2011年09月10日の日記

2011-09-10

正直言って

カルピスが夏の風物詩のような扱いなのは納得いかない

今年からネトウヨとして働いてる。

一年後に死ぬ予定。

増田は大好き。

依存症だと思う。

増田って結構楽しい所だから

遊びにおいでよサヨクお兄さん。

さぁ今日も頑張って叩くぞ。

9月中旬の真夜中なのに30度64%

いかげん夏よ終われ、秋よ来い!(太陽暦的な話ではなく気候的な意味で)

http://anond.hatelabo.jp/20110910233411

元増田がアホだとは思わないが、これは足切りのための質問であって積極的に採りたい人を探すための質問じゃないな。

秘密のへや

ここでは、うごかいてないことなどを

期間限定で公開しま

ニセ科学「批判」じゃなくて、他の言い方を考えよう

いわゆる「ニセ科学批判」に於いて、目指す方向、やろうとしていることは概ね賛同できる。

なのだけど、「批判」という用語を使うことに伴う語弊が大きすぎる気がしてならない。

 

下手に喩え話を出すと色々突っ込まれる事とは思うがあえて書くと、

たとえばタバコ飲酒をやっている高校生が居たとして、それを高校の教師が「生徒批判」したとしたら、言っていることがいくら正しくても、「生徒批判批判」が起こるのではないかという事。何を他人ごとみたいな言い方してるんだと。教師としての立場をわきまえろと。普通、こういう場合は「生徒批判」ではなく、「生徒指導」という言い方が用いられる。社会的立場として、教師には「批判」ではなく「指導」という行為が期待されているという事だ。

 

では、大学教授が、社会に対して公に「ニセ科学批判」することに関してはどうなのか。本人は、ただ人として正しいことを言っているだけなのかもしれない。しかし、社会的には、「教授」という肩書きを表明した瞬間から、どこへいっても「先生」と呼ばれる存在である。本人が好むと好まざるとにかかわらずだ。したがって、この場合立場上は「批判」ではなく「指導」であることが望ましい。さもないと、「ニセ科学批判批判」が起こる。

 

もっとも「指導」という言葉も、なんだか手垢がついてしまっている言葉なので、もっと他の言い方がないものかと考えている。「ニセ科学指導」などというと、ニセ科学を推進しているかのように誤解される恐れがあるし、他の言い回しだとどんな言い方があるだろう?。「ニセ科学指摘」「ニセ科学訂正」とか?

 

時間で人物評価する方法

A4コピー用紙に均一の大きさ円を描かせる

 手先の器用さと脳内イメージを具現化することに長けているかどうかをみれるかも。

自分の部屋の掃除方法について質問してみる

 掃除・整理整頓ができる人かどうかを確かめられるかも。

得意な料理の作り方について質問してみる

 段取りの良さを確かめられるかも。

約束した日に電話をかけさせる

 スケジュールの組み方や確認の仕方を確かめられるかも。

金沢から静岡に行く方法時間を質問してみる

 時間お金の使い方を確かめられるかも。

シナリオの変化と改良

ゲームには、システムキャラクターシナリオという要素があるなぁ、という所から始まって

この内システムシリーズで使いまわしながら変化や改良ができる(キャラも使いまわしはできる)、と考えて

そこからシステムと同じようにシナリオを使いまわしながら変化や改良をして、シリーズの一つだと主張したらダメなのかと考える。

さらに、何もこれはゲームだけに当てはまるわけではなく、漫画アニメなどのシナリオを含む作品全般について言えるんじゃないかと考えた。

シナリオを使いまわしながら変化や改良するとは、大筋で同じ設定やキャラクター物語を使うのだけれども

こうすればもっと面白くなる、あれはああすべきではなかった、こんな設定を加えてみたらどうだろう、

と変化や改良を加えていくことを想定している。

例えば、けいおん!だったら、唯以外のメンバーも全員初心者であるとか、1年の内に新しい部員が入るとか、

一部キャラの髪形が違うとか、そういう変化を付けて、高校生編をもう一度やってそれを新しい作品にしてしまう。

これって反則なのかな。

話をゲームに戻すけれども、優れたシステムキャラクターデザインすれば

それを何度も使いまわしてに一大シリーズを作れる可能性があるのに、優れた物語シナリオ)を作っても、それが一回きりで使えなくなるというのは

何かもったいない気がしている。

http://anond.hatelabo20110910214931

2chさっさと潰せボケが。今年中に潰さないとお前自宅で殺すぞ。

http://anond.hatelabo.jp/20110910214652

結果なら出してるから安心しろ。

早く仕事見つけないとろくに社会還元できない出来損ないになるぞ?

http://anond.hatelabo.jp/20110910215109

あとでまとめて通報しとくからな。

魚拓は取ってあるから消しても無駄だぞ。

http://anond.hatelabo.jp/20110910214540

結果出せ口だけ野郎。次の国会で結果出なかったらお前殺すからな。

鉢呂氏発言「死の町」

鉢呂氏発言についていろいろ思うことがあり筆をとります。

今日新聞テレビなどメディアで鉢呂氏が福島県「死の町」と発言し首相が不穏当な発言と非難し引責辞任をしたと報道された。

僕のツイッターTLでもおおむねその意見同調する方が多く思えた。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201109100180.html

引用) 鉢呂氏は8日、首相とともに原発周辺地域を視察。翌9日の記者会見で「残念ながら周辺市町村市街地は人っ子一人いない『死の町』だった」と発言した。

確かに「死の町」という言葉ショッキングだ。

しかし、間違っているんだろうか?

僕が登山家 野口健氏が福島原発周辺を取材したブログを見たときの印象は、どちらかというと鉢呂氏の「死の町」との表現に近いものだった。

野口健ブログ http://blog.livedoor.jp/fuji8776/archives/52166029.html

それまで生活があった町から人が消え、今後何十年にもわたって住めなくなってしまった。チェルノブイリのように健康への懸念もある。

ゴーストタウンになった町をその目で見て、これからも住めないと思うと「死の町」という表現を使ってしまうのもわかる。

引用)鉢呂氏は福島第1原発事故を受けたエネルギー政策の見直しを所管しており、事故対応政権の最優先課題に掲げる野田首相は早急な態勢立て直しを迫られる。停止中の原発再稼働をめぐる地元自治体との協議にも影響を与えそうだ。

そしてこれだ。

鉢呂氏は経済産業相で、エネルギー政策の見直しを所管していた。

その人物が実際に福島の現状を見てその絶望的状態を認めたともとれる発言をした。

それに対して首相が「不穏当」と言ったのであれば?

まったく意味が変わってくる。

もし鉢呂氏が原発について絶望的な状態を認めたとしたら、今後のエネルギー政策は大きく変わる。少なくとも原発推進を進めることはしないだろう。

これは脱原発を望む世論に沿ったことなんじゃないだろうか?

それに首相は「不穏当」と言った。

引用)また視察後の8日夜、都内で報道陣の一人に防災服をすりつけるしぐさをし、「放射能うつす」という趣旨の発言をしていたことも分かった。

これにしたってツイッターから情報で真偽は今の僕にはわからないが

記者の発言への抗議との情報もある。

ツイッター発言より引用

鉢呂発言。記者が「福島放射能ついたままですか?」と質問して、それに対して抗議した大臣が、「それがどうしたんだ?放射能つけてやろうか?」と怒ったという話がある。もしそうならば、記者差別発言で、鉢呂さんは、それに抗議したということになる。

本当に糾弾するべきは鉢呂氏だったんだろうか?

本当は野田首相こそ糾弾するべきでは?

そして

もっとも糾弾されなければいけないのはショッキング言葉を捕まえ、その発言の真意を深く追求することなくスキャンダラス報道するマスコミではないだろうか?それをそのままうのみにする我々国民ではないだろうか?

こんなもの自民党時代の「漢字が読めない」「夜はバー」などと政策と関わらないところであげ足をとる報道と一緒だ。

ツイッターでは震災以降、いや尖閣以降政府マスコミによる隠ぺいだの情報操作だのに対する怒りが多く聞かれる。

でもこれだってマスコミによる情報操作じゃないのか?

それをそれを喜んで享受し一緒になって叩いてるんじゃないのか?

ふざけるな!

次の国会でこの法案を成立させなかったら中央省庁爆弾仕掛ける。

失敗のススメ

失敗することが目標なのではありませんが、

失敗は多くの気づきを与えてくれます

何かを成し遂げたければ、

なるべく早く、多くの失敗をしなさい。

失敗を恐れ、何もしないことが、最もリスキーなのです

http://anond.hatelabo.jp/20110910203905

私は「他人を貶めることしか知らない」両親の元に育って、自分もそういう態度(自覚なしに)を取っていた。当然、友達なんか一人もいない。気が強いかいじめられはしないが、たぶん、油断してたらやられてたろ。もう、いい大人になったから、むやみに他人を貶めたりはしないが、やはり、相手がホッとするような持ち上げ方は難しい。インターネットじゃ、若い人が多いから、さらっと持ち上げられたりすると(おおっ、若いのに人間出来てるー)と感動する。褒めて悪いことは無いよ。ただ、誰相手でもホッとする言い方が出来るようになるには、それなりに人生経験積まないと出来ないだろうなあとは思う。

でもね。文言が見当外れでも(ホッとしてもらいたい)って気持ちは伝わるからさ。「相手を救う言葉」を考えてくれる人は、やっぱり、あったかいなあと思う。

タイガーアンドバニー早く放送終わらないかなー。

明確に嫌いになったのって初めてだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん