「システム英単語」を含む日記 RSS

はてなキーワード: システム英単語とは

2017-03-11

合格体験

現役時代私立専願で早慶MARCHに全滅しましたが、1年の浪人生活で旧帝法学部合格できました。

数学世界史化学については、浪人生活が始まってから取り組み始めました。

この1年間何をしたかというと、基本的には予備校カリキュラムに忠実に従っていました。

予備校テキスト以外では、システム英単語高校時代教科書過去問を利用した程度です。

予備校テキストを繰り返すだけで1日が終わってしまい、市販参考書に手を出す暇がありませんでした。


日々の生活は、朝8時前に予備校に行き、夜7時半まで勉強していました。

1週間の予定をたて、予習と復習を中心に、丁寧に勉強することを心がけました。

理系科目については、予備校テキストに取り組む前に、教科書の該当部分をノートにまとめ、教科書簡単問題に取り組みました。

夏前までは、とにかく数学時間がかかりました。

浪人開始から理系科目に取り組むことになったので、かなり慎重になっていたのですが、結果的には一番の得点源になりました。

基礎と標準問題を徹底的に繰り返したのがよかったのだと思います

その他の科目については、繰り返しになりますが、とにかく予備校テキストを繰り返し、センター過去問二次過去問に早い時期から取り組んでいました。

効率的勉強をしようとするのではなく、普通勉強をすることを心掛けるのが良いと思います

あと、先手必勝で、夏までは我武者羅に頑張りました。自分は、プレッシャーに弱いことが現役時代経験から分かっていたので、後半で余裕が欲しかたからです。

先手必勝は、結果が出てくるとそれを維持しようとモチベーションも保てるのでお勧めです。まぁ、余裕は最後までなかったのですが。


予備校をちゃんとやる」という当たり前の結論になっていて、大変申し訳がないです。

しかし、「普通に勉強する」ために、多くの工夫をしていました。

基本方針は、「気持ち精神論)ではなく、環境構築」です。

これについては、山ほど社会人向けの勉強方法本に書いてあるのでそれを利用しました。

気持ちの部分で気を付けていたこともあるにはあるのですが、役に立ったのかは不明です。

私は、とにかく真面目な人間を演じるという意識予備校では生活しました。

例えば、模試の前に、「やべぇ、全く勉強してないぜ」とおちゃらけることを意識的に止め、「良い点数を取りたいかギリギリまで勉強する」と友達に話していました。

これ、友達も感化されたのか、一緒に真剣勉強してくれたので、良い学習環境友達とも作り上げることができました(その友達第1志望に受かりました)。


結局、1年でセンターは5割強から8割強に(前年度も一応受けていました)。早慶MARCHの受けたところは全勝、旧帝合格という感じでした。

まれて初めて計画的生活していましたが、うまくいって良かったです。

計画的でつまらいかと思いきや、かなり充実感も感じていて、うまくいきだすと楽しくもなりました。

今、やりたいことがたくさんあります。この1年で得た経験を基に、丁寧にいろいろなことに取り組んでいきたいと思います

以上です。

2014-02-05

英単語の覚え方 単語暗記型と文章暗記型の2種類に分かれてることに気付いた

英単語の覚え方で、気付いたことがあったのでメモ

基本的には留学用ですが、受験でも応用出来ると思います

さて、

受験生であれ留学生であれ、英単語の暗記に苦しむ人は多いと思います

英単語勉強というのは非常に地味で、繰り返しが多く、なおかつ忘れやすいという

挫折やすい要素がてんこ盛りの学習です。

しかし、語学を学ぶ以上、語彙力は多いに越したことはありません。

「あれ? これなんだっけ?」と止まる回数が少なければ少ないほどスムーズ

英文の読解、リスニングスピーキング英会話)を行うことができます

英語ペラペラの人がどのように勉強たか? というインタビュー

英語が出来る人】の多くが実践している方法があります

それは、知らない単語が出てきたら調べることです。

日本語に色んな言い回しがあるように、英語にも様々な言い回し存在します。

正直に言って、単語帳だけでそれら全てをカバーすることは不可能であり

英字新聞の読解・海外ドラマ洋画の読解などをしつこく行ってはじめて

ネイティブレベルの語彙力が身につくのです。

単語帳で拾いきれなかった細かな単語を、現地や英字新聞などで拾い上げる。

これが英語ペラペラバイリンガルスピーカー秘密の一つです。

はいえ、留学だってまだ未経験の人々にとっては

単語帳で学習をすることが一番の近道です。

閑話休題

具体的に、どのように単語学習をしていけばよいか書いていきます

私の経験上、単語学習のやり方には二つのタイプ存在します。

①文章の中で覚えるタイプ

単語を一つ一つ丸暗記するタイプ

どちらがあっているかは、個々人の学習方法によります

ちなみに私は①のタイプで、②の学習はどうしても受け入れられませんでした(´・ω・`;)

①のタイプの方

基本的に、文章・短文と一緒に単語を丸暗記してしまタイプです。

文脈の中で覚えるので、単語意味の結びつきが強く効率良く覚えることができます

単語帳は、主にDUO 3.0速読英単語 (1) 必修編 改訂第5版を使用します。

CD付きなので、CDも買っておくと効率よく学べます

初心者の方は、文法解説ものっている速読英単語を。

中級以上の方はDUOオススメします。

初心者DUOをやると、文法がのってないので混乱します(´・ω・`;)

②のタイプの方

単語を一つ一つ丸暗記するコツコツ型です。

ひとつ単語に対して、複数の意味を一気に覚えるので

集中しやすく、応用が効く学習法です。

単語帳は主にシステム英単語 (駿台受験シリーズ)や英単語ターゲット1400(4訂版) (大学JUKEN新書)を使用します。

①、②共に勉強の仕方は、下記の通りです。

1:長文(DUO場合は短文)をさっと読解し、

  文法と単語意味(青字になっている重要意味だけ)を把握する。

紙に書かないで読むだけ!書くと時間が非常にかかります

2:もう一度長文(短文)を読む。日本語を頭の中に浮かべる。

3:CDを使って、英語音声を聞きながら長文を読む。

  音声に追いつけなくなったら一旦とめて、もう一度、単語意味を把握する。

4:CDスピードに追いつけて、なおかつ意味がぱっと浮かぶようになるまで繰り返す。

  余裕があれば、声に出して読む。

5:次のセクションに進む。

・復習を重視した英単語学習

単語は一日2~3セクション、復習込で1日5~6セクションのペースで進めます

翌日は前日やったセクションの復習から行います

(例えばセクション1~3までやったら、翌日は1~6までやる)

1日1時間半を目標にしてください。

1週間やったら、1週間分の復習をしてください。

毎週日曜日は復習だけやる! など、復習日を決めると良いでしょう(´∀`)b

一ヶ月半で大体一冊終わります

しかし、これで終わりではありません。

しろ英単語学習は、本が一周終わってからが本番です。

英単語帳を一周終えて、あまり覚えていないことに気付くと思います

当然です。人間は忘れるのが普通です。

しかし、完全に忘れた訳ではなく、暗記はしているが思い出せない・その単語を思い出すための脳回路がまだスムーズに出来ていないだけです。

私の経験上、英語長文読解の際に、英単語帳で覚えた英単語に何度も出会う、というプロセス重要だと思っています

英語の長文読解と英単語学習は、密接に関係しています

英単語学習と並行して長文読解を行ってください。

定着率が高く、見る見るうちにわからない単語がなくなっていきます

という訳で、英単語学習と同時に長文読解もやるのが、最強の英単語学習法です。

英語長文は1日1セクションでOKです。

こちらも復習を重視にして、前日やった長文をさっと読み返すこと。

また、やり終えた単語帳をぽいっと捨てるのではなく

縦の復習を行います

1周を終えた単語帳は、2週目をするとかなり早く終えることができます

なので、2日で1周してもらいます

今度は1セクションに時間をかけてはいけません。CDを流しっぱなしで1時間半で単語帳の半分を回してください。

慣れてきたら、1時間半で単語帳を一周してください。

5週くらいすると、嫌になってくると思うので、ここら辺で

熟語帳に切り替えたり、一旦別の学習をするなどしてリフレッシュします。

1週間あけて、もう一度一周。とにかく、しつこく回す(一冊を一気に読む)縦の復習をしてください。

単語帳を見ずに英文が出てくるようになったら、完璧です。

さらにライティング(英作文)をやると、スペルの定着率も上がります

ライティング語学学校で学ぶことができます

頼めばマンツーマンで見てくれるので、ぜひ挑戦してみましょう。

読む・書く・しゃべる・聞く。

語学の基本はこの三つ!

英単語ができるようになると、だいぶ英語学習が楽になります

地道な作業ですが、ぜひ頑張ってください。

2011-11-10

金のある社会人にこそお勧め受験参考書CDによる英語学習

定期的にはてなに上がる英語学習法だが、どうせなら受験勉強の時に使った教材でやればいいのに……といつも思ってしまう。

理由は簡単で、一般向け教材と受験向け教材では作り込みのレベルが全く違うから

とくに単語関係では受験向け教材の方がずっと「覚える」ことに特化している。(アルクあたりの教材を買って失望したのは自分だけではないはずだ)

学生の時にはCDなんて買えなかったかもしれないが社会人ならその辺やりたい放題なのではないか

おススメは

システム英単語

速読英単語(必修編・上級編)

リンガメタリカ

・DUO

あたりか。体力や集中力がないときでもなんとなくCDを聞いていれば勉強した気になれるが、実はあまり意味はない。

教材は書店に行けばもっと見つかるかも。あとはヒマな時に英語ウィキペディアを読んだりすればいい。

最近話題のフィリピン英会話だが英作文の添削をやってくれる親切な先生に当たることが少なくなってきたように感じる。

なお「よい教材」を選ぶ基準だが、「覚えよう」と思ってやった時にどれだけストレスなく進められるか、だと思っている

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん