「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約とは

2016-06-26

シールズ琉球スピーチを聞いて思うこと

沖縄を返してください、私たち奴隷ではないのです。」というスピーチを「痛いニュース」で読んだ。で、ずっと考えていた。なぜ、沖縄アメリカ軍基地があるのだろうかと。ぼんやりと調べまくって、外務省HP1972年にある「沖繩返還協定」の条文第3条を読んだ。

この条文には

【第3条】

1. 日本国は,1960年1月19日ワシントン署名された日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約及びこれに関連する取極に従い,この協定の効力発生の日に,アメリカ合衆国に対し琉球諸島及び大東諸島における施設及び区域使用を許す。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/bluebook/1972/s47-shiryou-4-1.htm

アメリカ合衆国に対し「琉球諸島及び大東諸島における施設及び区域使用を許す。」ってちゃんと書いてあります。要するに好きに使っていいという協定を結んでいるのだからアメリカが好きに使っているのは当然のことであって、情理や心をゆさぶ感情論基地があるわけではないことがわかる。ではなぜ、この不利な協定をそのままにしているのだろうか?とスピーチすればいいのに、返してくださいと感情論で訴えても、ここ40年以上がそうだったように(感情論で訴え、成果がでなかった)、今回も成果は出ないのだろうなと思いました。

テコの原理の如く、どこを動かすと、どこが動くのかを理解したあとに動くほうが成果は出やすいです。

PS:

琉球大学研究員さんも条文と同じことを書かれています

http://yugafu-uchina.seesaa.net/article/263265726.html

沖縄県民大会価値はないのに、それを現地の知性が放置している理由がよく分かりません。その理由をお聞きしたいですね。

C.C

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん