「ウェルチ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ウェルチとは

2020-09-29

幸福への道はただ一つしかない。それは

.

Pulling Your Own Strings自分自身を操る糸は自分で引け)

ダイアー

自らの運命コントロールせよ。さもなければ

他人コントロールされることになるだろう

ウェルチ

自分自身の主人でない者は決して自由ではない

エピクテートス

孤独の裏には自由があり自由の裏には孤独がある

ttps://bit.ly/2nCe2tN

嫌われるということは自分自由に生きていることの証し

岸見一郎

嫌われる勇気

ttps://bit.ly/2LCYepQ

課題の分離

ttps://bit.ly/2OLls9A

自他境界線

ttps://bit.ly/32aIfnA

あなたを大切にしない人をあなたが大切にする必要はない

ttps://bit.ly/2K5LWk2

嘘で固めた自分で愛されるよりも

本当の自分で嫌われた方が気持ちがいいではないか

ジッド

自分自分らしくありたいと考えた結果

たとえ友人を失ったとしても誰が気にするだろうか

シャネル

自分自身の魂の動きを注意深く見守っていない人は必ず不幸になる

アウレリウス

ろばを売りに行く親子

ttps://bit.ly/1eoTE8B


Happiness

幸福への道はただ一つしかない。それは意志の力でどうにもならない物事は悩んだりしないこと

権内 権外 エピクテートス

時間とは出来事

出来事にはコントロールできる出来事と出来ない出来事があります

https://bit.ly/2KRpXyk

自分未来は変えられる。他人過去は変えられない

https://bit.ly/2KMylyt

「なんとなく」を可視化し「変えられるもの」に集中する

https://bit.ly/2rA5uoT

最近他人を説得したり意見することにエネルギーを使うことをやめました。それよりも自分を変えることが大切

https://bit.ly/2rxGcbU

人の時間には限りがある。だから他人人生を生きて時間無駄にするな

ジョブズ

公益目的とするのでないかぎり

他人に関する思いで君の余生を消耗してしまうな

アウレリウス



中ぐらいの勝利で満足

マキアヴェッリ

人間関係は腹六分

https://bit.ly/2CmHBe1

[友人][友達][絶対受容]友だちと100%わかり合おうなんて思わなくていい

他者評価を気にかけず、他者から嫌われることを怖れず、承認されないかもしれないというコストを支払わないかぎり、自分生き方を貫くことはできない。つまり自由になれないのです(『嫌われる勇気』)。

ttps://twitter.com/wtsurumi/status/1076844181002174466

2019-12-28

統計学でつまづいて転んで立ち上がってまたつまづいて

統計との出会いは、大学の1年の実習だったと思う。

座学よりさきに、別の実習で

試験群と対照群のデータ並べて有意差検定してください。

たぶん、まだ統計の授業とかまだだと思うけど、冊子読めばわかるから

ってなノリ。

「ユウイサケンテイ?何じゃそれ?対照群と明らかに数字違うのに、なんの儀式よ?」

そんなこんなで、理屈もわからずt検定。

さっぱりわからなかった。

大学ってのは、高校と違って数字が出てくる実験をやるとこういう儀式必要なのかと思った記憶しかない。

今思うと、あの実験データに対して本当にt検定を使うのが正しかったのかも怪しい。

そうこうして、1年の後期だったか2年次だったか統計の授業を受講する。

正規分布へぇ

気持ち悪い積分記号がたくさんだけど、ふんわり式の意味さえ理解しとけば方程式みたいに解かなくてよいらしい。

教科書の式に四則の計算をして、数表に当てはめればいいなら苦じゃなかった。

帰無仮説対立仮説を立てるっていう基本をすっとばし、とりあえずテストの点さえとれればいいと思って適当パスしたせいか、まったく身にならなかった。

「なんかよくわからんから全部t検定じゃダメ?等分散仮定できるかどうかとかようわからん。F検定すりゃいいの?もう全部ウェルチでよくね?」

と3年次4年次にゼミではインチキ統計処理。

教科書にのるような典型的な間違った処理をしててすんません

転機は就職して10年目くらい、この本を読んでから

実験計画分散分析のはなし―効率よい計画データ解析のコツ』大村

読んでるうちに

統計学って、もしかしてメッチャ便利じゃね?」

ってなってきて、今までぜんぜんわかってなかったことを知る。

疲れたからいったんここまで。後で書くかも。

2018-08-08

anond:20180804152511

歴史人口学で見た日本』はともかく、『ユーゴ紛争』って、体系的な読書入り口になるか……?

いや、ユーゴ紛争とか国際政治かについて関心を持つ糸口にはなると思うけど、良くも悪くもルポルタージュなので、体系的な読書入り口になるかっつーと微妙では。

ルポルタージュルポルタージュとして興味深いものだけど、往々にして「入り口」というか「とっかかり」であることが多い。本当に相手に体系的にものごとを知ってほしいなら、導入は別の本がいいんじゃないの。

もし国際政治とかそういった話に興味を持ってほしいなら、ナイ&ウェルチ国際紛争』(http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641149175)とか、あるいは有斐閣政治学入門のやつ(http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641150256)とか。

東大出版会最近政治学の入門シリーズ出してるな>http://www.utp.or.jp/book/b297525.html政治学の入門としてはお手頃かなと。

民族問題とかそういうテーマにいざないたいなら、『民族ネイション』(https://www.iwanami.co.jp/book/b225944.html)とか、『民族紛争』(https://www.iwanami.co.jp/book/b226218.html)とか。『ナショナリズム論・入門』(http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641123359)はちょっと初心者にはとっつきにくいかな。

ユーゴ紛争に興味を持ってほしいなら、『ユーゴスラヴィア現代史』(https://www.iwanami.co.jp/book/b268264.html)とか、最近出たやつだとマゾワーの『バルカン』(http://www.chuko.co.jp/shinsho/2017/06/102440.html)なんかがいいんじゃないの。

国際紛争』はレベル的にも大学新入生がちょっと背伸びして読んでみるくらいだから青二才さんにちょうどいいと思うんだよね。色々おもしろエピソードが紹介されてたりするし。やっぱり英米教科書はおもろいわ。

あるいはどんな入門書が適切かわからん問題もあるのかもなー。青二才さんが何かの入門書を探したい、となったときには、だいたい、

この辺をチェックして入門書探して、そこから参考文献を芋蔓式にたどっていくのがいいと思うんだよね。

ただまあ最終的には青二才さんに興味がないとどうにもならんところはあるので。You can lead a horse to water, but you cannot make him drinkですよやっぱ。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん