「林家三平」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 林家三平とは

2021-12-19

anond:20211219215023

今年の正月の新春お笑い特番で、講談源平合戦那須与一が弓で平家方の船上の扇を射抜く場面の語り芸を、林家三平(前半部)と神田伯山(後半部)の二人にやらせていたけれど、素人目にも雲泥の差だった。もちろん、雲の方が神田伯山。

あれは、おそらく林家三平の実力がいかに低いのかを衆目に知らしめるために仕組んだ演目だと思う。

笑点メンバーに選ばれたのも海老名家の政治力があったからで、元々落語界の現場では低評価で、笑点メンバーから拒否されたんだと思う。

林家三平笑点卒業に際して

※実は今日笑点見てないし、最近笑点も見たり見なかったりの人が書きました。

林家三平卒業

その結末になるのかという気持ちになった。

大喜利メンバーへの加入が決まって以来、いつ見てもハマっていないな…という印象が離れなかった。どうにかしてテコ入れして、いつかは馴染むだろうと考えていたが、そうなる前に限界がきてしまったようだ。

ネットのご意見としても三平はつまらんというのが大勢で、好楽=つまらんという笑点内でのキャラクターを塗り替えてしまうかのようだった。もちろん悪い意味である


しかしながら、三平=つまらんの図式は、ただ三平面白くないことが原因なわけではない。

笑点言わずと知れた長寿番組だが、長寿であるが故に、出演者が固定されている大喜利コーナーは完全にマンネリ化している。5代目圓楽時代に培われた出演者キャラクター設定、出演者同士のいじり合いは、歌丸司会期に完全に固定された。

慣れ親しんだ視聴者にとって面白いのは、正統派大喜利よりも、木久扇が回答する前に客席から答えが出てしまうことや、昇太独身ネタでいじること、たい平と山田隆夫の小競り合いを見ること、歌丸死亡ネタで全員が座布団没収されることだった。アイドルバラエティ的な面白ささえ感じる。円熟した文化内輪ネタに走ってしまうというのはしばしば言われることであるが、笑点もまた、その傾向から外れることはなかった。

その中で行われたのが、歌丸卒業三平の加入である。ただ出演者の交代という表現では不十分で、芸人相方を変えるような、アイドルグループに新しいメンバー入るような、そういう変更だ。

そこに入った三平がすべきことは、面白い回答をすることではなく、ボンボンキャラを演じることでもなく、大喜利メンバー人間関係の中に入っていくことだった。特に隣に座る人との関係構築が最重要で、言い換えれば木久扇に対してはこういうことを言い、円楽にはこういうことを言われる、という関係性を構築することだ。その形成に失敗したのが、三平まらんの根本理由だ。


以前三平の席にいた昇太は、木久扇に対しても、6代目円楽に対しても、構い、構われていた。三平はそのような絡みができていただろうか。必ずしも喧嘩だけでない、木久扇介護するポジションに立つとか、円楽に媚びるとか、そういったことでもよかった。誰に対してもヨイショするというキャラ設定もできたと思う。

番組を作る側が、この点に全く気付かなかったとは思っていない。絡むにしても、円楽毒舌でやり合ったら本当に嫌味なやつとしてイメージを悪くすると思ったのかもしれないし、彦六(8代目正蔵)の弟子であった木久扇に対して、海老名家の三平は強く出にくかったのかもしれない。その他のメンバーに対しても関わりが薄く、どうしていいのか分からなかった可能性はある。表に出ない事情は数多くあるだろう。

そうは言っても、三平大喜利メンバーの中で一人、可哀想なくらい浮いていた。


歌丸と6代目円楽楽太郎)のエピソードとして、大喜利に出演することになった楽太郎気遣い歌丸自分とのやり合いをネタにすればいいと言った、というものがある。三平にはそういう配慮が十分にされていたのだろうか?

救いの手を差し伸べる人はいなかったのか?

いてもこの結末になったのだろうか?


今回の三平卒業はとても残念だ。

今後も笑点大喜利というコンテンツを存続させようという気持ちがあるのなら、次に入る人には最大限のフォローを入れてほしいと思う。


追記:

まれにある、木久扇が好楽のことを九蔵と呼んでしまうくだりが、大喜利コーナーの中で最も好きです

2020-07-31

頼むからセンスのないやつは落語家にならないでくれ

本当に迷惑なんだ。

2代目林家三平とかな。

anond:20200731155404

2020-05-13

笑点」の大喜利は観客が少ないと笑う雰囲気ではない

5月10日放送の「笑点」の雰囲気

無観客かと思ったら、長椅子に1人の間隔でお客がいる状態

大喜利が行われた。観客は多くない。

司会. 春風亭昇太. 大喜利. 三遊亭小遊三三遊亭好楽林家木久扇林家三平三遊亭円楽林家たい平

出演者も間を開けての着席となった。

離れているからか、木久扇師匠ボケも滑った感じに、小遊三師匠の少しいやらしいネタセクハラ気味に聞こえる。

円楽師匠の腹黒なところも嫌味に聞こえる・・・

絶妙距離感絶妙な間合いが、微妙距離感微妙な間合いへとなってしまっている。

なんかちがう

なんかちがう

わろえない

わろえない

時事ネタコロナ話題に触れた答えが出るとドン引きしてしま

お笑いでは絶対コロナ話題をしてはいけない!

芸人テレビラジオコロナ話題にしないように!

1000%笑いに繋がることはないか

5月12日からリモート出演ということで、昇太師匠のお題に出演者

自宅からオンラインで応える方式になるとのこと。

中途半端に観客を入れるよりも、そっちのほうがいいかもね。

2020-01-04

落語ってダメだな

正月漫才とか落語家が順番にネタ披露する寄席番組をやってて、

その中で林家三平神田松之丞リレー落語講談披露するっていう企画があったんだけど、

最初に出てきた林家三平落語がすげーカミカミな上に構成もなんか微妙な感じで「え、これ大丈夫なの?」って思ってたら

その後出てきた松之丞が「今の三平師匠落語が令和最高峰の芸でこざいます」とか「日本語からないインド人が前列占領してたことあるからそのときに比べれば三平師匠の後くらいまし」とか

ボロクソいじりまくってて、ここまで言って大丈夫なのかとかちょっと思いつつも客もさっきの芸が酷かったのは薄々みんな思ってたからこれがまあウケるウケる

勿論掴みトークのウケだけじゃなくて肝心の講談クオリティ三平と比べると圧巻で、

その他はナイツとかカミナリみたいな超倍率の賞レース勝ち抜いて地位を築いた実力派漫才師が出てたんだけど、これもすげーウケまくってたからこそ落語の完成度の低さが際立った。

やっぱ実力関係なく世襲真打ちになれて競争も少なくおじいちゃん客だけの閉じた世界だけで成立しちゃうコンテンツって腐るんだろうねぇ。

2019-02-04

たまに東京寄席落語会に行くと

枕で(今の)林家三平さんや正蔵さんがめっちゃ嫌われてるような話されてるのをよく聞きますが、彼らはナニカ悪いことをしたのでしょうか。

2009-04-23

http://anond.hatelabo.jp/20090423023110

同意。

あと、手塚は生前けっこう叩かれてた。内容を攻撃されるのがすごくて、

単行本にするとき変更した作品は多い。もちろん手塚自身が不満足だったこともあるだろうが。

日本人は死んだり引退すると神格化するからね。

林家三平だって長嶋茂雄だって、今は虚像が一人歩きしているよ。

2008-07-06

ハゲのおっさんから一言(追記3回目有り)

http://twitter.com/tsuda/statuses/850434927

http://d.hatena.ne.jp/magoshin/20080704#p1

ハゲ言われたおっさんです。

童話の「はだかの王様」って、せいぜい数百人の国民の前で、子供一人から「王様は裸」って言われただけじゃない?

こっちは10000人+2000人の前で、何十人から「おっさん」「ハゲ」呼ばわりされて、2000人から大笑いされたんだから、

これは王様より凄いんじゃね、と思う。

このリアルタイム性&匿名性を持った告発者の発言、実際に受けてみると、

率直に言ってかなり面白い。

別に強がりとか自虐とかでなくて。だって、考えてみてよ、可視化された率直な感想の、リアルタイムな集合体を、

芸能人政治家みたいな有名人ではなく一般市民の立場で世界初で見ることが出来たんだよ。

パラダイムシフトが起きた瞬間を体験出来た人間が、世界中にどれだけ居ると思う? そのパラダイムシフト

体感出来たのは、世界でオレだけだと思うし、実際のところ見てて自分でも面白がれた。

精神弱い人がこれを食らっても大丈夫か、という意見に対しては、正直わからんね。引き篭もったり首吊ったりする

可能性も否定出来ない。

だけど、この流れが止まったり逆流するかって考えれば、多分それはない。

携帯電話が当たり前になったように、こういう、善意悪意を問わない率直な意見可視化の流れも、

そのうち当たり前になるんじゃないかな。

最後に一言。

まだ34歳なんだから、おっさん呼ばわり勘弁な。

(7/7 12:05 追記)

# 編集出来るの知りませんでした…。別立てしないで追記すれば良かった。

 いまのところ、自分が書いたのは

http://anond.hatelabo.jp/20080706112744

http://anond.hatelabo.jp/20080706185812

http://anond.hatelabo.jp/20080706190131

の3つだけです。…実は本人じゃない、の増田は見た時「頭良いな」と思いました。

 顔も声もバレているのに匿名のままで頑張っている理由は、単純に

会社休んで遊びに行ってるのが、会社にバレたらヤだなぁ」というそれだけの話です。

 ハゲ頭の写真を撮ってはてな日記にアップして、見ている人が「確かにこのハゲ具合は、

まさしくハゲのおっさんと一緒だ」…って、どこのガラスの靴試し履きしてるシンデレラですか?(笑)

 とりあえず、ニコニコ動画の連絡フォームを使って連絡をして、ハゲのおっさん=増田=私であり、

私しか知らない&当日の動画再生して見れば確認出来る出来事を伝えてみました。

上手く行けばニコニコ動画さんの方で本人認定してくれるのではないかな? と思っています。

 無駄に騒動を起こした、という事は否定出来ませんが、自分としては良い『紛れの一手』が打てた

のではないかな、と思っています。

自分想像の域を出ませんが、自分増田で一言を書かなかったら、ニコニコ大会議の質疑応答の

感想は「あれはイジメだ」「魔女裁判だ」「対象者が嫌がる事を絶対にするな」といった、一方向の流れに

行ってしまったのではないでしょうか。

 自分の一言で、感想をいう人から「本人か騙りかに関係なく」とか「本人がどう思おうとも」といった

マクラを引き出せたり、また参加していた人から「あの場の雰囲気はそんなに悪くなかったよ」

といった感想も引き出せたと考えています。

(逆に、自分以外に質問された4名の方々の意見を言う機会を塞いでしまったかもしれませんが…)

(7/9 1:10追記)

ハゲのおっさん(34歳独身)です。

 なんとか本人証明が出来たので、そろそろ幕引きをした方が有終の美を飾れるかな、と思っています。大きな変化とか、あまりにも反論したくなるコメントとかが出ない限り、ハゲのおっさんとしての増田の書き込みは今回で終了と致します。

 日曜からずっとはてなブックマークを辿って、ブックマークから見えるBlogは全部見たはずです。

 …えーと、どうやら私は12000人からDisられても平然としてるdankogaiさんみたいなマッチョで、涙こらえて笑顔道化やってる『いじめられっ子』ならぬ『いじられっ子』で、イジメのせいで精神分裂起こしかけてるビリーミリガンで、祭りの場で舞い上がったお調子者で、聞かれもしない感想を言う出しゃばりで、ついでに「私はハゲです」Tシャツを着て都会を歩いている人、らしいです。…凄いな、ハゲ言われた感想を書いたら、ここまで言われなきゃならんのか(笑)。

 Blogコメントを書かれる方々の多くの人は「あれはイジメ」と考えていて、なのに、12000人からハゲと笑われたハゲのおっさんは暢気にも「これは空気読みのパラダイムシフトやーー(彦麻呂の口調で)」なんて言っているので、その乖離を解消する為にハゲのおっさんを自分側から排除した部外者として処理しているのかな? と思っています。

 色々と個別に意見とか反論をしたいBlogとかありましたが、ハゲのおっさん7日間戦争 - ls@usada’s Backyard( http://d.hatena.ne.jp/shibata616/20080708/1215510163 )

を読んだらどうでも良くなりました。こういう文才が欲しいです。

 最後に、ここだけは気になったので。

ニコニコ大会議で行われた「リアルタイム中傷」( http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/07/news096.html )

> ハゲと書かれた人は、しばらく声を失っていたところを、ひろゆき氏がフォロー。

> 中傷コメントに対して自重するよう書き込むユーザーも多かった。本人もそれほど気にしていなかったのか、その後元気に質問をしていてほっとした。

 声を失ってたワケじゃないです。MP3聞いただけだとその場の状況分かりづらいですけど、この時は笑い声が上がってもずっと続けて話してたのですが、笑い声が大きくなりすぎてマイク通しても聞こえないくらいになったので、ひろゆきが一旦声かけて「もう一度初めからお願いします」っていう流れになったんです。で、皆が静まるまでハゲ頭に手置いて林家三平のマネして時間潰して、それから話し直しただけで、別段あの程度でうろたえる程でも無かったですよ。

 繰り返しになりますが、今回は楽しませて頂きました。次回のββの大会議もあったら出席出来ればと思っています。

(12/3 1:20追記)

ハゲのおっさん(35歳独身)です。ニコニコ大会議2008冬の招待に当たりましたので会社休んで参加する予定です。早めに行って並んでいますので、お気軽にお声をかけて頂ければ幸いです。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん