2021-12-19

林家三平笑点卒業に際して

※実は今日笑点見てないし、最近笑点も見たり見なかったりの人が書きました。

林家三平卒業

その結末になるのかという気持ちになった。

大喜利メンバーへの加入が決まって以来、いつ見てもハマっていないな…という印象が離れなかった。どうにかしてテコ入れして、いつかは馴染むだろうと考えていたが、そうなる前に限界がきてしまったようだ。

ネットのご意見としても三平はつまらんというのが大勢で、好楽=つまらんという笑点内でのキャラクターを塗り替えてしまうかのようだった。もちろん悪い意味である


しかしながら、三平=つまらんの図式は、ただ三平面白くないことが原因なわけではない。

笑点言わずと知れた長寿番組だが、長寿であるが故に、出演者が固定されている大喜利コーナーは完全にマンネリ化している。5代目圓楽時代に培われた出演者キャラクター設定、出演者同士のいじり合いは、歌丸司会期に完全に固定された。

慣れ親しんだ視聴者にとって面白いのは、正統派大喜利よりも、木久扇が回答する前に客席から答えが出てしまうことや、昇太独身ネタでいじること、たい平と山田隆夫の小競り合いを見ること、歌丸死亡ネタで全員が座布団没収されることだった。アイドルバラエティ的な面白ささえ感じる。円熟した文化内輪ネタに走ってしまうというのはしばしば言われることであるが、笑点もまた、その傾向から外れることはなかった。

その中で行われたのが、歌丸卒業三平の加入である。ただ出演者の交代という表現では不十分で、芸人相方を変えるような、アイドルグループに新しいメンバー入るような、そういう変更だ。

そこに入った三平がすべきことは、面白い回答をすることではなく、ボンボンキャラを演じることでもなく、大喜利メンバー人間関係の中に入っていくことだった。特に隣に座る人との関係構築が最重要で、言い換えれば木久扇に対してはこういうことを言い、円楽にはこういうことを言われる、という関係性を構築することだ。その形成に失敗したのが、三平まらんの根本理由だ。


以前三平の席にいた昇太は、木久扇に対しても、6代目円楽に対しても、構い、構われていた。三平はそのような絡みができていただろうか。必ずしも喧嘩だけでない、木久扇介護するポジションに立つとか、円楽に媚びるとか、そういったことでもよかった。誰に対してもヨイショするというキャラ設定もできたと思う。

番組を作る側が、この点に全く気付かなかったとは思っていない。絡むにしても、円楽毒舌でやり合ったら本当に嫌味なやつとしてイメージを悪くすると思ったのかもしれないし、彦六(8代目正蔵)の弟子であった木久扇に対して、海老名家の三平は強く出にくかったのかもしれない。その他のメンバーに対しても関わりが薄く、どうしていいのか分からなかった可能性はある。表に出ない事情は数多くあるだろう。

そうは言っても、三平大喜利メンバーの中で一人、可哀想なくらい浮いていた。


歌丸と6代目円楽楽太郎)のエピソードとして、大喜利に出演することになった楽太郎気遣い歌丸自分とのやり合いをネタにすればいいと言った、というものがある。三平にはそういう配慮が十分にされていたのだろうか?

救いの手を差し伸べる人はいなかったのか?

いてもこの結末になったのだろうか?


今回の三平卒業はとても残念だ。

今後も笑点大喜利というコンテンツを存続させようという気持ちがあるのなら、次に入る人には最大限のフォローを入れてほしいと思う。


追記:

まれにある、木久扇が好楽のことを九蔵と呼んでしまうくだりが、大喜利コーナーの中で最も好きです

  • 今年の正月の新春お笑い特番で、講談の源平合戦の那須与一が弓で平家方の船上の扇を射抜く場面の語り芸を、林家三平(前半部)と神田伯山(後半部)の二人にやらせていたけれど、素人目...

    • 三平がつまらなくても如何様に調理のしようはあったと思うけど、笑点から追い出すつもりだったならこの結果も納得する。 テレビで大々的に力不足というレッテルを貼られてしまっ...

  • 三平は根本的に面白くない ネタとしては悪くなくても三平が言うと面白くない 声、間、話し方すべてが面白くない 誰がどう料理してもどうにもならないのが三平

  • はじめの頃は周りにめちゃくちゃ媚びてたな ネタを答えるときに毎回先輩を持ち上げるようにしてた あれがアカンかったんかな

  • よく言われるように「あの大喜利には台本があって放送作家がネタ考えてる」んなら なんであんな外しちゃうんだろうって思う

  • むしろ、三平のような現役世代をうまく取り込めないベテランがベテラン芸を披露し続けているのが段々辛くなって見なくなったよ。 立派なおじさんの三平ですらまだ若手扱いで、席を...

    • ベテランを老害呼ばわりしたところで、その下の世代に希望があるかと言えばそんなこともない 確かに日本の縮図かもな

  • 笑点放送開始(1966年)時点の出演者、クソガキ揃いやんけ。第七世代かな 司会 7代目立川談志(1935年生、31歳) 5代目三遊亭圓楽(1932年生、34歳) 柳亭小痴楽(春風亭梅橋)(1934年...

  • 林家三平って今誰がやってるんだっけ?

  • 今更こんな事のもアレだけど、5年前の時点で三平を入れてほしくは無かった。 林家が3人いるのもバランスを欠いているし、立川流か円楽一門の中から選んでほしかったな。

  • 笑点を見なくなって久しいが、どんな形であれ客が見て面白くできなかったんなら、力不足としか言いようがない。 別に大御所と絡みたくてこの道に入ったわけじゃないんだろう(知ら...

  • ドリフで荒井注が抜け志村けんが入ったとき、メンバーそれぞれの役割、いかりや:暴君であり家長、加藤:やんちゃ坊主、仲本:器用でマイペース、高木:句読点、荒井:唯一いかり...

  • 視聴者投票でも視聴者によく思われてなかったし仕方ないとは思う だが、視聴者がクビに追いやったとも言える 何をしても全部座布団が視聴者から取られていくのは、あまりにもやりす...

  • そもそも菊之丞で決まりかけたのに嫁さんの伝手を使って大河ドラマの監修に収まって逃げたのがきっかけ。 ならば若手大喜利から選べばいいのにそれだと芸協が強くなると落協(主に...

  • 名前が変わるし顔もググってもなんか一定してなくてよくわからんけど 若手一人でスマホネタやオタクいじりがんばってた人か 気持ちはわかるがわりと浮いてたなぁ 明治くらいの言葉...

  • 笑点って台本あるんだから、放送作家の力不足でしょ

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん