2020-04-19

ABEMAトナメ将棋界がお祭りになってる件

将棋AbemaTVトーナメントが先々週あたりから放送されているのだが、これが尋常でない面白さなである。ひねくれたファンが多い将棋ギャラリー界においても今のところ「収録順と放送順が違うのではないか」というぐらいの批判(なのか?)しかされていない。コロナで各棋戦が延期になり、みんなが家にいるという状況も手伝い、将棋界ではもはやこれを観ていないと人権が確保されないところまで盛り上がっている。しかし世情が影響しているとはいえ、この盛り上がりはトーナメント自体がとんでもなく面白いという理由を抜きにしては語れない。以下では、何がそんなに面白いのかを非常に偏った視点から解説する。

AbemaTVトーナメントとは

持ち時間5分+一手ごとに5秒加算という超早指しの棋戦である。この棋戦が出てくるまで早指しの代名詞であったNHK杯20分が切れたら一手30秒という感じ(厳密には違うが)なので、文字通り桁が違う早指しである。ちなみに持ち時間が最長の棋戦は名人を決める決勝の9時間である

それに加えて今回の第3回では、棋士同士のチーム戦という要素も加わる。タイトルホルダーと順位戦Top10棋士ドラフト形式で2名を指名し3人のチームで戦う。過去二回のトーナメントでは二回とも藤井聡太が優勝している(ヤバい)のですが、ドラフト採用していることにより、「そりゃ藤井くん指名したいけど抽選で外れて改めて指名し直すよりは他の人と被らなそうな有望株を指名したほうがいいな…」あるいは「それでも俺は藤井くん指名するぜ」という力学が働き、各チームの特色が生まれることになる。

超早指しが教えてくれたこ

Abemaトーナメントを観たことのない人はまずこの映像の18:30あたりから1分くらい観てほしい。昨日放送された、今の棋界で間違いなく最強・豊島竜王名人と、今の若手で勢いは一番・本田奎五段の対局である。場面は両者残り時間20秒を切りお互いに攻める手は色々見えるけど勝ちに結びつくかは相当読まないと無理な局面

https://abema.tv/video/episode/288-23_s30_p17

さて、観ましたね?頭良さそうな顔をした人たちがチェスクロックを叩き壊さんばかりの勢いで叩いてそれに対して外野がわーわー言ってましたね(将棋界では本当にひえーと言うこともわかったと思います)。このスピード感と荒々しさは今までの将棋界にはまったくなかったものである普通将棋中継は眠くて観ていられない人(将棋ファンにもよくいます)でもこれは面白いという人は多い。しかし、ABEMAトーナメント面白いのは単にスピードが速いという理由だけではないと私は思っている。

これから私は自分変態性を告白しますが、普段扇子パタパタしながら難しいことを考えていそうな顔(まあ考えているのだろう)をしている棋士たちが、1秒を惜しむ必死な手付きでチェスクロックを叩きあっているのを見るのは正直にいって痛快である。この暗い愉しみはいかに趣味の悪いものではあるが、ABEMAトーナメントを観ている人間であれば誰であれ多少なりともその愉しみを感じてしまっているいるということは否定できないはずである。このことが明らかにしたのは、たとえばボクシングコロッセオでの奴隷同士の戦いを眺める貴族の遊びの系譜に連なることは明らかであるが、将棋というマインドスポーツもまたその系譜にあるということである。つまり将棋はいかにも「お上品なインテリ伝統文化でござい!」みたいな顔をしているけど、実は相当野蛮なものであるということである。まあ改めて考えてみれば他人戦争を指揮して戦っているのを上空から眺めるという行いが趣味の良いものであるはずはなかったのだが。

話は変わるが、これまで「将棋インターネットと相性が良い」ということがしばしば語られる際、それはたいてい将棋の長時間性とインターネットの無時間性が引き合いに出されてきた。わざわざテレビ向けにルールが作られたNHK杯とかを除けば、将棋の楽しみは長時間棋士が頭を絞って考えるところにあり、そんなものインターネットしかまるごと放送できない、ということである

後知恵になるが、今やそれが間違っていたことは明白である将棋は持ち時間が長かろうが短かろうがインターネットと相性が良い。要するに面白コンテンツインターネットと相性が良いというただそれだけのことでしかなかったのである将棋ファン棋士が思っていたより面白かった。それがこの超早指し棋戦が教えてくれたこである。そして、更にその面白さを補強するのがチーム戦という要素である

棋士のチーム戦

棋士というのは究極の個人商売である。これまでに棋士同士がチームを組んで戦ったのは、コンピューターvs人類という枠組みがあった電王戦ぐらいのものであろう。そのことを、第2回電王戦コンピューターと劇的な泥仕合を繰り広げ引き分けに持ち込んだ塚田泰明はこう語っている。

「なぜ涙が出たのか、ですか? 負け越さずに三浦さんにつなぐことができた、その安堵からです。

もちろん、投了すべきかとも思いました。批判があることも知っています。でも、どんな形であれ、自分はチームのことを考え、最優先したんだ、そう思うと……。

どうも『チーム戦』という言葉に弱いみたいです。その言葉を口にすると、ううっ、と来るんです」

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/35787?page=3

普段まったくチームというものから離れているからこその純粋さであろう。今回のように棋士同士がチームを組み棋士と戦う、というのはもしかしたら将棋歴史史上初かもしれない(まあテレビ企画リレー対局とかはあったけどね)。

これまで我々関係性厨は、限られたリソース師弟関係出身地出身道場、共著、対談、解説イベントでの共演、自戦記や観戦記に書かれたちょっとしたエピソード等、結構あるな!)から棋士関係性を類推することしかできなかった。そのせいで「あの棋士とあの棋士は仲がいい!だって同じコマにいた!」状態になっている人もしばしば見かけた。というかさっきも2ch名人コメント欄で見た。

そこに来てトップ棋士によるドラフトという心理的駆け引きのあるチーム編成であるドラフトは「他の人はそこまで評価してなくても自分が高く評価している棋士」を選ぶ力学が働く。つまり「他のヤツらは分かってないけど俺だけはアイツのいいところを知ってるぜ」な棋士が選ばれる可能性が高い、というか実際そうなった。これは公式からカップリングお墨付きが出たようなものである

先程の映像でも「勝ってると思います勝ってると思います打ってください打ってくださいとりあえず打て!」と、お前そんな早口できたんかというほどの早口野球を観戦しているおっさんと化している三浦九段が映されてしまっていたが、棋士棋士応援する、という光景電王戦以来久しく見ることができなかったものである私生活でどれほど仲良くても盤を挟んでしまえば(あるいは挟んでいない時でも常に)敵なのである。書いてて思ったけどこの関係尊いよね…。いや、それはそれとして、逆から見れば仲のいい棋士が戦っている相手もまた同じ将棋界の同士であるので(それも尊い)、普通棋士棋士応援を公にするということはない。我々ファンは「あの棋士祝勝会/残念会にあの棋士が来たらしい」などというエピソードニコ生で聞いては悶えるだけだったのである

しかし今回は。堂々と棋士棋士応援しているのであるしかしそれは我々が見るのは初めてであっても、きっと棋士本人にとっては仲のいい棋士に対して心の内でいつも思っていることのはずで。それって普通Pixivの〇〇視点SSとかでしか摂取できない成分のはずなのだがなぜか今回は公式にそれが提供されている。関係性の過剰摂取死ぬ

さらに、である。アベマはコンテンツの活かし方をわかっている、というレベルを遥かに超えてプロ(何のだ)が中の人にいるとしか思えない手を指してくる。それが一局分丸々の控室の未公開映像(アベマプレミアム960円登録すれば無料で見られる)と、チーム戦前バラエティ的な親睦会映像、そしてチームのTwitterである。出色なのがTwitterで、チーム佐藤康光さながらレジェンド棋士同士のフランク交換日記様相を呈している。棋士イチャイチャしてるのを現在進行形無限に見ていられるのである死ぬ

からでも間に合う第3回AbemaTVトーナメント

まずはAbemaプレミアム月960円、999999999億円の価値がある未公開映像過去回が観られるので実質無料)に登録して過去回(と言ってもドラフトと先週分しか無い)や先に述べたような映像コンテンツを観ましょう。煽りVや実況解説があるので棋士を知らなくても楽しめます。そしてチームのTwitterフォローしましょう。

いきなり金を払うのは…、という人も無料で観られるコンテンツ(昨日分とか親睦会とか)も多いのでとりあえずAbemaのページに行きましょう。

https://abema.tv/video/title/288-23

あなたはもしかしたらそのうちにAbemaプレミアム初月無料という文字列を発見するかもしれません。その際は「絶対解約し忘れを狙ってるやろ」とか「初回無料とかドラッグの売人とやり口が同じやんけ」などと思わず、素直に登録しましょう。先程も述べたように960円取られても実質無料ですので。

Abemaトーナメントは全何週あるのかわかりませんがまだ昨日で3週目です。将棋でいうとまだ7六歩です。今からでも全然間に合いますので皆さんで盛り上がっていきましょう。

  • 昨日の三浦九段にしびれた! 勇気をねじ伏せた!

  • 業者の宣伝乙。

  • ニコニコは公式タイトル戦まで作ったのにすっかり影薄くなってしまってかわいそう

  • もともと将棋って戦後の貧しい時期に路上詰め将棋で金とったり、ヤクザの代打ちで出張ったりした文化もあったようなので。 あんまり上品なもんじゃなく、もともとヤクザな家業かと...

  • 宣伝乙に見えるがまあいいや 大学サークルとかだと10秒早指しやってたりしたけどプロは早指し全然やらないんか?

  • こういうステマって増田とものすごく相性がいいね

  • 玄人「興味ないね」

  • もう少し気持ち悪さを前面に出すとGOOD 頑張って山本四段を超えよう

    • 「長時間の将棋で豊島に勝て」くらい無理難題をおっしゃる

  • 最初見てたけどすぐ飽きた 結局自分はエロにしか興味がないと気づいた

  • Abemaの将棋番組って正直ちょっとキツいんだよなー、「将棋に興味ない人が作ってる」感が強すぎて あと正直フィッシャールールは終盤が単純になっていくチェス用のルールであって、...

    • 楽しくなかったら、無理に見なくても大丈夫ですよ👍

    • 俺は将棋史上類を見ない大成功だと思うけどなあ。 いままで将棋と言ったらNHKで地味な演出で黙々と2時間ぐらいかかるもんだったろ? 老人しか見ない退屈な娯楽だったろ? それがエン...

      • 将棋史上最大の成功って実力名人制以上のものはありえなくね?

      • いやドワンゴ無視すんなって ドワンゴが参入した時点で「老人しか見ないもの」ではなくなっていたし、観る将の土台を増やしたのはabemaではなくニコ生だ 人間が機械にかなわない、と...

    • 普通に10秒将棋にしてほしい それなら持ち時間を5分から2分に減らして1手10秒加算のフィッシャーでいいと思うけどな。 普通の10秒将棋と違って1秒単位での時間の価値に重きを置くこ...

      • フィッシャールールのゲーム性はともかく、早指しフィッシャールール特有のノータイム指しを連発されると見てて理解が追いつかないんだよね 「え、いつの間にこうなったの?」と感...

        • 理解したいなら後で自前でソフトで再現して検証するのがいいんじゃないかな

    • フィッシャールールは[そういう競技だ]と割り切ればいいんじゃないかね 見てる方がポカーンになりやすいんで、終局後解説は絶対必要だけどね 一つの将棋というルールに違った時間制...

      • うーん、学生大会をよく指していた身からすると、「切れ負け」はまるで競技性変わる、というのは周知の事実だったので、その程度はエポックメイキングじゃないと思うなあ。

        • そんな本来の将棋からズレたものに着目して金投資して大衆に見せてみたところまで含めたらどう? いや、それぐらいやった人いそうだな。見せ物は繰り返しの歴史……

        • 切れ負けは切れ負けで無駄粘りとかが意味をもつし、ある意味で七帝柔道みたいな魅力があって好きだけど、講道館柔道とは違うのはもちろんわかる。 けど、フィッシャーはそもそも切...

          • そこは並べて語ってないよ 「一つの将棋というルールに違った時間制限持ち込んだだけでここまで違う競技になる、って、割とエポックメーキングだと思う」に対して 「切れ負け(違う...

        • いや、NHK杯みたいないわゆる[早指し将棋]とはだいぶ違うじゃん、時間の使い方が そういう意味で [違った時間制限]と書いたんだけどね

    • ハチワンダイバーでこういうのあったなぁ、って思いながら見てたわ。 ドラマ版作ってた人が噛んでるとかないかしらね。

  • 府と思ったんだけど、将棋プロって時間無制限だと最強だけど時間制限あるから結果残せてないみたいな人いないの?

    • たぶんいる。自宅研究で優勢にする手順を作る精度は非常に高いけど、実戦はそこまで強くないタイプ。 藤井猛九段なんかはそれに近いと思う。 実績がない人の中では長岡裕也五段とか...

      • 慈明はB1まで行ったしNHK杯準優勝の経験もあるからその枠に入れられなかったんだね、よかったよかった そうするとA級に何期もいて竜王3期、持ち時間25分の早指し棋戦である銀河戦でも...

  • 三浦さんって、いまだに 「カンニング疑惑を証拠不十分で逃げ切った人」というイメージあるわ。

    • あれは「証拠不十分」ではなく長時間離席自体が久保の思い込みで「そもそも疑う合理的理由が何もなかった」というオチ。ソフト一致率も何の意味もないデータであることが判明。 ス...

  • 麻雀のMリーグみたいなもんか

  • ブックマークコメントを眺めてみて、一応補足が必要なのかな、ということで記述 「3回AbemaTVトーナメント」。確かに、多くの将棋ファンに注目されていると思います。 なんならわたし...

  • この4月にアベマ将棋トーナメントを薦める増田があったのをおぼえているだろうか? ABEMAトナメで将棋界がお祭りになってる件 https://anond.hatelabo.jp/20200419201827 この増田の熱量にひか...

    • Abemaトーナメントは面白いよ。俺も将棋はにわかだけど楽しく視聴してる。 ただ元増田で途中言及されてるBL的目線で棋士を見ているかのような発言がものすごく気持ち悪くて不快だっ...

    • ソシャゲで忙しいから堪忍してや

    • 大口叩いて負けた増田がずっと無言だったけど、 藤井の連敗で元気を取り戻して、 永瀬の敗戦のあと藤井と二人で爆笑してたのがハイライトでしたね。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん