「ミロマン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ミロマンとは

2022-11-24

同性の親友を好きになってしまったぽい。しかも私はデミロマンティック(すっごい親密になった相手にの恋愛感情持つ)っぽい。毎日時間できたとき連絡しあってお互いの日常を共有して、悲しんだり嬉しかったりを共有してる。ただネットだけの関係で会ったことはない。

思い返すと今まで好きになった相手絶対離れたくない、ずっと一緒にいたいと思った相手は男女問わず親友レベルの仲の良さ、でもやりたいと思ったのは男(私は穴付き)。女とは相手が望むならたぶんできるけどしようとは思わない、くらい。想像して一番ドキドキするのはハグまで。それ以上はいらん。

今まで数年友達としてすごく楽しく過ごしてきた。アラフォー同士(子あり)で、今は子ども第一。私もそれを一番に応援して、絶対子どもたちと幸せ未来を勝ち取ってほしいし、具体的などうしようって話も一緒に話して子どもたちにも私はけっこう大きい存在になってるっぽい。それをずっと維持したい。好きとかそういうので変な風になってほしくない。子どもたちともずっとママ親友でかっこいい存在でありたいし、好きでいてほしい。それは絶対邪魔したくない。

相手は酔っ払ったときに私は絶対裏切らない、私が大好きだと言う。それがすごく愛おしいし私も同じだし私も大好きだ、ずっと一緒にいようと言う。絶対に好きだしそばにいたいし子どもたちが自立したあとは一番にそばにいたい。一緒にくらそっかって冗談か本気かわからん話もする。ただ相手性的ノーマル(私も性的にはそう)、私の好き、が相手の重荷になる、違うと思われるのが怖い。この先私よりも大事相手ができて離れていくのが怖い。でも今のお互いを好きで一緒だ、を崩すのも怖い。ってDTみたいに悩んでる。

来年、会いに行けるようになったら会いに行こうと思ってる。でも今の幸せがそれで壊れないかが怖い。今まで別の相手に会ったってなにも関係性に変化なんてなかったっていうのに。

なんか馬鹿みたいだな。一番近いのに遠い。こうやって書いてる間にあっちから連絡きても普通に話せる。なんなんだろなこれ。

これは深い友情?疑似恋愛恋愛?私はなんなんだ?自分にとっても相手にとっても。わからない。

2021-07-13

ミロマンティックの話

前にも匿名で書いた気がする また書く これを読んだ人に何か思ってほしいとかではなく、吐き出したい

人間関係ってある程度の時間が経つと「あなたわたしってこれくらいの距離関係ですね」みたいなのが安定してくるじゃないですか。たまにそれを乗り越えて近くなったり遠くなったりするけど、いつも距離をはかりかねて毎回初対面みたいになることってだんだん減っていくと思う。

そういうのとデミロマンティックってすごく相性悪いなと思った。相手からしたら友達や知人のこちらが急に「好きです」って言ったら、それってぬいぐるみからペニスが生える喩えとどう違うんだ。性別とか関係なく、「こいつって恋をしてこないよな~」という見切りを受けるくらいの時間を経てから相手を好きになる恋愛指向マジでごめんと思う。言わないようにするしかないんやけども。

相手の思っている形から外れていくことでしか恋やそういう好意的感情を抱けないのって完全に落ち度じゃん、みたいな。どうにかなるんですかねこれ。

2021-06-14

性的指向の話

当方ミロマンティック(どちらかといえばという程度で、クエスチョニングに近いです)、周囲の人間との関係が安定してきたところでより近づきたいと思ってしまうので相手にとっては裏切りだなと思っていつも申し訳ないと思っています。実際に好意を発露するわけではないけれど、自分気持ち問題として。

なんとなくどこかにまとまった文章で書き残しておきたかったのでここに投稿しました、失礼しました。

2020-10-07

まれて初めて人を好きになったら死にたくなった

自分は女の身体を持っている。それだけは確固たる事実である

心に関してはよく分からない。ていうか「こころの性」ってなんだよ。こころは「男のもの」「女のものである以前にまず「その人のもの」ではないのか。

恋人がいない歴イコール年齢だ。誰にも愛されたことがない事実無性に悲しくて泣いてしまう。かといって誰でもいいから愛して欲しいわけじゃない。出会ってものの数ヶ月で恋人にしたいほど人を好きになれる感覚がわからない。検索をかけてみたらなんでもデミセクシュアル、デミロマンティックなんて言葉があるらしい。グーグル先生はなんでも教えてくれる。

2年ほどかけて初めて好きになってしまった女性がいる。ネット上の付き合いがもう3年ほど続いている。彼女にとって私は良き友人であり、私も彼女をそう思っている。彼女とあわよくば恋仲になろうなどとは思わないようにしている。おそらく不可能からであるもっと厳密に言えば自分が意気地無しだからである

ともなればこの恋情はもはや、無用嫉妬自己嫌悪を生み出すだけのただの邪魔者なのだ彼女のことを好きだと感じるほど、彼女特別になれない自我を、今こう感じている自我を殺したいほど憎む。そもそもこんなメンタルヘルス恋愛に向いているわけがなかった。

それでも最近比較的冷静に、一歩引いて見ることができるようになったものだ。これは恋情などではなく彼女が満たしてくれる承認欲求への執着だったのではないか。そう思うのもそれはそれで寂しいけど、もう少ししたらちゃん友達に戻れる気がする。もう苦しまなくてもいい気がする。

そうしたら自分はまた誰も愛さず誰にも愛されない宙ぶらりんの状態に逆戻りだな。そもそも口に出して誰かを愛そうともしないまま自分は誰かに愛されたいなど傲慢も甚だしいとは思わんか。

今後男性女性やそれに属さない人々を好きになる可能性は否定しないけど、たぶん自分は、世間一般的恋愛をできるような人間ではない。私もなんの疑いももたず「彼氏欲しい!」って嘆いてみたかったな。

悲しいね

2020-08-10

anond:20200810135730

仲良くなった相手普通にセックスしてみてーって思ってるし、そういうセックスできないまま死んでいくことになるのかなと思うと辛いから。

あなたたちの言い方で言うと、「腹が減っているから」。

性欲において恋愛セックス欲求につねに先んじる、という理解ならばそれは自分のあり方でしか性が見えてない為だろう。デミロマンティック・デミセクシャルを調べて性の複雑さと多様性を知りなさい。

2019-05-16

anond:20190516173635

いろんな本やコラムを読んで、自分パンセクシュアルでデミロマンティックだと気づいて、すごく楽になった

×気づいた 

洗脳された

こいつ、くたびれはてこみたいなこと言ってんな

anond:20190516090732

わたし若いころは恋愛できなくて苦労した。自分の望むもの普遍的定型とは異なっていると気づいてから、周囲とのギャップにも悩んだけど、いろんな本やコラムを読んで、自分パンセクシュアルでデミロマンティックだと気づいて、すごく楽になった。みんなと違うことも平気になったし、おかげで逆に心から愛する人も見つけられた。

増田も、やり方があってないだけで、誰かを愛したり愛されたりすることはできると思うよ。焦らない事と、自分をよく知ること。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん