「出現情報」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 出現情報とは

2017-06-08

ピゴサ?1秒マップ?便利じゃん、使えばいいじゃん!

1ヶ月前くらいに「ピゴサが日本ポケモンGO衰退を招いた」ってエントリーがあった

http://anond.hatelabo.jp/20170513174300

ここにも書いてあるように、サーチ使わないとポケモンGOは楽しめない

まさにその通りだ!

でも、自分みたいなポケモンシリーズをまったくやったことな初心者もサーチを使うんだよね

その理由ちょっとまとめてみた

理由その1 ジムにいる他のトレーナーに対抗するため

ポケモンGOを始めると、最初ポケモン図鑑を埋めるのが楽しいんだけど、だんだん埋めるのが難しくなってくる

しかも、持っているポケモンがどういう技を持っていて、どのくらいの強さなのか、

持っている複数の同種類の中でどれが一番いいのかっていうのは気になってくる

で、全く知識がない人間がどうしたらいいかって、webサイトで調べるしかないんだよね

攻略サイトをかたっぱしから読んで、ポケモンニックネームメモしてくよね

それでもだんだんやることがなくなってくる

なかなかいポケモン出会えなくなってくるし、起動するのが億劫になるんだよね

あとさっきのエントリーにも書いてあったように、高いCPを持つポケモンジムに多い

そのポケモンに対抗できない限り、楽しみがないんだよね

そんな時にピゴサがあると、一気に楽しくなる!

出現情報だけじゃなく、その出現したポケモンの技と個体値情報もわかるからポケモンを厳選できる

この作者のくくさまは、本当にいい仕事してる

不具合対応も早いしね。。もちろん、アプリ広告収入のためだろうけど

マピノギっていうゲームの時もチートツールを作ってたんだって

最近だと、1秒マップっていうアプリも便利だよね

理由その2 ジムにいる他のトレーナー排除するため

みんなピゴサ使っているからなのか、最近は張り合いがない

いくら自分の持っているポケモン個体値100%だったとしても、ジムに行けば同じのを持っているトレーナーもいる

そりゃ自分個体値100%捕獲できたら、他の人だってとってるはずだ

で、大抵そういうトレーナーは周辺のジムを高い個体値を持つポケモン占領してる

しかも、複数占領ちゃうから困るよね

から排除してる

ポケモンGO公式サイトヘルプセンターに「不適切ゲームプレイの報告」っていうのがある

https://support.pokemongo.nianticlabs.com/hc/ja

そこで、「疑わしいトレーナーニックネーム」にジム占有しているやつをかたっぱしか入力して送ってる

これ、かなり効くみたい

そりゃ、ジムにいるやつなんてサーチツール使って厳選してるんだからNianticがその気になれば簡単にわかるもんね

BANされても仕方ないよね

最近は疲れてても最低1日1ユーザー、やる気がある時は数十件、いやもっと報告してるか

あと近所だけじゃなくて、全国のジムの中で最大CPポケモンを持つトレーナーも報告してる

別に特別技能はいらないよ

だってサーチ使えば、ジムに高個体値ポケモン置いてるトレーナー情報が、いともたやすくわかるから

これがサーチ使う理由その2だね

あ、そうそ

「お前もそのうち報告されるんじゃねーの」って思ってる人に教えてあげよう

ここに書いてる時点で、自分ジムポケモン置くのやめてる

今のところBANされてないし、今後もBANされることはない

てことで、ジムに高個体値ポケモンをおいてる日本トレーナーはBAN覚悟してね〜

2017-05-13

ピゴサが日本ポケモンGO衰退を招いた

追記(7/20 11:27 JST 更新

ピゴサは7/23に閉鎖することになりました

これを受け、新しい記事を書きました

https://anond.hatelabo.jp/20170721112417

以下の内容は古い情報です

-----

ポケモンGOのサーチツールにピゴサというものがある

ピゴサを使うと、モンスター出現情報だけではなく、その出現したモンスター個体値(攻撃力、防御力、HPの値)、技まで表示される

最近その個体値表示は一部制限がかけられたが、ピゴサは効率よく強いレアモンスターをゲットできるチートツール

お台場問題になったラプラス出現事件は、このピゴサが原因だ

増田アメリカに住んでるから日本と台湾しか使えないピゴサは使えない

また、ピゴサのような誰でも簡単に使えるサーチツールは軒並み死んだ

一方、日本だとピゴサが機能制限されつつも生き延びてる

最近ポケモンGOをやってる日本友達アメリカに来た

その友達が言うには、アメリカジムにいるポケモンCP(ポケモンの強さを表す数値)が日本のより明らかに低いらしい

日本公式リリースアメリカよりも遅かったのにもかかわらず、だ

友達が遭遇するジムは軒並み、低いTL(トレーナーレベル)なのにもかかわらず、CPが高いハピナス(トレーナー殺し)、カビゴンカイリューバンギラスだらけ

技も攻略サイトに書かれてる厳選されているものばかりらしい

これって効率よくレアモンスター探せて、かつ個体値、技表示できるピゴサ使わないとできないだろう

その友達もピゴサ使わないと、ジム対応できないからピゴサ使ってるらしいが。。

もちろんポケモンGO運営側対策してないわけではない

現状はいたちごっこだが

しかし、チートツール対策するということは、プログラムを増やすことだ

従って余計な通信量が増え、電池減りが激しくなる事が予想される

サーチツール使えないこっちとしては、ただただ迷惑なんだよね

でも、友達含め日本トレーナー達にピゴサ使うなとは言えない

なぜなら、サーチツールがないと対抗できないか

でも、サーチツール使わないと楽しめなくなってる日本でのポケモンGOの状況はヤバイと思うよ

だってサーチツール存在を知らないトレーナーには敷居が高すぎるから

お台場の件がニュースになりネガティヴイメージポケモンGOについた

ピゴサが日本ポケモンGO衰退を招いたのだ

日本トレーナー達にポケモンGO普通にプレイして楽しめる幸せを分けてあげたいよ

こんな長文を書いてる中、サーチツール作ってる作者は今も更新を続けている

こいつがクソなのは間違いない

てかこいつ、チートツール作成常習犯で、過去にもゲーム破壊してんじゃん。。

http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%8F%E3%81%8F%E3%81%95%E3%81%BE

追記(5/17 0:40 JST 更新

いろいろコメントありがとうございます

いくつか返信したいと思います

"公式マップ上にポケモンを表示していないかしょうがない"

いや、Nearby機能あるから

日本での実装はつい先月だったけど、アメリカでは去年の11月くらいから始まってたし

"ジム戦が10円"

10ジムポケモンおいても、100円でほしのすな5000個だしね

どっちもすぐなくなる。。。

"散歩補助ツールコレクションゲームからなあ"

アメリカも中高年がかなりの数散歩を兼ねてやってるね

ジムトレーニングしてモンスターの空き枠を作ってた時、あるおばあさんがジム付近スマホをいじり出して、

ジムプテラが増えてたのには驚いた 笑

"移動時に起動して、図鑑揃えられたらいいなーと思って続けている"

アメリカ地域限定ポケモンを3匹ゲットできるので、ぜひ!

"外人ガチ勢は身内で組むから基本外に出てこないし、そいつらも野良に出ると好き勝手するからな"

野良の連中は日本と変わらないね

ジム設置の話で言えば、ハピナス5匹カビゴン5匹とか見たことあるしね

CPはまちまちだけど

"日本に住んでない奴が日本ポケモンGOが衰退したとか何言ってんだこいつ感が"

衰退したかしてないかっていうのは、自分の周りでやっているかどうかをSNS電話でわかる

リリース直後は周りの話題にできたけど、今はもう話題にできない(続けている人は少数いるけど)

それに、日本に住んでいるからって、日本ポケモンGOが衰退したってわかるものか?

日本全体で衰退しているかどうかは統計的データを見ない限りわからない

"いわゆる雑魚しか出なくて単調でつまらいから、ライトユーザー雑魚以外を探すためにピゴサを使う。"

雑魚XPタマゴ稼ぎに必要からなぁ。。というのはヘビーユーザー

でも、すぐにレアポケモンが欲しいライトユーザーはピゴサ使っちゃうだろうな

"Nearbyも雑魚発見器だからゴミ。"

レアポケモンでも個体値の低いのは雑魚だという考えなら、Nearbyはゴミだね

少なくとも自分は、ジム戦で使えるポケモンでない限り、個体値は気にしないか

あとよく見る雑魚ポケモン複数周りにいる時、Nearbyだと全部表示されてしま

9枠しかないので、レアポケモンが隠れてしま

これはどうにかして欲しい

"歩いてポケモンを探すゲームなのに不正アプリに頼ってポケモン見つけて歩かず車でGO"

アメリカだとサーチツールはないけど、ポケモンの巣が記載されているサイトはある

けどアメリカは広いので、車を使ってその巣に行くトレーナーもいるね

2016-10-17

ポケモンGO、サーチ機能の今後について

サーチ機能ちゃんとしろしろうるさい奴らが多いし、実際運営はサーチ機能つけるつもりのようだ

個人的にはあんなのなくても構わないのだが

で、せっっかくなので今後のサーチ機能考察

かつては足跡機能っていうのがあった

近づくほどに足跡マークが減っていくので、離れているのか近づいているのかわかるって機能

日本では機能しなかったけどね

この足跡機能をなんでやめたかっていうと、銃殺事件が起きたから、と言われている

レアポケモンが民家の庭に出たら、おかしな輩が不法侵入してくるわけで、住民からしたら恐怖でしかない

当然、銃を持てる国なら自衛のために撃たれることだってあるだろう

まり

不正マップツールでも同じ問題が起きたけど、結局、このゲーム構造上、ピンポイントレアポケモンの出現場所がわかる、ってトラブルの素でしかない

銃撃事件は起きないにせよ、不法侵入での訴訟問題はどこの国でも起き得るし、実際に、ポケモン出現させるならその土地の所有者に金を払えって訴訟も起きている


それでだ

結局こんな問題解決するには、ゲーム構造をガラリと変えるか、変えないのならばピンポイントでわかっちゃいけない、ってことになる

ピンポイントでわかっちゃいけない、ってのは、責任曖昧にするだけで、解決には何もなってないんだけどね

そこで、運営が考え出した第3の手法がこれ、ポケストップ周りのポケモン表示機能

この、ポケストップ周りのポケモンを教える機能にどんな意味があるのか?というと、これはもう重要ファクターひとつしかない

ポケストップ周辺、という場所は、「その周辺の安全性」と、「大勢が集まっても大丈夫場所かどうか」と、「その周辺にレアポケモンが出て人が集まる可能性をその場所の人が許せるかどうか」を運営側が把握できる唯一の場所とも言えるような地点だ、ってこと

まり、民家の庭にラプラスが出ればトラブルが起きる

しかし、国道沿いのマクドラプラスが出ても、マクドが混雑するだけ、ってことになる

マクド安全場所だし、マクドに人が集まっても構わない

からこその、ポケストップ周辺限定出現情報開示なんだと言える

そして、その他何もないところのレアポケモン出現は、今まで通り探索能力の長けた人だけが見つけて、訳のわからない多人数が集まることなくなる、という期待だろう

自力で探索できる人は少人数だし、良識もある、という信頼があるのかどうかは知らないが


そこから、今後の展開を予想

1. ポケストップ周辺の出現情報開示は、スポンサーポケストップ周辺に限られる可能

どこのポケストップ周辺も安全か、人が集まってもいいか、と言えば絶対にそんなことな

特に都会のポケストップ密集地域では無理

そこで、スポンサー側に、ポケストップ探索機能で表示されていい店舗だけリストにしてもらい、そこだけが探索対象になる、というのは、一番簡単ですごくありそうな線と思う

2. 運営側ポケストップ周辺の安全性を調べられる何かをすでにしている可能

上述の通り、どこのポケストップ周りも探索対象にできる訳じゃない

そこで、人の交通頻度や、出現ポケモン捕獲状況、そのポケストップの回され具合なんかのデータから、そのポケストップレアポケモン出現の公開に耐えられるかどうかを判定するシステムをすでに開発中である、というのはありそうなところ

アメリカでの試験がやたら長いのはこれで、安全性等の判断に使えるデータ収集がうまくいっているのか、実際に安全トラブルは起きていないか、なんかを解析している時間なんじゃないか、とも思える

自動安全ポケストップ選別ロボットが完成しない限り、全世界でのポケストップ周辺の出現情報開示機能は導入されることはない、と言えるだろう

3. 無策のまま、なんとなく導入

何のトラブル回避にもならないし、誰の利点にもならないし、無能過ぎる、ってことになる

さすがにこれはないだろう


というわけでだ

ポケモンを捕まえる上での利点のようなものは正直、ポケモン探索に熟練したトレーナーからすると恩恵は低いように思う

トラブル回避策と、集客力アップを兼ね備えた策なのかな、というふうに見えるかな

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん