「ペイ・フォワード」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ペイ・フォワードとは

2017-12-25

anond:20171225175603

昔の近所付き合いは

ペイ・フォワード(親切にしてもらった分をさらに別の人に渡す連鎖)がメインの

若干ペイバック(親切をしてくれた人に直で返す)混じりと言った感じだけど、

上のコメントのは若干ペイ・フォワード混じりのペイバックメインかな?

 

村社会町内会と違って、

どうしても企業内、それも同じ部署内の人に仕事押し付ける事になると

部署異動、転職退職引っ越し時間の経過、環境の変化なんかで

「昔やってあげたのに、自分の時になったらその分のお返しを貰えない」

という結果になりやすい。

 

そのため、代行したその時に返して貰うようにしないと

人間を動かすために必要な「納得」も「利益」も得られないから、

結果反発を招くんだと思う。

 

からすぐ返ってくるって体制づくりが大切なんじゃないかな、と。

2017-12-15

anond:20171215185059

あー俺と同じこと考えてる人がいてうれしい。

俺の場合クルマ運転なんだけど、やっぱりできるだけ親切に気持ちよく譲り合うようにしてる。

相手クルマとは一期一会なので自分に親切が返ってくることはないけど、俺に親切にされてうれしかったらその人が次は別の人に親切にするようになるかもしれない。

映画の『ペイ・フォワード』みたいな考え方だけど、親切の連鎖で少しでも交通事情がよくなればいいなという思いでやってる。

意地悪(合流させないとか)も連鎖すると思うので、他人に意地悪されてもその連鎖は俺で断ち切るようにしてる。

2015-09-09

やさしい世界

爆サイで予備知識を仕入れ、ストリップを見に行った。

客の8割は老人。ネットとは無縁で、「お○んこくぱぁ」なんてコトバ、知らないだろう。

掲示板ブログツイッターを見たことない老人たちが

1枚500円の「お○んこくぱぁ写真をせっせと撮ってこの業界を支えている、そんなやさしい世界

(ちなみに「お○んこくぱぁ」のことを、業界用語で「オープン」というらしい)

書評ブログで知った『ワンダー』(R・J・パラシオ)を読んだ。

夢と幻想アメリカ社会映画の『ペイ・フォワード』を思い出した。

1枚500円の写真にも似た小さな「親切心」の積み重ねが、社会を変えていく。

東日本大震災の後、そんな幻想を抱いた時期もありました。

でもやっぱり『悪意のファネル』(一田和樹)。

ネットゴミ捨て場に溢れかえるさなマイナス感情」は

日々の「炎上」という焼却処理では追いつかない。

ネットに頼ることなく、「お○んこくぱぁ」を見てすごす老後を送りたいけど

自分がその年になる頃には、ストリップ劇場なんて無くなってるんだろうなあ。

仕方なく漁っていたネットゴミ捨て場

誰かが小さな「親切心」で残してくれていたお宝ファイル発見!そんなやさしい世界

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん