「LIAR GAME」を含む日記 RSS

はてなキーワード: LIAR GAMEとは

2020-08-13

anond:20200512102843

AMIDA-KUJIってなんだ?って思って検索

Ghost Leg (Chinese: 畫鬼腳), known in Japan as Amidakuji (阿弥陀籤, "Amida lottery", so named because the paper was folded into a fan shape resembling Amida's halo[1]) or in Korea as Sadaritagi (사다리타기, literally "ladder climbing")

ついでに1つ賢くなった

The 1981 arcade game Amidar programmed by Konami and published by Stern used the same lattice as a maze. The game even took its name from Amidakuji and most of the enemy movement conformed to the lot drawing game's rules

An early Sega Master System game called Psycho Fox uses the mechanics of an Amidakuji board as a means to bet a bag of coins on a chance at a prize at the top of the screen. Later Sega Genesis games based on the same game concept DecapAttack and its Japanese predecessor "Magical Hat no Buttobi Tabo! Daibōken" follow the same game mechanics, including the Amidakuji bonus levels.

Super Mario Land 2: 6 Golden Coins features an Amidakuji-style bonus game that rewards the player with a power-up. New Super Mario Bros. and Wario: Master of Disguise feature an Amidakuji-style minigame in which the player uses the stylus to trace lines that will lead the character down the right path.

In Mario Party there is a mini game where one of the four players pours money into an Amidakuji made out of pipes. The goal is to try to choose the path leading to the character controlled by the player.

The BoSpider in Mega Man X and Maverick Hunter X descends onto the player via an Amidakuji path.

In Super Monkey Ball 2, there is a level in the Advanced-Extra difficulty named "Amida Lot" (Advanced-EX 7) that features a floor resembling an Amidakuji board, which bumper travels around the way and may knock off the player if they happen to hit them. The goal only travels through one of the vertical lines and the player must reach the goal using the ghost legs while avoiding the bumpers to not fall out.

In WarioWare, Inc.: Mega Microgames!, the microgame "Noodle Cup" features Amidakuji-style gameplay.

Azalea Gym in Pokémon HeartGold and SoulSilver was redesigned with an Amidakuji-based system of carts to cross. The correct choices lead to the gym leader; the wrong ones lead to other trainers to fight.

Phantasy Star Online 2 uses the principle of Amidakuji for a randomly appearing bomb-defusing minigame. One must trace an Amidakuji path around each bomb to determine which button defuses it; incorrect selections knock players away for a few seconds, wasting time.

In the manga Liar Game (vol 17), an Amidakuji is used for determinate the rank of each participant to the penultimate stage of the game.

In the Japanese drama Don Quixote (episode 10), the character Shirota (Shota Matsuda) uses Amidakuji to help decide between candidate families for an adoption.

In the anime Cardcaptor Sakura (episode 41), the character Kaho Mizuki, Sakura's teacher, uses Amidakuji in order to choose which student will play each role in a certain school play.

In the anime Magic Kyun Renassiance (episode 10), the characters used Amidakuji to determine which rooms they'd get while at the villa after the Art Session.

The Japanese band "SCANDAL" released "A.M.D.K.J." (January 2020) and music video— https://www.scandal-heaven.com/t14860-a-m-d-k-j-lyrics

日本阿弥陀婆好きすぎ問題

2019-01-23

賭ケグルイとかLIAR GAMEみたいなアニメって他にはないのでしょうか

BGMがノリノリのやつ

2018-04-04

anond:20180404150926

今頃思ったけど、東のエデンアニメ放送2009年なのでやっぱ微妙に違うわ。

LIAR GAMEのヒットを受けての~って流れはおそらく正しいけど、直後といえるほどの速さではなかったわ。(2007年位だと勘違いしてた)

ただのフォロワーその1(フォローしてるというよりは無理やり混ぜたんだろうけど)だわな。補足サンクス

anond:20180404144614

リンク貼ってやっただろ。見直せよ。

未来日記アニメまどマギ2011年だ。

LIAR GAME実写映画2010年に公開されてるし(テレビドラマ2007年2009年)、

カイジ実写映画2009年2011年に公開されて、GANTZ王様ゲーム実写映画2011年

ちなみにカイジ映画化は明らかにドラマLIAR GAMEがヒットしてからの流れ。

SAOが「デスゲーム」ってのもまたちょっと違うしな。

あれはたまたま同じ呼称になっただけで流れとしては別。

2017-09-30

日本作品海外での実写化

1974

作品名製作興行収入補足
ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団  タイ。仏様を大切にしない奴は死ぬべきなんだ!
ハヌマーンと5人の仮面ライダー  タイ

1979

作品名製作興行収入補足
ベルサイユのばら10億円9億3000万円フランス

1988

作品名製作興行収入補足
孔雀王

1990

作品名製作興行収入補足
ドラゴンボール  韓国
孔雀王アシュラ伝説香港
ウルトラマンG  オーストラリア

1991

作品名製作興行収入補足
新七龍珠 神龍的傳說  ドラゴンボール台湾実写映画
力王 RIKI-OH STORY OF RICKY  香港

1993

作品名製作興行収入補足
スーパーマリオ 魔界帝国女神5000万ドル2000万ドル
ウルトラマンパワード  
マイティ・モーフィン・パワーレンジャーシーズン1  
シティーハンター  香港
北斗の拳  韓国無許可で作られた。台湾版もあるらしいが詳細不明

1994

作品名製作興行収入補足
ストリートファイター3500万ドル9942万ドル
ダブルドラゴン  

1995

作品名製作興行収入補足
北斗の拳2億円 映画ではなくVシネマ

1996

作品名製作興行収入補足
クライング・フリーマン  

1998

作品名製作興行収入補足
GODZILLA1.3億ドル3.7億ドル

2001

作品名製作興行収入補足
ママレード・ボーイ  台湾
山田太郎ものがたり  台湾
ピーチガール台湾
花より男子台湾

2002

作品名製作興行収入補足
バイオハザード3300万ドル1億ドル
あすなろ白書  台湾

2003

作品名製作興行収入補足
オールド・ボーイ 1498万ドル韓国ルーズ戦記 オールドボーイ
ハウス・オブ・ザ・デッド1200万ドル13000万ドル

2004

作品名製作興行収入補足
バイオハザードII アポカリプス4500万ドル1.2億ドル

2005

作品名製作興行収入補足
ハウス・オブ・ザ・デッド2700万ドル 
頭文字D  香港
中華一番!  中国
悪魔で候  台湾
MARS  台湾
イタズラなKiss  台湾

2006

作品名製作興行収入補足
DOA/デッド・オア・アライブ2100万ドル751万ドルアメリカイギリスドイツ合作映画
サイレントヒル5000万ドル9760万ドルカナダフランス
カンナさん大成功です!  韓国
花ざかりの君たちへ  台湾
墨攻  中国

2008

作品名製作興行収入補足
バイオハザードIII4500万ドル1.4億ドル
西洋骨董洋菓子店  韓国
テニスの王子様  中国
軍鶏  香港
ハチミツとクローバー  台湾
スピード・レーサー1.2億ドル9394万ドルマッハGoGoGo

2009

作品名製作興行収入補足
DRAGONBALL EVOLUTION4500万ドル5649万ドル
KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT  仮面ライダー龍騎米国
花より男子韓国
花より男子中国
桃花タイフーン!!台湾
ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー5000万ドル1200万ドル
ザ・キング・オブ・ファイターズ  

2010

作品名製作興行収入補足
TEKKEN -鉄拳-  
バイオハザードIV アフターライフ6000万ドル3億ドル
ドラゴン桜  韓国
イタズラなKiss  韓国
パフェちっく!  韓国

2011

作品名製作興行収入補足
ハヤテのごとく!  台湾
スキップ・ビート!  台湾
きみはペット  韓国

2012

作品名製作興行収入補足
バイオハザードV リトリビューション6500万ドル2.4億ドル
サイレントヒル: リベレーション3D2000万ドル5230万ドルカナダフランス
JIN-仁-  韓国
ホーリーランド  韓国
花ざかりの君たちへ  韓国
絶対彼氏。  台湾

2013年

作品名製作興行収入補足
オールド・ボーイ3000万ドル486万ドル日本原作漫画韓国実写化した物をアメリカリメイク

2014

作品名製作興行収入補足
鉄拳 Kazuya's Revenge  
のだめカンタービレ  韓国
LIAR GAME  韓国
ショコラ  台湾
GODZILLA ゴジラ1.6億ドル5.2億ドル
オール・ユー・ニード・イズ・キル1.7億ドル3.5億ドル
ストリートファイター 暗殺拳  イギリス

2015

作品名製作興行収入補足
イタズラなKiss  タイ

2016

作品名製作興行収入補足
バイオハザード: ザ・ファイナル4000万ドル3.1億ドル

2017

作品名製作興行収入補足
パワーレンジャー1.2億ドル 
ゴースト・イン・ザ・シェル1.1億ドル 
アイドルマスター.KR  韓国
Death Note/デスノート4000万~5000万ドル 

今後予定されている物

作品名製作興行収入補足
NARUTO  
ONE PIECE  
聖闘士星矢  
君の名は。  
TIGER&BUNNY  
カウボーイビバップ  
獣兵衛忍風帖  
バブルガムクライシス  
鉄腕アトム  
AKIRA  
宇宙戦艦ヤマト  
メタルギアソリッド  
モンスターハンター5000万ドル 
ポケモン  
ソードアート・オンライン  
フルメタル・パニック!  2009年実写化映画権獲得のニュースが発表されてから音沙汰なし
Godzilla 2(原題  
Godzilla vs. Kong(原題  
ベイブレード  中止?
銃夢  アバターの次にやるっていつだよ!!!

2016-04-01

http://anond.hatelabo.jp/20160304231619

デスゲームとか頭脳バトルものとかが相互に影響を与えあって発展してきている気はする。

もちろん、それぞれに源流となる作品があるのは当然として。

デスゲーム

頭脳バトル系

バトロワ

モンスターパニック


個人的体感では、「ライアーゲーム」のテレビドラマ(2007・2009)のヒットで注目度が上がり

(ちょうど「孤独のグルメ」のドラマからグルメものが増えたのに似ている)、

さらケータイ小説発の「王様ゲーム」のヒットから

「量産しやすくそこそこヒットを見込めるジャンル」として中小出版社が食いつき、一気に増殖したと思う。

デスゲーム系はエログロありでインパクトがあるので、それこそWeb広告とかで読者を釣りやすくて有難がられている感じ。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん