「はま」を含む日記 RSS

はてなキーワード: はまとは

2011-06-10

http://2kune.blog94.fc2.com/blog-entry-977.html

男も女も関係なく、「結婚したら、子供が産まれたら、仕事をどうする?」と夫婦が本当に対等になって話して決められる感覚が当たり前のようになるんだろう。

イクメン」なんつー言葉死語になるのはまだ先なのか。

この状況がベストだと疑いようもなく思い込んでる人が多くて困る・・・。

理不尽でも今まで役割分担というか女性犠牲にするような形にしないと成り立たなかったものを

理想主義でむりやりこの状況に持って行かれても共倒れになるんじゃないのかね。

共倒れになってから、二人で一緒に決めたことだからいいんだってのは、もう完全に社会無視して個人だけのセカイに入ってるよね。

むしろ10年前ならそういう議論が出ても大丈夫だったと思うんだけど、どうして今なんだろうって考えたことあるのかな

「あの頃はよかった」だなんて愚痴る大人にはなりたくない

「昔は楽しかった」「学生時代に戻りたい」なんて言葉は、年齢を重ねるとそこかしこで聞こえてくる。

多分、就職してちょっと経った頃、2324歳なんて一番多いんじゃないだろうか。

何となくでも一応就職できて、、、とはいえ、仕事面白いわけでもなく、となれば

そんな言葉が出てきたっておかしはないだろう。



でも、「昔は楽しかった、よかった」なんて愚痴る大人にはなりたくない。そう強く思う。



誰にでもある「その昔」が楽しかったのってさ、今よりも不安を感じなかったからじゃない?

    \

.       \

.       \      _______

          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___

   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________

   |l  \::      | |             |、:..  | [], _ .|: [ニ]:::::

   |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::

   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::

   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::

   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::    そうだ

   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::   これは夢なんだ

   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::    ぼくは今まで永い夢を見ていたんだ

   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   目を閉じてまた開いた時

   |l    | :|    | |             |l::::   ぼくはま12歳の少年の夏

   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::   起きたらラジオ体操に行って

   |l \\[]:|    | |              |l::::   朝ご飯を食べて涼しい午前中に宿題して

   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::   午後からおもいっきり遊ぶんだ

   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::  虫取り網を手に持って・・・

   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::

   l}ィ::        |  `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::

↑このコピペが、共感持たれるのって、小学生の頃は何も「これから」に対して不安とか感じずにやっていけたからじゃないだろうか。



かに小学生の頃は楽しかった。別に何にも考えずとも、なんとかなったし。

中高大学生になっても、まー多少世の中を知らずとも、何も考えずとも生きては行けるんだよ。

親の援助とかあるし。


徐々に物事を知って行けば賢くなる。けど、その対価として同時に「この先、どうしよう」という不安が生まれるのも当然なのかなと思う。

むしろ、その悩みをどう解決するか考えて行動することで、きっとこの先はいくらでもいかようにも変わっていく。


「あの頃はよかった」なんて、愚痴るのはただの思考停止

どう頑張っても過去には戻れないんだし、二十歳そこそこのやつが思い出語ることなんて、もっと何十年後でもできるさね。

最近、なんの勉強をしていいかからない。

所属している研究室的には、もっと実際的というか、「使える」勉強をすべきだ。

だけどそういう勉強をするよりも基礎的な勉強をしたいと思っている。

中の仕組みを知らないのに、表面上の知識だけで研究しているような感覚がずっとつきまとっていてすごく気持ち悪い。

それに、そういう勉強のほうがワクワクする。(これはあまり共感してもらえないけど。)

でもそれは(少なくともすぐには)糞の役にも立たない。

むしろその勉強のために時間を割くから研究にはマイナスかもしれない。

これから先も役に立つかどうかはわからない。

一応関連した事柄ではあるけれど、知らなくても研究はできる。

他の研究室メンバーはそういう事柄を「そういうものだ」で、済ませられる。

むしろそういう事に興味をもつことは、よほど才能があって頭脳明晰でない限りただの無謀なバカと取られる。

はまさに無謀なバカで、そういった基礎的な難しい事柄を易々と理解できるだけの能力はないだろう。

おそらく膨大な時間をかけて、ようやっと理解できるかできないか…、その程度。

今まで勉強したそれらより簡単なことが本当に理解出来てるかどうかすら怪しいと思う。

そんな人間が、基礎的なことをいちいちやってたら人生いくら長くても足りない。

身の丈に合ったことをしなければ、自分も周りも不幸せに終わるだけだ。

わかってる、わかってるんだが。



好きなように勉強したいだけだったら、仕事しながら勉強したらいいのかもしれない。

それなら「趣味」なのだから誰にも苦言を呈されるなんてことはないだろう。

でも自分にそれができるのか…?学生という恵まれた身分でいても、勉強はなかなか体力と気力のいる仕事だった。

仕事をしたらそちらに手一杯になってしまわないだろうか?

それともその程度のことも出来ないのなら、その程度の人間なのだからと諦める気にもなるだろうか。



頭が凝り固まってる。理想だけじゃなにも進まないんだろうね。

2011-06-09

知らないと後悔するコンサルを極める19の法則

1 :名無しさんお腹いっぱい。:04/08/03 07:47

完璧コンサルなどといったものは存在しない。完璧絶望存在しないようにね。

 

2 :名無しさんお腹いっぱい。:04/08/03 08:32

六月にデートした女の子はまるで話があわなかった。

僕が南極について話している時、彼女コンサルのことを考えていた。

 

3 :名無しさんお腹いっぱい。:04/08/03 10:02

コンサル目的自己表現にあるのではなく、自己変革にある。

エゴの拡大にではなく、縮小にある。分析にではなく、包括にある。

 

4 :名無しさんお腹いっぱい。:04/08/03 17:25

「ね、ここにいる人たちがみんなマスターベーションしているわけ? シコシコッって?」と緑は寮の建物を見上げながら言った。

「たぶんね」

「男の人ってコンサルのこと考えながらあれやるわけ?」

「まあそうだろうね」と僕は言った。「株式相場とか動詞の活用とかスエズ運河のことを考えながらマスターベーションする男はまあいないだろうね。まあだいたいはコンサルのことを考えながらやっているんじゃないかな」

スエズ運河?」

「たとえば、だよ」

 

5 :名無しさんお腹いっぱい。:04/08/03 20:54

コンサル?」と僕は聞いた。

「知らなかったの?」

「いや、知らなかった」

馬鹿みたい。見ればわかるじゃない」とユキは言った。

「彼にその趣味があるかは知らないけど、あれはとにかくコンサルよ。完璧に。二〇〇パーセント

 

6 :名無しさんお腹いっぱい。:04/08/03 20:56

僕が三番目に寝た女の子は、僕のペニスのことを「あなたコンサル」と呼んだ。

 

7 :名無しさんお腹いっぱい。:04/08/04 00:04

そして今日でもなお、日本人コンサルに対する意識はおそろしく低い。

要するに、歴史的に見てコンサルが生活のレベル日本人に関わったことは一度もなかったんだ。

コンサル国家レベル米国から日本に輸入され、育成され、そして見捨てられた。それがコンサルだ。

 

8 :名無しさんお腹いっぱい。:04/08/04 10:13

コンサルは盲のいるかみたいにそっとやってきた。

 

9 :名無しさんお腹いっぱい。:04/08/07 01:11

「それはそれ、これはこれ」である

冷たいようだけど、地震地震野球野球である

ボートボート、ファックはファック、コンサルコンサルである

 

10名無しさんお腹いっぱい。:04/08/12 04:45

「どうせコンサルの話だろう」とためしに僕は言ってみた。

言うべきではなかったのだ。受話器が氷河のように冷たくなった。

「なぜ知ってるんだ?」と相棒が言った。

とにかく、そのようにしてコンサルをめぐる冒険が始まった。

 

11名無しさんお腹いっぱい。:04/08/13 18:44

「君の着るものは何でも好きだし、君のやることも言うことも歩き方も酔っ払い方も、なんでも好きだよ」

「本当にこのままでいいの?」

「どう変えればいいかからいから、そのままでいいよ」

「どれくらい私のこと好き?」と緑が訊いた。

世界中コンサルがみんな溶けて、バターになってしまうくらい好きだ」と僕は答えた。

「ふうん」と緑は少し満足したように言った。「もう一度抱いてくれる?」

 

12名無しさんお腹いっぱい。:04/08/19 20:23

はなんだか自分コンサルにでもなってしまったような気がしたものだった。

誰も僕を責めるわけではないし、誰も僕を憎んでいるわけではない。

それでもみんなは僕を避け、どこかで偶然顔をあわせてももっともらしい理由を見つけてはすぐに姿を消すようになった。

 

13 :名無しさんお腹いっぱい。:04/09/02 08:02

「僕はね、ち、ち、コンサル勉強してるんだよ」と最初に会ったとき、彼は僕にそう言った。

コンサルが好きなの?」と僕は訊いてみた。

「うん、大学を出たら国土地理院に入ってさ、ち、ち、コンサルを作るんだ」

 

14 :名無しさんお腹いっぱい。:04/09/10 21:12

コンサルには優れた点が二つある。

まずセックス・シーンの無いこと、それから一人も人が死なないことだ。

放って置いても人は死ぬし、女と寝る。そういうものだ。

 

15:名無しさんお腹いっぱい。:04/09/15 19:16

他人とうまくやっていくというのはむずかしい

コンサルか何かになって一生寝転んで暮らせたらどんなに素敵だろうと時々考える。

 

16 :名無しさんお腹いっぱい。:04/09/22 02:21

「ずっと昔からコンサルはあったの?」

 僕は肯いた。

「うん、昔からあった。子供の頃から

 僕はそのことをずっと感じつづけていたよ。そこには何かがあるんだって

 でもそれがコンサルというきちんとした形になったのは、それほど前のことじゃない。

 コンサルは少しずつ形を定めて、その住んでいる世界の形を定めてきたんだ。

 僕が年をとるにつれてね。何故だろう? 僕にもわからない。

 たぶんそうする必要があったからだろうね」

 

17 :名無しさんお腹いっぱい。:04/09/26 08:57

その夜、フリオ・イグレシアス一二六回も『ビギン・ザ・ビギン』を唄った。

私もフリオ・イグレシアスは嫌いなほうだが、幸いなことにコンサルほどではない。

 

18 :名無しさんお腹いっぱい。:05/02/03 07:44

それから君のフェラチオすごかったよ」

直子は少し赤くなって、にっこり微笑んだ。

コンサルもそう言ってたわ」

「僕とコンサルとは意見とか趣味とかがよくあうんだ」

と僕は言って、そして笑った。

彼女は少しずつコンサルの話ができるようになっていた。

 

19 :名無しさんお腹いっぱい。:05/02/03 19:53

泣いたのは本当に久し振りだった。

でもね、いいかい、君に同情して泣いたわけじゃないんだ。

僕の言いたいのはこういうことなんだ。一度しか言わないからよく聞いておいてくれよ。

 

 僕は・コンサルが・好きだ。

 

あと10年も経って、この番組や僕のかけたレコードや、

そして僕のことを覚えていてくれたら、僕のいま言ったことも思い出してくれ。

恋愛における不細工・低能差別って当然のことなんじゃないの?

英語が必要とされる職場に、TOEICの点数が低いイケメンと、点数が高いブサメンが応募したとする。

そこで点数が低いイケメン採用されたとなれば、これは不当な容姿差別だろう。

業務に必要とされる技能をより高いレベルで持っている、ブサメンの方を採るのが正当だと思う。

ではイケメンブサメンの点数が同点だったとしよう。

大半の企業イケメンを採ると思う。

美形は広報担当求人写真モデルなど、容姿を必要とする他の仕事にも使えるから企業側のメリットが大きいのだ。

これは差別なんだろうか?

 

ブサメンたちはこの現実に怒っていると思う。

でも男女が逆だったら?スキルが同等の美女とブスが応募してきたとして、自分採用担当者だったらどちらを採る?

当然のように美女を採ると思う。

どうかすると「美形の方が採用後も使い道が広くて社にとって有用だから」なんていう理由すらなく、

「やっぱカワイイ子のほうがいいよねー」なんていう私的な理由で採る低能も居るだろう。

 

容姿スキルだ。

から与えられた才能のひとつだ。

そして就職よりも強く容姿が影響するのが恋愛だ。

 

自分容姿が悪いが容姿の良い相手と結ばれたい場合、そのギャップを他の多くの要素で埋め合わせるしかない。

たとえば性格が良くて相手を癒せるとか、歌が上手い等のスキルで格好良く見せることができるとか、

仕事勉強スポーツ尊敬を集められるとか、金持ちから相手にリッチな体験をさせてやれるとか。

そういった埋め合わせの方法を持たないただの不細工は、そのままただの不細工でしかない。

何の魅力もないただの不細工が、容姿の良い相手に片思いしても、たいていは笑いもので終わる。

それを「俺が恋愛できないのは容姿差別だ!」とわめくのはあまりにも見苦しい

見た目だけでなく心までクリーチャーだと思う。

 

「配られたカードで勝負するしかないのさ」というスヌーピー名言があるらしい

世の中には余裕で勝てる最強カードを配られた人間

(家が金持ちで、家族関係も良好で、運動神経抜群、美形、健康、成績がよい、話が上手い)と、

何をどう頑張っても勝てないようなクソカードを振られた人間

(家が貧乏で、DV離婚虐待など生育環境最悪な上、運痴、不細工、持病・障害有り、成績が悪い、コミュ障)が居る。

 

あまりにも良いカードばかりの人間は、余裕で勝ちすぎてゲーム自体がつまらないだろう。

状況判断によって勝つか負けるかが変わってくる、良いカードも悪いカードもいいバランスで振られている「普通」の人間が、

人生を一番楽しめる層なのではないかと思う。

本気でクソカードしかない人間は一生負け続ける。

悪いカードを振られていても勝てる人間というのは、短所長所で補って勝っているのであって、

(たとえば努力の才能があるとか、精神力が強いとか、多少無茶しても大丈夫なだけの健康があるなど。これらのカードは一枚だけでも強い。)

本当に長所ひとつもない人生には、悲惨な敗北しか待ち受けていないと思う。

 

クソカードの人に衣食住の保障をするのは、憲法に定められた社会の義務かもしれないけど、

彼らの性欲や恋愛への欲求、承認欲求を社会が満たしてやる義務はまったくないと思う。

というかそういうものは社会が仕組みを整備することで満たせるものじゃないし、

クソカードの人がどれだけ社会に当り散らしたところで、その手の欲求は死ぬまで満たされないと思う。

全部クソカードに思えていたけど、良いカードを一枚だけ発見した、それを生かして頑張ろうとか思える人は、変わるんだろうけど。

たいていは一生ダメだと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20110609180705

政教分離を求める人

そうだなぁ、過去歴史に学ばない奴よりはましだなぁ。

http://anond.hatelabo.jp/20110606225523

すごくよくわかる、気がする。勘違いかもしれないけど。そして周りの人がこれを理解出来ないこともわかる。

僕ははじめて女の子と付き合うのは遅かったけど、それまで何度か告白されたことはあって、そのどれも振ったけど、「僕とは釣り合わないよね」と言うのが最大の理由だった。釣り合わないってバカにしてるように見えるかもしれないけどそんなかっこいいもんじゃない。その人とお付き合いして二人で歩いてる時に、周りの人から見て釣り合ってるカップルだなあと思われるかどうか、が重要。バカにしてたっていうよりむしろビクビクしてた感じ。ほんとに、好きか嫌いかじゃなく釣り合っているかどうかが第一で絶対重要なことだった。それで、この人の言うことはすごくよくわかる。そしてそのような女の子たちに僕が思った感情は、「ごめんなさい」だった。本当に。嘲笑とかまったくない。バカにしてもいない。キモイとも思わなかったのはこの人とは違うのかもしんない。でも、周りの人はこれを読むと、それは本質的には嘲笑しているんだとか言うんじゃないかと思う。それは理解できる。でも本当にそういう気持ちじゃなかったと言うしかない。

他の人が釣り合わない恋愛をしようというとき、この人はすごい憎しみを感じるのに対して、ぼくはそういうふうに動くことができるのはうらやましいと思うので、そこはちょっと違うけど、本質的な違いじゃないと思う。本質的に違う人は、そもそも釣り合わないとかなに?って人。これが気になる人はみんなそれなりに似たところあるでしょ。

今僕は結果的にすごい美人さん(と我思う)と付き合っているけど、いまだに釣り合いの悪い自分が横にいることが時に耐えられなくなる。多分この人みたいな人は「釣り合わねー」と思うんじゃないかな。・・・というふうに思う。そんなふうにして自分が自信を失っているとき彼女は不機嫌になっていることもわかる。女性はやっぱ自分に自信を持った男性が好きだと思うので。という僕も、彼氏彼女関係ではな仕事をしているときには自信満々であるっぽく、そういうところを好きになってくれたのだろうと理解しようと努力する。そうするともやもやは少し解消する。釣り合いが取れてない?いや、そんなに釣り合いが取れてないと向こうが思ってるなら向こうも付きあおうとしないだろうし。もしかすると僕のことをものすごく勘違いしているのかもしれない。そして、本当に釣り合いが取れてないことが向こうに判明したなら、向こうから別れを切りだしてくるはず。気楽にいこう。というのが今の気持ち。と言ってもこの段の冒頭にいつも逆戻りしてる。そのたびに彼女は不機嫌になる。

これまでの彼女自分的には自分釣り合い取れた彼女で、精神ストレスほとんどなかった。今の彼女釣り合いストレスを感じるけど、同時に、釣り合い思考からだんだん脱して行ってるようにも思う。それをさせたのは努力。それしかないや。

こんなような僕の感情の動きの中に、彼女を愛してるって気持ちはどれだけあるんだろう。自分でもときに自問する。いや愛してると思うんだけど。結局、相変わらず釣り合ってるかどうかが一番優先されているのかも?そうなのかも。みんな簡単にブコメつけてるけどね、釣り合い重視の人が人を愛して周囲を一切気にしないで誰かを愛せるようになるって言うのは、高校時代ひきこもりキモオタ大学デビューして合コン三昧のリア充なっちゃうくらいの確率しかないのじゃないかと思う。適当だけど、つまりすごく難しいってこと。

結局こういう気持ちがどうして起こるかというのは、日本社会同調圧力のもとで、自分自分プレッシャーをかける日本人の体質的なものだろうし、それはいくつかある冷静なブコメが指摘してること。過剰な労働も、自殺も、無能なトップも、みーんなこれが原因だ(そして現代の日本社会を生み出した、世界一優秀な中産階級も)。日本社会同調圧力のもとで、いろんな環境作用して、それぞれの方向に行くんだと思う。それは日本社会根本的な問題なので、それに対する解決策があるんなら苦労しない。日本は今みたいに停滞してないと思う。

それでも彼女は救いを求めてるようなので、自分がもしあなたと似たような人間だとして、経験上いちばん有効なのは海外に行くことだ!マジこれしかない。だって原因は日本社会なんだもん。特に西欧文化圏は本当にオープンで、ていうか、オープンであろうと努力してる人間社会なんだ。だいたい白人アジア人カップルなんて釣り合うと思うかね。誰も思わねーよ。でもね、そもそも、「釣り合い」なんていう概念がない、なくそうとしてる社会だったら・・・もちろんゼロはない。でも超金持ちさんザッカーバーグの彼女中国人だったりとかそういうこともある。語学はまずつけてから行ってね。あと人種差別にはめげないように。しょうがねっす。強く生きてる華僑とか見ると少し勇気づけられる。日本みたいに、そもそも生活レベル欧米より上(これはマジです)っていうことすらないのにね。

そしてまた、海外に行くと、日本社会のそれはそれは素晴らしい特質もすごくよくみえてくると思う。それで、海外釣り合い意識から脱したら日本に帰ってもいいんじゃね。それか、超気に入ったんならそのまま海外に住んでもいいんじゃね。自由に行こうよ。もちろん苦労も多いだろうけど、こんなふうに自由にできる時代なんて、人間の長い歴史の中でそんなにないんだぜ。太平洋戦争前にアメリカに移住してた僕らのご先祖さまは、強制収容所にぶちこまれたんだぜ。それに比べたらどんだけ楽なことか。

あと病院行けって言ってる人はなーんもわかってね。社会人生をあまり知らない人っぽいや。こんな人山ほどいるべよ。統失と躁鬱と小児精神病以外は、精神科なんて本人が行きたきゃ行けばいいし行きたくなきゃ行かなきゃいいさ、病院なんて(ボケはま神経内科行け)。行きたくてたまらない人はもちろん効果ある。でも行きたくてたまらない様になっている時点で精神的にはかなり参ってる。この増田はそんなんじゃないよ、多分。

(補足)妻と結婚して3年以上過ぎた。

こんにちわ

一ヶ月前に書いたものがホットエントリになってびっくりしました。

http://anond.hatelabo.jp/20110502165746」の続きです

新たについたトラックバックにも、返信しようかと思いましたが、手に負えなさそうなので、補足を記して、まとめてご返信とさせていただきます

 

まず、妻が「物が捨てられない人」ということを過剰にアッピルしてしまったことで、はてな界で伝説になってる xevra先生をはじめ、多くの方にご心配であったり、「パーソナリティ障害なのは確定的に明らか」「このままでは旦那の寿命ストレスでマッハなんだが・・」のような破壊力ばつ牛ンのエスパーレスをしていただき、恐縮でございます。深い悲しみに包まれたあまり、思わずブロント語が出てしまいました。

 

さて、それ以外の誤解ですが、「改善していない」ことはありません。

みなさんが大好きな使用済み生理用品は、ここ半年はまったく見かけません。

鼻をかんだティッシュは、完全ではありませんが見かけなくなりました。ゴミ袋も気がついたら替えてくれることも増えました。少しづつ改善されております

また個人的に素晴らしい変化だと思ったのが洋服と雑誌を捨てられるようになったことです

 

改善していく過程は全く書きませんでしたが、書くと長くなるので、要点だけ記します。

最初は怒鳴ってケンカすることが多かったですですので「怒らず冷静に対応した」というのも誤解で、最初は怒っていました。ただ、ご存知のように言って直るぐらいなら苦労はしないわけで、私も情報を集めて、試行錯誤しました。

私が率先して掃除をしてしまうと、妻は機嫌が悪くなります。どうしてかはわかっていました。私が掃除をすることで「自分掃除もできないダメな妻」と感じてしまうのです。そこはよく話をして「ダメ妻だとは思っていないよ。大好きだよー」とフォローしました。基本的には注意しつつ褒めつつヨシヨシナデナデしつつといったところです

それから、洋服を捨てられるようになった話ですが、たまたま見た「ティム・ガンのファッションチェック」があまりに素晴らしかったので、一緒に見るようにしたところ、しばらくして、洋服を整理するようになりました。ティム・ガン△。

 

ちなみに「創作はないか」というご意見をいただいております

しかに脚色はされていますが、英語で言うとノンフィクションです

これがマリッジブルーというやつなんだろうか

彼と喧嘩した。

反射的に、彼を凄くつまらない人だと思った。

頭でそう思った事はあったけれど、初めて感情でそう思った。

そんな風に思いたくなんてなかった。


臆病な自尊心尊大羞恥心というものが残念なまでに似合う人が、もうすぐ入籍する私の婚約者

言い訳ばっかりして自分の殻を分厚くすることが自衛法で、自分の非は断固として認めたがらないあたり、思春期の頃の私によく似ている。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いを地で行く思考回路は、私には理解できないし、共感あんまりしたくない。


共通の友人が沢山いて、お互いの家族にも何度も会っていて、一緒に暮らしていて。

彼そのものを見ても、不器用でどうしようもなくて放っておけなくて。

もし仮に振ったりしたら寝覚めの悪い結果になるし、失うものもきっと多いし、もっと酷ければ私にも被害が出るかもしれなくて。


今までも喧嘩して苦しむ度に、彼と私の良いところと悪いところを比較して、それでも好きって思い直して、

彼の機嫌が直ったら私の苦悩もなかったことにして、そんな風にやり過ごしてた。


でも今、全部投げ出してしまいたい気分。


っていう一行を打つ時に感じた痛みが、好きだからなのかもったいながりだからなのか、両方ないしは別の感情なのかがわからない。

ただ、スタートの前に疲弊している自分が酷く空しい


運の悪さと心の未熟さがもつれ合って転げ落ちているような人。

性格問題点を取り上げて、「それは~だからこうなった」と責任を負わせるだけの説得力はある彼の育ち。

だけど私は暖かな人生を歩みたいんだ。

好きになった人には憎悪やら嫉妬やらにとらわれ続けてほしくない。

人生を楽しめていない人の存在というのは悲しい

身近で頻繁にカッカされてると、単純に精神衛生上よろしくないってのも大いにある。


文章を書いていると、頭の中がクリアになっていくものだけど、今回は何だか感情までフラットだ。

捨て鉢になっているんだろうか。

数年前に自分で突き放してしまったけれど、心の片隅ではまだ引きずっている元彼に別れを告げることを決めた、あの時の気持ちによく似ている気がする。

2011-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20110608182931

言いたい事は、ここだよね?

ボクは中学英文法を150時間程度、単語を6000語レベルまで勉強した後に再度海外ドラマチャレンジしてみたら、かなり聞き取れるようにはなっていた。この単語はこういう使い方をするんだという感動があった。ただ意味ほとんど取れていないのでおもしろいとはまだ感じられていない。

ボク達が英語が話せる人の英語学習法を無視する理由

まず前提として"英語が話せる人"とはどんな人かと言うと、学生時代から海外文化に興味があって、英語が好きで留学経験があり、外人ともがんがんにコミュニケーションがとれる、要はリア充の方々のことである

翻って"ボク達"というのはつまり童貞で、学生時代TOEICの点数は280点で開き直っているボクのことである。ボクのことでした。ボク達っていっぱいいるように書いてすいません。

では、何故ボクは無視するのか。単純にほとんどの場合、役に立たないから。じゃあ、何故役に立たないのか。英語勉強を始める動機やもともと持っている英語基礎能力それから英語に対する積極性があまりに違いすぎるからである。ボクの場合はもう完全におっさんになってしまってから必要に迫られて英語勉強し始めたのだけれど、そもそも英語勉強なんてしたことがないから一般動詞とbe動詞の区別もつかない段階からスタートする破目になった。

具体的に勉強法として一つ例を挙げる。

ボクが英語勉強を始める際にたくさんの人に勉強法を聞いた。もちろんそれは英語が話せる人ばかりだ。そんな英語リア充の方々からほぼ100%の確率で言われたことがある。それは「英語海外ドラマ映画を観ること」だ。


英語海外ドラマ映画を観ることには思いつく限りいくつかの学習メリットがある。

といったところだと思う。

この中で映画ドラマである一番大きなメリットは3つ目。映画ドラマはおもしろいから見続けることができる、だから自然学習できる、といった学習するうえで最も大きな課題である"継続"の問題を解決してくれる学習法ということだ。しかしながら、実際にやってみて思ったのだが、TOEIC280点程度の人間がいきなりネイティブの会話を聞いて分かるわけがない。何度も繰り返して見ていればだんだん分かるようになってくるよ、というのは英語リア充の弁だが、おっさんがそれをやるのは非常に効率が悪い。単語力もまるでないので、かろうじて聞き取れたとしても意味がさっぱり分からない。ディクテーションしてみても、何故こんな文になるのかの構造が分からない。そして分からいからさっぱりおもしろくない。

つまりこの学習法は英語学習中級者向けなのである(≠英語中級者)。

そもそもボク個人のことでいえば、日本語であろうがドラマ映画もそれほど好きではないし、特にハリウッド系の勧善懲悪モノが苦手だ。にもかかわらず、英語リア充達はドラマ映画英語学習に使うメリットを完全に置き去りにして頑なに勧めてくる。そんなの無理だよ。だって全然分かんないし。おもしろくないし。見続けるのは苦痛だよ。

おそらく英語リア充の方々はもともと英語に対して前向きで、ある程度の基礎文法力と基礎リスニング力は(知らず知らずに)持ったうえで海外ドラマ映画を観始めたのだろうと思う。ところが、こちとら英語童貞落ちこぼれなもんでハローくらいしか聞き取れない。もともとの土俵が違うのである


そりゃあ、あまりにも勉強してないおまえが悪いんだろ、と言われてしまったらその通りなわけだが、その通りだからこそ童貞には童貞なりの勉強法というものがあるのだ。

ボクは中学英文法を150時間程度、単語を6000語レベルまで勉強した後に再度海外ドラマチャレンジしてみたら、かなり聞き取れるようにはなっていた。この単語はこういう使い方をするんだという感動があった。ただ意味ほとんど取れていないのでおもしろいとはまだ感じられていない。

やはりボクにとって海外ドラマは苦行なのである。お願いだからフレンズ』とか『セックスアンドザシティ』とか勧めないで。何回繰り返し見ても全然おもしろくないのアレ。

悪口、陰口、意地悪・・・ネガティヴなことを言うクセが治って幸せ

ここ数年、悪口、陰口、意地悪・・・ネガティヴなことを言うクセが治って幸せと思うことが多い。

まぁ、完全に治っていれば、治って幸せ・・・と思うこともないのかもしれないから、治りかけなのだろう。



あるサイトに、あるモノをアップロードして、人に見られる環境にあるモノがあるが、たまーに、ポツリポツリとまったく知らない方からネガイヴコメントがつく、そうするとメールボックスメールが届く。

そのコメントを書く人に、以前は、「チェッ」とか思っていたけど、最近はまったく思わない。

「ああ、そうなんですか」と思うだけ。

そういう人生もあるでしょうし、そういう時期もあるでしょうし、そういう気分だったのかも知れないし、ずっと、そういう方かも知れないし、まぁ、それぞれ。

僕は、いま、「ああ、そうなんですか」と思うだけ。

僕は、「そうなんですか」の「そう」でなくて、僕は、良かったとそう、思うだけ。僕はね。

ゆとり」という言葉を使うことに抵抗のない人はアタマが悪いと思う

ええ言葉狩りですがなにか?

とにかくこの言葉自分の中ではマジックテープの財布を使う人より人生において安直で恥ずかしい人だと思ってる。というわけで私の前では使わないで欲しいですよ。



議論能力がない

ゆとり世代なんて言葉を使う人は、全てにおいて「ゆとり」な人間はいないってことをまず理解してほしいな。

人格すべてがゆとりとか、まして世代そのものがゆとりなんて乱暴な議論、いや議論と呼ぶにも値しないただの印象論で満足出来ちゃうひとって何考えてるのかちょっとわかりませんね。



視野が狭すぎる

この言葉、使ってる人からしたら

既存常識で「この歳になったら出来て当たり前」ってことができてないことを差して言ってるんだと思うんだけれどもそれ視野が狭すぎない?

というよりも、まったく自分の目でモノを見てないよね。 世間の目と自分の目が違うって認識してるのかな?

そうやって、既存のものさしでものごとを測って、新しいことに目が向かないってそんなに自慢できることなのかな。

自分が把握できる問題にしか気が利かない=予測が利かない状態で、果たして上の年代として責任を果たしてるって言えるのかな。


レッテルの罠にはまって思考停止している

こういう人には、できれば、

人そのものや世代そのものをゆとり扱いして自分の目を曇らせるよりも、目の前の人間、目の前の問題について、きめ細かに見る姿勢を持ってほしいなぁ。

予め「この世代の奴はゆとり世代だ」と思い、その思い込みを裏付けする点ばかりを目ざとく見つけ、そしてレッテル強化のお仕事を完了する。

そういうのは、「気がきく=予測ができる=仕事がデキル」というのとはちがうとおもうのですよ。ただ思考してないだけだと思うの。



責任意識が皆無 (ホントに仕事できるんですかね?)

あとね、ゆとりを責めることができるのは、<言及している問題について>実際に行動した人だけだと思うの。

ゆとり問題を口に出すひとって、自分ゆとり世代人間を一方的に攻撃し、弾劾する立場にあると油断して、自分の問題意識を無防備にさらけ出すひとが多いのね。

人間自分責任を負わなくていいことにはどこまでも積極的になれるし、どんな綺麗事も言えるのだなぁ、、といつも感心します。就活コンサルタントとか代表例ね。

でもさ、そこまで問題がわかってるなら、どうしてこの人達はそれに対してなにもしないのかな。

何が問題かわかっててそれでも行動しない若者ゆとりと読んでる人たちが、全く同じことをしていてもゆとりにならないんだ。へー。

あのね、その問題が本当に存在して、それでも誰もその問題について行動してないなら、みんな「その問題については」ゆとりだと思うわけね。

これは若者責任だ、大人には一切の責任はない、なんて明確に切り分けられる問題なんてないと思うんだ。 それがわかってるのかなぁ。わかってないんだろうなぁ。



下の世代に対してルサンチ入ってる

そもそもゆとりってなんだろう。余裕があるってことだよね。それって悪いことなのかな。

なぜゆとり=悪いことみたいに考えてるのかな。そういう大人の人って結構精神やんでると思うの。

仕事始めたら忙しくて、いろんなことを試したり、考えたりする余裕が無いのかもしれない。

そりゃ学生たちが羨ましくて、ついすっぱいブドウとかの状態になるかもしれないのだけれども、

からって、今を楽しんでる若い人相手に、平気で水を刺しにくるその態度って最高に気が利かない=KYですよね。

映画を見にいって、みんなが楽しんでるところに、うんちくやら評論をかまして否定的な意見をぶつけてくる人って10人いれば一人くらいいるけど

あなた自分がその10分の1だって自覚がないのかなぁ。あってやってるなら最低だなぁ。



色々書いてきたけど、「ゆとり世代」って言葉を聞いて

それを不思議に思わず、むしろ同調し、それに載っかかった意見を述べるひとってさ。

基本的に、あんまり頭よくないよね。それでいて、行動もしないよね。

頭のいい人は、この言葉使わないで、自分言葉で話すよね。

なにより、ゆとりという言葉に繋がって出てくる問題を自覚したら放っておかないよね。

頭も使わない。行動もしない。そうやって問題を放置たままで、責任だけは自分より若い人に押し付ける。

ああ、なんだこれ?ばかじゃないの?ばっかじゃないの?




http://d.hatena.ne.jp/takamoto8/20110607/1307425591

注意や教えないのもいけないし、気にもしない方もいけない。

うんうん。だから注意したんだよね。ブログに書くんじゃなくて。


やっぱりそういうのはうるさいと思われても、教えてあげないといけないんだな。。

なんていうことを考えていた。

うんうん。その気持を持って教えてあげたんだよね。ブログに書くんじゃなくて。



やっぱり新人研修は大事だ。

Oh・・・



要するに「~することが必要だが俺はやるつもりはない(キリッ」ってことですね。ゆとり社会人乙(爆。

2011-06-07

http://anond.hatelabo.jp/20110607223339

えー

ないわあ

二次元はまった人間絶滅して後世で性病持ち呼ばわりされる」ってストーリーなのに?

ネタSFぐらいにしか読めないけど

これを二次元礼賛だと読解する人間もいるんだなあ

いやー難儀だ

http://anond.hatelabo.jp/20110607222419

学歴に欠損があろうと

自分で不足やバカさを自覚してる人間はまともな人間だよ。

過去に駄目だった人間も自覚を持てば成長できるし。




俺は学歴差別者じゃないんだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20110607134331

漏れもあの後なんであれが出てくるの?って思ったんだが、設定原画を見てみると「魔女=曲線などで構成された渦をモチーフした構造体」であるのに対して「アレ」は「直線的であろうとする構造体。魔女女性であるのに対して男性である」ってあって、注釈に「ねじ曲がってしまった世界を元に戻そうとする力のようなもの」ってあったからあー、そういうことかと納得した記憶があるよ。

「アレ」はまどかがふにゃふにゃしたものに対抗するQBより偉い何者かによるほげほげなんだよ、たぶん。

http://anond.hatelabo.jp/20110607123528

そもそもラブプラス等にはまり込む男性というのは

異性とのロマンチックな関係を夢見まくりと言う点で女性スイーツ族に近い。

恋愛にドはまりする用意の出来た精神構造の人」というのは

オタクとか腐とかリア充とかDQNなどという表層的カテゴリを横断して存在する。

今はオタクカルチャーに近い人間以外は二次元ナントカカントカと距離があるが

恋愛妄想が好きな種の男女は未来では軒並み二次元からめとられて行くだろう。

おれはこれに対して、恋愛だけ特別なんてこたねぇよって話をしたいだけだから、擁護はお好きにどうぞ。

恋愛だけ「特別に二次元で置換可能とか、バカバカしくて話にならないって言いたいだけだしさ。

SFを読む奴は、みんな今に絶望してるのかよ?

ホラーを読む奴は、平和日常が嫌いなのか?

より上位のサービスに移行する、といってるだけでしょ元増田

絶望」とか「嫌い」とかどっからでてきたの

本当に無理やりな方向で笑える。

仮にSFを疑似体験できるとして、それは現実の何を置換するの?

ホラーを疑似体験できるとして、それは現実の何を置換するの?

恋愛の疑似体験は、「現実恋人」を置換するって主張でしょ。

ホラーとかSFエンタメとして割り切って、恋愛だけ疑似体験にマジになんの?

支離滅裂でしょ。

なんで、恋愛だけ「特別」なのよ。

http://anond.hatelabo.jp/20110607122806

よこだが

スイーツ?関係ねぇよ。

人間はみんな、誰かに理想押し付けてるよ。意識的にか無意識かに関わらずな。

すいーつとかそういうのは表層的な区分けで関係ねぇよ、というのが元増田の言い分でしょ

何で元増田と同方向の主張を反論顔で書いてるの?

SFを読む奴は、みんな今に絶望してるのかよ?

ホラーを読む奴は、平和日常が嫌いなのか?

より上位のサービスに移行する、といってるだけでしょ元増田

絶望」とか「嫌い」とかどっからでてきたの




元増田の話はぶっ飛んでて賛成しかねるけど

はまるっきり話を理解する能力も無く噛み付いていておそまつ

二次元恋人は必ず三次元を駆逐する。

恋愛ロマンチック感情イベントエンタメ性や理想主義を求めれば求めるほど

三次元の立場は不利になる。

だって二次元は作り放題の進化し放題だもの。

生身の人間があれに太刀打ちできるわけが無い。

今まだ太刀打ちできるとしても、技術進歩と同じぐらいの速度で生物進化出来ない以上

必ず未来には三次元二次元に敗北する。




二次元彼女彼氏と言うものは

そもそも別にオタクと不可分のものではない。

技術進歩したときには、外装からオタク的な特徴が廃された二次元というものが出来てくる。

そうなると、これから逃れられるのは恋愛自体と折り合わない人間だけだ。




そもそもラブプラス等にはまり込む男性というのは

異性とのロマンチックな関係を夢見まくりと言う点で女性スイーツ族に近い。

恋愛にドはまりする用意の出来た精神構造の人」というのは

オタクとか腐とかリア充とかDQNなどという表層的カテゴリを横断して存在する。

今はオタクカルチャーに近い人間以外は二次元ナントカカントカと距離があるが

恋愛妄想が好きな種の男女は未来では軒並み二次元からめとられて行くだろう。




遠くない未来

個人主義ロマンチック主義の個体達は恋愛ソフトにずっぱまりで終生大変幸せ独身で生きる。

一方で恋愛に興味ないとか没入できないタイプ個体達が、まあ「現実」の中に生きて子供を産み育てる。




後者はやがて断片的に「イエ」的価値観などを復活させるだろう。

時代が下り、前者が絶滅したころに、伝承としてこう伝わる。




”昔、人類には「恋愛」っていう性病蔓延してね。

 たくさんの人が子供を作れなくなった。幸せそうだったけどね。

 今いる人類は全部「恋愛」に免疫があった人間の子孫なんだよ。”

 

http://anond.hatelabo.jp/20110606233704

大規模商店街が便利だ便利だっつーけど、そのプロセスますます東京/大阪を潤している(そしてマーケに回ってますます地方住民が「ミニ東京」を渇望する)っていう流れはわかって言ってるんだよね?

地元で金が回らなくなると、もう抜けらんないよ。

まぁ、元々ドツボってた所に救世主、という考えかたも、わからんでもないけど。

高くて不便でも地元地元なりの経済を回せたほうがベター、という話と、そもそも地元だけじゃ経済回んねーよ! って話はまぁ、別の話だわな。

から嫌われるのは慣れてるが

自分が好きな相手から嫌われるのはかなりしんどいな

全否定されるのって辛いな

他の人が慰めてくれたり優しい言葉をかけてくれても

気持ちは沈んだまんまだ

それでも気を使ってくれた人たちに申し訳なくて努めて何事もないかのように振る舞うけど

そうやって自分の気持ちを隠して誤魔化してくたびに、心ががさがさになっていく

はまだ作り笑いできるけど、このまま心が乾ききって干からびたらそれも出来なくなるのかな

こんな事を書いてる今も、心の中は「自分死ねよ」って言葉でいっぱいだ

じゃああなた上司に応援されるような仕事できてるの?

http://anond.hatelabo.jp/20110606215429

わたしはね、こういう時にすぐ自分上司の関係に置き換えて考えられない人は

文章を読んで活かす能力が低いなーと考えてしまうんよ。ひねくれ者でごめんね~

横文字のコアコンピタンスは知らなかったとしても、ググれば分かる。

他の人が真似しにくい自分の主な強みのことだ。

うん、だからはまさにあなたのような返答をする人を批判したいと思って書いたのだよね。

その程度の、ぐぐればわかる程度の話で満足したり、言葉面だけでわかったふりしてればで済むと思ってる大人がなんだかなーってことをいってるわけ。

最近で言うともしドラ読んでマネジメントわかったつもりになるレベルと何も変わらんでしょ。

正直に言うと、私が批判した元の記事を書いてる人は多分このあたりちゃんと出来てる人なんだと思うんよ。

でも、その言語に追随してる周りの人間が気持ち悪いなーって思ったんよね。

SEO業界よりもウェブデザイン業界の方が100倍イタい理由

ウェブデザイン業界の人と会話すると

SEO=怪しい、俺(デザイナー)は高尚なことをやっている」

に近い認識の人が多いから困る



デザインってのは欠かせないパーツではある。

しかし、それが売上を左右する決定的要因ではまったくない。というかそうするために頑張る気配すらないな



大半のデザイナーは、

実質的発展途上国並のやっすい時給で下請け、孫請けとしてこきつかわれても

その相手が有名大企業なら、カッコイイことしたさに喜んで引きうけちまうような社会的に低い立場にある



その理由は何なのか。



それは、存在自体がカネをうまないからだ



今までたくさんのデザイナー仕事してきたけど

9割9分のデザイナーは、そういうことを意識していない。

から、使う側としては捨て駒のようにいくらでも替えが効く状態。これマジに



そこから脱却するためには

クライアントが求めているものを鋭敏な嗅覚で察知し

混沌としていようが怪しかろうが泥臭かろうが、

人の欲望をかき満たしてくれる商品を提供できるだけのスキルをもたなければ

いつまでたっても口だけ達者なまま



いくら jQueryつかってかっちょええサイト作っても

藻前の考案したサイトでは売れるもんも売れなくなるってこと。

そこをもっと認識しろ、売れなかったら負け



いつでも替えがきいてしまうような状況から

脱却するってのは重要なことだとおもうぞ




酔っ払って書いてるから文脈が支離滅裂かも。ごめんね

でもこれ俺がいつも感じてること。なんとなくわかったよね

2011-06-05

http://anond.hatelabo.jp/20110605232749

先見の明があるな

シンガポールに限らず、アジアに目を向ければ、日系企業現地採用は急速に増えている。

例えばこれ

http://www.asiadeoshigoto.com/detail.php?id=18937

日本語が出来る人材であれば、なおのこと、日本人の方がアウンの呼吸が伝わるから

ぶっちゃけ日本人採用する方がマジメに働く。

ビザというエサをぶらさげれば、ホイホイ文句も言わずにマジメに働くしな

現地人は転職するヤツが多いか現地採用日本人は貴重

 

給料安いが、働き甲斐はある。

がんばれ

 

これから、どんどん海外就職が当たり前になる時代になる

気づいていないのは、日本人社会にどっぷりはまったユデガエル連中だけさ

56ページ中1ページ目を表示(合計:1387件)