「プリンタ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プリンタとは

2017-04-21

プリンター本体を安く売ってインクで儲けるビジネスモデル

以前、事情通っぽい口ぶりの人が「本体をまっとうな価格で売ったら10万以上する!誰も買わない!」とか言ってるのを見たけど、エプソン印刷コストが一枚当たりコンマ数円のプリンタを出したら、モノクロ印刷専用が2万くらいで、カラー複合機が5,6万になってるな。

ほんとネット事情通ってウソばっかりだわ。

2017-04-12

インクジェットプリンタの憂鬱

ふぅ、なんとか間に合ったか。。

この資料印刷してと。

[ プリント ] カチッ

 

プリンタガチャ、、ンーーーー。。ウニャニャニャニャ。。。

 

まさか。。はじまった?? おい時間いからさっさと印刷始めろ!

 

プリンタガチャ、、ガチャ、、ガチャコン。。ンーーーーーーンーーーー

 

た。。たのむ。。始まって(泣

 

プリンタ:ウォーーーーーンーーーー ンーーーーー ギャコン、ギャギャ。。。

 

 

これ、ほんとどうにかしてほしい。

印刷しようとおもってからの、ヘッドクリーニング

何をしてるのやら。。

ひどい時は、この後、

 

プリンタ:ピピピピピ(インク切れ)

 ↓

インク交換

 ↓

プリンタ:ウォーーーーーーン、ンーーー、ギャコンギャコン

 ↓

プリンタ:ピピピピピ(インク切れ 別の色)

 

ほんとどうにかして。

2017-03-10

メール廃止してファックス回帰する田舎

都会人がするファックス愚痴は甘すぎる。

田舎役場会社は上から命令で作った20年前のメールアドレス10年前くらいに廃止している。

ロール紙のファックスしか定着していない。プリンタメールも便利だと思ってない。

アマゾン奥地に住む狩猟採集民族と同じ。農耕の必要性を感じていない。

2017-03-09

おくすり手帳クラウド化したいなー

お薬手帳、よく無くすし忘れるし

いっそクラウド化してほしいけど派閥とかあるみたいだからそれも難しい

 

なら自分写真撮影 → 文字自動抽出、そして自動管理 → 必要ときに出力

っていうのアプリで作っちゃおうかなと思ったんだけど

 

文字認識って割りと行けるよね確か

でも「必要ときに出力」はちょっと難しいかなぁ

プリンタ必要なっちゃうし、スマホを渡すのも変だし

 

あれ、そういえばアプリ化されてるお薬手帳ってどうやってデータ渡してるんだ?

2017-03-07

大きくて屈強そうな外人男性

肩をすくめ気味にして小さなノートパソコンキーを叩いていたり

ディスクアレイディスクを交換したり

MOとかFDのラベル貼ったり

プリンタのトナーを交換したり

イヤホンの絡まりを解いたりするような

ちまちましたことをしてる様子が好きです。

2017-02-04

http://anond.hatelabo.jp/20170204203134

NASのいいとこ教えてやる

第一パソコン立ち上げずに共有ができる

第二にRAIDの設定がものすごく簡単で壊れた時の安心感

第三にモバイル端末でもVLCアプリ版などネットワーク対応プレイヤーをいれたら保存した動画を見放題

第四にUSBプリンタサーバーに使えるものもある


リムーバブル記憶域にも積極的でないようだが暗号化でもしてもちあるけば安心なうえに使っているうちに必須になる便利さ

まあ一個目を買って便利さを実感するまでは否定的でいいし 一個目で便利だと思えなければたぶん生活必要ない

2017-01-12

不要プリンタインク

プリンタが壊れた。

予備のインクを大量に買ってしまった後だったので、なるべく同じインクを使えるものを探したけれど、もう売っていなかった。

そういうわけで、インクがたくさん余っている。

まだ使えるものなので、もったいないおばけがいから捨てられない。

ネットオークションで売るのは手続きかいろいろ面倒くさい。

無料であげたいんだけど、送料を負担するのはいやだな。荷造りの手間もかかるし。


誰か、うちまで取りに来てくれないかなー。


なお、インクの型番は BCI7e[色を表すアルファベット] っていうやつ(互換インクだけどね)。

2017-01-09

情弱切ない

昨日さ、そろそろ古希を迎える叔父に「家のパソコンが壊れたみたいで全く使えない状態から診に来てくれ」といわれて行ってみたら真剣に切なくなった。

叔父は、俺からみると亡父の弟なんだが、子のいない男やもめで、小さなアパートバイトみたいな仕事収入年金と爺さんから相続した預金一人暮らししている。

性格はなんて表現すればいいか悩むが、まあ極力よく言って「お人好し」で、若いから社会的に食い物にされるようなことが多く、身内はその尻拭いで相当(主に経済的な)迷惑を被ってきたらしい。

親父の生前は、親父が貯蓄用口座の通帳を預かり(叔父本人の合意あり)、定期的に生活費用の別口座に振替をしていた。本人の自由になる金があると危ないということらしい。

亡親から自分兄弟姉妹に「資産管理叔父本人に任せないよう」と申し送りされており、今は長女の姉がそれをやってる。

まあそんな人だ。

さて、パソコン復旧の話だが、電話ごしに症状を聞いても要領をえないのは過去経験からわかりきっていたので、とにかく現場現物を本人の目の前で実演確認することから始めた。

まず電源は入るか。入る。

OSは立ち上がるか。ログイン画面まで行く。問題ない。

ここで叔父質問パソコンが使えないと言っているのは、何ができないのか→この画面の先に進めないとのこと。

とりあえずログインID、パスワードを訊き、入力ログイン成功

「できるじゃん」

「あれ?」

なんかよくわからん状況なので、一度電源を落として本人に実演させてみる。あー・・・

「おじさん、テンキーはNumLockキーのランプ点いた状態じゃないと入力が効いてないよ。起動した直後はランプ消灯してるから、NumLockキー一度押してね」(という趣旨のことをかみ砕いて説明。後で備忘メモを作って渡した)

これで問題解決かと一瞬思ったが、どうも状況が腑に落ちない。

そもそも今まで毎日使っていたはずなのに、なんで唐突ログインなどという超基本操作ができなくなったのか。

「これって、ログインできなくなったのいつ?」

「うーん、去年の夏くらいかなあ」

ファッ!?

イヤ確かに去年春の法事の以来メールした覚えないけど。それで日常に支障はないのか。

というか半年以上無駄通信費払ってるわけだがそれでいいのか。

などとモヤモヤが頭を去来しつつログイン後の状態確認したところ、問題の原因はすぐ判明した。

というのは、タッチパネル搭載機種でもないのにタブレットモードになっている。

はい、どうみてもWindows10への強制アップグレードです。本当にありがとうございました

起動時のNumLock状態が変化したのもこの影響だろう。

これは果たして叔父さんのロースキルぶりが悪いのか、Microsoftがクソなのか。まあ後者だな。

とりあえずデスクトップモードにしないと、ログインできたところで操作も覚束ないだろうから切り替え。

無線の設定もなぜか切れてる。当然認証情報など控えられていない。AOSS使うにもクライアントマネージャーダウンロード必要なので、とりあえずルータと有線接続LANケーブル持ってきといてよかった。

これで一応ネットは復旧した。

次にメールはどうか。Windows10標準メーラには過去メールが引き継がれているようだ。叔父さんが非標準メーラのユーザじゃなくてよかった。

あー、でも送受信ができない。面倒な。

叔父さん、プロバイダ契約書類ある?」

「え?何それ」

部屋を小一時間漁ってそれらしき紙を発見。でもこれ、なんかメールアドレスドメインが違う。そういえば去年変わったとか言ってたのを思い出す。

「これ多分以前のプロバイダだね。去年プロバイダ変えたとき書類一式渡されてると思うんだけど」

「うーん知らない。安くなるからと言われた」

・・・得体のしれない代理店から消防署のほうから来ました」方式営業かけられて、言われるがままに乗り換えしたんだろうなあ。じゃなきゃメールアドレス変えるような面倒なこと叔父さんはしない(そもそも発想がない)だろう。切ない。

仕方ないのでプロバイダ電話で問い合わせ。本人確認以外は全部自分がしゃべって情報収集完了メールは復旧した。

プロバイダ契約内容は思っていたよりは良心的だった。

というかその一つ前のプロバイダがあくどすぎる。叔父さんが200%利用しない月5000円くらいのVOD動画サービスに加入していやがった。

そりゃ普通契約し直すだけで安くなるわ。まあ現プロバイダも、叔父さんが活用できるわけがない機器損保証とリモートアクセスサポートオプション計月1000円に加入させてやがったけどね。

叔父さんが勝手書類無くした可能性も低くはないが、契約内容渡していない疑惑もあるしなあ。非常に微妙だ。

一応叔父さんに状況を説明して(おそらく理解はしていない)、同意の体をとった上でオプションは解約した。

後はプリンタの再設定だが、長期に動かさなかったせいでインクタンク劣化し使えなくなってた。

時間的な制約もあり、半日やそこらでそこまでは面倒見切れないので、新しくプリンタ買いなおした方が安くて手っ取り早いとアドバイスだけして帰宅した。

お互いの家は電車で3時間近くかかるし、こちらも家庭持ちで暇じゃないので、次に面倒みれるのはまた数か月後だろう。

叔父さんはそれまでプリンタなしで過ごすだろうか。どっかの業者にカモられて変なプリンタを購入するだろうか。

パソコンに限らず、叔父さんの人生一事が万事こんな調子だったのだろう。わかっていたことではあるが、改めてその人となりを実感すると親族として非常に辛い。

こういう状況に本人は不満も覚えず、疑問も感じずにいるというところが、なんか一番切ない。

こういう人でも、善意に守られ悪意に奪われない優しい世界はどこかに存在しないだろうか。

2017-01-07

http://anond.hatelabo.jp/20170107142332

ごめん、プリンタ以外の出力方法がわからいから用紙の違いかと。で、その出力って念写とか?

それとも写真屋なら修正できないと思ってるとか?

http://anond.hatelabo.jp/20170107131242

いくら高級機でもトナーでの写真印刷には限界がある…というか社員証とかに貼る(転写する)写真かも。

なお修正云々でいえば、最近美白だの男前だのと修正する証明写真機も増えてきている。

そもそも証明写真だって最近ほとんど昇華型熱転写プリンタインクジェットプリンタからね。

http://anond.hatelabo.jp/20170107132423

1.写真必要なのにプリンタ以外で出力できないよね。

2.写真屋の写真用光沢紙と他のプリンター写真用光沢紙の違いのこと言ってるなら今どき違いなんてわからない。

2017-01-06

ネットに書いてる暇があるならやるべきことをやれと言うけど

同人原稿だとか、何らかの作業だとかの締切が差し迫っているのにネットに何か書いてる人を、そんな暇があるなら作業を進めろと文句をつける人が出てくるというのは、ネットではよくある場面である。勿論、こういう指摘はもっともな部分もあるが、かと言ってそれを言うのが絶対に正しいとも言えないのが現実だと思う。

まずに、ネットに書くというのは大した時間を要しない場合も多いということである。たとえばツイッターに、「原稿やばい」と書くだけなら、数分で済む。息抜きちょっとツイッターを開いてちょっと書くだけで、やるべきことを後回しにして時間を多大に浪費していると言われなければならないほどではないと思う。ときたま数文字ネットに書くのに数時間係ると思っているのではないかというレベル文句を見かけるが、冷静に考えて欲しい。

さらに、待機時間ネットをやってるだけかもしれないということがある。たとえば印刷物が関わる作業場合プリンタ印刷をしている時間は(場合によっては乾くまで待ってる時間も)待機時間で、次の作業に移るまで待つ必要がある。こういう待ち時間にちょこっとネットに何か書くというのは、それを辞めたからと言って作業時間を回せるわけでもなく、文句を言われるべきことではないと考える。

あとは、そもそもやるべきことというのがないかもしれない可能性を無視して文句だけ言う人という問題もある。とっくに原稿を書き終えた人相手に、「締め切りギリギリでてんてこ舞いのはずなのにネットやってるとは何事か」と勝手認定して叩くという類の言い方も見たことがあるが、これは流石に論外だろう。

どういうやり方で作業を完成させるかは人それぞれなわけだし、そのあたりを無視して今は暇はないはずで云々と、一方的に決めつけるというのは上記の2つの問題点以前の問題であると思う。自分のやり方だとこういうふうな進み方のはずだから・・で決めつけをするのはよくない。

というわけで、色んな事情で、作業をしなければいけない(ように見える)人でも、ネットにちょこっと書くぐらいなら大した問題がない場合もあるんだから必死文句つけるのはなんだかなあと思う次第である例外なく叩かれて然るべき、なんてのはかなり少ないわけだから、そのあたりもう少し考えて欲しい。

2017-01-03

転職したら年賀状が30枚届いた

旅行行って帰ってきたらポスト年賀状の束が入ってた。

同僚に年賀状送る文化なんて、とっくに廃れたと思ってたよ。

引っ越しプリンタも廃棄したから、コンビニで買った年賀状に30枚手書きで書いた。

あーこれから毎年このくそめんどい作業しなきゃいかんのか。

2016-12-27

ふてくされる大学生

大学講師をしています

この仕事に就いてから学生に対して腹が立つことが毎日のようにある。

先日、レポート出してきた学生

印刷が歪み、用紙にしわがよっていた。

プリンタの用紙送りがうまくいかなかったらしい。

「これじゃあだめだよ」

と言って再提出を求めたら、

「でも、これ俺のせいじゃないですよね?」

とキレてきた。

あなたのせいじゃないけど、これじゃ評価下がるよ。

もう一度印刷してきて」

ふてくされながらもう一度印刷して持ってきた。

仕事に就いたら、言われずともきれいに印刷したもの

持っていくようになるんだろうか。

2016-12-22

http://anond.hatelabo.jp/20161222232900

一般ピーポォはネジコンみたく商品化されて初めて使えるようになる。

パソコン買ってプリンタ買ってデータ落として印刷っていうのは超超超高等テクであって、選ばれしIT戦士しか使えないのだよ。

2016-11-04

http://anond.hatelabo.jp/20161104111841

初期不良品とかだったりしない?

面倒でもサポートセンターとかに問い合わせてみたほうがいいと思うよ。

せっかく無線がウリのプリンタ買ったのに、その機能が使えないままとかもったいない

無線プリンタ買ったらUSBケーブルがついてなかった

まあそんだけ自信あるのかなと思ったらパソコン再起動するだけでつながらなくなった

いろいろやったけど全部ダメで、結局ケーブル追加で買って有線でつかうことにした

ご大層にごてごて盛った機能実装する前に、基本機能の使いやすさ、シンプルさだけを追求してくれないかなあ・・・

最初からつながらないならまだしも初回セットアップだけはうまくいったからなおさらたちが悪い

2016-11-02

プリンタスプーラってもう要らなくね?

Windowsでは新しいプリンタ接続するとプリンタスプーラに印刷データをため込んでからプリンタジョブを送るように設定されている。

これWindows95の頃から変わらない機能なんだけど、もう前提になっている環境全然違うよね。

昔はプリンタパラレルか早くてもSCSIといった低速のI/Fでつないでいたかジョブプリンタに届くまで時間がかかったし、プリンタの処理自体も遅かったかジョブ終了にも時間がかかった。だからスプーラを用意して前のジョブ完了するまでデータ一時的メモリにため込む必要があった。

でも今はローカル接続ならUSB2.0ネットワークなら有線でギガビット無線も11nが普通でしょ。

プリンタ自体の性能も格段に速い。プリントデータスプールするとかえって印刷完了時間がかかっている気がする。

ウソだろと思う人は、プリンタの設定で「直接プリンタデータを送る」を選んでみて、印刷完了が早くなるかどうか実験してみてほしい。

2016-10-26

すごいインクジェットプリンタの仕組み考えた!

プリンタヘッドと、インクタンクを一体型にして、

インクが切れたらヘッドも取り替えられて

ノズル詰まりなしの、

精神衛生上クリーン状態で常に気持ちよく印刷できる!!!っての。

そんな一体型のがあったら大発明だと思うんだけど、

やっぱりそういう都合の良い物は無いんだな。

2016-10-20

お前の仕事へのくだらないこだわりがコスト高につながる

会社で使っているプリンタ複数あって、両方ともレーザーなんだけど。片っ方がくたびれてきて、ちょっとトナーの粉が紙に付いたり、紙が少しゆがんだりするようになった。別に、内容が読めないような汚れじゃないんだよ。

「もうすぐ寿命だな…」とも思いつつ、どうせ送り状とか請求書とか美観なんてどうでもいい書類しか刷らないんだから、しばらくそっちでいいよ…と思っていたら、ある人が「こっちで刷った紙はお客さんに出せない」とか言い出して、一揉めした。結局、新しいプリンタは手配することになったけど、こっちからしてみりゃ「もう少し使えたのに…」という気にしかならない。

請求書も送り状も、中身が正しい事が第一で、お客さんだって殆ど気にしないんだから、しばらくはそっちでいいじゃん!て思うんだけど。そんな所にだけ、変なお客さんファーストを出してくるヤツがいる。

そいつって、社内で一番ミスが多くて、お客さんから問い合わせやら苦情やらの電話を一番受けている人なのに、本当にくだらないことにだけこだわるんだよなぁ…物事重要度を理解出来ないんだろうけど。そういう変なこだわりでコストを上げてるって意識が無い。老害といえば老害なんだろうが。腹立たしい。

2016-10-18

プリンタを買おうか悩んでいる

今のところプリンタが無いからと言って不便はしていない。

しかプリンタを買うことで何かが便利になるのではないかと悩んでいる。

紙に何でも印刷できるあの魔法マシンをこの手にしたい。

使う予定はないけどなんとなく欲しい。

使わないけど。

2016-10-09

未熟な私のパワハラ労働時代記憶

パワーハラスメントなる用語があったのかどうか、そんな時代の話。

 

私は社員五人という小さな会社に勤めていた。非常に小さな業界で、環境コンサルタントという分野に属する。大枠としては土木建築分野に入るかもしれない。そうした大手コンサルタント会社からこぼれてくるような仕事を拾って商いをしていた。たまたま転職しようと思って転職雑誌を見てたら自宅に近いところになんだか業種が良く分からないその会社募集広告があったので応募し一発採用となった。当時は私のような特に何のスキルもないような人でも転職なんか簡単だった。それもそのはず末期ではあったがバブル時代はまだ続いていたから、そんな小さな会社でもそこそこ給料はよかった。

 

初めてパソコンに触った。というか、パソコンなしでは成り立たない職種で、まだCUIGUI移行期の時代自分プログラムを書かないといけない仕事だった。今ならエクセルで表やグラフなんて簡単作成できるが、当時はプリンタに直接描画命令コマンドを送るという恐ろしく面倒な事をしてたのが懐かしい。グラフなんかXY-プロッタで作図してたんだよ。ページプリンタを導入してからは少し楽になったけど、ともかく、今の時代なら10分あれば出来る仕事が何時間も掛かる、そんな時代だった。

 

社長は私の10歳年上で、とある地方の有名大出身者。一方私は、大学進学を諦めた専門学校出身者。退職するまで、この差別がずっと続いた。社長は当初は学歴など関係なく仕事能力大事だ、みたいな事を言っていたが、口では言わないが他の大卒社員にはそこまできつく言わないのに私だけにはほんとにきつい言葉を放つ。もっとも、私もかなりバカだったと思う。何せビジネスマナーすらろくに知らないレベルで、前の仕事工場作業者だったので定時になればタイムカードを押して帰ればよいというような考え方や、仕事というのは与えられた仕事を教えられたとおりにするものだという考え方が身に染み付いてしまっていて、なかなかそんな自分を変える事が出来なかった。

  

とは言え、自分自身でもそのことにすぐ気がついて自分を変えようと努力していたのは事実である。昼休みになれば近くの本屋さんに行ってビジネス書立ち読みしたり、あるいは購入したりとか、残業も構わず時間でもやったり徹夜もしたり、気づいた事があれば率先して色んな提案をしてみたり、内実はともかくとしても結構頑張ったと思う。でも、社長はそうして私が努力している事を評価する事はほとんどなかった。今でも忘れられないのは、社長と二人きりの状態で私が遅くまで残業して作業している最中に「お前は頑張りが足りない」ときつく叱責された時の光景である。流石に今まさに一人で頑張っている私自身にそれはないだろと思ったのでぶちぎれて「今こうしてやってる最中にそれはないでしょ!」と言い返したら、後にも先にもその時一回きりだけど社長は私に詫びた。で、それ以降も、事ある毎に散々「努力が足りない!」のような内容で酷く罵詈雑言を浴びせ続けられたのである。「辞めてしまえ!」など日常茶飯事だった。しかも、他の社員がいようと、取引先に出かけてようとそんなの関係なくやられた。

 

褒められたり普通に対応してくれたこともないではない。ある定型的なデータとりまとめなどは私は誰よりも早かったので、しょっちゅう感心されたものであるしかし、多少なりとも高度な仕事は私には与えられる事は決してなかった。多分、私でも出来たろう。しかし、「無能な」私にそんな高度な仕事を任せたら滅茶苦茶される、というのが社長の考え方だった。社長は人に教えるのがド下手で、社員の誰もがそう言っていたが、とにかく教えられてても話があちこち飛ぶし、こちらが知らないことなのに知ってなければいけないか如くに説明する事柄も多く、何を言っているのか良く分からない。その上、それでもきちんと理解できたように振舞わないとすぐ不機嫌になるので、こちらも質問しづらい。分かってないような反応をしようものなら「お前何聞いてたの?それはこうなってるって分かって当然だろ!」と、そもそも理解させようという気がない。それでも大卒社員には私とは違って多少は丁寧に説明していた。私は徹底的にバカにされた。

 

そんな風に何年かやってると、自分自身でもどんどん自分卑下するようになり、自分ダメなんだと自分自分を追い込むようになっていった。朝起きるのも辛く、朝が来るのが嫌で夜もなかなか寝ようと思わなかった。それでも、結婚もし子供も生まれ家庭を持つようになって、そう簡単には転職もままならない。それに、他の会社に言っても似たようなものかあるいはこれより酷いかもしれない、などと考えてしまい、ならば会社にい続けるのであれば、どうにかして社長に認めてもらう他はない、などと思うようになっていった。だが、そんな社長と私との人間関係下ではうまく行く筈はない。向こうは私を完全に見下しているから、何をやっても悪循環、少しでもミスしようものなら罵詈雑言仕事があまり与えられなくなり、「役立たず!」「いったいお前ここに何しに来てるの?」「他のみんな頑張ってんだから朝早く来て掃除でもしとけ」など等どんどん扱いは酷くなっていった。遅刻も何度もするようになり、無断欠勤もしばしばするようになって、結局、非常に些細なことで滅茶苦茶に叱責されたのを切っ掛けにして、退職する事になった。

 

社長は悪い人というわけではなかったと思う。多分、何とか私も頑張ってもらおうとは思ってたんだと思うけど、仕事という厳しい現実の前に不条理なまでに厳しくする事になってしまったんだろう。ともかくも、病院には行かなかったので診断されたわけでもないが、おそらくは私は鬱病に近い状態に陥ってた。次に転職するまで、ちょっとした個人的仕事実家の援助で食いつなぐこと三年掛かった。退職するまでの2年くらいは毎日死ぬ事を考えたけど、既に子供もいたし、死の選択は許されなかった。

 

・・・・というより、私は今生きている。そして、あんなに酷いパワハラ状態だった会社での事が、実は様々に今の仕事に生かされている。パソコンとかもそうだし細かい仕事のやり方とか、あるいは社長があの時何故罵詈雑言叱ってたのかとか冷静に考えて実務に役立てたりも出来ている。私個人体験だけで大きなことは語れないとは思うけど、彼女死ぬべきではなかったと強く思う。生きてさえいたら、まだまだ道はあったはず。無論、精神状態が追い詰められて鬱病になって死を選択してしまうことになってしまうのも仕方ない面もあると思うけど、出来る事なら逃げて生き延びて欲しい。人間は弱いけど、それでもなお強く生きることも出来る、と私は思う。

2016-08-17

コミケ薄い本って電子化しないの?

DL販売しろって話ではなくて、あくまコミケ会場における頒布方式の話ね。

なんで紙媒体にこだわっているのだろう?

現地での同好の士どうしの触れ合いの場という意義を守るにしても

重くて数量が限られる紙の本オンリーである必然性はないよね?

 

例えば、QRコード印刷された紙片をブースで100円とかで売る。

「これをスキャンすればデータを落とせます。よかったら感想コメもください☆」

とかでよくない?

QRコードの内容は、本データが格納されたクラウドアクセスする認証スクリプトに、

GETユニークシリアルコードが予め入力されるようなURI

別にNFCとかで送ってもいいけど。

もちろん従来どおりの紙の本500円とかと併売してもいいし、

紙の本が完売したらコード販売に切り替えていける。

実体物でしかありえないグッズの類ならともかく、

同人誌ならこれで救われる人もいると思うんだよね。

コミケット準備会が、シリアルコード生成アプリと、

コード認証機能提供するWeb APIだかウィジェットみたいなのを

出してくれたらスムーズだけど、そこらへんも同人開発者の力でいけそうでしょ。

データ置き場も自分サイトじゃなく、準備会指定するクラウドにしちゃえば楽。

 

データで買ったが紙の本も読みたいって人に関しては、

シリアルコードオンデマンド印刷業者に渡すと、

業者印刷データDLできて、製本されたのが届く、みたいな

オプションサービスをどっかの業者が始めればいいだけじゃない?

1冊単位での印刷所利用が広がっていけば、

サークル参加者にとっても、見本誌や試し読み用のを

最小限刷るだけって選択肢可能になる。

まあ印刷単価は高くなるけど、トータルの負担は減るでしょ。

これで身銭を切って印刷課金した上に在庫リスク不安を抱えなくても、

アプリからQRコードを多目に自宅のプリンタ印刷しとけばすむ。

 

ついでに見本誌もデータで納められるようになれば、

完全にデータだけ用意すればよくなる。

 

紙の本を否定するわけじゃないし、趣を考えると共存する方がいいけど、

積極的電子化を取り入れたら、作る側にとっても読む側にとっても、

より便利で、よりフェアで、より可能性が広がると思うんだよね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん