2018-08-03

偉そうな医者医療崩壊のはなし

10年目内科医。ここを見ていると「医者を増やせば解決する、日本医師会が巨悪」「女性医師医療崩壊の原因」云々…との意見が多いように思う。

恐らく東京医大事件に関しても、「男女平等時代に逆行するなんて前時代大学なのだ」といった感想を持つの一般的なのだろう。

しかし、この出来事は実は医療崩壊の最終段階の端緒となる出来事のようにも思われる。

他でも議論されているが、まず医師を増やすことに原則的に反対の医師は多くないように思われる。増やせるものならどんどん増やしてほしいと思っている。

しか問題の根っこは「そこ」ではない。

欧米では医師の数が増えている。

しか我が国医師の数が増えないのは、医師会が反対しているから、医師らが声をあげないから、等々ではないように思う。

欧米と決定的に違うのは、我が国では国民皆保険制度があり、誰でもどこでも医療を受ける権利がある。ということである

極端な話、日本最高峰大学病院に突然風邪でかかっても、数千円のはした金を余計にはらえば見てもらうことができるのである

保険証の力は絶大で、診療の求めを受けた医療機関は「応召義務」のため診察を原則拒否できない。

しか国民皆保険のこの素晴らしいシステムには致命的な制約がある。

それは、国が決めた一律の料金で患者を診察する、ということである。ここに「よりよいもの提供し、より大きな対価を得る」という資本主義価値観はない。

訓練された一流の外科医胃がんの手術をしようが、3年目のペーペーが手術しようが、病院が手にするのは「所定の胃がんの手術料金」である

外来で例えよう。A医師患者の話を遮り、高圧的で、診察は3分。B医師患者の話に共感的で、優しく、10分間丁寧に診察を行う。

しか病院からしたら、A医師は一時間20人分の売り上げを獲得するのに対してB医師は6人分の売り上げしか獲得できない。病院から見てより稼いでくるA医師評価の方が高くなる。

要するに薄利多売のビジネスモデルを「お上」に強制されていて、回転率が命なのだ。即ち某ラーメン屋風に言えば、ロット乱しはギルティであり、長話する客と、それを許容する店員は退店やむなしなのだ。

以上のように、国民皆保険システム病院関係を考えると、「高圧的で話を聞かず、3分診療医師」の需要はとても高いのだ。

B医師人間的には素晴らしいかもしれないが、殆ど病院赤字すれすれでやっている現状をかんがえると、「いらない子」なのである

でもそんなA医師みたいなやつばかりな病院はどうせ患者がこなくなるかというとそうではない。

一つは、医師不足で患者余りであること、もう一つはA医師のような人物は大体特殊技術や多分野における専門医資格保持者であったりするからだ。そのような、希少価値のある医者は一時間20人ほどの予約がはいる。そりゃみんな、「優しいけど非専門」より「ぶっきらぼうだけどド専門」の先生に見てほしいからね。こうしてA医師さらに人の話を聞かず、高圧的になっていくのでした。

以上のように、医療価格は「お上」に決められているのだ。うちはすごい手術するから+10万円ね!なんてできない。当然、すごい手術をする医師特別手当てが出る病院なんてのもない。そもそも病院は儲かってないのだから

そうすると、医師からしたら、腕を磨く必要って何?ということになる。

普通会社であれば、大きなプロジェクト遂行し、地位が上がって、給与もあがり、達成感を得るのだろうが。

それがない医師はどうしたらいい?残されたのは「やりがい」のみである患者さんに「ありがとう」と言ってもらった。助からない人を助けた。そういうことに価値を見いだすしかないのだ。

医師医科大学入学し、その段階から世間とは切り離された環境培養される。総合大学においても医学部とその付属病院は、他学部とは明らかに一線を画している。「頑張って素晴らしいパフォーマンスをあげれば収入が増える」といった極めて基本的資本主義価値観体験することな研修医となり、医師となっていく。

そういった育成環境によりいわば世間知らずのまま育った医師は次第に先鋭化していく。「医師は人命に関わる特別職業であり、滅私奉公を基本とし、過労死も厭わない。金を求めるものは、医は仁術の精神を忘れた愚か者だ」と言う奴すらいる(自分は引いてしまうが、どこの医大にでも少なからずいるものと思う。)

いわばエリート意識の塊となり、医療現場に放り込まれるのである

一人前の医者になってもその「呪いとも言うべきエリート意識から解放されることはない。技術を高めても、接遇を改善しても、給与に反映されることはないからだ。

しかしこの「エリート意識の塊」こそ、現代医療の根幹を支えている人たちなのだ

医者には三種類いる。勤務医開業医フリーターだ。一番儲かる(時給換算で)のは開業医、次にフリーター最後勤務医であるしかし、勤務医は段違いに忙しく、高度な技術要求され、責任も非常に大きい。しかもこの三種類の形態はお互い自由に行きできるのだ。

このような構造は他職種ではあるだろうか?

それでも勤務医存在し続けるのは、「エリート意識の塊という呪い」のおかげであり、先鋭化した医師いるかである。36時間連続フルパワーで働き、土日も働き、下の教育と、病院経営陣との間に挟まれ寿命を削る(実際に勤務医寿命一般人口より短い)。こんなことができるのは言わば「エリート意識の塊=狂信者」だけである

この「狂信者=勤務医」の呪いがとけて、居なくなるとき日本医療崩壊が真に実現するときではないだろうか。

医者を増やす事のリスクとしては、①医師数の増加による、医師社会的ステータスの低下②収入の低下があげられると思う。

①に関して、先に述べたように「狂信者」のエネルギー源は強烈なエリート意識である。数を増やすと言うことは、医師の質は下がるのは必死である(弁護士の例をかんがみても)。今まで医師になれなかった人を、医師にするのであるから。こうした変化は、家族も省みず、収入にも執着せず、すべてをなげうって医療に身を捧げる者の士気を「医師の希少価値の低下」を通じて下げてしまうかもしれない。

②に関しては、医療費はその半分が人件費であり、医師の数を増やすと言うことは、医師一人辺りの給与は下げなくてはならない。これも「医師間で相対的に少ないとはいえ、一般社会人より多い給与を減らすこと」で「狂信者」の、モチベーションを下げ、呪いを解き、開業フリーター医師への逃散を誘発するには十分な理由になるだろう。

まり、今の医療崩壊医師を単純に増やすだけでは解決しない。また増やすことは万事を解決するわけでもなく新たな問題を起こす可能性もある。

これが我が国医師を増加させることが、医療崩壊解決にならないであろう理由である

歪な国民皆保険制度のもと、なんとか医療業界試行錯誤でたどり着いた妥協案が現在医療体制なのだ東京医大問題もその歪みの一部でしかなく、この問題小手先テクニック解決したように見せたところで、根本病理はなにも変わらないのだろう。

(私自国民皆保険制度は素晴らしいと思うし、是非継続してほしいと思っている。)

  • anond:20180803234653

    全体的に同意なんですが、 医療費はその半分が人件費であり、医師の数を増やすと言うことは、医師一人辺りの給与は下げなくてはならない 予算を増やす=より多くの金を払うと...

    • anond:20180805144935

      だって医療費上げるなんて言ったら国民は猛反発して それを通した政党の支持率下がるじゃん。

  • anond:20180803234653

    医者のプライドってなんだかんだ言って選ばれた学力の高さではなく、 給与の高さや食いっぱぐれのない安心感に裏打ちされてると思う。 一般的な大学教員や看護師並の給与で矜恃持っ...

  • anond:20180803234653

    高圧的な医師=大抵技能が高いの所で読むのをやめた

  • anond:20180803234653

    かかりつけ医とかいうイギリスで大失敗してるクソ制度導入するから改善されるでしょ

  • anond:20180803234653

    資本主義を都合よく病院の中にだけ適用しろと言っているけど国立大学は税金で運営されているよね よくわからない研究も国費だから可能なんだよね そもそも日本の医療費が高いのは高...

  • anond:20180803234653

    医療政策学も医療経済学も専門的に学んだことのなさそうな素人による「思いつきの駄文」であり、読むだけ時間の無駄でした。優秀な医師と劣った医師がいるとしたら元増田は後者で...

    • anond:20180805201622

      高慢な医者なんて、その時点で問診能力が低いことが確定だものなあ

  • anond:20180803234653

    いやいやいや… 実際に医師会が増員反対しているのになぜスルーするのか 結局そこが医者に都合が悪い点なわけだな

  • anond:20180803234653

    医者はバイト3年で3800万稼げるってことを隠してなにいってんだ? https://www.asahi.com/articles/ASL824GR9L82PUTB003.html

    • anond:20180805214623

      じゃあ医者になって3800万持って死ねばいいじゃん。お前は多浪だからエリートの一員に入れたくないって面接で落とされると思うけど。

  • anond:20180803234653

    冒頭で設定を語るいつもの人

  • anond:20180803234653

  • anond:20180803234653

    医学部定員は平成18年から増加し、それまでより現在は年間約1800人増加している(約7600人→約9400人)。 当然、医学生の学力が低下しているのでは、という指摘もあるが、それは話がそれ...

    • anond:20180806014034

      そういう基本すら分かってないブコメだらけだよな。 歯医者は崩壊してないもん!って、「高度医療が出来る医者が足りない」って話を「開業医が余ってる歯医者」と一緒にすんなよ。 ...

      • anond:20180806061059

        産業獣医師が人手不足ってのと似てるな。 比較的ラクな診療科でも患者の供給は枯れることはないから、 楽して稼げるなら経済合理性考えるとそっちが選ばれやすくなるのは人の性とし...

        • anond:20180806061549

          そう。 それでもわざわざ稼げもしないのにクソ忙しい科を選ぶ医師を確保出来ていたのは何故か、と言うと 「やりがい」を求める「(元増田言う所の)狂信者」が多かったからなわけだ...

          • anond:20180806063946

            勤務時間・拘束時間が長いわりに相対的に楽な診療科の医師と給与にそれほど差がつかないとなると、 やりがいとか使命感みたいなモヤッとした自尊心の満足で補完するしかないからね...

            • anond:20180806065815

              医療の世界でも四半世紀前とかに比べれば大幅に診療の効率化は進んでるはずなので、 逆だよ。むしろ効率は悪くなってる。 昔なら許されていた事が、今だと患者の権利の侵害だ医療...

              • anond:20180806070122

                だとすると法務の医療専門職つくって分担するか、診療の質を落とすかの二択だろうね。 個人的には技術的な進歩を考えると、診療の質を多少落としたところで大きな問題にはならない...

                • anond:20180806070816

                  多少の事があっても刑事的にも民事的にも責任を問わない、って確約がないとねえ… そんなの無理に決まってるが 産科の大野病院事件が有名だが、昔はあんなのあり触れていただろう...

                  • anond:20180806071332

                    ほとんど訴訟など起きてないだろ 過剰防衛だわ

                    • anond:20180806074757

                      産科と小児科が医師に敬遠されるのは訴訟が多いから、ってのは定説だが。 他科だと死ぬのは大体年寄りだから遺族も諦めが早いが、 産科と小児科は死ぬのが若い妊婦と子供だから遺族...

                • anond:20180806070816

                  落とすな、と言われている「医療の質」ってのは 「24時間365日誰でも簡単に安く診て貰えるし緊急手術もして貰える」って所なので。 海外は崩壊していない、とか言ってるバカ多いけ...

                  • anond:20180806072256

                    それもこれも医師の低賃金過剰労働のお陰で、 ここだけは同意しかねるな。 医師の中で労働時間にムラがあるのは事実だけど、決して労働量に見合わない給与ってわけでもない。 逆...

                    • anond:20180806073023

                      海外と比較しても日本の医師の給与は低い。労働時間は異常に長いが。 少なくとも海外の医師と比較したら、日本の医師の給与は労働量と全く見合ってない。

                  • anond:20180806072256

                    医師を増員できない理由はなによ

                    • anond:20180806074923

                      新自由主義者周りがうじゃうじゃいる状況だったらめちゃくちゃに破壊されるから。 更に日本の新自由主義は政商が肥え太って現場の人間をとにかく貧しく不安定にさせるものだから。 ...

  • はてな の 正しい振る舞い

    A:イメージ通り ▼ 子供に不寛容だった俺が寛容になった話 787 users anond:20180814021922▼ ファミレスでの「子どもの泣き声は騒音」の件、怒り、憤り。 784 users anond:20180813120212▼ 外で騒ぎ続...

    • anond:20180819234919

      全体的に意味がわからん

    • anond:20180819235840

      anond:20180819234919 の 解説必してみる?(´・ω・`) イメージ通り ・ 年収的にファミレスに行きそう ・ 家族構成的(単身/子なし世帯)にファミレス行かないのにそれっぽい事を言いそう あ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん