「バス会社」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バス会社とは

2017-03-18

私刑好きの異常な執念にはドン引きしてしま

私と妹は現在運転免許取得者かつ車両を持つ側である。今現在私と妹が持っているのはそれぞれ50ccと250ccの共有しているバイクで、自転車は両親のものを除き一台もない。四輪車ゼロである高校大学が車・バイク通学が禁止されていて自転車で通っていたため、その反動でもある。だから10代、20代の頃は車やバイクもっと寛容になって欲しいと切実に感じていた。当時も「自動車バイクの駐輪駐車できる大学」はあったが、その数はわずかで、自転車や徒歩を嫌う人達で大混雑していた。

それが時が経ち、立場は逆転した。今では駐車場駐輪場付がどこも当たり前になり、逆にわずかな「駐車場駐輪場のない学校」が残るのみとなった。ここまではいい。だが社会人になって、私は「転向」することになる。

例によってノンポリブログへの異論である

運転免許証がありなおかつ金銭身体的に余裕のある人の公共交通利用を制限すべき」と何の疑問もなく自分正義を述べている。だがはっきり言おう。これは徳治主義であると。

私は「良心的な対応」を要求してきたのである。信頼できれば、あとは自己責任にしてもらえば結構と考えている。ところが世の中というのは流れが自分の方に寄ってきたと見るや図に乗って居丈高になる人が多いようで、今度は完全に制限をと言い始めたのだ。

ここで私は交通徳治主義者とは決別することにした。



外国のように日本では満員電車お金時間に余裕のない人や交通弱者が優先になった。もちろん車やバイクと使える人とそうでない人がいれば、譲るべきなのは前者であることは間違いない。ここで言う交通弱者とは、単なる未成年者や高齢者免許自体ない人ではなく、鉄道が満員でグリーン車などにまで人があふれ出したら、その時は交通強者や余裕のある人に満員電車を遠慮してもらうくらいの配慮はあってもいい。

だが譲歩するのはこれくらいまででいい。ネット書き込みを見ていると「鉄道好きは右翼」というもはや「お前が心の病気じゃないのか?」と思うほどの意味不明意見も見られるようになった。ならば満員電車の数千倍、数万倍は害悪を撒き散らしている左翼右翼はどうなのだ

こうした書き込みノンポリに多いが、政治信条のある人も満員電車敬遠するのである



最近鉄道好きを見ていると昔とは違い、随分遠慮がちに鉄道を使うようになった。見てて気の毒なほどである

前述のブログも「少なくない鉄道好きたちの自覚のなさは極めて残念です」とあるが、今時そんな人の迷惑顧みず、混雑している列車バス笑顔で乗り込む人などまずお目にかかれない。脳内オタク存在はこの際消してもらいたい。

旗色の悪くなった鉄道好きにここぞとばかりに「キモイ」と文句を付けるのは、オタクキモヲタである私や妹から見ても不愉快光景になったのである

鉄道の信頼率や法人税に影響されるのだから満員電車必要悪であることは言うまでもない。だが公共交通商売になっている現実がある。

倫理的には悪だが、改善するのは現実的ではない」

というものだ。

「いや、鉄道好きの暴走によって車・バイク産業バス会社の停滞という迷惑を蒙っている」

と主張する人もいる。ならばポルノはどうなのだ?娯楽だって迷惑の元である。逆に娯楽に関心を持たない人は?

こうした考え方は「健康義務だ」と言って国民を縛ったナチスと同じ思想である

世間の片隅で小さくなって鉄道を愛し、車やバイクを酷く憎む人にまで、地獄まで敷き詰められた「善意」によってそれを攻撃する、そんな度量の狭い人間は私と妹も大嫌いだ。

2017-02-02

雇う側の高望

今日日、バス運転手はとても足りて無くて、普通免許しか持ってない人を、バス会社負担で大型二種取らせるぐらいまではしている。

それなのにもかかわらず、普通免許で十分な運転手募集で大型二種免許を条件にしたらまともなのは来ないだろう。

一見コレは常識に見えるけど、「免許」という資格によってわかりやす能力なりなんなりが表現できてるからこういうことができてるんであって

そういうことが出来ない、特に免許試験スコア数字化出来ない能力要求するような求人

なんとなく「雇う側の高望み」があると思うんだよな。

2016-12-08

路線バス運転手は年休90日以下

事故が多発したりして労働環境悪化が明るみに出てても、運輸局監査バス数台使用不可(もちろん予備車有り)など、申し訳程度の行政処分しかされない。公共性が高いかからなんだろうか。

長崎バス川崎鶴見臨港バスストライキなんて氷山の一角。これから全国のバス会社ストライキが広がるだろう。

2016-09-24

バス会社に勤めてたとき出会ったクレーマーの話

私は数年前までバス会社事務をしていた。

その時に出会ったクレーマーの話をします。


ある日、右翼系のデモ行進があった関係バスが大幅に遅延したことがあった。

(デモをやる数日前からバス停に遅延する恐れがある旨の貼り紙はしたが、まぁ皆が皆見るわけじゃない)

遅延が発生したことによりあるお客様から電話が来た。

バス停でずっと待たされているから、スーパーで買った肉が腐る!弁償しろ!」

遅延も、待たせてしまっているのも事実だ。丁重にお詫びし、後日、上司菓子折りをもって謝罪しに行った。





が、まだ気が済まなかったのか、そのお客様は、お客様からクレーマーへとクラスチェンジした。

まず基本的毎日電話が来る。

内容は、バス運転士の態度が気に入らないこと。運転士特定をするべく乗ったバス時間帯や区間など具体的なことを聞こうとすると無言→砂嵐の音

また、日頃の愚痴(バス関係ないこと)でも電話をかけてくる。一方的に喋り、言葉に詰まると砂嵐の音

そういう装置があることを初めて知った。

ある日は、バスロータリー路上の上で体育座りしてきた。運転士が注意するも、聞く耳を持たない

運転士は迂回して別のところに乗客誘導させる。

他の乗客困惑するが、クレーマーに対して注意はしなかったようだ。


またある日は、自身の子供とバスに乗車し、子供を車内でローラースケートさせる。

当時はローラースケート付きのシューズ流行っていたのだが、

車内で滑らせていたそうだ。

運転士が注意するも「うるさい!何をしようが金払っているんだから自由にさせろ!」と逆ギレ

運転士は怯まず「安全運行を妨げるならあなた方はもう客でも何でもない。次のバス停で降りてください。」

その時は周りの乗客も「そうだ!早く降りろ!!」と囃し立てる

クレーマーは「こっちは金払ってんだよ!」運転士お金まだ頂いてませんし、いらないんで早く降りてください。」

田舎バス会社なので降車時に支払うシステムだった

クレーマーぶつぶつ言いながら子供と降り、その直後に文句を言いに電話をかけてきた。

上司もさすがに呆れて、かかってきたとき電話番号を控えて

アポをとり、一度営業所まで来てもらった。(話を詳しく聞くという名目で)

来てもらって、話を聞いたが最初の遅延以外の苦情に関してはこちらにはあまり非のない内容であった。

上司は非のない部分に関しては断固としてお詫びせず、迷惑行為を止めてもらうよう強く要望していた。

私は電話越しの対応や、車内カメラしか見たことがなかったが、実際に姿を見てみたら

機嫌のいいときと悪いときの差がとても激しいタイプのようだった。

苦情から論点をうまくずらしていき、世間話や身の上話に持っていった上司によると、そのクレーマーは心の病気を患っていて

薬を服用したりもしているとのことだった。

そう考えると、その心の病気になってしまった背景とか想像すると、責め立てるのもなんか申し訳なく感じてしまった。

上司は「病気病気でも、迷惑行為迷惑行為からね。免罪符にはならないよ」と言って

その後も何かあれば然るべき対処を取ると釘をさしていた。

それからすぐに私は退職してしまったが、その後どうなったかは気になるところ。

2016-02-25

旅行バスの実情のTV見て

NHKでやってた、旅行バス会社規定料金よりも安い金額仕事を受けちゃうバス会社が後を立たないという件でちと思った。

なんでこんなことになっているのやら...と正直オモタ。TVに出てきたバス会社の苦労って、大変申し訳無いのだけれど、今の仕事をやり続ける為の努力をしても、どう考えても報われる見込みがまったくない典型例のような気がする。競争相手の少ない他の職業ジョブチェンジしようって発想はないのだろうか..?

ひょっとして、俺って世間しらず?

2016-01-21

AI

バストラックはまっさきに自動運転AIを導入するべきなのでは。いつまで人任せなんだろう。もっとも信頼がおけない部品だと思うのだけれど。

今回のバス事故でもともと旅行を売って設けた連中は誰一人としてけがをしてないわけで、バス会社じゃなくて、不当な価格提案してきたバス会社をまっさきにきづけたのは旅行企画者なのでは。不思議なことにまったくマスコミに出てこない。旅行広告を出稿してるからか。

2016-01-18

深夜バス事故

運転手バス会社やらツアー会社を気が狂ったように叩いているけれど

責任の少なくない一端は安全にかけるべき経費まで値切って廉価なバスを求めた消費者にあるってのは誰かツッコミしなくていいんかな

ブラック批判をする奴が牛丼屋の値段に文句を言うっていうたとえ話があったけれど

あれよりもっと直接的な事例がリアルにさく裂したわけだろうに

新聞」って「まとめブログ」を超超超巨大化させたという認識なので

正直なところ、個人の顔写真ネットから引っ張られても引っ張られていなくてもどっちでもよくて

「あーまたどこの新聞社もこういうやり口なのね」っていう感じに引いてしか見てない。

からネット上で「うわ最悪だよマスコミ」みたいな感想を見ていると、「この人たちまだマスコミ(というか媒体)をまともに見てるの?」という思いになる。

今回のスキー事故で亡くなった方の写真掲載された事についても同じで引いて見ていて、むしろ新聞なんてものを購読してない身からすると

不快感想を持った人たちが画像を利用してマスコミ叩きに走っているという感じで見られる。これではマスコミとやってる事が一緒という感じさえする。

取り上げた側の報道人間バス会社なり旅行代理店を叩くために使ってる訳で、こんなに騒がなくても1日1日の新聞なんて忘れられていくもんだし

過剰な反応は興味ない人までも参加させて無駄に大きくなって、それこそマスコミの思う壺ではないんだろうか?と思う

スキーを楽しもうとして事故に巻き込まれた上に、マスコミ叩きの材料までにされてしまった顔写真の人々とその家族可哀想

2016-01-17

65歳の天涯孤独貧乏運転手が前途有望な20代若者を殺す

スキーバス事件

運転手遺体の引き取り手もいない孤独ジジイで、

乗ってた大学生スーパーリア充葬式に千人も来たという。


この事件負け組貧乏人が今後勝ち組リア充を殺すとかいう最高にすっきりする事件な気がする。

あのツアー会社バス会社も、あのリア充大学生就職するであろう先に比べたら胡散臭い負け組就職なのは会社対応を見ていればわかる。

三年後にはそんなツアー会社なんか使わなくても大企業就職して豪華な旅行ができるであろう若者負け組ジジイ運転手負け組会社に殺される。

弱者強者を倒す」まさにそれではないか。

まぁ、運転手は死んでるんだけどさ。

勝ち組なのに負け組運命を託すようなこの社会構造がなかなか続々すると思うんだ。

2016-01-15

テレビ報道番組バス事故しか報道しないんだが

なんでなの?

交通事故ニュースなんて原因究明中ですってだけで5分か最大でも10分くらいしか内容なくないか。

バス会社の過失をバッシングできそうだから煽ってんの?

他にニュースないから時間つぶしてんの?

事故を起こしたバスは何故一般道を使っていたか

考えられることメモ

2015-11-09

地方観光協会みたいなサイトって

大抵「アクセス方法」みたいなタイトルのページがあって、東京とか大阪みたいな大都市から飛行機新幹線高速道路で現地付近まで行くための交通手段説明必要以上に親切な割に、現地付近から内部の移動手段については妙に具体性がないところが多いんだよね。

最近自治体観光客向けに無料格安で見どころを巡回しているバスなんかもよくあるけど、それでは時間の都合が合わないケースも多いのに、地区内の路線バス時刻表どころかバス会社へのリンクすら貼っていないところもあったりして。

まあ、よく知らない土地バス会社路線表や時刻表の見づらさというのも何とかならないのかねーとは思うけど。それはまた別の話で。

そういうのを見ると、地元の人は車があるから路線バスなんか使ってないんだろうなーというのが透けて見えるし、免許がなかったりタクシーまでは使いたくないという観光客ニーズを見落としてるんだろうなーとも思う。

出発地から現地までなんて大ざっぱなところは今日び他にいくらでも調べる手段があるんだから、そういう毛細血管みたいな情報こそ、そういうサイト提供して欲しいんだけどね。

2015-10-08

25歳だけど今からメディア関係者になりたい。

メディア関係者といっても、メディア関係企業事務仕事をしたい。

ラジオテレビ映画レコードスポーツアニメゲーム、なんでも。

18歳で高校卒業してから現在まで、何度か転職はしたが事務一本で色々やってきた。

資格はない。

でもメディアに関われるならどんなことでもやりたい。意欲はある。

バス会社建設会社トラック会社での事務経験あり。

からなれるもんなのかな。

コネもないよ。

誰か、紹介してくれー。

(10/8追記)

思いの外コメントがついててびっくりした

やりたいことは無いわけではなくて

売上とか、会議データ作ったり、お茶汲みやったり、来客対応したりとか

そんな普通事務的な内容を「メディア関係」でやりたいんです

理由は、世の中にいろんなものを発信してる人々を近くでサポートしてみたいから

派遣会社ちょっと調べてみるよ。

ありがとう

2015-09-12

農村部での水害避難の難しさについて

農村部での水害避難の難しさについて

以下、長文になります。要するに、今回の鬼怒川水害で「もっと早く避難しておけばよかったのに」「行政もっと早く避難指示を出せばよかったのに」と感じた方々に「それはそうなのですが、農村部での水害避難には都市部にはない難しさがあります」と説明するものです。

これらの問題が解決され、農村部でも円滑な避難安全の確保がなされることを願っております

水害での避難について。

水害が発生した、あるいは発生が危惧される場合には、避難重要である

タイミング

②行き先

交通手段

このすべてが適切でなければ、十分な避難はできないだろう。

多くの人に注目されているのは①だと思う。「もっと早く避難すべき」「行政は早く避難指示を出すべき」といった指摘だ。

確かに、タイミング重要である。だが、問題はそれだけではないのではないか。避難先ごとに、行き先と交通手段観点から問題を考えていきたい。

1.近隣への避難

避難するとして、どこへ避難するのか。

まず、地域の中で比較安全場所避難することが考えられる。例えば、公民館学校である。水害の場合津波と異なり水の高さはそれほどでもない場合が多い。今回の水害でも、民家の2階には水が届かないケースが多かったようだ。そこで、できれば3階以上の高さがあり、かつ流される心配のない鉄筋の建物避難することが有効であると考えられる。

だが、ここには問題がある。鉄筋の建物がない地域が多いのである

都市部であれば、鉄筋の建物はいくらでもある。だが、農村部では、集落の中に一つも鉄筋の建物がない、ということも多い。あるいは、小学校の学区(あるいは、徒歩30分~1時間程度の範囲)に鉄筋の建物は数えるほどしかない、という地域もざらにある。そういった地域で、数少ない鉄筋の建物にたどり着くことができるのか。あるいは、避難した住民全員を2階ないし3階以上に収容することができるのか。さらに言えば、数少ない鉄筋の建物が川の近くなど水害での危険が大きい場所に集中していた場合、どうすればいいのだろうか。

さらに、そうした避難先へどのように移動するかという問題がある。特に夜、雨の中を数十分かけて徒歩で移動することには危険が伴う。また、そのような負担がある場合には住民の抵抗が強くなり、避難行動をとらない人が増えることが想定される。おそらく多くの人は自家用車で移動することになるが、渋滞が発生する恐れがある。また、自家用車を持たない家庭や、自家用車運転免許を持つ人がたまたま家にいない家庭に対して、どのように交通手段提供するかという問題がある。

2.他の地域への避難

次に、同じ自治体の中で別の地域避難することが考えられる。例えば、隣の校区にある学校である。これならば、比較的短い時間避難できる。

しかし、ここにも問題がある。

第一に交通手段問題。近隣への避難以上に距離があり、異動に時間がかかる。徒歩での避難さらに困難になる。いきおい自家用車を使うことになるが、渋滞自家用車を持たない家庭への対策さらに大きな問題となる。特に他の地域への移動に使える道路が少ない場合、川を渡るための橋が少ない場合などには、渋滞リスクは跳ね上がる。

第二に行き先の認知問題。同じ自治体の中であっても、校区が異なったり、川や山を挟んでいたり、あるいは平成の大合併まで別の自治体であったりした場合交流が乏しいことが考えられる。その場合、「どこへ行けばいいのか分からない」「目的地までの道順が分からない」という人が相当数出ることが想定できる。知名度が高い施設住民が集中すれば、さら渋滞を引き起こすことになる。第三に収容力の問題特に安全避難先が限られている場合、ただでさえその地域住民避難してきている中に、別の地域住民を受け入れることができるのか。あるいは、知名度が高い施設住民が集中すれば、さら収容力の問題が大きくなる。

3.広域避難

最後に、別の自治体比較的遠い地域避難することが考えられる。

この場合時間がかかることに加え、交通手段問題が大きい。数千人、あるいは1万人以上の住民自家用車を利用して避難を試みれば、大規模な渋滞が発生する可能性が非常に高い。特に自治体や山や川をまたぐ場合、利用できる道路が少ないことも多いのではないか。水害とは異なるが東日本大震災でも、自家用車での避難の途中に身動きが取れなくなり、津波にのまれた人も多かったという。

渋滞を避けるためには、鉄道路線バスなどの公共交通機関が正常に機能しているうちに避難を始めるか、貸切バス等の大型バスを大量に動員することが考えられる。しかし、そもそも鉄道路線バス存在しない、あるいは存在したとしても輸送力が大きくない地域も多い。大型バスを集めることが現実的だろうが、かなり早い段階で手配を始める必要があり、費用もかかることが想定される。

では、どうすればよいのだろうか。

凡庸結論になるが、「前もって想定し、対策を頭に入れておく」ことが重要ではないかと考える。

住民被害を想定し、いざという時にどこへ避難するか、どのように避難するかを考えておく。あるいは、行政バス会社などの企業連携し、避難計画を立てておく。

そうして地域全体を巻き込んだ対策を立てなければ、同様の問題が発生する可能性は高いのではないだろうか。

2015-07-15

このバスの乗り方エントリーから得られた知見メモ

バスには「前乗り先払い」「後乗り後払い」と書かれていることがある。

バスのドアには[入口][出口]と書かれていたり、札が挿されていたり、幕が出ていることがある。

バス会社ホームページには、バスの乗り方が思いのほか丁寧に書かれていることがある。

バス会社ホームページ路線図がGoogleMap上にトレースされて表示されることがある。

地元民ですらバスがどのルートを走るのかよくわからないことがある。

Suicaっぽいものが使えるが、ライセンス関係Suicaが使えないバス会社が多い。

・均一運賃のバスでも「後乗り後払い」の場合がある。(大阪市バス阪急バス

川崎市内か横浜市にまたがるかを宣言してタッチする(基本は前乗り後ろ降り)。(川崎

バーコード付きの整理券が出て、お金と運賃箱に入れるとお釣りが出る料金箱がある。

・後ろドアがあるのに使用されない前乗り後払い方式だった。(会津沖縄

・乗るとき行き先告げて料金払い、降りるとき後ろから多摩

・駅に向かう時は先払い、駅から出発時は後払い。(奈良

停留所自作の親切な路線図をこっそりと貼った人がいた。

20分に一本のバスは歩いたほうが早いことが多い。




http://anond.hatelabo.jp/20150711224740

2015-07-13

「発車オーライ!」のねらいはなにか。

anond:20150713004806

感想文の内容はいちいちもっとなのだが、これ「授業のねらい」からは外れちゃってるのです。

資料名「発車オーライ学研

分類 中学校 中2 道徳

単元・題材 PDF資料名「発車オーライ学研)(PDF:189.6キロバイト)

http://www.educ.pref.fukuoka.jp/bunsho/pub/detail.aspx?c_id=14&id=1017&pg=29&bk=1&Lbunrui_ck=3&AspxAutoDetectCookieSupport=1

主題資料名「発車オーライ学研)内容項目2-(5)

3 本時の目標

○ 相手の立場理解し、人には色々なもの見方や考え方があることに気づき、それを認める広い心を持ち、相互人間関係を豊かにしていこうとする態度を育てる。(道徳的実践・意欲)

バスガイド気持ち共感し、バスガイドの行動について書く活動意見交流活動を通して、自分日常生活

振り返り、他人立場や思いを理解しあうことが望ましい生活につながることに気付かせる。(道徳的学び方)

学習指導要領 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/chu/dou.htm

内容項目2-(5)とは

2 主として他の人とのかかわりに関すること。

(5) それぞれの個性立場尊重し,いろいろなもの見方や考え方があることを理解して,寛容の心をもち謙虚に他に学ぶ

バスガイド気持ち共感しろと考え方を押しつけるのが本時の目標である

>「おじいちゃん、ごめんなさい。安全場所にお止めしておりていただくことはできるのですが、そうすると、おじいちゃんがおりたあと、ほかのお客さまから、「それならあそこに止めて。」とか、「私はここでおろして。」というご依頼をおことわりすることができなくなってしまうんです。本当にすみません。」

内容項目4-(1)~(3)

4 主として集団社会とのかかわりに関すること。

(1) 法やきまりの意義を理解し,遵(じゅん)守するとともに,自他の権利を重んじ義務を確実に果たして社会の秩序と規律を高めるように努める。

(2) 公徳心及び社会連帯自覚を高め,よりよい社会の実現に努める。

(3) 正義を重んじ,だれに対しても公正,公平にし,差別偏見のない社会の実現に努める。

感想は、これに沿った考え方ということだ。この教材は、内容項目4に反している。

最悪なのは一見問題を解決しているように見えるところだ。ブレーキテストを口実にして、不正を行った。頓知である

立て札「このはしわたるへからす」 「端ではなく、真ん中を歩けばいいんですよ……ガラガラ!ドボーン

>そろそろこのあたりがホロ町になるのだろう。

で、教材文止めときゃよかったんです。オチはいらない。さて、どうしますか?と発問して生徒に討論させる。

この教材は不適切だ。内容2と内容4が対立しているから。

小学生くらいだと、「お話の続きを考えて見ましょう」なんてのがあるので、考えてみた。あらすじだけ。

ほかのお客さまからの「それならここでブレーキテストをして」「ここでブレーキテストをしてほしい」というご依頼をおことわりすることができなくなってしまいました。

そのたびにバスブレーキテストをすることに。

バス会社は困りました。これでは安全バスの運行に支障が……ブレーキテストをする場所を決めました。

どうして、ここでブレーキテストができないんだ! お客さんのクレームは止まりません。

とうとう、ブレーキテストを禁止するしかなくなりました。

バスはホロ町が見える峠に登ってきました。ここからホロ町までは下り坂が続きます

運転手さんは「ブレーキ大丈夫かな?」と思いましたが、ブレーキテスト規則があるからできません。

ホロ町にこんな碑が立っています。「やすらかにねむってください あやまちはくりかえしませんから」集会所バス突入事故慰霊碑

問題この「あやまち」とはなんだと思いますか?

規則法律憲法って、立場・色々なもの見方や考え方があったら、それを認める広い心を持って、守らなくてもよろしいわけですな。

依頼をおことわりすることができなくなってしまうんです。

2015-05-15

http://anond.hatelabo.jp/20140908234101

みんなが自転車通勤行使すると道路キャパシティが破綻する。バス電車にぶち込んでいるからこそ8:00から9:00のタイト時間でも、どうにかこうにか道路破綻せずにやっていけているわけだ。ところが、スレ主がやりたい放題やるように自転車通学やら自転車通勤をやったらどうなるだろう?バス会社経営困難になり、電車会社は父さんする。ホッブズの言う、自己保存の権利を100%行使された万人は万人による交通戦争状態に陥ってしまうではないか。

したがって少しでも公共善という概念を解するならば、即刻、通勤通学時間帯での自転車の私用はやめるべきなのである

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん