2012年09月06日の日記

2012-09-06

エクストリームコーヒーブレイク

エクストリームアイロン掛けというスポーツがある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%B3%E6%8E%9B%E3%81%91

アホかと馬鹿にしていたが、昔の茶人とか、野原や河原しまいにゃ戦場や山のてっぺんで茶会を開いてたんだよな。

敷物もって、釜もって、茶筅茶杓をもって、紙コップや軽量プラスチックのカップなんてなかったから、落としたら割る重たい茶碗を持ってさ。

火をおこしてお湯を沸かして、お茶を飲む。

カレー作ったりバーベキューするならとにかく、お茶だけのためにその労力わけわかんねぇ。

と思ったんだが、山でお茶を淹れて飲んだら美味かった。

抹茶じゃなくて普通煎茶だけどね。

急須持ってってお湯沸かして飲んだら最高。

高尾山から富士山を眺めながら、緑茶

山まで出かける必要もない。

深夜の歩道橋お茶を沸かして、ミルで豆を挽き、ドリップしてみたら、もう飲む前に香りだけでやばかったね。

いつものコーヒーがまるで酒のように気分を高揚させた、住宅街の窓の明かりが、世界遺産かなにかのように思えてならなかった。

夕暮れの公園で、直火式のエスプレッソ作ってみた

西の空が赤く染まり、東の空から一つ二つと星が輝き出す様子をみていると、地球って素晴らしいと思うことさえできた。

野点かいう野外の茶会って、大名だってはまったんだから、貧しい者にとっても富める者にとっても、単身者にとっても独身者にとっても、気持ちいいことなんだろう。

コーヒーでもお茶でもいいんだけど、お湯を沸かしてカフェインチャージするだけで、人は簡単に幸せを実感できる。

コーヒーお茶じゃなくて、酒でもいい。

閉店間際のスーパーで、半額の寿司発泡酒を買って、公園で食べるのもなかなかのもんだ。

たとえホームレスになったって、絶望することはない。

就職できないからとか、リストラされたからとか、モテいからとか、そんなことで悩む必要はない。

涼しくなっていい季節だ。

リュックにヤカンとコンロを詰め込んで、ドアを開けて外に出よう。

公園くらいならコンロでもいいけど、アウトドア用品店で小型のバーナーを買うと、いろいろ捗るぞ。

自転車旅行で、バイクツーリングで、田舎無人駅で降りて、お湯を沸かしてお茶を淹れよう。

http://anond.hatelabo.jp/20120906232536

人件費コストって考えている

・先輩に後輩をつけること(マニュアル指導方法があるわけではない)をOJTという

 

のような会社は潰れる。っていうか潰れろ。

会社経営していく中で、何か問題に直面しても解決せず他の問題に転嫁するのは駄目会社の特徴

例えば、会社上司が部下(新人)を叱って「最近ゆとりが多い」って嘆くけど、それ間違いな。

実際は、OJT教育がしっかりしてないせいなんだよな

昔の会社っていうのは、部下の尻拭いは上司責任だったから部下の信任厚い上司ってのが割と多くいたもんだ

今は会社の人件コストカット終身雇用制廃止など諸々の理由から上司の質が落ちたせいで部下の尻拭いをしないのが増えてる。

当然、自分の失敗はお前のせいだという発想になり、結果部下が無能なのは俺のせいじゃないって事になる。

ゆとり(余裕を持てる時間が増えれば)が解決してくれたら一番なんだけど、時間に追われる限り難しいのが現状なのさ。

不満はためると疲れるね

あとになっていや悪かったとか誤解だったとかかりに言われても

もうどうでもいいくらい嫌いになってるから意味ない

かといって、頑張って不満を(精一杯ていねいな言葉で気を使いつつ)伝えて

なんもならんかった時の消耗感は異常

その繰り返しで人は疲弊していく

http://anond.hatelabo.jp/20120906230757

あと、素人目には政府債務を積み上げて社会保障を維持しているように見えるし、こんなの持続できるわけないだろっていう意見のほうが説得力あるように思う。

http://anond.hatelabo.jp/20120906230005

一蓮托生ってのがあってな

学生運動の時に裏切りにあったことがあってそれ以来結束力を重視して能力とかは二の次って事になったんだよ。その癖提唱した奴はうんこばっか。

その学生運動やってた代表格が菅直人。こいつは結束力を重視しておいて実際はこいつだけ一抜けした裏切り者

そら小沢さんに流れるわ

初めて一人暮らしするとき

注意すべき点って何かある?

http://anond.hatelabo.jp/20120906224439

本が薄いってのと、ボリュームがなくなったっていうのは微妙ニュアンスが違う気もするけど。

http://anond.hatelabo.jp/20120906215229

むしろ、小説とかじゃなく、実用書とか読むときコスパ考えるならまだわかるかな。

小説とか漫画とか趣味エンタメ)のためなのにコスパ考えるほうがわからん

 

話変わるけど、作家とかの話になったとき「○○が好き」っていいにくいわ。

自分の読んでない作品とか知らない情報とか出されたときに答えられなかったら責められそうで。実際にはそんなことないんだろうけど、ネットに毒されてしまってる。

ドラマとかバラエティーのプロデューサーって失敗しても不用意発言しても絶対干されないよな

良いご身分ですこと。

http://anond.hatelabo.jp/20120906152431

動物集団で行動して群れの為に行動するのは社会福祉に相当すると思うけど?

啓蒙してるつもりの人達

「○○がうまくいかないのはお前達のこういう努力が足りないからだ」とか「こういう努力をすれば○○の苦労は軽減できる」とか、それ啓蒙じゃないからね。

大半の人達は「じゃあ最初から○○しなきゃ努力も苦労もしなくていいんじゃね?」としか思わないから。

「何故お前達は○○をするべきなのか」から始めなきゃならんから

http://anond.hatelabo.jp/20120906225527

そして1払えば2もらえるという信頼がもうないんだよ。1払って1もらえれば上出来だと思われている

根拠もなくそう思い込む人にはもう、かけて意味ある言葉はないんじゃないかな。あるいは、金勘定だけでは損得が判断できず、保険としての機能外部性の影響も考慮しないとならないことなどを一から教える?そこまで親切な暇人いないでしょ。

アメーバの退会がどこにあるかわかりづらい何を考えているんだ

アメーバの退会がどこにあるかわかりづらい何を考えているんだ

ここです

https://user.ameba.jp/leave/input.do

http://anond.hatelabo.jp/20120906224744

左翼の人はそれを行き過ぎた連帯につなげるからなあ

前に国際政治セミナー左翼主催)に出たら

全然関心のない環境問題署名強制されてうんざりしたさ・・・

あの人たちにとっては、問題はすべて共有してすべて関心を持ちすべて運動に賛成すべき!

なんだよね

真面目でわるかないんだけどさ・・・

正直うざい

http://anond.hatelabo.jp/20120906224359

いや、だから、「社会保障レベル下げてよ」ってのは「社会保障のものを否定」してるわけじゃないでしょ。むしろ社会保障必要からこその主張

そして1払えば2もらえるという信頼がもうないんだよ。1払って1もらえれば上出来だと思われている

http://anond.hatelabo.jp/20120906215653

現実的でない経済成長であればいいのでは。

その程度のことはすでに議論されているだろうし、定量的分析も探せばあるのではないかと思う。

まあ、

 1)社会保障費用一定のままで、現状の問題点に即して重み付けを変えることで、全体の効用を高める

 2)ともかく社会保障全体への割り当てを高める

もちろん、1)2)を同時に行うということもあり得るのだが、その若者現実的に1)を志向しているのだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20120906152431

俺は損得論が良筋とは思えないけどな。

もし社会福祉が「得」であるなら、近代社会なんかではなく

もっとリソースの厳しい原始社会動物の間で社会福祉が盛んになっているはずだ。


無理だろ。社会保障をやるにはそれ相応の社会インフラ必要になる。原始社会動物の間にそんなインフラはない。リソースが厳しいのは現代も同じだしさ。

原始社会では蛇口をひねるのではなく遠くの水飲み場にまで行っている。もし蛇口をひねるのが「楽に確実に水を手に入れる手段」であるなら、

近代社会なんかではなくもっとも生存競争の厳しい原始社会動物の間で蛇口をひねるのが盛んになっていたはずだ、とか言ってるようなもの

水道というインフラがないか蛇口をひねるのが盛んにならなかっただけで、インフラのある現在では蛇口をひねるのが「楽に確実に水を手に入れる手段」。

社会保障だって社会インフラの整った現代から実現できる「得」なものであって、原始社会動物の間では無理だっただけだ。

別に「得」でなかったから原始社会動物の間で盛んにならなかったわけじゃない。

http://anond.hatelabo.jp/20120906222230

昔は昔でオタは散々同じようなことを延々やっててその印象のまま問題をいきなり突きつけられた結果その後の排斥に繋がったたんだけどね

逆に言えば余程大きい規制やら排除を本当にされない限りオタクはこんな物、その時にならないと日頃の行いの大事さを考えないよ

http://anond.hatelabo.jp/20120906224439

>「この作家は人気が出て、値段が高い割に本が薄くなった」とか「白すぎ」とか

そいつら変

本の薄さじゃなく問題は内容の薄さだろ

http://anond.hatelabo.jp/20120906223330

そりゃミニマム面白い物を見つけたらラッキーだけど

それはたまに食べる凝った前菜みたいなもので、主食ボリューム重視って人も多いと思うよ

だってライトノベル板なんか見ると「この作家は人気が出て、値段が高い割に本が薄くなった」とか「白すぎ」とか、値段の割にボリュームがない事を嘆いてる声はよく見かける

http://anond.hatelabo.jp/20120906155039

それが嫌で自分で備えを行おうとすると、返ってきたお金の何倍もの額が必要になる。

この書き方は卑怯だな。

正確には

「それが嫌で自分で備えを行おうとすると、帰ってきたお金の何倍もの額が必要になる人も発生する。」

だろ。

みんながみんな何倍もの額が必要になるわけじゃない。

低所得者ほど社会保障コストベネフィットは高いから、社会保障費がきつくて生活がもうやっていけないとか言う層は間違いなく「帰ってきたお金の何倍もの額が必要になる人」に該当する。

というか、外部性の塊みたいな分野だから自分で備えた方が得になる人なんてほとんどいない。よほどの高所得者で備えが不必要な人たちくらいだ。

少子高齢化が進んでいるのに経済成長を前提とした社会保障システムは本当に大丈夫なの? 際限なく負担が増えていくんじゃないの?」という疑問には全く答えていないよね。

少子高齢化が進んでも、ある程度以降は高齢世代数/勤労世代数は頭打ちになって、その後は減っていく。際限なく負担が増えていくことなんてあり得ない。

そして、社会保障が多くの人にとって得なのは高齢世代数/勤労世代数がピークになる頃も含めてだ。

今までは1払えば10もらえていた(現金が、というだけではなく保険機能なども含めて)のが、最近では3しかもらえなくなっており、将来はそれが2まで減りそうだ、ということ。

上の世代が羨ましい・ズルいという批判はもっともでその差を縮小するような政策(年金マクロスライドデフレでも適用するなど)を希望するのはいいが、社会保障のものを否定しては上の世代も自分も損するだけ。

結局、答え方は変わらない。

http://anond.hatelabo.jp/20120906223145

そりゃコスパの話じゃないな

多ければ暇がつぶせるって話

本で暇つぶしするってことは考えないなあ

面白いから買う

から小説は買わない

雑誌に連載してるのチラ見しても、いかにもつまらんのだよな。。。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん