「金沢工業大学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 金沢工業大学とは

2020-11-28

ブラウザお気に入りを公開した愚痴に百件ほどブクマがついた者です

あの記事に対する反応に対して補足したいことをまとめる。

ブラウザブクマ公開したのにコメントはおろか星1つ付かないんだが

https://anond.hatelabo.jp/20201127132423

まずSEO対策がどうのとか、Google Analyticsがうんたらかんたらと、事の本質を弁えていない的外れな親切心による書き込みが目立った。

公開媒体が「ブログ」だったというところに引っ張られ杉だろと。

元々あれって5chのダウソ板で検索能力が足りないと言われたことに対する皮肉として、「アングラ界隈のアーリーアダプター」という記事と1セットのものなんだよね。

からその記事増田で公開したのと同じように、ブックマーク増田で公開できることがベストだった。

そうすれば記事と公開されたブックマークが地続きなものとして認識されただろう。私をコケにしたダウソ民にも、人間それぞれ偏ったところがあるだけで、私が特別検索能力において劣っているわけではない、検索が得意な分野が別だっただけだということが理解されたはずだ。

だけども増田リンクを何十個も連ねることはできない。これは後から知ったことだ。

そこで急遽はてなブログアカウントをとってブログという場で発表したのだった。「ブログ」は単なる場・手段に過ぎない。

ようするに5ch民をギャフンと言わせるための一発ネタに過ぎないのだ。グーグル登録しろサイトデザインの所要期間が数ヶ月とか、的外れに程がある書き込みであること、ご理解いただけただろう。

条件が許せばその場はツイッターでもよかったのだ。でもツイッター欠点は見過ごせないものだった。

ツイッタースレッド機能を使えば長文も投稿できる。それならスレッドとしてずらづらとブックマークを載せまくることも出来ると思うだろう。

少し想像すれば分かると思うが、十、二十というツイートにまたがったものを見ること自体読みづらいに決まっているのだ。

ブログとしてなら1ページで済む(実際は3ページ=エントリ投稿してしまったが)それだけの話だ。

自分の試みのユニークさには自信があった。自尊心が過大化したきらいもある。そこは反省したい。

でもだからこそ、やって来た反応を徹底的に打ち返すことで、あの試みの問題点あぶり出しにつながった。

議論議論を呼び、人を呼び、異なる見方を呼んだ。

最初は数十分待ってやっと一件の「エントリ6つしかないお前のブログなんて誰もみてねーからだろ」という書き込みがついただけだった。

それに対して否定的な返信をし、次についた返信も否定するということを繰り返していくうちに、新規書き込みが付く間隔が短くなっていた。

増田トップページに私の記事に対する言及が目立つようになった結果だろう。ここまでの過程には自惚れによるところもありながら、計算していたところもあった。

ホッテントリ入りして何百件とブクマがついてる記事増田上での議論自体盛ん=トラバのツリーが複雑化しているものが多いなと思っていた。

以前漫画男性向けや女性向けでカテゴライズされている合理性を問う記事ものしたことがあったが、それは70件ほどしかブクマがついてない。

(https://anond.hatelabo.jp/20200923144622)

そのときは私は元増田として増田上の議論に一切書き込まなかったのであった。

アーリーアダプター記事にしてもそうだ。数件ブクマがついてもそこで止まる。

そういう記事と、百件を超すブクマがつく記事の違いは何か。ブクマユーザー訪問者に増田のものが香ばしくなっていることが印象付けられるような状態になっているか、否か、だと思った。

から自尊心を満たす私利私欲なかに、以前からの仮説を検証したいと思う冷静さを一つ、今回は元増田として積極的議論に参加したのだった。

記事のもの後日談みたいなのが長くなりすぎた。閑話休題

ここからブックマークを公開するという試み自体について補足を。

はてなブックマークのようなソーシャルサービスの中で自分が訪れたサイトを公開するのと、ローカルに保存しているブックマークをあえて公開するのとでは意味合いが違うことは議論の中で何度も言った。

ほとんど誰も分かってくれない。議論に熱が入ってたあの状態では至らないところが多々だったと思われるので、ここでも改めて説明しておきたい。

ソーシャルブックマークは、口コミとしての役割・意義が大きい。それがリストとして他人に見られることが予定している。

そこらへんに自覚的になって本人はソーシャルブックマークサイト登録しているはずだ。むしろ他人に紹介するのが目的になってネット散策するぐらいの人もいるかもしれない。

ソーシャルブックマークを「自分のための」「備忘録」として使っている人は少ないと思われる。他人まなざしのほうが意図されている。

一方ブラウザお気に入りは、他人に見せることが予定されていない。他人の目に触れないことが前提の空間から、極めて猥雑になりがちだ。

それをありのまま、包み隠さず見せる。なんか昔2chでも「俺の画像フォルダが火を吹くぜ」みたいな企画流行っていた気がするが。

あいうのはは画像を見せつけることが主流だったし、企画のために用意された作為的なところを感じた。そうでないとしても、見せて支障のない一部のみを見せていた感じがした。

そうではなくブックマークをまるごと公開する試みがあったろうか。私は見たことがない。

ジャンルに分けろとか言う人がいるが、あれは登録された時系列順になっている。当人の興味がどのように変遷したのかの写し鏡になっているところに意味がある。

ジャンルに分けた時点でその有機性が崩れるのだ。ジャンルに分けることで利便に資する昔ながらのリンク集」とも意義が異なるのだ。

リンク先がどんなところなのかを解説をつけろと言う人がいる。それもまた、ありのまま意味があるものに下手に脚色を加えることによって、総体としての価値を下げてしまリスクを持つことだと思うのだ。

タイトル説明的になっているリンクも多く、そこから想像を膨らませて生まれときめきもあると思う。下手な解説は、むしろ邪魔だと思う。

名前けが並んでいるところにこそ、正体不明ガラクタの詰まった箱を手探りで物色していくような、おかしみがあると私は思う。

しろ最近は整理されたサイトが多すぎる。ワードプレスなんかで作った感まるだしのデザイン的に味気ないサイトだらけになっている。

APPによるはてなツイッターボタンがついてるならば役満だ。その二点セットを整えたサイトであふれかえっている。

反応してきた人の中に、タイトルから内容を類推できればそのサイトを知っていることになるという人がいた。

これこそ、画一的デザインサイトが横行していることになんとも思わない感性による考え方だと思う。

たとえば数学といえば、金沢工業大学サイト独習テキストとしてまとまっていることで巷で有名だが、小綺麗に過ぎる(それでもワードプレスは使ってないぞ)

でも同じ数学という内容でも「宇宙人数学」なんてサイトはどうだろう。

内容自体は高階の微積分についての数学マニア定理を集めたという、数学趣味でかじっている人間からすればありがちなコンセプトだが、トップバナータコが墨を吐いてるわ、宇宙イメージした野山の夜空が背景になってるいるわ、おおよそ数学を内容としたサイトにはないデザインだ。「宇宙人数学」というタイトル自体、遊び心があり、言い得て妙ユニークだ。

ワードプレスで書かれたドストエフスキー解説記事よりも、「どすとえふ好きーのページ」のほうが心が潤う。

こういうサイトは、画一的サイトが氾濫した今にあって、目を浄化させてくれる、心のオアシスのような存在なのだ

トレンドブログのように馬鹿丁寧にわかやすキャッチータイトルで人を釣っていくサイトが多い中では、少しでもユニークであること、あるいは不親切であるぐらいのものが、新鮮に映ると私は思う。

だいたいのソーシャルブックーマークは一ページに10件程度表示して、もっと見たいなら次のページに送ることを要求される。

その点でも、リンク淡々と何百も列挙しただけのサイトは異彩を放っているのではなかろうか。

載せてあるブックマークにはリンク切れのものも多い。グーグル2010年以前のサイトインデックスから削除することを明言しているのだから、こうしたサイトの中にはもはやどんなキーワード検索しても出てこないものもあるだろう。

インターネット・アーカイブには残っているかもしれない。しかし何の手がかりもない状態インターネットアーカイブから私が今まで発見したレアサイトを探し当てるのは現実的時間の中では(そう志した本人の一生涯では)不可能だろう。レアサイト、かつ、ある特定趣味嗜好を持った人格が興味を見出しものの集まりとして、そのサイトを実際にアーカイブから閲覧するための道標玄関口としての価値はあるだろう。

登録してあったサイトには、もはや今の自分にはどうやってそのサイトを見つけたのか分からないものもある。

goddes artstudioなんかそうだ。サイトタイトル検索しても出てこない。自分でさえURLの直打ちとかでしか訪れることができないのだ。

(http://www.godees.net/)

ロロナのアトリエに「ギャンブルゲイン」という用語が出てくるが、ずばりこの言葉検索しても、完全一致した関連するサイトトップからずっと出てこず、6ページ目ぐらいでやっと攻略サイトの「ギャンブルゲイン」に関する解説を含む記事が出てくるということがあった。この複雑怪奇キャッシュ構造では、サイトタイトル検索しても当のホームページトップに表示されないのもうなずける。

検索技術が昔より衰えていることはないはずだが、サイトを見つけ出す感性みたいなのは、一部変質してしまったのかもしれない。

検索は奥が深いのだ。タイトルから内容が類推できるから「そのサイトを知っている」ことになるなど、飛躍もいいところだ。まずそのサイト検索結果に表示させるためのキーワードの組み合わせを提示してみろというものだ。

そもそも内容が類推できるって、たとえば「御金せびり」みたいなキャラクター名前っぽいものタイトルに入ってるからと、「これは漫画とかゲームに関するサイトだろう」と思えることが、知っていることになるというのか?

ある東大博士論文を見たが、どんなに難解でも、それが数学に関することぐらいはわかる。だからとその論文について知ってることにはなりえないのと同じだ。

(http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/gazo.cgi?no=115520)

私に自信過剰のきらいがあるのは、検索の達人関裕二とかいう者の存在が尾を引いている。

達人などと自称するその人の本に書かれていたことの全てが、自分がごく自然実践していたことだった。

その程度で達人と自称した本の出版同業者違和感なくできてしまうぐらいなら、自分は既に遥か高みにいると思った。当時高校生である

学友からも君はマニアックだねと盛んに言われた。それは小中学校までの環境で言われるのとは意味合いが違う。いろんな地区の人々が集まっているのだから

その皆からマニアックだねと言われたことをもって、全国から私はマニアックなサイト蒐集家だと認められると判断するうえでの標本しても問題ないと思った。

ネット晒したことでお前は大したことないと言ってくる輩は、圧倒的なを見せつけられたことに対する負け惜しみに過ぎないとしか思えなかった。ネットに書き込む輩は偏屈なやつばかりだから

世の中は、ある点において、誰かが一番に違いないのだ。あなたかもしれないし、私かもしれない。

でもサイト収集という点においては、単純な量とかではなくどれだけ見つけるのが難しいサイトを見つけてきたかとう総合的な評価尺度においては、(特に当時の)私が一番だと思う。

昔は感性もあったし、運も味方していたと思う。マニアになるには、情報アンテナに引っかかるような運も、必要だと思う。

このような自負が回線を隔てた他人からは若輩者がイキってるように見えるのだろう。

しかし必ずしもそれが分不相応なイキリと決めつけることこそがおかしいのではないか。全くネットに触れすらしない人間よりは、ネットサーフィンに熟達してきて自負もある人間の方に、世界一サイト蒐集であるという点に関して分があると考えるのは妥当だろう。なぜかネット民はネット露出する匿名一般人とおぼしき人間がある点においても一番であることはありえないと考える。「能ある鷹は爪を隠す」ということわざ支配されてるのだと思う。

他人世界一だと考えることを絶対に偽だと否定する希望的観測は、自分が一番だろうと考える穏やかな希望的観測よりもたちがわるいと私は思う。

薬膳サイトがあると思ったら、有機化学美術館なんて化合物模型を載せたサイトがあって、軍装の通販サイトあり、同人サイトありと、ブックマークの内容は総体として縦横無尽一言に尽きるといえよう。

登録されているサイトと内容が似たサイトは他にもあるはずだが、大事なのは、そのサイトの見つけづらさだ。

同じようなサイトでも、一朝一夕その分野に触れただけで見つけ出せるものもあれば、運も味方するほど長い間打ち込んでいなければ見つからないようなサイトもある。私が登録しているものの多くは後者だ。

(今更グーグル検索結果も登録してるじゃないかとか揚げ足はとらないでもらいたい。)

昔の自分自身に所在を聞きたいサイトがあるぐらいだ。TRPGサイトとか、旧日本軍機密文書サイトとか。前者は、タイトルに「白薔薇薔薇黄薔薇」とかあったのを覚えているので定期的にキーワード検索を試みるが、未だ出会えた試しなし。

2019-06-05

anond:20190601153031

ワイ金沢工業大学卒やけど、周りが高学歴すぎて、「大学とき石川住んでました」って言うと大抵金沢大学って認知してくれる

2019-04-05

中国商標制度事情 日本と異なる?

どうも中国商標制度日本から見るとちょっと考えられないところがあるらしい。

下記の記事参照。

中国で令和が既に商標登録されていることの影響について

栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授

4/2(火) 20:51

https://news.yahoo.co.jp/byline/kuriharakiyoshi/20190402-00120755/

ただし、ここまでの話は海外商標登録されている場合共通の話であって、元号からどうしたという話ではありません。元号特有問題点として、たとえば、酒瓶に大きく「令和元年醸造」等と書いてあった場合に、中国における「令和」の商標権を侵害するリスクがないとは言えない点があります日本においては、このパターンは「商標使用ではない(ブランドとしての使用ではない)ので商標権は及ばない」と抗弁すれば済む話なのですが、中国裁判所は「商標使用」という概念が薄く、この抗弁が通用しにくいケースがあるからです。

令和がお酒類の商標として登録されている。

ここで別の会社お酒に対して「令和元年醸造」と表示した場合・・・


日本では商標侵害にはならない。何故なら「令和元年醸造」はただの説明語句から混同を狙った表示は別にしても。

中国では商標侵害になる可能性が否定できない。


ここで言う「商標使用」とはどういう考えか?「商標使用論」とも言われるものだ。

商標侵害と認められるには商標識別マークとして表示されている必要がある・・・という事はただの説明語句や飾り文字商標侵害にならないという考え方だ。

法律の条文でいえば商標法第二十六条一項一号から六号までを見ると良いと思う。

商品広告に対して商標が無断で表示されていると商標権者が訴えたが、判決では商標侵害が認められなかった判例がいくつもあるのはこの為だ。

塾などに家庭教師事件では、他人登録商標キャッチフレーズとして広告にあれだけ大きく表示していたのに商標侵害にならなかった。何故ならキャッチフレーズ商標的な機能果たしていると認められないから。

ということなのだが、中国では「令和元年醸造」が商標侵害になる可能性が否めないというのは、私からすると難しいというか、なんとなく不安を感じる部分ではある。

そもそも年号日本のものなので中国ではブランド表示と誤認するのではないかという問題もあるな。制度とは別の話で。

2019-04-01

https://news.yahoo.co.jp/byline/kuriharakiyoshi/20190401-00120533/

令和を商標登録することは可能

栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授

4/1(月) 11:42

この記事配信、「令和」発表から考えて早いな。

元号以外のところを書いておいて、「令和」が発表になってから、少し修正したのかな?

2019-02-24

本家ティラミスヒーロー」の著作権侵害疑惑について

栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授

https://news.yahoo.co.jp/byline/kuriharakiyoshi/20190208-00114086/

著作者Aさんが著作物Xを作り、著作者Bさんがそれに独自表現Yを加えた二次著作物X+Yを作ったとします。この時に、第三者であるCさんが勝手にX+Yを使うと、AさんもBさんも、Cさんに対して権利行使できます。BさんがAさんの許可なくX+Yを作った場合、そのことについてAさんはBさんに翻案権侵害を主張できますが、それはBさんがCさんに権利行使できることを妨げません。

ちょっとややこしいのでもっとわかりやすいたとえを使うと、著作権侵害の疑いが強いパロディ同人誌他人勝手コピーされて販売されてしまったら同人誌の作者は泣き寝入りかというとそんなことはない、ということです。

2018-09-03

「元公式」が批判されるのが本来だったのでは?

https://news.yahoo.co.jp/byline/kuriharakiyoshi/20180809-00092524/

パブリックドメインなら何をしても許されるのか?:「星の王子さま」のケースを検討追記あり

栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授

8/9(木) 12:47

ちょっと古い話題だが、「星の王子さま」の"コラボ"商品バオバブの苗木)問題について。

これを見ると”le Petit Prince (r)”および”(c)LPP612 2018”の表記があります。ということで、権利関係クリアーしている可能性が高そうです(もちろん、法的な話とは別にファンとして批評批判するのは自由ですが)。

著作権が切れているので本来は「許可不要なのだが、件の商品はこのように「許可」を取ったものらしい。

これを考えると、星の王子さまファン本来は、「許可」を出した「元公式権利者」に対して抗議すべきだったのでは無いだろうか?あのような作風をぶち壊す商品を何故「許可」したのかとである

「元公式権利者」からの「許可」を得た上で商品販売した方に批判が来るというのも不思議事件に思えてきた。

いや、著作権が切れているので、現在の「公式権利者」は存在しないから、発売した側が抗議を受けたのだろうか。

言語の壁もあったのかもしれない。

2018-08-02

金沢県って何があるの?

金沢工業大学能登麻美子以外に何かあるの?

2017-09-11

金沢工業大学卒業生が優秀なのはわざわざ金沢まで行くから

能登麻美子出身地であることぐらいしか存在価値がないような土地まで行って勉強しようというガッツ

そして花咲くいろは舞台になった事ぐらいしか日本国に貢献していないような土地青春の4年間を使ってしまったというコンコルド効果

4年間の入口と出口の両端で渦巻く驚異的なエネルギーの奔流こそが金沢工業大学本質なのだ

金沢なんかにあるからこそ、金沢工業大学は強い。

ところで国際教養大学ってなんであんなに評価いいの?

特にここが凄いって気はしないんだが。

2017-04-06

http://anond.hatelabo.jp/20170406150121

しか文系クラスに入ったもんだから理系学部には進めないのはほぼ確定。

「文理融合」学部に言って理系を先行するのは駄目なのか。

例えば

東大進学振り分け理系学部ちょっと違うが)

京大総合人間学部

神戸大学国際人間科学部環境共生学科

岐阜大学地域科学

日本大学文理学部

早稲田大学人間科学部

慶応SFC 

同志社大学文化情報学部

金沢工業大学 など。

有名じゃない大学にもそういうのはいっぱいあるので、調べてみるといいか


他にも、私立理系は多くが三科目、文系でも必要英語を除けば

理系として必要なのは二科目だけなので、そこそこレベルなら独学して入るという手もある。

ちょっと一年じゃ厳しいかもしれんが。

そこまで行かなくても、私立薬学なら文系数学英語化学で入れる。



こういうあたりで「目標」をつくると、努力できるようになったりもするんではないかと思った。

2010-03-22

やわらか銀行朝鮮の関わり

ttp://chiraurasouko.blogspot.com/2010/03/blog-post_8729.html

ソフトバンクグループ 2009年新卒採用 営業・企画職/エンジニア職 1230名

経営基幹職 42名

 営業・企画系 30名

  朝鮮大学校 9名 東京大学 6名 ソウル大学校 3名 京都大学 九州大学 高麗大学校 延世大学校 2名

  一橋大学 慶応義塾大学 東北大学 梨花女子大学校 1名

 エンジニア系 12名

  朝鮮大学校 3名 東京大学 ソウル大学校 2名 東京工業大学 九州大学 九州工業大学 高麗大学校 浦項工科大学校 1名

総合職 1188名

 営業・企画系 783名

  日本大学 39名 東海大学 20名 近畿大学 18名 法政大学 17名 明治大学 東京経済大学 15名 関西大学 大阪経済大学 愛知大学 専修大学 12名

  早稲田大学 立命館大学 広島修道大学 東北学院大学 東洋大学 9名 同志社大学 青山学院大学 南山大学 福岡大学 京都産業大学 龍谷大学 札幌学院大学 7名

  他198校517名

 エンジニア系 505名

  日本大学 20名 芝浦工業大学 18名 東海大学 17名 工学院大学 16名 近畿大学 大阪工業大学 15名 法政大学 武蔵工業大学 東京電機大学 福岡大学 12名

  東京理科大学 千葉工業大学 愛知工業大学 10名 中央大学 東洋大学 摂南大学 広島工業大学 金沢工業大学 8名

  他78校286

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん