「ジフェンヒドラミン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ジフェンヒドラミンとは

2018-08-03

カルモチン!

14:25頃ブロムワレリルを1000mgとジフェンヒドラミン150mgのんだけど3時間で目覚めてしまったクッソ

2018-05-13

目が痒い

市販の中だとジフェンヒドラミンが入った目薬がちょっとしみるけど一番効くと思うんだけど、クロルフェニラミンマレイン酸配合のやつが圧倒的に多いのは何でなんだろう?

痒い時しか使わないからかよく言われる程充血取れなくなりそうでもないから血管収縮剤入りだけどストナリニの目薬使ってしまう…

ごっしごし擦りたい衝動我慢するより多分目にもいいよなあ

ひどい時に時々眼医者行くけど、処方してもらった薬規定通りさしてもイマイチ効いた感じしない

パタノール0.1とフルメトロン0.1、色々見ても効かない薬ではなさそうなんだけどなぁ…

痒みによく効く目薬っておすすめある?

2018-05-10

実家つらい

卒研も行き詰まり就活もできなくなり唯一希望だったロキノン試験は先日渋谷陽一署名で丁寧にお祈り申し上げられた。まあちょっと音楽が好きなだけでロキノン大して読んでないのがバレバレだったんだろうから仕方ない。

別に高望みはしないんだけどな。結婚子育ても一切する気はないし、僕の人格にはその資格もないと思うし、ある程度休みがもらえればなんでもいいし、そういう企業を探して受けまくればいいだけなんだろうのにこんな短期間でダメなっちまった自分ほとほと嫌気がさす。

人の話を聞かず、キレると手のつけられなくなる父親が嫌いで本気で殺してやりたくて、殺すか死ぬか家を出るかの選択肢の中から最後を選んで東京に進学した。

3年までで卒業単位はほぼ取り終わり、あとは卒研に取り掛かるだけといった時期から体調を崩し始めた。初めは腹の具合が悪くなり、飯が食えなくなり、微熱頭痛が続き、これではダメだと科学的知見に基づいてメンタル医者を頼り、薬に頼ったら余計にどんどんダメになって、自殺を具体的に考えるようになり、僕の具合が悪いことも母親に知られてしまった。

うちの母親はきっとすごくいい母親だ。少し考えが安直なところはあるけど、多分僕のことを本気で心配して「とりあえず少し帰っておいで、誰もあなたいじめいから」と電話口で泣いて嫌がる僕をなだめすかした。僕も死ぬ前に一度実家の猫を撫でたかたから帰る事にした。

結果としてはだめだった。実家になんか帰らないでビバラロックかに行けばよかった。

帰省した間の時間にして総計10時間ちょっと、父のありがたい話を正座で聞かされた。お前はいかに間違っているのか、俺がどれだけ苦労してお前たち兄弟を育ててきたのか、どれだけ苦労して仕事を続けているか、大小様々な人生エピソードを交えつつ、時に声を荒げつつ、とうとうと10時間語り尽くし、予約していた新幹線が発車する時間を過ぎても語り尽くし、絶対に今年中に卒業すること約束するまで帰さないと言って、ようやく解放されたのち予定していた時刻に5時間ほど遅れて僕は自由席東京に帰ってきた。帰った後で予約していたタトゥー屋さんはドタキャンするしかなかった。馬鹿にされても蔑まれてでもリスクがあっても若気での至でも僕が僕自身意思で入れたいと思ってたタトゥーだった。どうせ死ぬ体なら好きな格好をしたかった。キャンセル料は数万だった。

僕は父親復讐したくて生きてきたんだと思う。

僕が成功し圧倒的に父親勝利した上で年老い父親を見下げてお前は間違ってんだよって言ってやりたかった。ただ俺がこうして失敗してしまった以上、成功して復讐するという道は絶たれてしまった。

もう成人してる子供に10時間も話し続けるの、並みの愛情じゃなかったらできねえよな。いい父親なんだよきっと。俺が勝手被害者妄想を拗らせているだけなんだ。客観的に見て間違ってるのは俺の方なのも分かりきってる。ただ、俺が間違っていることは認めた上で、「内心は間違っててもいいから、それでも外では頑張って体裁整えてこい」って言ってもらえるならよかった。むしろそれを期待して実家に帰った。

けれど、父のありがたい話の中身は俺の内心から音楽の好みまで全てが間違っているということだけだった。プライベート空間だと思ってうっかり好きなマイナーアーティストの曲を聞こえる場所でかけてしまったのが迂闊だった。「高い金払って病院になんか行きやがって、そんなクソみたいな曲ばっかり聞いてるからこんな事になる」らしい。母が仕事でいない隙を見計らって、隣に浪人生の妹もいる場で「お前らは失敗作だ!」と怒鳴られた。僕はまあいいけど今時浪人もそんなに珍しくないのに妹が傷ついてないか心配だ。

僕は父親にてめーのやり方は間違ってんだよって言ってやりたくて生きてきた。でも僕がこうなってしまった以上、父親よりも僕が間違っているのだ。僕が何かを好きだと思う気持ちも、面白いと思う気持ちも全部間違ってるんだと思ったら本当に辛くて、馬鹿みたいだよな、好きな曲を親に否定されたくらいでこんなに凹んでんの。母も大部分は黙っているか、概ね父に味方した。僕は僕の人格を捨てない限り家族にすら居場所を用意されないらしいということが予想以上につらかった。別に布教したわけでもないんだから、嫌な顔はしてもいいから放っておいてほしかった。俺が間違ってるんだけど。実家になんか帰らないでビバラロックかに行けばよかったって思ってる気持ちも多分間違っている。

俺が間違っているから、俺がいまやっているのはただの甘えだから、とりあえず学校に復帰しようと思う。これから教授勝手に1ヶ月消息を絶ってしまったお詫びと今後のサポートのお願いのメールを送ろうと思う。胃が痛いけど気合い出して頭下げるしかない。就活は一旦諦めろと言われたので、卒業したら実家に帰る事になるんだろう。

一方で死にたい気持ちますます強まってるから卒業した後で晴れて死ぬのも悪くないなと致死量ジフェンヒドラミンを少しずつ集めている。最近ギターストラップが首括るのに良さそうだなあと思ってもいる。どっちが間違ってたかなんてどうでもいい、俺が死ねば、一人の若者自殺するまで思いつめていたという客観的事実さえあればあいつは「俺が間違っていた」と認めてくれるだろうか。俺が苦しかたことを誰か認めてくれるだろうか、これで復讐ができるんなら、と思って暴れようとする内心の俺がいるので、どうしたもんかなあ、と思って増田に書いた。

知り合い全員集めて真ん中で包丁腹にぶっ刺して、「てめえらのその顔が見たかった!」って叫んで藤原竜也顔で死にたい。オラ、典型的モラトリアムアホ学生だぞ、笑えよ。

2017-10-02

こいつのどこが第2世代なんだよ

昨晩、鼻水と咳が止まらなくてザジテン服んだ。

翌朝9時半現在、体が重いというかやたら眠い

個人的には、典型的第1世代抗ヒスタミン薬ジフェンヒドラミン塩酸塩よりたちが悪いと感じる。

2016-02-01

アトピーの苦しみ(個人の感想です

当時はずいぶん苦しい思いをしたし、今でも数年おきにじんましんが出てくる。

アトピーしろじんましんにしろ、現状の治療対症療法しかなく、主に薬を飲んで抑えることになる。

しかし、抗ヒスタミン薬世代や薬に関係なく、どれも副作用として眠気がついてくる。

当然、効き目が強いものほど副作用も強い。

薬局で手に入るものの中では、レスタミンコーワジフェンヒドラミン)などが有名だろう。

強烈に効くが、眠気もひどくなるので夜しか使えない。

これもう睡眠薬に使えるレベルじゃね、ということで生まれたのがかのドリエルというのは有名な話だ。

当時の私は学校で居眠りの常習犯だったが、今から思えば大部分は薬のせいである。

最近の薬の中ではアレロック(オロパタジン)との相性がいいが、ドラッグストアでは

まだ売ってくれないので、欲しくなったら皮膚科のクリニックに行くしかない。

かかりつけの医者は、本当に薬をもらいに行くだけの存在だ。

何を言ってもストレスですねとしか返してくれない。

しかも、この医者特別無能というわけでもないらしく、どうやらアレルギーというのは

原因不明のものが大半で、しかもわかったところでどうしようもないことが多いらしい。

かゆみの辛さは単にきついというだけでなく、周りに理解してもらえないという点にもある。

血が出たり、骨が折れたり、顔が青くなったりすればまだ同情してもらえるが、

かゆみに関して言えばそうもいかない。例えじんましんがボコボコに出ていても所詮他人事だ。

かゆいくらいで死にゃしないだろ大げさな」という視線結構グサッとくる。

そりゃ死にはしないが、死にたくはなる。

ファイナルファンタジースリップダメージというのがあるが、大体あんな感じで精神力を持っていかれる。

ひどい時には睡眠すらまともに取れず、回復もできない。

ある皮膚科医者によると、皮膚科精神科の掛け持ちは結構多いらしい。そりゃそうだろうと思う。

当時はなんで私だけこんな苦しい思いをしなきゃならないのかと思ったし、

やはり皮膚科通いの親を恨んだことも一度や二度ではない。

それでも、喘息にならなかったのだけはありがたかった。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん