「篭城」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 篭城とは

2017-08-07

https://anond.hatelabo.jp/20170807194602

双羽黒・・・のつもりやったが博打で株売り飛ばしは誤解やったわ

すまん北尾

部屋のちゃんこの味でもめて脱走して自分マンション篭城して解雇やったな

2017-05-09

[] 朝鮮飴

朝鮮飴(ちょうせんあめ)は、熊本県銘菓である。餅米と水飴と砂糖独自製法で捏ね合わせ、片栗粉を塗した求肥飴の一種である

食感は餅に近い。

  

16世紀園田屋の開祖園田武衛門により作られた当初は長生飴と呼ばれていたが、文禄・慶長の役での朝鮮への出兵の際、

当時の城主加藤清正の軍はこれを携行して篭城中の兵糧として役立てたことから朝鮮飴と呼ぶ様になった。

江戸時代中期までこれは藩の買い上げで、製法管理されて市販が許されていなかった。

代々の肥後藩主がこれを江戸幕府朝廷への献上品、諸大名への贈答品として用いた。

  

当初は黒砂糖と玄米使用した淡褐色の黒朝鮮飴しかなかったが、現在は白砂糖精白米を用いた白朝鮮飴が大半を占めている。

1970年代前半には30軒以上が手がけて売上高の総計が10億円に達したが、1990年代後半には2-3億円に減少し、業者園田屋など

数軒になっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E9%A3%B4

2015-01-21

あ、こいつ私狙ってる…?と思った瞬間

とある人と知り合いになり、何度か一緒にご飯を食べた。

その人はデブだ。ヒゲがもじゃもじゃだ。

清潔感わずかに欠けている全体感

優しくなさそうな目をしているが、たいしたことはできなさそうな顔つきをしている。

実際大したことな仕事

SNSを駆使しても拡散されずろくに売れない制作物。

拡散されることが価値はいわないが、彼の作品はほんとに面白さや魅力が分からない。

パッと見勝負媒体なのに、じっくり見てくださいよと相手に要求させる画面、でもだからなに、という作品ばかり。

そしてツイッターでは気持ちわりいツイートをしている。

内面からの優しさや面白さ、人格のかけらをツイートから全く感じられない。

ウケると思って面白げなツイートをするが見事にスベっている。

大体その手のツイート下ネタだが、面白くない以前にあの見た目でそんなイモで臭くてゲロ同然のツイートしてると思うともうなんか興ざめ。ますます気持ちが悪い。

クソコラですら面白い画面作れないんだからクリエイターとしてはまじでセンスない。

20分かけてこんなつまんなくてゲボな画像を、あの顔の奴が職場でつくってたところを想像しただけでトイレ篭城したくなる。

気持ち悪い。

2回目は正直会いたくなかった。

でも会わざるを得ない用事があって会うことになった。あとただ単にご飯おごってほしいから

内面私がクッソ気持ち悪いと思っていることを見事に隠しきり、悪くない雰囲気お話しして、ご飯を食べた。

私は好きでもない人とご飯を食べる時、とことん自分の話をする。相手に聞き役に徹してもらう。

お前のことなんか知りたくもないし興味もないからだ。

ご飯をおごってもらい、帰ろうとし駅に向かう途中、その人行きつけのレストランの前を通りかかった。

その人と店長と仲良さそうに話しているとき最後に気になる一言を言った。

「今度この子連れてくるんでw」

ちょっとよく分からなかった。

いま初めての彼氏と交際している恋愛経験に乏しい私にとってそれは妙にひっかかる言葉だった。

なんかもう会いたくないんだけど、また会わざるを得ない事情があって会わなくてはいけない。

何を考えてるんだろうあのデブは。

私が自意識過剰であることを願うばかり。

2011-03-19

買いだめしてる人の言い分

「そもそも自分の知らない人が知らない場所で死んでも知ったことじゃないし家族さえ助かればいい」

「必要以上に買ってるのは分かる。でも大量買いそのものがストレス解消になる。これは地震とか関係ない」

食べ物がいっぱいあると安心する。さらにお菓子とか家で食べてると気持ちが落ち着く」

「いつなくなるか分からいし放射能いつここ(※埼玉)まで襲ってくるか分からない」

「というか放射能もう来てるかもしれないからあまり外出たくない、篭城したい」

食べ物さえあればなんとか生き残れる気がする」

 という話をスーパーパートで勤める母から又聞きした

 保存食らしきものを買い占める客たちはレジで口々に懺悔、というか言い訳するのだそうだ。

 買いだめという行為そのものが精神安定剤になってる、というのはちょっと忘れていた。

 迷惑な人たちだなあとは思うものの、知らない人が知らないところで死んでも……というのは本音では否定しきれない。

 とりあえず、普通に必要なものを普通の量買うのにすら申し訳なさを覚えなきゃならないのがめんどくさいです。

 あと、その客たち(40以降の女性が主体)がたびたび原発原爆と間違えていたのが印象的だったそうで。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん