「旅客船」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 旅客船とは

2017-06-22

https://anond.hatelabo.jp/20170621202009

旅客船に乗ったら冴えないオッサン眼鏡小学生JKが騒いでた」「お前死ぬわ」

みたいな?

2014-05-19

リベラルの「あること」への批評性のなさが右傾化の原因

内田樹が言っている。だから韓国が謝ったと感じるまで謝りつづけないといけないのだろう。

しかし、今回のセウォル号事故の件で、彼らが認める「謝罪」のハードルがいかに高いかはじめて知った人もいるだろう。

大統領がここまでしないといけないのだから

韓国朴槿恵パク・クネ大統領は18日、ソウル明洞大聖堂で行われた旅客船沈没事故犠牲者と遺族のためのミサに出席した。1000人以上が出席したミサが開始された直後、朴大統領は「私のせいです。私のせいです。私の大きな過ちのせいです」と叫んだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/18/2014051801732.html


僕は内田樹に対してある面ではその知見に深い尊敬を抱いている。

しかしながら、彼をはじめとするリベラル派の的外れで非現実的物言いに対する違和感や反発を持つ人が多いのは、これではしょうがないのではないか。

フランス右傾化は「彼らの真意ではない」と言いつつ、日本嫌韓を叩いて憂さ晴らししてる場合ではない。

リベラル派がこんな体たらくから、今回の馬鹿みたいな解釈で進められている集団的自衛権の話でさえ、反対が盛り上がらない。

すべて、これまでのこのようなリベラルに対する不信感が蔓延してしまっているのが原因なのだ

彼らは、日本右派に対して向ける批評性を、中国韓国に向けることはない。なぜか。おそらく「右派」に見られたくないからだ。右派と一緒になりたくないからだ。

それでは、他国に向ける厳しい目を自らに向けない糞みたいな右翼と表裏一体の存在ではないか。

同様に、慰安婦問題に関して日本批判する人たちが、同じ熱量韓国政府慰安婦制度批判し議題に上げる場面を見たことがない。

アメリカリベラルにはC.Sarah Sohのような存在いるから、これはリベラルのもの問題ではなく、日本リベラル問題であると思う。

安倍危険性を論じる熱量で、中国人権侵害危険性や韓国社会の歪みを論じなければ、リベラルに対する不信感が解消されることはない。

ここ最近嫌韓化は注目され批判されても、ここ10年での台湾に対する関心度や好感度の上昇はリベラルからそれと結び付け政治的に語られることはない。

下記は内田樹の鋭い論考であるが、彼はこの論点から日本アメリカ批判することはあっても、韓国対象コラムを書くことはないのだ。

被害者意識を持つ」というのは、「弱者である私」に居着くことである

「強大な何か」によって私は自由を失い、可能性の開花を阻まれ、「自分らしくあること」を許されていない、という文型で自分の現状を一度説明してしまった人間は、その説明に「居着く」ことになる。

もし「私」がこの説明を足がかりにして、何らかの行動を起こし、自由を回復し、可能性を開花させ、「自分らしさ」を実現した場合、その「強大なる何か」は別にそれほど強大ではなかったということになる。

これは前件に背馳する。

それゆえ、一度この説明を採用した人間は、自分の「自己回復」のすべての努力がことごとく水泡に帰すほどに「強大なる何か」が強大であり、遍在的であり、全能であることを無意識のうちに願うようになる。

自分の不幸を説明する仮説の正しさを証明することに熱中しているうちに、その人は「自分がどのような手段によっても救済されることがないほどに不幸である」ことを願うようになる。

自分の不幸を代償にして、自分の仮説の正しさを購うというのは、私の眼にはあまり有利なバーゲンのようには思われないが、現実にはきわめて多くの人々がこの「悪魔の取り引き」に応じてしまう。

被害者である私」という名乗りを一度行った人は、その名乗りの「正しさ」を証明するために、そのあとどのような救済措置によっても、あるいは自助努力によっても、「失ったもの」を回復できないほどに深く傷つき、損なわれたことを繰り返し証明する義務に「居着く」ことになる。

もし、すみやかな救済措置や、気分の切り換えで「被害」の傷跡が癒えるようであれば、それは「被害者」の名乗りに背馳するからである

「私はどのような手だてによっても癒されることのない深い傷を負っている」という宣言は、たしかにまわりの人々を絶句させるし、「加害者」に対するさまざまな「権利回復要求」を正当化するだろう。

けれども、その相対的「優位性」は「私は永遠に苦しむであろう」という自己呪縛の代償として獲得されたものなのである

自分自身にかけた呪い」の強さを人々はあまりに軽んじている。

http://blog.tatsuru.com/2008/05/13_1156.php

2014-04-28

仕様です

韓国旅客船沈没事故で乗客より先に逃げた船長と船員がめっちゃ叩かれてるけど、

自分がもし同じ状況になったとき自分の命を犠牲にして乗客を逃がすことができるか?

俺は「絶対にできる」っていう自信がない。

もちろん、正しくはそうするべきだろうし、自分もそうありたいと思ってる。

でも、いざそんな状況になったときに、怯まないか。逃げずに使命を全うできるか。

自信がない。逃げてしまうかもしれない。

なので安易に非難できない。

もちろん擁護されることではないけれど。

叩いてる人たちは自分がそういう状況になったとき、「絶対に逃げない」って自信があるんだろうか?

みんなそんなに強いんだろうか?


船長や船員ってのは人の命を預かる特別職業から、一緒にするのは違うかもしれん。

でも、人の命を預かるような大変な仕事でなくても、みんな自分仕事にちゃんと誇りと責任感をもってる?

結局、同じだと思うんだ。

この前、こんなことがあった。

銀行ネットバンキングを使っていて、実際にその日は入金があったのに、「入金がありません」というメッセージが出た。

サポートに問い合わせたら、「それは仕様です」と言われた。どんな仕様だよそれは、って話だ。

でもこれ、よくあることだよね。

マイクロソフトサポートなんかでも散々言われたことがある。

どう考えてもおかしな動作してるのに、「仕様です」。

これ、言ってるヤツは恥ずかしくないのかな。自分仕事に誇りもってないのかな。結局、保身じゃないか。

沈没事故の船員と同列では語れないかもしれないが、根幹は同じだと思うんだ。

明らかなバグ不具合のことを「仕様です」と答えたところで、人は死なないかもしれん。大ニュースにもならんさ。

でも同じだよ。そう答えさせる企業も、答える従業員も。

人は死なないけど、おまえらそれを、『仕様です』と答えてることを、自分恋人家族に胸を張って言えるか?

別に仕様です」なヤツらに限定した話じゃない。

どんな職業、職種だったとしても、みんな、どれだけ自分仕事に誇りと責任感を持ってる?

俺は自信をもって、「持ってる」と言えない。

から安易にあの船の乗組員たちを叩けない。

2014-04-22

韓国の反応】日本韓国要請があれば自衛隊掃海艇派遣する」→韓国人「(震災とき日本から要請がなくても人材を送り機材を惜しみなく送ってあげた韓国…」【客船沈没

客船沈没>「韓国要請があれば自衛隊掃海艇(そうかいてい)を派遣する」

東京=聯合ニュースキム・ヨンス特派員

小野寺五典日本防衛相は18日、韓国要請があったら、海上自衛隊掃海艇ダイバーなどを派遣する準備があると明らかにした。

彼はこの日、記者団に「現段階では(韓国の)要請はないが、要請があれば速やかに対応する」と付け加えた。

共同通信によると、安倍晋三首相は同日の閣僚懇談会で、「韓国要請があれば対応できるようにせよ」と閣僚に指示した。

引用ソース

http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=001&aid=0006869543&date=20140418&type=1&rankingSectionId=104&rankingSeq=8


韓国人コメント

・誠意はありがたいが、福島原発に気を使ってください~

共感925非共感78

・↑原発事故でわかるように、韓国よりも劣った奴らに誰が来てほしい??

犬も笑う~!

・↑ 今回の事故をあざわらった日本のやつら…

チョッパリたちの助けは必要ない。

・↑日本は他国の内政干渉しようとせず、静かに取材して、事件を報道していればいい。

内政干渉しないでください。

・↑情けなくて無能で実力と能力もない政府と救助隊員たちが、もしヤンキーと猿の支援を受けたら、プライドもなくて良心もないということだ。

国民が見守っているなかで、猿の餌にかぶりつくような愚かでくだらない話をしないでください。

日本に助けてもらおうとするイルパは共産主義者である

・↑ただ道義的に助けてくれると言ってるかもなのに、厭世家たちが多くて…恥ずかしい。

・↑自衛隊自衛してろ。

・↑他人の不幸に自衛隊を送って、実利だけを取りまとめようとするお前たちの野心に唾を吐いてやる。

地獄に行け~

・こっそり集団的自衛権を主張しようとして、これを行うのですか?

皆知っている。

共感759非共感50

・↑ 私たち大韓民国東方礼儀の国だ。

学ばず、卑しくて、利益のために友を裏切ったり、利用して詐欺をしようとするような民族ではないという話だ。

ここで自尊心を曲げて日本に助けを受けて利益を得ようというやつは、明らかに卑しい家のやつらだ。

これは自尊心が傷つけられる助けだ。

受け入れれば自尊感が傷つく。

・ただチャンスを利用したいだけの倭寇たち。

過去も今も変わらないということに拍手を送る。

共感717非共感56


・ (震災とき日本から要請がなくても人材を送り、機材を惜しみなく送ってあげた韓国

共感666共感58

・↑あいつらに派遣させてはいけない!

派遣によって、憲法改正軍事力増強をしようと脳内妄想をしているやつらだから

・↑国家間では、助けられる側の国が許可を出さな場合、海を越えて不正に助けに行くことができません。

・↑どうせ後に日本利益がなるから派遣しようとしてるんだ。

日本軍を鳴梁海戦があった海に送ろうだと?

消えろ自衛隊

共感639非共感47

* 鳴梁海戦=慶長二年(1597年)9月16日日本水軍朝鮮水軍の間に起こった慶長の役における海戦の一つ。

支援を受ければ問題が起こるに一票!

共感179非共感19

倭寇は信じられない。

お前たちの助けなどいらない!

米国中国英国支援は受けても、倭寇たちの助けは拒否する。

共感147非共感22

・↑中国も信じることができません。

・船の建造技術韓国日本よりの上だ…日本韓国より優れていません…

民間支援ではなく自衛隊を送るというのは、日本自衛隊軍隊化しようとする目的に利用しようとするものである

共感104非共感15

・↑掃海艇が何なのかを知らない無概念グクポン。

世界最高の掃海艇技術で、最も多く掃海艦を保有してるのが海上自衛隊だ。

*グクポン=国+ヒロポン愛国中毒・無条件愛国主義

・↑船の建造技術日本より上?

受注量が上だ。

国内の造船は、エンジンをことごとくドイツから取り寄せていて、船で最も重要な部位である底辺はすべて新日本製鉄から輸入して使っていることを知ってから言え。

日本の受注量が世界第3位の理由は、技術力がないからではなく、値段が高いからだ。

から価格が安い我が国の造船会社が受注量1位なんだ。ただそれも最近中国に押されている。


・小細工するな。

他人の不幸を口実にして、自衛隊派遣

本当にどうしようもない。

共感80非共感7

・先例を残すチャンスを逃さないな。

抜け目のないやつら。

共感68非共感7

掃海艇ダイバーは、私たちにもある。

おまえたちは、ただ福島に専念しろ

共感63非共感10

日本人たちは、口だけだから迷惑

嘘だけだから、助けてもらいたくない。

野心を捨てない恩知らずな奴らだ。

共感50非共感5

自衛隊が来ても来なくても、船のなかに潜るのは韓国ダイバーたちだ。

米国日本中国のやつらは、絶対に海にダイビングなんてしない。

命をかける覚悟がないからだ。

正直来ても必要ない。

チョッパリどもは、これで世界宣伝したいだけだ。

共感48非共感5

自衛隊お荷物になるだけ。

共感49非共感7

・消えろ!日本自衛隊

貴様の下心を知らないと思ってるのか。

共感47非共感5

・本当に申し訳ないが、日本には助けられたくない。涙

私たち水域日本軍人が来るということ自体がとても恐ろしいです。涙

共感43非共感8

倭寇たちが李舜臣将軍に犬粉砕された聖地に、日本軍艦でやってくるだと??

共感39非共感4

日本には気をつけなければならない…

日本支援したことを名分にして、後により大きなことを要求する可能性がある…

共感29非共感6

無知なやつらだ…

韓国の悲しみを利用して、自衛隊正当性を築こうとする浅い策略。

あいつらが準備して韓国海域に到着するまでに、生存者が持ちこたえられると思うか?

ただ政治ショーだ…

共感21非共感3

・やっぱり狡猾さの象徴日本

共感22非共感6

・このチャンスを自衛権正当化に使いたいという下心が見える。

共感19非共感4

日本猿たちには絶対に要請しないでください。

必ず後頭部を殴る(裏切る)奴らだ。

米国中国要請すればよい。

死んでも信じられない奴らが日本の猿たちです。

共感19非共感5


残念ながら韓国掲示板パーッとさらえば普通にこんな感じです、いつも


旅客船転覆事故】「日本人の誇り」を忘れた日本人たち

http://hirorin.otaden.jp/e312078.html

自分が悪口を言いたいがために、韓国人日本の悪口を言ってくれることを期待してんじゃない?

いや、実際に言ってます

言いまくってます

まあ山本弘さんもそこでとりあげられてる日本人達も

韓国掲示板さらえる程度の韓国語力は持ってないんでしょう。

それがよかったのかわるかったのか…

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん