2020-07-19

ちきりんGoToキャンペーン 記事について 【 再改訂版

 ちきりんGoToキャンペーン解説記事について、別ページに記した。

  → ちきりんの GoToキャンペーン論

 

 この記事は書きなぐった文章なので、批判を浴びた。そこで、改めて書き直す形で説明する。

 

 ※ 前半については、わかりやすくするため、再改訂しました。

 

 ──

 

 ちきりん記事こちら。

 → Go to キャンペーン大混乱について

 ※ ちきりん記事は、「なぜ GoToキャンペーンを強行するか」について、役人視点から解説したものだ。しかしそれでは、役人の都合が書いてあるばかりで、国民視点がないので、国民視点から物事をとらえ直す。

 

 資金投入の効果

 

 ちきりん記事の最大のポイントは、次のことだ。

 「1兆円を補助金にして、個人客の2兆円を引き出せば、3兆円の効果が出る。それは経済的効果である。一方、1兆円を観光業界に直接給付するのでは、1兆円の給付で、1兆円の効果なので、あまり効果的でない」

 つまり、「1倍に対して3倍の効果があるから有効だ」というわけだ。

 

 具体的には、次の記述だ。

 

コロナ対策費として、その 1兆円をそのまま旅館支援金として給付しても、旅館収入は 1兆円にしかなりません。

 

しかし、

 

国が1兆円を使って旅行費の3分の1を補助すれば、旅行に使われる費用の総額は、

国が出す 1兆円 + 個人旅行費として負担する 2兆円 の合計 3兆円となります

 

この場合旅館側には 3兆円の収入が入ります

 

まりこの方法なら「税金は 1兆円しか使わずに、3兆円分の支援をすることが可能」になるわけです。

 

 これは、もっともらしいが、売上げと利益区別できていない。

 ちきりんの言うようになったとしても、その3兆円は、売上げだ。売上げの全部が所得になるわけではない。そのうちの大半は、原価となって、外部に流出してしまうからだ。

 

 ちきりん説明では、「1兆円を投入して、3兆円の効果が出る」というふうに説明しているが、それで増えるのは売上げであって、所得ではないのだ。ちきりんは「収入」という言葉を使って、売上げと所得混同している。だが、売上げとしての「収入」がたくさん増えても、所得としての「収入」はたいして増えないのだ。

 

 ──

 

 だが、それにも増して、もっと重要なことがある。それは「レバレッジ比率が小さい」ということだ。ここが、このキャンペーンの最大の問題だと言える。

 

 たとえば、補助率が 20% であれば、1万円の補助金で、5万円の支出が生じるからレバレッジの倍率は5倍となる。これならば、たしか有効政策となるだろう。私も反対しない。

 

 ちきりん説明では、1万円の補助金で、3万円の支出が生じるからレバレッジの倍率は3倍となる。(補助金割合33である。)

 「これならばそう悪くはない」と思う人も多いだろう。しかし、レバレッジの倍率が3倍であるというのは、嘘であるちきりんモデルは、嘘である

 

 GoToキャンペーンレバレッジ倍率は、何倍か? 2倍である。たったの2倍である

 モデル的に言えば、観光業者は、政府から 100万円分の支出を受けるが、その支出を、100万円の現金でもらうかわりに、200万円の売上げ増をもらうだけだ。

 

 この点を根本的に勘違いしている人が多い。たとえば、「京都某所で旅館を営んでいます」という人が、現金給付について、「多少の現金もらっても焼け石に水ですわ」と述べている。

  → 京都で観光業を営むものです。Go toが東京除外で

 

 だが、「 100万円の現金給付をもらっても焼け石に水であるとすれば、「 200万円の売上げ増加」があったとしても、「焼け石に水」以下でしかない。「 200万円の売上げ増加」のうち、原材料費光熱費100万円を支払ったら、残りは 100万円。そこから人件費を払ったら、あとはもう何も残らないだろう。(固定費もまかなえない。)

 こんなことをするくらいなら、従業員を全員解雇した上で、給付金の 100万円をもらうだけの方が、よほどマシだ。それならば、固定費ぐらいはまかなうことができる。

( ※ あるいは、営業しないで、休業補償の形で、従業員給料を国に払ってもらえばいい。この場合も、固定費ぐらいは払える。)

 

 ──

 

 さて。以上の話の眼目は、「レバレッジ倍率が3倍でなく2倍でしかない」ということだ。以下ではこのことを説明しよう。

 

 まずは、GoToキャンペーン制度を正確に知る必要がある。情報は下記にある。

  → Go To Travel キャンペーンは7月22日から!その内容は? | LINEトラベルjp 旅行ガイド

 

 ここで示されたモデルは、2名で4万円。1名2万円。

 これに対して、政府補助金は、宿泊に 7000円の割引で、地元消費に 3000円のクーポン券。合計で1万円。

 このとき政府支出は1万円。宿泊施設の売上げは2万円。地元商店の売上げは 3000円。合計、2.3万円。

 すると、「レバレッジ効果は 2.3倍だろ」と思うだろう。確かに、全体としては 2.3倍だ。しかし、宿泊業者に限っては、宿泊費の2万円をもらえるだけだから、2倍なのである

 

 たとえば、先の京都旅館業者は、「政府から 100万円を直接もらっても焼け石に水から、500万円ぐらいの売上げ増加があった方がいい」と思っているのだろう。しかしそれは「捕らぬタヌキの皮算用である。実際には、「政府から 100万円を直接もらう」ことのかわりは、「客の売上げが 200万円だけ」なのである100万円の利益所得)を得るかわりに、たったの 200万円の売上げ増加があるだけなのだ

 

 ──

 

 では、どうしてこういう「当てはずれ」みたいなことになるのか? 換言すれば、どうしてレバレッジの倍率が著しく低いのか? そのわけを言おう。

 レバレッジの倍率が著しく低いのは、このキャンペーン目的が、「観光業界の支援」ではなく「金のバラマキ」(票の買収)であるからだ。

 人々は、GoToキャンペーンを「観光業界の救済のため」と思っているのだろうが、本当はそうではない。そのことはレバレッジの倍率を見ればわかる。このキャンペーン目的は、あくまで「金のバラマキ」なのである。それで票を買おうとしているわけだ。(だからこそ、買収のために、割引率を上げようとする。今回は割引率が 50%にまで上がっている。)

 そして、その分、損をするのが観光業界だ。本来ならば自分たち100万円をもらえるはずなのに、現実には、得をするのは客ばかりであって、観光業界は 200万円の売上増加だけで、お茶を濁されてしまうのである。(割引率が高ければ、レバレッジ倍率が下がるからだ。)

 

 《 注 》

 さらに、別の面がある。GoToキャンペーンで1兆円を払ったからといって、それで3兆円の需要が丸々増えるわけではない。(1兆円は純増にはならない。)

 そもそも「このキャンペーンがなければ需要ゼロになる」というわけではない。「コロナ収束すれば旅行をしたい」と思っている人は大勢いる。そういう人は、キャンペーンがあってもなくても旅行をするのだから、「キャンペーンによって増える純増の分」は、3兆円にはならないのだ。純増の分は、おおざっぱに、半分ぐらいだろう。

 この分を差し引くと、実際には、1.2兆円の増加にはならず、その半分の 0.6兆円ぐらいの純増に留まりそうだ。

 

 ※ 一方、直接給付ならば、1兆円は丸ごと純増となる。

 

 ──

 

 では、正解は何か? ここで、私の推奨を示そう。それは、「直接給付をせよ」ではなく、「5倍のレバレッジにせよ」だ。

 先に「 GoToキャンペーンよりは直接給付の方がマシだ」と述べたが、それは「直接給付が最善だ」ということを意味しない。

 先の比較あくまで、「直接給付と2倍のレバレッジのどちらがマシか」という比較であって、「2倍のレバレッジよりは直接給付の方がマシだ」と結論した。

 ただし、最善の策は、「直接給付」ではなく、「5倍のレバレッジである。(つまり割引率 20である。)……これを私の結論としておこう。

 ※ 割引率 20%では、すぐには埋まらないだろう。だが、別に、すぐに埋まる必要はない。そもそも「夏の時期だけに観光客が急増して、秋以後はガラガラになる」というのでは意味がない。長期的に少しずつ、客が増えればいい。だから、割引率 20% でも足りるのだ。しかも、レバレッジが5倍だから、2倍のときよりも、総額は 2.5倍に規模が拡大する。

 ※ 地元クーポン必要ない。それよりは、投入資金を値引きに集中して投入する方がいい。そのことで、割引倍率を高めれば、その分、客が増える。たとえば、レバレッジ倍率が5倍なので、客が大幅増になる。そうなると、いちいち地元クーポン提供しなくても、地元経済自然に潤うはずだ。(地元クーポンを使っても、現金払いがクーポン払いになるだけで、実質的な軽波及効果ほとんどないだろう。つまり地元クーポンは、ただの無駄。)

 

 《 蛇足

 「いきなりレバレッジ5倍論を出すな」

 と言われそうだ。済みません。レバレッジ5倍論は、前の記事改訂前)の最後にも記していたのだが、本記事では唐突に思えそうだ。

 ただ、それは仕方ない。本記事は、「レバレッジ2倍の GoToキャンペーンは駄目だ」と否定することが目的であって、「代案を出すこと」は目的ではないからだ。

 しかし、代案を出さないと、「直接給付こそが最善だ」という主張だと勘違いされかねない。そこで、代案としての「5倍論」を出すことにしたわけだ。

 唐突に見えるとしたら、ごめんなさい。

 

 なお、「レバレッジ5倍論」とは言っても、私は「今すぐやれ」という主張ではない。「やるなら、あとで」という主張だ。

 

 ──────

 

 以下では、ちきりんの論旨に従って、個別に論じる。

 

 1.なぜ今、こんなキャンペーンをするのか? もっと後でもいいのでは?

 

 「今すぐやらないと死んでしまう」というような解説をしているが、それは、今でなくて将来でも同じだ。今すぐ死ぬか、二カ月後に死ぬか、半年後に死ぬか、どっちでも同じだ。

 つまり、「今すぐやったとしても、どっちみち秋には死んでしまう」というふうになる。秋には第二波が襲いかかってくるからだ。10月以後には、客が激減するだろうが、そのときにこそ、政府支援意味がある。

 ひるがえって、7月と8月は夏休み需要があるだけ、まだマシだ。比較的マシである夏休みの時期に政府支援をしても、あまり意味がない。

 どうせなら、状況のひどくなる秋以後に支援するべきだろう。(今は感染者の減少の方を狙うべきだ。その方法は下記。)

 

 9 今回のゴタゴタの一番の問題

 

 根源的には、GoToキャンペーンは、一切必要ない。最優先の課題は、感染者数を減らすことだ。

 感染者数が大幅減少した水準(5月25日から6月24日の水準)をずっと維持していれば、GoToキャンペーンなんかやらなくても、夏休みには自然に大量の観光客が戻る。1円も使わないで、3兆円以上の効果が出る。

 そして、そのために大切なのは、「感染を減らすこと」という目的を実現する手段である。それは、「多人数会食の禁止」と「マスク義務化」だ。この双方を実施すれば、東京都でも全国でも感染者は激減するだろう。以前の水準に戻すことも可能だろう。

 

 しかるに、現実には、この双方が実施されていない。そのせいで、感染者数が急増する。こんな状態GoToキャンペーンをやっても、「旅行すれば、旅行先で感染する」と思う人が、怖がって、旅行したがらないだろう。出した金が無駄になる。

 

 そもそも GoToキャンペーンは、一切必要ないが、仮に実施するとしても、コロナ収束したあとのことだ。それならば、人々が安心して旅行に行けるので、金を出したこと効果がある。

 実際、政府はもともと「コロナ収束したあとGoToキャンペーン実施する」と言っていたはずだ。その当初の方針をひっくり返して、「感染拡大のさなGoToキャンペーン実施する」というのは、狂気の沙汰というしかない。

 

 4.東京だけ除外しても意味がないのでは? 神奈川千葉埼玉の人も、多くが東京への通勤、通学者のはず

 

 ちきりんは何やら弁解しているが、「経済を回すこと」ばかりを優先して、「感染の拡大を止める」ということをまったく失念している。

 

 安易GoToキャンペーン実施すると、日本中コロナだらけにしかねない。すると、緊急事態宣言ロックダウンにして、経済を全面ストップさせることになりかねない。そういうことになったら、日本は大損だ。

 目先の GoToキャンペーン利益にばかりとらわれて、将来訪れる大損害に気づかない。これでは、 損じゃね? 

 

 


 

 【 関連記事

 https://anond.hatelabo.jp/20200718000431

 https://j.mp/3h9cNMD

 


 

 【 追記

 ブコメへの回答。

 

redra22 「わたしが言ってるんじゃなくて政府役人はこう考えてます」という逃げ道を作ってるちきりんの手のひらからは逃げ切れてないなあ。

 本記事は、ちきりん批判したいわけではない。批判対象は、ちきりんではなく、GoToキャンペーンのものです。

 政府GoToキャンペーンを推進して、ちきりんがその正当性解説している。ここで、政府ちきりん批判するのではなく、GoToキャンペーンのもの批判しているのが、本記事です。

 本記事結論は「政府けしからん」「ちきりんけしからん」ではなくて、「 GoToキャンペーンをやめよ。かわりにコロナ対策をせよ」です。

 

hankatsuu 「本来の「観光業支援」とは別の分野に流れるわけだ。」それ、駄目なの?

 ダメじゃないけど、効率が悪い。かなりの分は、輸入品を通じて、外国業者利益になる。日本国民の税を投入して、海外外国人を支援するのでは、金が無駄になる。

 そもそも、周辺を支援したいのであれば、周辺に直接金を投入すればいい。旅行関連業など。

 困っているのは、業者であって、業者を利用する観光客じゃないんです。観光客にばかり金をプレゼントしても、助ける方向が間違っている。

 

 なお、レバレッジを利かせたいのであれば、援助額を「半額の割引と贈与」なんかにしないで、「 20% の割引」にすればよかった。それなら、5倍の効果が生じる。このくらいの支援ならば、特に悪くはないだろう。

 

exaray 直接給付でも固定費人件費はかかるので1兆円は1兆円のまま残らず、

 本記事で言う「利益」は、会計上の利益のことではなく、経済学上の「所得」のこと。原価を差し引かれない金のこと。これを会社がもらって、経営者労働者が分けあう。1兆円は、法人所得労働者所得に分かれる。当然、労働者にも多額の金が回る。

 企業決算黒字が多額に出る、と言っているのではない。あくまで「あとで原価の分を差し引かれない所得」という意味だ。

 

Gim 「ちきりんは売上と利益区別できていない」という増田理解が浅い。もっと言うと間違い。この部分の言説は、ちきりんが正しく、増田が間違っている。極端な話で言うと、3兆円の原価分は別の誰かの売上になるため

 こういう誤解をしている人が多いが、GoToキャンペーンは、「日本経済振興策」ではなくて、「観光業界救済策」である

 「観光業界を救うため」という名分で国費を投入するのに、観光業界とは別の業界を救うのでは目的合致していない。

 特に海外業者や、ボロ儲けしている小売業を救うのでは、意味がない。助けなくてもいいものを助けるから、肝心の困窮者に回す金がなくなる。

 

 そもそも、3兆円も増えるわけじゃない。レバレッジ効果は 2.3倍だから、最大でも 2.3兆円でしかない。しかも、支出される 2.3兆円のうち、半分ぐらいは、もともと予定されていた旅行の分を置き換えるだけだから、純増は 1.2兆円ぐらいでしかない。そのうち半分が関連産業に回ったら、観光業に残るのは 0.6兆円だけだ。

 実際には 0.6兆円しか増えないのに、3兆円も増えるというのは、ちきりん計算が間違っている(甘すぎる)から。捕らぬタヌキの皮算用だね。

 

hdampty7 マクロ経済学だと入門だと思うんだけど「消費性向」とか「乗数効果」とか基本的概念を把握した上で批判して欲しい。増田の言ってることはまさに政府官僚が目指していること、周辺への波及効果が高い政策

 補助金を出す政策のもの批判しているわけではない。

 (1) レバレッジ効果が 2.3倍しかないのが問題だ。5倍ならまだしも。

 (2) 1兆円の利益を受けるのが客であって、観光業ではない、ということに気づくべし。似た例では、公共事業があるが、公共事業では利益を受けるのは国民であって、特定の一部国民ではない。このことに気づかないと、「国民一律に 10万円を給付するのも、俺様一人が1兆4千億円をもらうのも、経済波及効果は同じだ」という理屈で、特定の一人が利益を独り占めできる。

 

 経済波及効果ばかりを考えて、利益を受けるのが誰であるのかを考えないと、「利口ほど詐欺師にだまされる(自分の金を奪われる)」という結果になる。

記事への反応 -
  • https://chikirin.hatenablog.com/entry/2020/07/17/Go_to_%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%A4%A7%E6%B7%B7%E4%B9%B1%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

    • ■ ちきりんの GoToキャンペーン 記事について【 改訂版 】    ちきりんの GoToキャンペーンの解説記事について、別ページに記した。   → ちきりんの GoToキャンペーン論    この...

      •    《 後日記 》  本記事は、記述が未熟なので批判を浴びました。そこで、改訂版を、別ページに記述しました。そちらをご覧ください。   → ちきりんの GoToキャンペーン 記事に...

        • 今年5月の旅行取り扱い高見てる? 旅行業者なんて、1000億円規模だった産業が10億ちょいになってるんだよ? んで、感染者数を鑑みて、みんなのインセンティブは自粛要請と実質おなじ...

        • 観光業壊滅して地方民が貧困に苦しむのを見たいので賛成する。 ついでに利益構造の貧弱な地銀も不良債権を抱えて破綻すればいい。 直接的な給付も行わなくていいぞ。 いやむしろ中...

          • 大多数の地方が困窮すると東京も巡り巡ってスラム化するんやで?それが見えてないとは短絡的と言わざるを得ない

            • そういう人は東京の物価に耐えられず外に出ていくのでスラム化はしない

              • 人間そんなに諦め良くないぞ?貧困層が集まれば集まっただけパワーとなり、新しい貧困ビジネスが生まれる。戦後の焼け野原からの復興にはそういう側面もある。 金持ちは安全のため...

              • ブラジル最大のスラム街は、サンパウロ郊外にあるんだけど。 なぜなら、「地方はそもそも仕事がなくてお金を稼ぐ手段そのものがない」けど、首都なら「物価は高いが、少ないながら...

        • お前が観光産業で死に行く側の人間じゃないからそんなこと言えるんたぞ 少しは当事者意識持って物事考えられないの?

        • 観光業が、今後の日本の基幹産業のひとつになっていくことは(コロナが起こった今でも)変わりません。 この前提(国策)がダウトであるということではないかと。

          • つっても日本が今後競争力を維持できる産業が他にあるわけでもないしなあ。

        • 6番目は、二階が全国旅行業協会の会長だから利権が強く働くんだよ

        • ちきりんは、金銭面をメインテーマとしている。 そして、このタイミングでキャンペーンで感染が拡大してしまわないのかという懸念にはほぼ触れられていないね。 よって、論点がずれ...

        • ちきりん嫌いでーす で済む話じゃないの

        • ブコメも見れない記事に500以上のブックマークがあったのを見てびっくりしてたけど、ブクマカってちきりんが好きなんだな。知らなかったけど、普段のあほさ加減を見るとまあそうだ...

        • こいつ底抜けのバカだな。 観光業は裾野が広すぎるから直接支援での線引きがあまりに難しいって話なのに 「観光業の周辺にも金が回るから、それでいいだろ」 という意見がある。...

        •  3.旅行なんて時間とお金に余裕のある人しかできない。なぜそんな人の旅行代を税金で支援する必要があるのか?  「それでも効果があるからいいのだ」  というのがちきりんの...

        • 正直、アジアでこんなにV字拡大やってる国ない。 日本恥ずかしいって知り合いも言ってたし俺もそう思う。 無為無策の国でもないのに政府の中国なみの患者の人権(外出権)を抑制し...

        • 支持する。 前年同月比1~3%になってる以上市場丸ごと消滅してると考えるべきで、こんなキャンペーン焼け石に水でしかない。

        • こういう馬鹿がちきりんが嫌いだからってだけで盲目的に叩いてるんだなあ 草生える

        • 確かにね。ちきりんはいつも馬鹿なことしか言ってないなと思っているから読んでないけど。

      • だから売上を増やすことが目的だろ、関連企業へ広く売上の経済波及を起こすのを流出と表現するのは悪意がある 直接支給するとしても観光地と旅館、その仕入先、仕入先の仕入先、中...

      • 4割がまず全く根拠がないと思うんですが。 宿泊施設は売り上げがなくても賃料、土地を保有していても建物の維持費であったり老朽化によるコストは避けられないと思うのですが。ここ...

      • これお前だろ b:id:blueboy:20200719 世間では GoTo に反対の人が多いとわかった。 ところが、はてなでは「ちきりん支持」で、 GoTo に賛成の人が多いんだよ。 5割以上もいるようだ。ブコ...

      • 観光業も含めた地方経済を活性化させて、かつウイルス対策を両立する方法。 一都三県と大阪府を除いた全県の国民にもう一度現金を給付すればいいんじゃないかな。

      • ちきりんの記事を「国民の視点じゃない」というが、この記事も「国民の視点」じゃないわな。あくまで経営者視点。 「3兆円の売上」では、従業員の給与を「支出」扱いしてるのに、...

      • ちきりんの GoToキャンペーン 記事について 【 改訂版 】https://anond.hatelabo.jp/20200719122010 補助金を出す政策そのものを批判しているわけではない。 レバレッジの効果が 2.3倍しかないのが...

      • この政策は、恐らく、「選ばれし」観光地のみを生き残すためのもの。無残なくらい人気観光地が潤い、不人気な地域は死んでいく。経済はエコシステムなので、地域全体が息を吹き返...

      • 金持ちが得をするのは許せない。 経営者はつぶれてもいいから、労働者を直接支援しろ。 政治的に中立な論説などありえない、権力を批判するのでなければ反動だ。 って主張したいん...

    • 政策なんてどの政策でも正当化しようと思えばいくらでも正当化できるしな ちきりんはそうでもないけど、ネトウヨ気質のくせに中立ぶって安倍が~とか言う人は…みたいにイキって...

    • どんなとこが残念なんだ? そんなに変なことは書いてないように読めたけど。

    • 前半割と内容まともじゃんと思って読んでたら後半段々おかしくなっていってワロタ 本当のことに嘘を数割混ぜて信用させる詐欺師の手法そのもの

    • 政治の話はこういう種類の攻撃があるから見聞きするだけでうざい 残念な人っていう前に反論したらどうかね

    • 確かにあまりにも残念だと感じた。 ・ こんな一部の花畑パヨク以外はみな承知の、言わぬが花の大人の事情をわざわざ陰謀論めかして解説する空気の読めなさ。 ・ コトの成否はもはや...

      • >農林水産鉱工業全てが壊滅し、今や地方経済の基幹は観光業なりつつある 観光業が成り立たなくなると、地方経済そのものが潰れるということはよく分かった。 ではそのような状況に...

    • 俺はちきりんのブログ読むの初めてなんだけど 色々と知識ゼロっぽいから なんでこんな人のブログをみんなが読んでるのか不思議でならない

    • 4の筋立てがとくに酷いけど、レバレッジの話も試算がないから説得力がない

    • ちきりんも残念な人になったな 何年前の話やねん

    • 安倍(の犬の電通)が発言に影響力ある人を片っ端から買収しているからじゃないの?メディアの買収と洗脳が自民党のコア戦略であって国家成長戦略なんて微塵も持ち合わせてないか...

      • 電通を通して自民党がプロパガンダするの結構深刻な問題だと思うんだけど、メディアが買収されてて報じないだよなあ。。。

    • 本当のことを包み隠さず書かれると、本気で怒る人が世の中には一定数は存在している。 例えば地方の主要産業は観光業しか残されていないとかね。 そしてその現状になったのは、地方...

      • むしろ中国を中心とする海外の富裕層が焦土と化した観光地の土地を買い漁るのでは。 臆病な貧乏人と違って金持ちはこういう時にやりたい放題するからな。

    • わりと最初から残念だった気が

    • 納得いく内容だったけど。

    • ちきりんは最初からブコメ非表示だったわけじゃなくて「ブログ投稿→はてブを中心とした半炎上的な議論の盛り上がり」を繰り返して、 ネット上の存在感が一定以上になったあたりで...

    • そもそも他人を論評し批判するが自分は論評し批判されたくないってのがもう言論人としてね まあ増田やってるから自分にも気持ちわかる 氏には言論人じゃなくて匿名の増田のほうが楽...

    • なんだよ、キチロンもカルト全開のネトウヨだったのかよ、がっかりだわ

    • 共産党支持者だと思ってた いつの間にか自民支持になってたんだ

    • https://anond.hatelabo.jp/20200718000431 https://chikirin.hatenablog.com/entry/2020/07/17/Go_to_%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%A4%A7%E6%B7%B7%E4%B9%B1%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6 ちきりんだからムカつい...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん