2018-04-25

NTTによるブロッキングの何が許せないのか」の説明を補強してみる

NTTによるブロッキングの何が許せないのか」http://kumagi.hatenablog.com/entry/why-ntt-blocking より。

憲法電気通信事業法関係

そもそも憲法って?

憲法(けんぽう)とは、統治根本規範(法)となる基本的原理原則に関して定めた法規範をいう(法的意味憲法)。 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%86%B2%E6%B3%95

電気通信事業(でんきつうしんじぎょう)は、電気通信事業法第2条に規定する電気通信役務を行う事業のことである。
...
4. 電気通信事業
電気通信役務他人需要に応ずるために提供する事業放送法第118条第1項に規定する放送局設備供給役務に係る事業を除く。)
5. 電気通信事業電気通信事業を営むことについて、第9条登録を受けた者及び第16条第1項の規定による届出をした者
...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E9%80%9A%E4%BF%A1%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E6%B3%95

前提知識

憲法二十一

電気通信事業法

なぜ電気通信事業法検閲禁止秘密保護が含まれるのか?

憲法21条に規定されているから。構成郵便法とほぼ同じ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%B5%E4%BE%BF%E6%B3%95

検閲禁止秘密保護業務関係

そこで、違法性阻却を用いる (正当業務行為違法性阻却事由とするのが現代一般的解釈)。

興味がある方は『「通信の秘密」の数奇な運命(要旨) - 序章「通信の秘密」に関する制定法の制定経過とその後の解釈の変遷調査』を読んでください。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/next_generation/pdf/080523_2_si8-7.pdf

憲法検閲禁止通信の秘密を守れと言っているのだから通信の秘密は固く守られている。中身を覗く行為原則違法であり、違法性阻却 (違法推定される行為について、特別事情があるために違法性がないとすること。) により直ちに違法としないとの解釈がなされている。違法性阻却は珍しい論理のように聞こえるかもしれないが、お医者さんもメスで体を傷つければ傷害罪を侵しているが、医療行為を行うために必要である範囲において違法性阻却がなされている。

また、

は「従事する者」にかかっているので、通信の秘密を侵す違法行為主体個人にかかってくることに注意。

DNS ならブロッキングしてもいいじゃない? → だめです。ISP提供する DNSルートサーバーへの中継を行っているに過ぎず。通信検閲にあたります

ここまでのまとめ

合法ブロッキング児童ポルノブロッキング

合法ブロッキングの例

迷惑メールが一時期問題になりましたよね。今は OPB25 (ざっくり言うと個々人が直接メールの中継をすることを禁止する方法) によって、個々人を踏み台にした迷惑メールが送れないようになっています。このために慎重な議論がなされ「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」が制定されています立法によって合法的にブロッキングを行っている例です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E9%80%81%E4%BF%A1%E3%81%AE%E9%81%A9%E6%AD%A3%E5%8C%96%E7%AD%89%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B

このように合法的なブロッキングができる前例があるのだから裁判所違法認定されたサイトへのアクセス禁止する」立法を行って合法的にブロッキングすればいいのです。

児童ポルノブロッキングの例

児童ポルノインターネット性質上、一度流出してしまえば回収が困難であり、同時に基本的人権侵害身体への危害を伴うものであるからブロッキングしても緊急回避として違法性阻却が行えるとのものです。詳しい議論は「ブロッキング法律問題」を参照してください。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kensho_hyoka_kikaku/2018/contents/dai3/siryou3.pdf

これは本来立法によって合法化するべきものだと思われるのですが、誰も児童ポルノブロッキング違法だと訴えない → 裁判所判断しない。ために現在認められている方法です。今回の海賊版サイトブロッキングにもこれが用いられるでしょう。

ここまでのまとめ

守るべき順序について

児童ポルノブロッキングにおける議論では「法益権衡の要件との関係でも財産権であり被害回復可能性のある著作権を一度インターネット上で流通すれば被害回復不可能となる児童権利等と同様に考えることはできない」であったように、回復可能性のある著作権侵害優先順位が低く、

著作権侵害被害額<通信の秘密児童人権

でした。なぜ通信の秘密重要か?

「誰も児童ポルノブロッキング違法だと訴えない」と書いたように、社会通念上許容されるであろう範囲検閲範囲を広げると、名乗り出ることを恐れて誰も訴えることができなくなり、検閲範囲は際限なく広がってしまうのです。

児童ポルノ議論が行われた10年前の慎重な議論をすっ飛ばすと

10年前の著作権侵害被害額<通信の秘密<昨今の著作権侵害被害額, 児童人権

とできるかもしれません。しかし、果たして昨今の著作権侵害被害額は本当に回復不可能なのでしょうか?ブロッキングによって漫画の売り上げは来月から月に 500億円 (これは市場規模の 2倍に相当するはず) も上がるのでしょうか?

しかし、所轄官庁が「ブロッキングせよ」と言えば電気通信事業者はそれに従わなければなりません。それを覆すには最高裁まで争うしかないのです。

5京円に突っ込む人もいますけれども (なんで 5,000兆円でないのだろう)...

だが仮に毎日5京円ぐらい損害が出てたらブロッキングもやむなしかもしれない。

それほどの損害が生じていたら原状回復不可能ですよね。5京円は冗談としても、売り上げが突如ゼロになってしまい、回復させる方法が他にないとしたら緊急回避は認められるでしょう。ただし、線引きについては裁判所なり立法解決する必要が生じるはずです。

本当に ISP悪者

そもそも違法サイトを利用することによる損害は誰によって作られているのでしょうか。違法サイトによって損害が生じるためには

責任の度合いは、

通信事業者 < 利用者保護提供するもの運営幇助する者 < 運営

の順ではないでしょうか。

実はそのようにしてIPパケット通信すら合法性が自明ではない上で運用されているのが通信の秘密だ。お陰で通信事業者はただの土管に徹する事になる代わりにその通信が仮に犯罪に使われていてその通信媒介することで結果的にその片棒を担がされたとしても不可抗力として裁かれる事はない(多分)。

米国DMCAが制定され、プロバイダー (これは ISP だけでなく、サービス提供者も含む) が免責されるための手続きが、Takedown なのですが、日本ではそもそも合法性が認められた範囲しか ISP は関与できないため、違法サイトの利用において通信事業者に違法性を問うことは難しいと思われます

ロビー活動の前にやるべきだったこ

(後で書く)

米国の例についても書きたい

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/next_generation/pdf/080523_2_si8-5.pdf

  • anond:20180425133549

    DNSブロッキングはNTTのDNSサーバにある対象のAレコードやCNAMEレコードのキャッシュをダミーのものに変更した後異様にタイムアウトを長く設定してるだけのはずだから、 「検閲」してい...

    • anond:20180425134020

      末端の端末がルートDNSにアクセスなんかできるかってーの。 え?

    • anond:20180425134020

      ルートサーバーから支持されているTTLに従ったキャッシュは規定された動作ですが、電気通信事業者は恣意的な挙動を示すサーバーをそれを明示することなく提供することはできません...

      • anond:20180425134932

        んじゃあ、よく駅とかコンビニとかにあるWi-Fiでどこにアクセスしても固定のページ返すような仕組みのやつはそのロジックでいうと検閲やんな? 厳密な仕組みは分からんけど、たぶん...

        • anond:20180425140055

          ただのアクセス制御です。

          • anond:20180425140436

            どういうロジックにしてるのかが興味あるけど、wi-fiに接続させておいてアクセス制御とは本来ならごはんショットガン撃ちこまれてもおかしくない案件の筈だろ…

            • anond:20180425140734

              UTMを使ったことないのかな。最近のAPですら搭載しているのだけれども。その時点ではインターネットにそもそも繋がっていません

              • anond:20180425141338

                通常、Wi-Fiに接続してもインターネットに接続していない(LAN接続)の場合は端末側がそれを検知するよな。 でも、駅Wi-Fiとかは一見インターネットに接続しているような状態になる。 ...

                • anond:20180425141837

                  隔離ネットワークの段ではインターネットに接続されていないと検知されるはずです。行っていることは具体的には DNS Probing です。 1.2.3.4 といったでたらめな IP アドレスであっても認証...

                  • anond:20180425142217

                    インターネットには接続されていると検知される。>駅Wi-Fi しかしながらリクエストしたコンテンツは全てダミーのコンテンツが返される。 これを検閲でないとする理由について問うて...

                    • anond:20180425142631

                      アクセス制御の段階に検閲も何もないのですが。

                    • anond:20180425142631

                      公衆WIFIのログイン画面への誘導は、サービス開始前だからOKみたいな解釈になってた気がする。

              • anond:20180425141338

                UTMは知らないけど、UTMが法的なアレやソレを回避しているというのであればその論拠を知りたい。 真面目な話、UTM自体は今回の話とは関係なくね。 駅Wi-Fiが法的に白になる根拠が機器に...

                • anond:20180425142316

                  あの…どういった関連があるんですかそれ

                  • anond:20180425142453

                    駅Wi-Fiの技術と今回のDNSブロッキングの技術はおそらく全く同一と言っていいはず。 それが片方が特に問題視とされないのに対してNTTだと黒判断?  になっているのはなぜだという話だ...

        • anond:20180425140055

          キャプティブポータルのことかな? どこにアクセスしようとしてもまずユーザー認証画面が表示され、認証後は自由にアクセスできるってやつ。 まずwifiを利用させる前に、利用しよう...

          • anond:20180425172600

            そう。そこのロジックよ。今回のNTTのやつも「緊急避難(相手の攻撃に合わせてタイミングよく相手の方向にレバーを入れる)」対応であると言われてるんだから別にそこは違法にはな...

          • anond:20180425172600

            サラッと「通信の秘密を侵害するが違法ではない」とか言ってるけど結構デカいよな… SSLならちゃんとPOSTする前に警告してくれるが、普通のHTTP通信なら不意にPOSTした内容まるまる掠め...

          • anond:20180425172600

            つまり、通信の秘密を侵害するが違法ではない。 認証以外の情報を抜き取っていない (いきなり POST で始まっても、ブラックホールに投げ込むなど) 場合には、通信の秘密は守られてい...

    • anond:20180425134020

      キャッシュが無かったらアクセスするよね?

    • anond:20180425134020

      つーかDNSリクエストしたら即ルートサーバまでリクエスト飛ぶとかそういう発想の方がありえんから。末端の端末がルートDNSにアクセスなんかできるかってーの。 末端の端末がルート...

    • anond:20180425134020

      ユーザーがXというサイトにアクセスしようとしたときに、 ISPのDNSサーバーは「Xにアクセスしよう」という通信の秘密を知り、それに対して応答するのだから、これは通信の秘密の侵害...

      • anond:20180425174637

        特定のウェブサーバーからの通信を拒否する事ってできないの? ユーザーがどこに接続しようとしてるかは調べないで、 漫画村からの通信をとにかく遮断する。 ユーザーは常にタイム...

        • anond:20180425175200

          できなくともないけど、それをやるには本当にリクエスト内容を見て処理分岐させるって言う作業が必要。単にプロキシだけどね。 通常そんなことするのは中国みたいにネットワークに...

        • anond:20180425175200

          「特定のウェブサーバー」かどうかをチェックすること自体が通信の秘密の侵害。

        • anond:20180425175200

          可能だと思います。違法なサイトとの Peering を制限することを認める立法がなされれば、漫画村なりを提供しているサービスとの接続を宛先側で遮断することは可能です。

      • anond:20180425174637

        ただの言葉遊びだろ>キャッシュを返すのではない 親DNSから取ってきたリアルデータじゃない嘘データをキャッシュさせることとリクエストされた内容を見てスペシャルデータを返すの...

      • anond:20180425174637

        その認識が一般的な解釈だと思われます。ISPは輻輳回避のためにDNSを提供しているに過ぎず、通信の宛先によって挙動を変えるのであればそれは「通信の秘密」の侵害であり「検閲の禁...

  • anond:20180425133549

    この元記事、ところどころで認識の間違いがあるんでその点は注意な。 論点的にはそれほど目新しいことは書いてないし、いちいち訂正や補足までして理解する内容ではない。 ざっくり...

    • anond:20180425185748

      この元記事、ところどころで認識の間違いがあるんでその点は注意な。 どの辺に認識の間違いありました?本人は中の人として書いたというより論点整理的な意味合いで書いていたは...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん