「Impress Watch」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Impress Watchとは

2019-09-18

Suica vs PayPayの結果はもう見えてる

ちきりんは2019/2/24記事で、Suicaの盤石さを書いてた。

2019年 日本のキャッシュレス決済事情 - Chikirinの日記

ツイートからも、Suicaへの愛とQRコード決済の不便さへのいらだちが感じられる。

https://twitter.com/search?q=from%3Ainsidechikirin%20suica&src=typd

ちきりんブログ記事から7ヶ月が経過したPayPayの現状。

PayPay「スーパーアプリ」を目指す。決済から全てをPayPayに - Impress Watch

店舗数はすでにPayPayがSuicaを抜き、決済回数の月間4000万回は、Suicaの月間2億回の1/5程度。年内には半分程度になりそう。

ちきりんに言わせればこれはバラマキの結果に過ぎないのだろうが、本質はそうじゃない。

キャッシュレス戦争の構図がわかっていない、ちきりんマーケット感覚心配だ。

ビジネスモデル

Suica店舗から手数料で儲けているのに対し、PayPayやLINE Pay手数料無料または限りなく小さくして、広告金融など、それ以外のところで儲けようとしている。インターネット企業の得意パターンだ。

既にSuicaを導入している店舗も、手数料無料の決済を多くのユーザー選択するようになったら、売上の数%もの手数料Suicaに渡すのを馬鹿馬鹿しく思うに決まってる。

使い勝手

中核である決済機能Felicaの方がQRコードよりはるかに便利。でも個人間送金や請求書払いなど、電子マネーとしての機能は、インターネット陣営(PayPay、LINE Pay)がどんどん便利になっていく。

決済の瞬間だけでなく、周辺のあらゆる機能の便利さの戦いになっていく。エンドユーザー側だけでなく、店舗側に提供する機能重要だ。

そうなると意思決定スピードや、いかに早く開発して改善できるかが勝負インターネット企業と、システム開発外注している鉄道会社のどちらが勝つかは明らかだ。

決済方法

既存サービスユーザーQRコード決済の不便さを馬鹿にし、JRが「やっぱりSuica」だとCMを打っているうちに、不便なQRコード決済が新しい価値提供して市場を席巻するという、イノベーションのジレンマのような状況になっているのは面白いしかしこの状況は一時的ものだろう。

PayPayやLINE Pay別にQRコード決済を普及させたいわけじゃない。店舗を獲得するのに便利だっただけだ。

iPhoneでもNFCが使えるようになるから、これからタイミングを見てスマホ同士のNFC決済が導入されるはず。

LINE Payは以前から、PayPayも7月店舗向けアプリリリース済みで、スマホ同士のQRコード決済は既にできるようだ)

決済方法アドバンテージがなくなり、使える店舗数でも使い勝手でも見劣りする状態になったときに、Suicaが勝てる方法があるだろうか。

今後の予想

ということで、Suicaが盤石なのは駅ナカだけ。

今更、手数料無料ビジネスモデルSuicaが構築できるはずもなく、使い勝手インターネット企業と同じスピードで開発して改善できるわけもなく、Suicaはもう打つ手がない。

そもそもSuica事業JRの中では小さな副業みたいなもの。誰も本気になってキャッシュレス市場を抑えようとは思ってない。

いずれ街ナカ店舗Suica離れがはじまりSuica駅ナカだけで使える決済方法になるだろう。

2016-06-06

膨大なブコメ資産が失われた問題

Impress Watchリニューアル(http://www.watch.impress.co.jp/20th/)した。

サイトの見辛さ等は既に語られている事なので割愛するが、

記事URL構造過去記事も含めて変わってしまった事はあまり知られていない。

例えば、以下の記事は次に示すURLリダイレクトされる。

はてななどの各社担当者自作サーバーノウハウを紹介 -BB Watch変更する

http://bb.watch.impress.co.jp/docs/news/20091126_331459.html

http://bb.watch.impress.co.jp/docs/news/331459.html

上記の記事は471usersを集めているが、

リダイレクト先は勿論0user、つまりブクマ無しとなってしまう。

せっかく記事を見つけてブコメも閲覧しようにも見られないのだ。

ではImpress Watchの全過去記事が新URLになっているかと言うとそうではなく、

調べるとPC Wacthでは2009/04/08の記事から変更されているようだ。

リダイレクトされない

富士通フロンテック「FLEPia」試用レポート

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0407/fujitsuf.htm

リダイレクトされる

Acer、初のNVIDIA IONベースの超小型デスクトップAspireRevo

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0408/acer.htm

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/110556.html

まり2009/04/08〜2016/06/01の7年2ヶ月のブコメ簡単に参照できなくなった。

これは膨大なブコメ資産が失われたと考えている。

同様の問題Wikipediahttps化の時も発生している。

Impressと言えば新聞社等のニュース配信と異なり、過去記事も削除されることな

長期保存(最古は96年4月:http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/960417/index.htm)されているので

その事実にはただただ感謝するしかなく、今回のURL変更に文句を言うつもりもない。

ただWikipediahttps化の時と同様の話ではあるが、

比較的規模の大きなサイトURL構造を変更してリダイレクト対応を行った際には、

はてなブックマーク運営側においては別URL提示を示す等の対応を行って頂きたい。

(詳しく知らないが、これは過去はてブデータベースに対して何らかの書き換えや追記等の作業が発生するかもしれない)

はてな運営要望しても無駄なのは知ってるけど。

2016-06-01

Impress Watchリニューアルはクソ

Impress Watchがサイトリニューアルしたらしい。が、スマートフォン・タブレットを主体にしたせいなのか、PCから見るとかなり見づらい。なぜ見づらいのか。

  • 画像と文字が大きくなりすぎて1画面に表示できる記事が大幅に減った。縦長ディスプレイ前提?
  • 左カラムにあった記事一覧が右側に移動、その上数が減っている
  • 特別記事、コラム記事が区別しづらく見える
  • 上部のヘッダーが大きすぎる。~Watchとかはともかく、出版本別に増やすのどうなの?
  • 上部のヘッダーのうち、スクロールしてもついてくるカテゴリ一覧が邪魔。右上に「カテゴリ」「検索」アイコンがあるんだからそれで十分だろ
  • JavaScript無効化すると画像が表示されない
  • 既読リンクの色が変わらない

横長モニターを使ってるPCでは読みづらい。特にヘッダー部と1画面に表示できる記事が大幅に減ったのはクソ。

記事の高い一覧性という特徴をつぶしてまでリニューアルする必要があったのか?その特徴に気づいていない担当者がやっちゃったんだろう。誰だよこんなデザインでGoサイン出したやつ。

読み手のこと考えてんのか?

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん