「石狩川」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 石狩川とは

2020-10-25

anond:20201023231024

地域偉人と旅先で再会した件

自分のも京都郊外育ちで、田辺朔郎琵琶湖疎水のことは小学校社会時間に教わった。その時は「あとで第2疎水とか作らなアカンようになるなら最初からカンとすごいものを作ればよかったんちゃう?」とかひねた感想をいだいていた。

それから数十年。蕎麦を食べに行った旅先で思わず田辺朔郎と再会することなった。北海道新得町。ここでも難工事の末に石狩川流域の滝川旭川十勝平野を結ぶ鉄道を作っていたのだ彼は(ボス北方国道とのコンビ打ちだけど)。必須インフラを無理して作ったはいいが、後々容量不足となり作り直しとなる経緯まで全く同じことを繰り返していた。

彼は確かに地域の恩人であり、偉大な技術者であったが、同時に神Excelマインドの持ち主であった。そんな知りたくなかったことを知った上で食べる蕎麦はほろ苦いような気がした。

2019-08-19

増田トラバリーの長さと流域面積ランキング(2018年以降)

トラバリーの長さトップ5 阿武隈川天竜川タイプ

禁煙日記増田 /20180308081738

長さ 175 (/20190301235140ほか4つまで)

流域面積 291

ブクマ 1

2018-11-19のしりとり増田 /20181119000441

長さ 109 (/20181119001853まで)

流域面積 110

ブクマ 0

女性から好かれないノンケ男子は生きにくい? /20190618015529

長さ 91 (/20190618131200まで)

流域面積 486

ブクマ 199

「女の流行を異常に嫌悪する男」ってのは遥か昔から一定数いるわけで増田 /20190617091332

長さ 91 (/20190617192124まで)

流域面積 438

ブクマ 0

Amazonプライム上野さんは不器用というタイトルが出ていて(消去済み) /20190226171200

長さ 82 (/20190227171534まで)

流域面積 145

ブクマ 多分0

流域面積(ぶら下がっているトラバの多さ)トップ5 石狩川北上川タイプ

ツイッターのせいで高校から友達が死んだ /20190109004202

流域面積 1077

長さ 67 (/20190109235938まで)

ブクマ 979

せめて「差別ではあるよね」で合意できないのか /20180225105423

流域面積 849

長さ 35 (/20180226014154まで)

ブクマ 944

男性オタクに苛められてたこ絶対に忘れないから /20190324040152

流域面積 701

長さ 16 (/20190325215533まで)

ブクマ 881

しがないキャラクターデザイナーですが /20181101205330

流域面積 644

長さ 21 (/20181103114302まで)

ブクマ 503

おっさんおっさんが大嫌いだし弱い男はもっと嫌い /20190618201336

流域面積 575

長さ 35 (/20190621132753まで)

ブクマ 735

2019-03-04

anond:20190304191642

あータピオカ懐かしい

秋になると石狩川を一斉にタピオカ遡上し来てたわ

河川は禁漁だったけどこっそり友達と捕ってたな

2018-07-19

anond:20180719232554

横だけど

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

2015-08-28

腋汗を抑える風潮

今年は腋汗を抑えるいろいろな製品CMを見かけた。昨年なんかより多くなっていると思う。先駆的製品である腋汗パットを筆頭にいろんな方法で腋汗が服ににじむのを抑えたり、汗のにおいを低減する製品テレビCMに踊った。でもこれでいいのだろうか。トリンドルが腋になんか塗ってるCMがあった。トリンドルが塗ったあれで発刊を抑えられるのだろう。あんなトリンドルみたいな可憐お嬢さんが、腋の汗を強制的に蓋をして良いのかと思う。これって怖いことだ。人間摂理にある種反している。汗、かいたって良いじゃん。仕方ないじゃん。でも21世紀はいえそうはならない。ある民族が成人の儀礼で身体を傷つけるのが当然と同様に、現代日本では腋汗がにおったり服ににじんだりするのは当然恥たるものなのだ。トリンドルのような可愛らしい女性自然の摂理に反して腋汗を科学的な製品で強引に蓋をして、それがさも当然であるかのように可憐CMに登場する。石狩川はかつて蛇行し北海道を流れていたが、相次ぐ洪水開拓の妨げになった。そこで国家石狩川の流路を強引に変えた。石狩川は100キロくらい短くなったんじゃないだろうか。利根川もひどい。強引に水の流れを変えたのが現代で、これは腋にも言えることだ。トリンドルのようなほんとうにふんわりとした3か国後に堪能な可愛らしいお嬢さんのような人物がCMにでて腋に腋から出る汗を抑える科学製品を塗る。これは現代暗渠だし、不自然であるものの何故か日本人はもうそれを当然と思っている。成人の儀礼刺繍をする異民族違和感を持つにもかかわらず、腋の汗を抑えるために何かを腋に塗りたくるのには違和感のないのが日本人なのだ

2008-10-09

妻が第二子を妊娠した。三人目はまずないだろうから、これで最後。

生物として、一定の役割を終えた気がする。

石狩川を遡上したオスサケが、メスの生んだ卵に精子を振りかけて、

終わってふと、あたりを見まわしたような、そんな気分だ。

世界は美しいけれど、俺もいつまでもここにいられるわけではない、みたいな

あと30年は、なんだかんだと泳ぎつづけなきゃいけない。

それでももう、リレーバトンは俺の手から消えてしまった。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん