

抑えてる点は

親戚知人含め勧誘活動はしない。

選挙応援もしない。

聖教新聞はとらない。

の3点。

もともと勧誘や選挙の類は嫌いだったそうで、「旦那が嫌がるので」ということで突っぱねれて本人も満足だそう。

学会員としての活動で旦那に認められてるのは

お題目を唱えること

支部の会報を受け取ること

の2点。

本尊で猫のオシッコ拭いちゃったりするし、池田大作はやく死なないかなぁって言っちゃったりするライト学会員だったりするけど。

クリエイター支援プラットフォーム「Patrous」テスト公開、開始

Patrous ~ クリエイター支援プラットフォーム

http://patrous.com


Patrousはファンと月額制の支援関係を築くことができるサービスとなっています

クリエイターは支援してくれているファンに対し、コンテンツの先行配信を行ったり、製作過程の裏話などのデジタルコンテンツ提供することができます

現在テスト公開中につき、月額料金の範囲を1,000〜10,000に限定しています

支援機能コンテンツリンクメール配信機能等、必要機能は使用可能となっております

ぜひ、試しにご使用いただければと思います

http://anond.hatelabo.jp/20120724132825

相手側の両親には、「学会員であることで、彼女を不幸にするようなことは決してしません。

家族を一番に考えて行動します。ただ、学会員を続けることことは認めて欲しい。」

ええっ

そんなことってありえるの?

あなた自身は熱心な学会員なんでしょ?

宗教って生活や家族と切り離したり出来ないものだと思うけど。

奥さんや子供に入信してもらわずあなただけ学会員で行くの?

そんなこと出来るの?


あなた学会の扱い方って「実はマニアック趣味がありまして」ぐらいの軽さで

そんな簡単なものじゃない気がするけど。

あなたがやめるか奥さんに入信してもらうかのどっちかしか選択肢はないんじゃないの?


それとも学会が特別な宗教で、特別にそういう性質のものなの?

あなた以外にも夫婦のどっちかが一般人で部分不干渉、でやれてる世帯とかよくあるの?

それ以外にそもそも、学会員コミュニティの中で奥さんが不信心ってことについて

あなたは非難される立場に置かれないの?



一番良くない結末として

結婚前は調子のいいことを言って空約束しておいて

結婚してから困難にくじけたりストレス貯めたりして

結局奥さんや子供に入信を迫る、みたいな展開だけは最低だからね。

http://anond.hatelabo.jp/20120725160524

あと加齢で性欲がなくなってきたってのもあるがw

避けるべきものは知っているが求めるべきものがわからない

なんだか

死ぬのが怖いと死にたくなる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん