「医療保険」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 医療保険とは

2017-03-17

朝ベッドから出られなくなった元増田です

http://anond.hatelabo.jp/20170315234045

「朝、ベッドから出られなくなった」を書いた元増田です。

ものすごい数のブコメトラバをもらってびっくりしたけど、本当に有り難かった。

本当に本当にありがとう

回答がうつ病一色だったのはちょっと驚いたけど、やっぱりそうなんだなぁとハラ落ちした部分もある。

先日、非定型うつ典型症状について見ていて、ほぼ全て当てはまっていることは認識してたからね。

(ちなみに、涙が出たりはしていない)

でも、なんていうか、友達遊んだ趣味のことはできていたから、絶対違うだろうというか、信じたくない気持ちがあったんだと思う。情緒はかなり安定してるしね。

でもトラバで、

「「今日趣味コンサートに行けてストレス解消になった。明日仕事行きたくないなあ」→鬱かもしれないし、そうじゃないか

趣味コンサート行けばきっと楽しくて元気が出てくるに違いない。だからがんばって見に行かなきゃ」→典型的な鬱」

って書いてくれてたのを見て、本当にそうだなあと思ったよ。なんとか人生を楽しくすれば、生き続けられるんじゃないかとずっと思ってた。

友達と会えば、一時的にも気分が良くなるし、テンションも上がるしね。

同じような人はけっこういるんじゃないかと思う。

あと、そんなに精神状態が悪くないことにたいして、

情緒も安定しているのに起きられないって、心や気持ちをすっかりと無視する習慣ができあがったのかな。」

って書いてくれたブコメには、家庭環境とか他のことでも思い当たることが多すぎてハッとさせられた。

から、本当に辛そうな状況でも全然表情とかテンションが変わらないって言われてたんだ。

あと、年収とか勤務先について書いて、不愉快な思いをさせてしまった人、ごめんなさい。

自分がどんな人間か書こうと思った時に、書けることがそれしかなかったんだと思う。

指摘してくれた人もいたけど、私には他に誇れることも自分で成し遂げたと思うものが他に何もなくて、肩書きとか仕事が本当に心のよりどころになっていたんだと思う。

いろいろな事をやってきたつもりだったけど、結局それしかなかったんだって

あと、総合職と書いたのは私の性別が女だから。たしかに、男性ならあまり意識しない言葉だよね。

仕事といえば数年前に役付き(事業責任者)になってね。年の半分くらいが異常に忙しくなってしまって、次の繁忙期は乗り越えられないかもしれないとは思ってた。

それに、もうかなり長いこと私と同じ業務ができる人(同じ資格がある人)がセクション内にいない状態だった。そのことも地味に、ずっと負担だった。

また来月から私がしなければならない仕事があって、それだけはやりたいなと思ってるけど、どうなるのかな。

それから保険加入を勧めてくれた方、ありがとう医療保険しか加入してなかったから、初診の前に生命保険に入っておこうと思う。

あと、うつ以外の可能性も考えてくれた方もありがとう子供の頃に甲状腺の異常は指摘されていたことを思い出した。最近も頻繁にリンパを腫らしていたから、その線でも受診したいと思う。

嫌な思いをさせてしまった人もいたかもしれないけど、たくさんの人が親身になってくれて、心配してくれて本当に有り難かった。

ブログ記事まで書いてくれた人、ありがとう。連絡できるかは分からないけど心に沁みたよ。

似たような状況の人もいるみたいで、参考にしてもらえたらいいなと思う。

いろいろ書きたいことはあるし、いまもいろんな気持ちがあるんだけど、この辺にするね。御礼と返信のエントリでした。

2017-03-09

いち日本人から見たシリコンバレー

一連の「海外移住メリットデメリット」の議論が盛り上がっているので、海外移住を考えている人に少しでも参考になればと思い、「私から見たシリコンバレー」をまとめてみた。

なるべく客観的事実のみ書くことに努めたが、これがシリコンバレーのすべてだというつもりは毛頭ない(もちろんアメリカのすべてでもない)。「そういう体験をしている人もいる」程度に思ってほしい。

先に言っておくと、私は日本人海外移住肯定否定もしない。シリコンバレーに来たい人は来ればいいし、人それぞれじゃね?と思っている。

あんた誰よ

日本大学卒業後、東京にある外資系ソフトウェア会社日本向けのテクニカルサポート担当。その後その会社シリコンバレー本社に異動願いを出した。シリコンバレー在住5年。現在アメリカ国内向けのテクニカルサポートエスカレーションエンジニアをしている(ので、いわゆる「ソフトウェアエンジニア」ではないし駐在でもない)。

妻と1歳になる子供が一人いる。

ぶっちゃけ給料いくら

http://anond.hatelabo.jp/20161223173329

この増田とほぼ同じ(1ドル=118円換算で月170万円くらい、以下すべて118円換算)。ボーナスストックオプションがあるのも同じ。税額も大体同じだから増田数字信憑性があると思っていい。ちなみに給料は月2回(15日と月末)振り込まれるので、1回の振込は一月あたりの半分の金額になる。

会社は四半期決算なので、ボーナスは年4回ある。四半期ごとに数値で目標管理(私の場合は問い合わせのクローズ件数など)し、その達成度でボーナス額が決まる。といっても営業ではないので、上司従業員双方納得できうる達成可能な数値を設定している。言い換えれば、ボーナスはほぼいつも設定額の100%もらっている。

日本ではどのくらいの給料だったの

月収税込み90万円弱ぐらい。本社に異動したとき物価考慮した給料調整があって、異動後は1.5倍くらいになった。海外移住を考えるときに、日本給料がそのまま移住後の給料になることを前提にしている人が多いが、それぞれの土地相場というものがあるので、給料は増減するものと考えたほうがいい(まあ、シリコンバレー移住するなら増えるケースの方が多いのかもしれないが)。

仕事は厳しいの

結論から言えば、日本でのエンジニア労働環境に耐えられるのなら、シリコンバレーでもやっていける。というか標準的日本人エンジニアなら「同僚よりも働き者」の評価をもらえる(それだけ日本エンジニアは働きすぎなのだ)。期待されている仕事えこなしていれば、何時に出社して何時に帰ろうが誰も文句を言わない(同僚に毎日3時に帰る人がいる)。「今日子供の世話をする必要があるので自宅で仕事します」と何度連絡したことか。その代わり結果が出なければ、まれに夜中まで仕事することもある(が残業代はもちろん出ない)。

最近IT系企業では「有給休暇なし」制度流行っている(うちの会社もそうだ)。これは有休が取れないのではなく、仕事に支障がない限り、いつどれだけ有休をとってもいい制度だ。会社にとっても有休の買い取りをしなくていいという財務的なメリットがあるらしい。私も2ヶ月に1回くらいの頻度で金曜に有休を取り、3連休にしている。

うちの会社ではエンジニアレイオフされた例はない。レイオフ心配をしていないと言えばウソになるが、上述の通り、標準的日本人エンジニアなら業務成績が理由レイオフ対象になることはないだろう。ただし、部署全体がレイオフ対象になる可能性はもちろんゼロではない

物価日本と比べてやっぱり高いの

外食が高いのは本当。先日行ってきたサンノゼGo Fishhttps://squareup.com/store/ordergofishSJ)の例を出すとポキ丼(日本で言う海鮮丼みたいなもの)が1357円、大盛りなら1711円(それぞれ税抜きサンノゼではこれに9%の消費税がかかる)。ウェイターがいるようなレストランでは18%前後チップ必要になる。

ただ、大抵の外食メニュー普通盛りでも量が多いので、標準的日本人の2食分くらいある。私は外食した場合は半分だけ食べて、次の食事に残り半分食べる(もしくは妻と1食分をシェアする)。

オフィスでの昼食は上述のポキ丼くらいの値段がかかる(目安として1000-1500円くらい)。In-N-Out Burgerチーズバーガーポテトドリンクで708円)やスーパー惣菜なんかもあるので、安く上げようと思えばやれないこともない。同僚には弁当持参の人も少なくない。

食費や日用品物価乱暴総合すれば、多分日本の1.2-1.5倍くらいになると思う。品物の質はピンからキリまであるので、人によって感じ方が違うのはもちろん否定しない。

参考になるかわからないが、シリコンバレーにはダイソーがあって、全品177円(税抜き)。

住宅費は非常に高い。今住んでるのが2LDKで35万円。これでもシリコンバレー比較的安い地域家賃だ。家を購入しようと思うと、最低でも1億円はかかる。これより低い金額物件物件のものが怪しい(築年数が古すぎるなど)か、治安が悪い地域のものほとんど。で、住宅ローンを借りようとすると利率は3-4%くらいになる。

医療費はどうよ

はじめに断っておくと、アメリカ医療保険会社会社提供しているプランによって千差万別だ。ブコメ増田で人によって言うことが違うのもそれが原因だ。以下も私の個人的な例なので、アメリカ全体に一般化できないことは注意してほしい。

医療保険には大きく分けてHDHP、HMO、PPOの3種類ありこの順に保険料が高くなる。それぞれの特色は

私は家族に持病があることもあり、PPOに加入している。毎月の保険料は73000円。

実際の医療費はというと、たとえば先日妻が乳がん検診を受けたのだが、最初の検診は予防検診とみなされ、100%保険扱いとなり、自己負担ゼロしかしその後要追加検査となり、追加検査費用として7万円、自己負担10%なので7000円かかった。

先日足の指を骨折した同僚は、完治まで83万円かかったと言っていた。彼はHDHPだったので60万円前後支払ったことになる(が、上述の通り25万円会社が補助してくれる)。

ちなみに我が家出産日本で行ったので、アメリカでの出産費用はわからない。

なお、アメリカ医療費には日本のような定価が存在しないので、これらの金額病院によって大きく違うことがあることに注意してほしい。

英語力はどうよ

私はエスカレーションエンジニアといって、他のサポートエンジニア解決できない問題調査・解析するポジション担当している。通常のサポートエンジニアと違って直接顧客相手にする機会が少なく、大体決まったメンバーとのやり取りが主なので、互いが相手英語になれればネイティブレベル英語でなくても十分仕事をこなせる。英語使用は会話:チャットメールが5:5くらい。

学生のころから英語は好きだったが、留学経験は全くない。

そうは言ってもビザはどうするのよ

ビザの取得は正直言って難しい。私は当初H-1Bという専門職ビザ移住しようとしたが、H-1Bビザは年間の発行上限数が決まっており、その抽選漏れしまったのだ。そこで私の場合日本支社から本社への異動ということでLビザを取得し、事なきを得た。

もちろんLビザはすべての人に使える方法ではない(Lは主に駐在者に発行されるビザだ)。一般的エンジニア移住しようとすればH-1Bビザを取得することになるが、上述の通り抽選漏れしまうと、一年後の再申請まで日本で待たなくてはならない。その間、転職先が一年待ってくれるのかというリスクもある。

一番現実的方法アメリカ大学卒業し、OPTビザを使いながらH-1Bビザを取得することだろう。次に現実的なのが日本から直接転職すること(上述の通りビザ抽選漏れリスクはある)。その次がグリーンカード抽選による永住権取得だろうか。私の知り合いにグリーンカード抽選に当たり移住した人もいるので、あながち現実的でもないのかもしれない。

その他

シリコンバレー地理的日本(を含めたアジア)に近いので、価格はともかく日本のものはほぼなんでも手に入る。ついこの間も妻と「どうしてもシリコンバレーで手に入らない日本のもの」を挙げようとしたが、何も思いつかなかった。時期的に妻がおせち料理の準備をしているが、ミツワやマルカイといった日系スーパーにはおせちコーナーがあり、日本で作っていたものとまったく同じおせち料理が作れる。

あとシリコンバレー気候は最高。日本の夏と冬の気候が厳しいので、夏と冬は日本に帰れなくなってしまった。

他に聞きたいことがあればブコメトラバで教えてほしい。気が向けば答えるかもしれない。

そんじゃーね

2017-02-24

ネット生命保険に乗り換えてみた

某日系大手生保からネット生保へ。

従前は死亡保障やがん保障身体障がい保障など盛りだくさんだったが、独身なので死亡保険カット、がんや身障の特約もカット

(終身)医療保険と、就業不能保障を新たに追加した内容で新契約

保険って仕組みが複雑だし、保険屋もFP千差万別意見から、結局のところ自己責任でやるしかないんだよな。

保険料無限に払えるわけではないし。

ちなみに保険料は月額で約半分になった。

無解約返戻金型で掛け捨てとなるため、使わなければ結果的に損になってしまうが保険ってそもそもそういうものだよね…。

人の不安につけ込んだあこぎな商売だわ、あったらありがたいことも間違いないけれど。

2017-02-23

倒れるまで体痛めつけたあと長生きが目標になる奴等の不思議

http://anond.hatelabo.jp/20170223111846

NHKかなんかでも

透析患者の例として暴飲暴食で40過ぎで倒れた沖縄男性というのが出てきたけど

やはり周りが心配して止めるのも聞かず夕食後に毎晩寄り合いみたいなのでかけて

夕食2回食う計算で揚げ物たっぷりお酒たっぷりやってたって




まさに

酒で死ねたら本望

という生活だよね

当人もそう思ってたと思う


 

それで倒れて透析になって

仕事全然出来なくなったうえに夕方あがりで病院いって

透析できる病院の近くにいるために1人暮らしになったりして

そんな感じで養生しながら16年だかやってきていま60過ぎと言うことだった




マジで不思議なんだが

「酒飲んで死ねるなら本望」なら倒れてからが本番だろうが

いよいよ本望が近付いてきたんだからさらに酒飲んで太く短く死ね

なんで倒れてから急に養生し始めて長生きが目標になるんだ

全員このパターンなんだよ

最後まで太く短く行くなら筋が通ってて尊敬もするのにさ

倒れて体壊したあと急にビビりになるのな




周囲に心配されてたのに「酒で死ぬなら本望」してた奴が

透析ものすごい医療保険使いながら周囲に一方的迷惑掛けまくりながら長生目標にしだすのみると

長谷川豊気持ちになるわぶっちゃけ

なにがしてーんだよ

2017-02-10

今年から個人事業主になった。

今は毎月固定で20万(源泉徴収なし、外注扱い)の仕事をもらっているのだけど、

これを1年やるとだいたい年240万になる。

で、そこから経費を引いた分から計算して所得税を払うことになる。



国保とか市民税が高くなると嫌なので、経費を増やしたいなーと思うんだけど、

今より家賃の高い部屋に住むのが手っ取り早いかな。

あと医療保険に入るとか、パソコン周辺機器を買うとか?



いわゆるイラストレーターなので素材とか資料書籍を買うこともあるけど、

高い月でも2万くらいにしかならないしなあ。

2017-01-22

生命保険って、ぼったくりだよな?

結婚して子供ができて、嫁に保険入ってと言われた。

そんで生命保険について調べてみたんだが、正解は掛け捨ての死亡保険一択という結論に至った。

みんな、営業マンや窓口の女性に勧められるまま、よく分からず加入してたりするらしいけど、ぼったくられてない?必要ない保険に入ってない?

とりあえず調べた結果をまとめる。間違いがあれば、是非指摘してください。

手間がかかるけど、必要補償額を計算してグラフをつくる。右肩下がりのギザギザになるはず。そのギザギザ補償額をカバーできる掛け捨ての死亡保険を選べば良い。

医療保険不要。高額医療費制度がある。約8万円と、追加の差額ベッド代くらい貯金で賄えるようにしておけば十分でしょ。

次に、やたら勧められる貯蓄型の保険。あれは資産運用であって、保険のためのものじゃない。必要補償額をカバーするためには、月々の支払額が大きくなりすぎる。運用したいなら他の金融商品のが利率良い。

我が家保険料現在、月々5000円。

掛け捨て10年定期で、5000万円の死亡補償。毎年、補償額の変更手続きをする予定です。

必要補償額の計算が、自分でやるには面倒なんだよなー


追記 2017/01/22

トラバありがとう

癌だけど、先進医療やるとしても治療費300万くらい。うちは貯金で事足りる。28歳だから、そもそも癌になる確率は低い。

ちなみに毎年、健康診断は受けている。日々の食事和食中心だし、運動も週一で強めのトレーニングを行っている。

もし何々になったら〜みたいなの、全部カバーしようと思うのは無理でしょ。思考停止して、やたらCMとかで不安煽られている癌だけ心配してるのとか、滑稽でしかないぞ。

2017-01-15

そろそろ30になるので保険の1つでも入っておこうと思って調べたのだけど、

自営業執筆業で年収150〜300万をウロウロ)生活が厳しい時はバイトしてる

貯金はあまり出来てない。50万くらい。

スポーツジムに通ってるので現状は健康

あんまり長生きしたくない。

って条件なら民間の終身医療保険ベストなのかなぁ。

個人的には共済のほうがお得だなーって感じがするんだけど、60まで今の仕事が持つかもわからないし、生活が苦しい時期が来るのかもと思ってる。

2017-01-13

離婚保険て良くないかな?誰か作って。

離婚リスクに備える保険

医療保険とかの特約でもいい。

保険内容

協議離婚サポート

弁護士費用保証

慰謝料養育費の取立代行

離婚後のライフプランニングサポート

メンタルサポート

3組に1組が離婚するんだから需要あるのでは。

どうかな。

2016-12-27

いち日本人から見たシリコンバレー

一連の「海外移住メリットデメリット」の議論が盛り上がっているので、海外移住を考えている人に少しでも参考になればと思い、「私から見たシリコンバレー」をまとめてみた。

なるべく客観的事実のみ書くことに努めたが、これがシリコンバレーのすべてだというつもりは毛頭ない(もちろんアメリカのすべてでもない)。「そういう体験をしている人もいる」程度に思ってほしい。

先に言っておくと、私は日本人海外移住肯定否定もしない。シリコンバレーに来たい人は来ればいいし、人それぞれじゃね?と思っている。

あんた誰よ

日本大学卒業後、東京にある外資系ソフトウェア会社日本向けのテクニカルサポート担当。その後その会社シリコンバレー本社に異動願いを出した。シリコンバレー在住5年。現在アメリカ国内向けのテクニカルサポートエスカレーションエンジニアをしている(ので、いわゆる「ソフトウェアエンジニア」ではないし駐在でもない)。

妻と1歳になる子供が一人いる。

ぶっちゃけ給料いくら

http://anond.hatelabo.jp/20161223173329

この増田とほぼ同じ(1ドル=118円換算で月170万円くらい、以下すべて118円換算)。ボーナスストックオプションがあるのも同じ。税額も大体同じだから増田数字信憑性があると思っていい。ちなみに給料は月2回(15日と月末)振り込まれるので、1回の振込は一月あたりの半分の金額になる。

会社は四半期決算なので、ボーナスは年4回ある。四半期ごとに数値で目標管理(私の場合は問い合わせのクローズ件数など)し、その達成度でボーナス額が決まる。といっても営業ではないので、上司従業員双方納得できうる達成可能な数値を設定している。言い換えれば、ボーナスはほぼいつも設定額の100%もらっている。

日本ではどのくらいの給料だったの

月収税込み90万円弱ぐらい。本社に異動したとき物価考慮した給料調整があって、異動後は1.5倍くらいになった。海外移住を考えるときに、日本給料がそのまま移住後の給料になることを前提にしている人が多いが、それぞれの土地相場というものがあるので、給料は増減するものと考えたほうがいい(まあ、シリコンバレー移住するなら増えるケースの方が多いのかもしれないが)。

仕事は厳しいの

結論から言えば、日本でのエンジニア労働環境に耐えられるのなら、シリコンバレーでもやっていける。というか標準的日本人エンジニアなら「同僚よりも働き者」の評価をもらえる(それだけ日本エンジニアは働きすぎなのだ)。期待されている仕事えこなしていれば、何時に出社して何時に帰ろうが誰も文句を言わない(同僚に毎日3時に帰る人がいる)。「今日子供の世話をする必要があるので自宅で仕事します」と何度連絡したことか。その代わり結果が出なければ、まれに夜中まで仕事することもある(が残業代はもちろん出ない)。

最近IT系企業では「有給休暇なし」制度流行っている(うちの会社もそうだ)。これは有休が取れないのではなく、仕事に支障がない限り、いつどれだけ有休をとってもいい制度だ。会社にとっても有休の買い取りをしなくていいという財務的なメリットがあるらしい。私も2ヶ月に1回くらいの頻度で金曜に有休を取り、3連休にしている。

うちの会社ではエンジニアレイオフされた例はない。レイオフ心配をしていないと言えばウソになるが、上述の通り、標準的日本人エンジニアなら業務成績が理由レイオフ対象になることはないだろう。ただし、部署全体がレイオフ対象になる可能性はもちろんゼロではない

物価日本と比べてやっぱり高いの

外食が高いのは本当。先日行ってきたサンノゼGo Fishhttps://squareup.com/store/ordergofishSJ)の例を出すとポキ丼(日本で言う海鮮丼みたいなもの)が1357円、大盛りなら1711円(それぞれ税抜きサンノゼではこれに9%の消費税がかかる)。ウェイターがいるようなレストランでは18%前後チップ必要になる。

ただ、大抵の外食メニュー普通盛りでも量が多いので、標準的日本人の2食分くらいある。私は外食した場合は半分だけ食べて、次の食事に残り半分食べる(もしくは妻と1食分をシェアする)。

オフィスでの昼食は上述のポキ丼くらいの値段がかかる(目安として1000-1500円くらい)。In-N-Out Burgerチーズバーガーポテトドリンクで708円)やスーパー惣菜なんかもあるので、安く上げようと思えばやれないこともない。同僚には弁当持参の人も少なくない。

食費や日用品物価を乱暴に総合すれば、多分日本の1.2-1.5倍くらいになると思う。品物の質はピンからキリまであるので、人によって感じ方が違うのはもちろん否定しない。

参考になるかわからないが、シリコンバレーにはダイソーがあって、全品177円(税抜き)。

住宅費は非常に高い。今住んでるのが2LDKで35万円。これでもシリコンバレー比較的安い地域家賃だ。家を購入しようと思うと、最低でも1億円はかかる。これより低い金額物件物件のものが怪しい(築年数が古すぎるなど)か、治安が悪い地域のものほとんど。で、住宅ローンを借りようとすると利率は3-4%くらいになる。

医療費はどうよ

はじめに断っておくと、アメリカ医療保険会社会社提供しているプランによって千差万別だ。ブコメ増田で人によって言うことが違うのもそれが原因だ。以下も私の個人的な例なので、アメリカ全体に一般化できないことは注意してほしい。

医療保険には大きく分けてHDHP、HMO、PPOの3種類ありこの順に保険料が高くなる。それぞれの特色は

私は家族に持病があることもあり、PPOに加入している。毎月の保険料は73000円。

実際の医療費はというと、たとえば先日妻が乳がん検診を受けたのだが、最初の検診は予防検診とみなされ、100%保険扱いとなり、自己負担ゼロしかしその後要追加検査となり、追加検査費用として7万円、自己負担10%なので7000円かかった。

先日足の指を骨折した同僚は、完治まで83万円かかったと言っていた。彼はHDHPだったので60万円前後支払ったことになる(が、上述の通り25万円会社が補助してくれる)。

ちなみに我が家出産日本で行ったので、アメリカでの出産費用はわからない。

なお、アメリカ医療費には日本のような定価が存在しないので、これらの金額病院によって大きく違うことがあることに注意してほしい。

英語力はどうよ

私はエスカレーションエンジニアといって、他のサポートエンジニア解決できない問題調査・解析するポジション担当している。通常のサポートエンジニアと違って直接顧客相手にする機会が少なく、大体決まったメンバーとのやり取りが主なので、互いが相手英語になれればネイティブレベル英語でなくても十分仕事をこなせる。英語使用は会話:チャットメールが5:5くらい。

学生のころから英語は好きだったが、留学経験は全くない。

そうは言ってもビザはどうするのよ

ビザの取得は正直言って難しい。私は当初H-1Bという専門職ビザ移住しようとしたが、H-1Bビザは年間の発行上限数が決まっており、その抽選漏れしまったのだ。そこで私の場合日本支社から本社への異動ということでLビザを取得し、事なきを得た。

もちろんLビザはすべての人に使える方法ではない(Lは主に駐在者に発行されるビザだ)。一般的エンジニア移住しようとすればH-1Bビザを取得することになるが、上述の通り抽選漏れしまうと、一年後の再申請まで日本で待たなくてはならない。その間、転職先が一年待ってくれるのかというリスクもある。

一番現実的方法アメリカ大学卒業し、OPTビザを使いながらH-1Bビザを取得することだろう。次に現実的なのが日本から直接転職すること(上述の通りビザ抽選漏れリスクはある)。その次がグリーンカード抽選による永住権取得だろうか。私の知り合いにグリーンカード抽選に当たり移住した人もいるので、あながち現実的でもないのかもしれない。

その他

シリコンバレー地理的日本(を含めたアジア)に近いので、価格はともかく日本のものはほぼなんでも手に入る。ついこの間も妻と「どうしてもシリコンバレーで手に入らない日本のもの」を挙げようとしたが、何も思いつかなかった。時期的に妻がおせち料理の準備をしているが、ミツワやマルカイといった日系スーパーにはおせちコーナーがあり、日本で作っていたものとまったく同じおせち料理が作れる。

あとシリコンバレー気候は最高。日本の夏と冬の気候が厳しいので、夏と冬は日本に帰れなくなってしまった。

他に聞きたいことがあればブコメトラバで教えてほしい。気が向けば答えるかもしれない。

そんじゃーね

2016-12-25

香港で月収75万の場合

http://anond.hatelabo.jp/20161222124531

35歳・子無し既婚

まだ子供いないので養育関係がごっそり抜けてるけど簡便な。

ここ最近円安のせいで額面が大きくなって自分の実感とのギャップが多少アリ。


月収  75万円

所得税 -10万円(ざっくり14%)

医療保険 0円(会社持ち)

家賃  -24万円

MPF(香港強制年金) -2.3万円 

国民年金 -3.2万円(2人分)

光熱費  -1万円

食費   -10万円

衣服雑貨 -3万

遊興費  -3万


残り 18.5万


香港所得税年収にたいして200万分程度の控除と累進課税によって年収300~400くらいまではタダみたいな額(月1万とか)になる。上限が15%なので高給取りほど得なのだが、自分年収だと上限の少し手前くらいの税率になるので一番コスパの悪い部類に入る。


香港にも年金があり、自分が納めた額と同じ額を会社からも積立てくれるのだが、2.3万程度が上限で日本ほどの手厚さはないので、帰国時のことも考えて日本国民年金任意加入。海外にいる間は厚生年金には入れないのでなにか資産運用を考え中。


健康保険正社員であれば会社負担するのが普通のようだが、公立病院であれば1回1000円程度で診察からちょっとした手術まで可能(ただし待たされる)


家賃は狭めの1LDK(10畳+5畳+キッチン+バストイレ)で24万。

子供ができたら2LDKに移る必要があるが、そうなると家賃30万オーバーは必至。

香港は狭いので郊外は安くなるというのがそんなにないのが辛い。

日系企業の転勤組はだいたい家賃補助付きでいい家住んでる。


外食価格感はだいたい日本の1.2~1.5倍。

ローカル食堂なら1食600円~1000円、和食洋食大衆店なら1食1200円~2500円くらい。ただしこのランクの店は味が微妙コスパ悪いので普段自炊ローカル食堂にして、記念日などに臨時予算で2人で15000~20000円くらいかけて本物の寿司などを食べるようにしている。


年間通して気温が温暖なので衣服にかけるお金は減った。

Tシャツポロシャツデニムチノパンジャケットが各数着あれば1年過ごせる。無印最高。


「まとめ」

家賃は高いが税金面で移住には相当いい環境だと思う。

子供学費などは詳しくないが節約するなどすれば今の収入でも1人は育てられるかなと思っている。

海外にいて思うのはやはり日本健康保険失業保険制度はいいなぁと。

他にも出産祝い金とか、職安職業訓練コースとかうらやましい。


他の増田たちとは逆の、低税率の国からの報告として書いてみた。参考にしてくだされ。

2016-12-24

http://anond.hatelabo.jp/20161222124531

かむすたかーわたくしフィリピン人てす。フィリピン生活ね。

給与 18万(波がある)

簡単サイト作ったりしてる。都心マニラからさら飛行機にのっていく田舎暮らし。牛が道を歩いてるレベル

家族3人

家賃 今はかからない

300万円で土地と家を買った

税金 30000円

光熱費 15000円

学費私立)10000円

手伝いさん(1名)5000円

食・生活費外食して豪華に質のよいもの中心)4万

貯蓄 8万

18万/月

国の医療保険無能なので、一週間の入院で数百万なくなります

フィリピンは平均年齢が23歳で若い。手伝いさんなどの人件費やすいけど、医療の面でお金払えない人が多くて長生きできない国だ。

追記

まじめに生きないなら楽しいです。仕事しないで昼からのんプール泳ぎにいく。日本でも生活していた時期ありました、税金も払いました。子供が3歳までは日本にいましたが子供医療費ゼロすばらしい。

アメリカ西海岸在住ひよっ研究員独身20代)の場合

http://anond.hatelabo.jp/20161222124531

給与:60万

連邦税・州税:13万

社会保障税:3.7万

メディケア税:0.9万

医療保険はPEBBなので雇用主持ち

手取り 42.4万

------------------

ここから家賃光熱費、ガス、水道携帯代等で10ちょっとくらい引かれてだいたい自由になるお金が30万くらい。

あと副収入でだいたい月5-10万程度の収入

西海岸辺境の地に住んでおり、食費と酒代は大体月6,7万くらい。

同級生比較するとわりと生活と貯蓄に余裕はあるほうかもしれませんが、増田では貧困層に含まれるでしょうね。

2016-12-23

http://anond.hatelabo.jp/20161222124531



アメリカ西海岸で働いている人が居たので、ヨーロッパの高物価スイスで働いているのも晒す。結果として、日本がわりと良いという結論は変わらないけれど。

給与:ざっくり167万

失業保険:-1.3万

年金:-7.1万

連邦・州税金:-37.2万(21.4%)

社会保障税:-8.5万(5.2%)

医療保険:-6.0万

これで大体、手取り100万ちょっと。俺は独身から、まだ医療保険がかからなくて良い。でも結婚している人は、頭数で掛かるので大変。更に、最初10万とかは自費診療

物価は、スイスアメリカより更に高い。眼を疑うぐらい高い。

食費、日本で700円ぐらい?のビッグマックセットが、1400円。外食すれば、昼時のどんなに安い時間帯・店でも1人1500円は絶対掛かる。くら寿司なんて無いから、普通の安い外食を外ですれば、家族4人で15000円は飛ぶ。だから外食せず、ホームパーティーばかり。あとは会社弁当

家賃アメリカよりかは安いか。でも4人家族だったらやはり25万-30万は掛かる。

教育費は基本的ゼロに近いけれど、その代わり大学に行けるのは2割ぐらい。10歳ぐらいになる前に、テスト大学行けるコースと行けないコースに振り分けられ、その後もドンドン成績で人生が決まってゆく。だから教育も大変。

あと保育園は、有料なのだけれど、大体月20万です。補助金なんてないので。本当の話です。

最後に、世帯収入全体で児童手当の金額を決めるというのについて。それでも良いけれど、そしたら世帯収入全体で、所得税の累進税率も決めなければ不公平じゅない?正にスイスがやっているのがそれで、結婚すると税率が上がって、世帯税額が上がる!俺も結婚すると上の税率が5%も上がるんだぜ!

リストラが多いのもアメリカと一緒。クビにするのに理由必要ない。朝、人事に呼ばれた同僚が、コーヒー置きっぱなしで行って、そのまま帰ってこなくて、俺が片付けなんてことがある。あと、残業代金もない。来年末までに使える休暇の時間が増えるだけ。で、使い過ぎたら使ったらクビになるんだから。(そうは言わないが。)

まとめると、海外移住って楽じゃない。日本効率が悪すぎるわけじゃない。そりゃ、全部の費用は適切には使われていないでしょうよ、どこの会社でもそうなようにね。外から見ていると、日本は悪くないよ。本当に。

給料月約12000ドルの控除合計と手取り

http://anond.hatelabo.jp/20161222124531

連邦所得税 $1579.92

社会保障税 $658.21

メディケア税 $141

所得税 $592.22

雇用保険 $100.62

歯科保険 $28

医療保険 $289

眼科保険 $2

-----

控除合計 $3390.97

-----

手取り $8609.03

この手取りから2LDK(こっちでいう2BR)$3000の住宅

あと401(k)を$400積み立て

医療費は年間$5000まで100%自己負担。今年は何も大きな病気していないのに$2500負担した。

海外移住(俺の場合アメリカ西海岸だが)した結果、こうなるけどどうする?

2016-10-29

アイビーリーグ学生医療保険日本公的健康保険より安い

なぜなら金持ちの子どもはほとんど病気をしないから。

健康ゴールド免許って要するにこれやりたいんでしょ。

2016-10-02

そもそも医療費自己負担できないのは自業自得

まともに働きながら節約して生きている人ならば、自分医療費くらい公的保険に頼らずとも貯蓄や民間医療保険で賄えるはずだ。

それができていない時点でまともな職についていないか、分をわきまえず散財している奴らだから自業自得と言える。

健康保険を利用しないと生きていけない奴らは全員自業自得ということになるから直ちに健康保険廃止して殺してやるべき。

2016-09-24

新聞で取り上げられてた沖縄透析患者

夕飯を食べたあと寄り合いみたいなのに出掛けて暴飲暴食を繰り返すというクソみたいな生活を長年続けてて

家族医師から散々説得されて制止されたのにやめなくて

45ぐらいで一気に腎臓とかダメになってだるくて何も出来なくなって

そこからすごい健康に気をつけた生活をしてるけど週3回何時間透析

夜間透析にしても仕事は早上がり家族と過ごす時間も減り

食事制限水分も制限という超節制生活してます

もう13年になりますって記事だったけど




なんでダメになってからそんな節制するんだよ

最後まで暴飲暴食生活続けてバッタ死ね

って思わずには要られない

そうやって50前に死んでれば太く短く生きたねえって肯定的にも取れるのに

体がダメになって人の役にも立たなくなってから

クソみたいな命を意地汚く延ばそうとしてんじゃねえよ

だっせえな

お前のそのダサい余生のために医療保険だけで年間何百万もぶっ飛んでるんだぞ

とね




あいうの見ると長谷川にも一理あると思うわー

その患者は「以前の自分はよくわかってなかった」「透析生活の苦しさを見せることでかつての自分のような人に周知したい」とか言ってんの

いやいや何でお前が教える側説教する側に立てるんだよ

長年色んな人に心配されて忠告されたのぶっちしたのはお前だろ

体が壊れた時に出来る筋の通し方はますます大酒食らって潔くばたっと死ぬことだったろうに

2016-09-21

http://anond.hatelabo.jp/20160921200025

そういうのは本当に死なせてあげていいよね…。

俺の爺さんは最後まで頭しっかりしてたけど

それでも96だからやっぱ最後はとにかく息してるだけでもくるしそうだしさ。

爺さんの病室にいくまでに通りすがったほかの病室(何故かドア開いてた)のよその爺さんなんか

宇宙飛行士みたいに立ち上がったベッドに固定されて目をかっとあけて半開きの口から息だけしてて

本当に楽にして上げてって感じだった。

自分がああなったら苦しいのに生かされ続けることのほうがすごく怖かった。




あいう人をもうちょっともうちょっとと生かすことでものすごい医療保険を使って

本人だって絶対苦しいだけだたtりもう正体失ってたりして

なんなんだよアレって思うよね。

制度設計に関わる誰かが真面目にやってたらあんなことになってねえよ。

でも体重120kgとかありそうな巨デブ見ると「死ねよ」って思うよね

男で120kg、女で100kg超えてるような奴はもう人間範疇じゃない

バスとかで2席使って座ってるような奴ね

あらゆる場所迷惑掛けて、絶対面倒な病気になって医療保険ガバガバ使うわけでしょ

死ねよって思うよそりゃ




いつ見ても超太ってて全然痩せる気配無い

通勤中に視界に入るだけで周囲の人の気分を悪くし

どこにいても2人分のスペース使う

前なんか電車ボックス席で向かいの席の巨デブサラリーマン

2人掛けの座席の1.5人分使ってて、隣の小さい爺さんが限界まで肩身狭く座ってるのに

何も気にせずニタニタながらスマホゲームやっててほんとに殺意を抑えるのが大変だった




関取みたいにその体を役に立てるわけでもなくただ無意味にだらしなく太るがまま

自分に甘くて人に迷惑かけることをなんともおもわずそれで良しとしてるライフスタイル可視化

それが巨デブ




あんな奴等が糖尿になって

治療費ものすごくかかるデブ~~~~~~」

透析だけでも年間500万円デブ~~~~~~~~」

「苦にが保険で支えて当然デブ~~~~~~~~~」

って言ってたらどうする?

その場で頭かち割って豚の飼料肉骨粉120kgにしたくなるよね






中には病気の人も~とかそういう言い訳いか


http://anond.hatelabo.jp/20160921171221

自業自得虫歯患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステム日本を亡ぼすだけだ!!

虫歯ってほら、ねえ、自己責任じゃん。

なのに医療保険がさ、ねえ。



甘い物も食べずに食後は歯磨きを徹底してきた虫歯ゼロ人達が積み上げた保険料を、甘いものくって歯磨きを怠った人達が食いつぶすとかそんな論調を展開すれば最近はなんか受けるんでしょ?

元の記事書いたやつは俺は苦しんで死ねばいいと思うんだけどさ、まあきっと虫歯もないご立派な人なんでしょ?

なぜ自業自得透析患者を殺してはいけないのか

長谷川豊執筆記事


自業自得人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステム日本を亡ぼすだけだ!!」を読むと、彼の主張は


人工透析患者を殺せ」


ではなく

生活習慣を帰院として糖尿病罹患し、人工透析に到った患者は全額自己負担医療を受けさせろ。それを拒否するなら死んでもらっても仕方ない」


であろうと思います。なのでここで


人工透析必要とする人はすべてが自業自得なのではない」


という反論をしてもきっとかの御仁の胸に響くことはないでしょう。なので反論すべきは


「なぜ自業自得透析患者を殺してはいけないのか」あるいは「なぜ自業自得透析患者を全額自己負担にしてはいけないのか」です。


自業自得とは


まず自業自得による糖尿病ってなんなの? という問題があります


糖尿病生活習慣病ですから、食べ過ぎ飲み過ぎ、体重増加、運動不足によって病気にかかるリスク高まることが知られています


糖尿病 | 生活習慣病 | 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会


「まあ食べ過ぎ飲み過ぎは不摂生だし、自業自得だよね」


と思いがちですが、どこからが食べ過ぎ飲み過ぎになるのでしょう?


毎日、ご飯3合と焼肉400g、ビール1リットルを飲んだら自業自得


ケーキが大好きで毎日ショートケーキを1ピースずつ食べている人は自業自得


・一日おきに牛丼を食べてる人は……?


食べ過ぎ飲み過ぎの線を引くだけでもこれほどあいまいで、境界などありはしないのに、糖尿病遺伝などによっても発症やすい体質か否かの差が生じます毎日ケーキを食べて糖尿病になる人もいればならない人もいるわけです。


長谷川豊氏は一体どこに「自業自得」の線を引けというのでしょうか?


「ああ、あの時、ビール一杯ガマンすれば保険治療できたのに、あなたお酒飲みすぎラインを越えちゃったから今後は全額自己負担ね」


国民皆保険制度を壊し、こんな医療制度を実現することが可能だというのでしょうか。


自業自得の線を引けたとして


100歩ゆずってみんなが納得する自業自得の線が引けたとしましょう。けれど、その線を引けたからといって、やはり自業自得患者医療を全額自己負担にするわけにはいきません。


我が国国民皆保険制度の下で、どんな人も低額で医療サービスを受けることができるようになっています。これは日本国憲法第25条の第1項に


『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する』


規定され、第2項には


『国は、すべての生活部面について、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない』


規定されていることによります


国民に認められたこの「社会権」の下、医療保険制度国民保険料負担し、健康機能がおびやかされるに至った別の国民は低額で医療サービスを受けることができる「相互扶助」の精神運営されています


まり、「全員が健康文化的な最低限の生活ができるように、みんなでお金を出し合って支え合っていきましょう」と決められているわけです。病気発症する原因を問うことなく、「みんなで病気になった人を助けましょう」というのが日本医療保険制度です。


人工透析の話に戻れば、長谷川豊氏はこの制度否定し、「助け合える人間だけで助けあえば良い」「助けたい人間かどうかは助ける側(保険料を支払っている側)の人間評価すべきだ」と主張されているわけです。


「自堕落生活病気になった奴を我々の金で助けるなんて不愉快だ」という感情ベースに人が人の生き死にを左右しようという考え方に見えます


あいつは不愉快から保険を使えないようにしよう」


その考え方で医療システムがまっとうに機能するのでしょうか。


議論すべきは……


これほどに極端な記事掲載した彼の思惑を察するに、「これを起点に医療保険制度議論が活発になれば」ということなのでしょうが人工透析医療財政を圧迫していると考えるのであれば、透析医療の値段(診療報酬)を引き下げることを議論すれば良いのです。


あるいは腎臓移植特に死後移植の活発化を訴えるべきなのです。


彼の極端な記事を読んで


人工透析患者はすべて自業自得なわけではない」


反論するのは有効ではありません。その反論を前にしても彼は


「俺はそんなこと言ってないし、やっぱりネット民バカばっかりだな」


となお一層調子に乗るだけでしょう。そうではなく、


国民皆保険制度がなぜ今の日本存在し、それを破壊することがどのような影響を及ぼすのか


・人が人の生き死にを決めることはどれほど危険な考え方かなのか


人工透析医療費を下げる方法にはどのような方法があるのか


を主張し、反論とすべきかと考えます

不労所得10万あったら

くらいで、働かないで暮らせるな。

みたいな妄想をよくしてる。

2016-09-08

http://anond.hatelabo.jp/20160907231846

同じく子無し夫婦だが、別に何にも感じてないな。普通に税金払ってるし、すみませんとは思わない。

子供いない分、今は楽して遊べても晩年は寂しいと思うし、それは等価交換だしな。

それ、言い出したらキリがないもんな。お互いに。

子供たくさん産んで、税金使って学校行かせてすみません

病気医療保険たくさん使ってすみません

子供産まずに年金受給してすみません

自動車毎日乗って、環境破壊してすみません

お肉たべて沢山の家畜を殺してすみません

何に対しての「すみません」なのか?

究極的には、個人問題からなんともできんし。

すみません」って思うのって、結局「こうあるべき」って価値観が強いタイプなんだろうな。

もちろん、その「すみません」を「こうなったらいいな」って理想を追求するのはいいと思うけど。

2016-09-06

長寿祝う」の意味がわからない。

先程、長寿を祝い106歳のお年寄り記念品を贈られた。

って記事を見た。

何これ?

長生きすることはいいこと?

今もまだそんな価値観がわかり通る時代なんだっけ?

106歳まで生きるってことは、彼らの時代を考えれば55歳あたりから年金をずっともらっているわけだ。

医療保険個人でありながら膨大なものになろう。

長年介護されているわけで、介護する側はそのような活動時間をさく必要があり、生産活動ができない。

そのお金ってどこから来ているの?

結局多くの人の犠牲の上になりたってるんだよね。

これのどこが健全社会なのかまったく理解できない。

医療介護もうけずに長寿っていうんだったら話は別だ。そこに健康維持という個人努力があるのだから

でも今の時代ってそうじゃない。過剰な医療制度無駄寿命を延ばしている。

うちの婆ちゃん96歳だけど医療漬けの介護漬けでなんとか生きてるけど、全然うれしくない。

そこに関わる介護する人たちの人生、莫大な医療費。これって未来から借金みたいなものだよね。

まだ若くこれからって人たちの未来はどうなってしまうんだろう?

不安で仕方がない。

個人的現代社会のこの歪を埋めるために安楽死を導入してもらいたいよ。最後最後脱線したけど。

2016-08-24

俺は末期的な患者医療後期高齢者医療はムダがあると思う

http://anond.hatelabo.jp/20160823232626

を読んで言いたいことがある。

今実際保険診療を受けてる人に対してなるべく抑圧的でない書き方をしたいと思ったが

どう考えても抑圧性は入るので先に謝る。すまん。

元増田家族やお母さんになんの文句もない。よい時間を過ごして欲しい。




ただ、自分の話に引き付けて言うのであれば

俺は自分がどうせ助からない難病になった時や

後期高齢者状態で難しい病気になった時には

金銭的にフルまで医療を受けたくない。

それのほとんどの支払が医療保険で賄われるとしてもだ。




そういう末期の”贅沢”を放棄する見返りは何かと言うと、

健康な時期に毎月支払っているバカ高い社会保険料の減額だ。

俺のように大した給料じゃない人間でも収入の15%が健康保険料と年金保険料だ。

サラリーマンなので半額を会社負担してもらっててこれだ。

年収500万なら75万を抜かれ、全体150万が社会保険料として発生してるわけだ。

話になるか?これ。

俺はここ数年で虫歯になった親知らずを抜きに行った以外では保険を使ってない。

凄く長生き出来たら最期は頭がぼんやりしながら年間何百万何千万健康保険を飲み込む沼のような爺さんになるかもしれない。

(その頃まで制度が維持できてたらの話だが…)




年取って最終的に難しい病気になって(ほぼ全員なるぞ)

クッソ高い医療費を払って苦しい状態で少し命を延ばすことにどれほど意味がある?

ここをカットするのが怖いと思うのはただの貧乏性だ。

「命を大事に」というのはみんな必ず無常で全員死ぬと言う現実から目をそらしている。




有限の命の配分として

まだ健康なうちに収入からものすごい割合を抜いておいて

体も頭も元気でなくなった時期によくわかんないまま高額な薬をぶちこむ代金にする

そこにちゃんと冷静な判断は有るのか?




それを抜かれなければ結婚したと言う人間も居るだろう。

そこを抜いておいて、不運にも身体が駄目になったりどうしようもなく老いたあとにジャバジャバと使う。

この消費の仕方はただの貧乏性ってもんじゃいか

リソースの配分はそれで合ってるのか?




もちろん難病患者後期高齢者が、なるべく苦しくなく惨めでなく良い最期を迎えられるようにはして欲しい。

それは自分が同じ立場になっても望むことだ。

まだ若い人が難病にかかって、何億も医療保険を使えば命を繋げる、という状態なんかは判断が難しいとこだ。

からまず高齢者医療の話をした。




俺が現役の間(あと何十年もある)にこの制度は変わらないだろうから

これは俺の為の議論ではない。

けれども必ずやって来る死にビビっての偽善議論、配分を間違えた議論個人社会も不幸にすると思う。

全員必ず死ぬんだから、よく生きてよく死ぬ為のプランを考えるべきだ。

高齢者に歯止めなく医療費を注ぎ込む今のやり方は死を否定して遠ざけようとしている愚かな感情が混ざって居るように思える。




http://anond.hatelabo.jp/20160824102650

できればイギリスのようにどれだけ薬を使おうが医療費一定、みたいな制度が出来てくれればいいのになあと思ってます

地獄ですよあれは。

不合理に陥る制度です。

経済的観点を失って誰もがフルまで医療費かけようとするようになります

リソース無限に湧いて来ないのに、誰がそれの支払をするんですか。

それはそれとして、今は大変で色々手に付かないでしょうが

なるべく心静かに頑張ってください。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん