「企業別組合」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 企業別組合とは

2017-07-06

https://anond.hatelabo.jp/20170706105325

日本問題は明らかであって、先進国日本だけの賃金デフレな。

で、賃金デフレの原因も明らかで、日本労働交渉力の低下。

賃金労使交渉で決まる(経済学的にも自明)ので、労働交渉力が下がると賃金は上がらない。

先進国日本けが企業別組合の国。欧米諸国産業別組合

から日本では組合経営癒着やすく、また非正規雇用を守れない。

そこで賃金がどうやっても上がらなくなるわけ。

http://antimainstreameconomics.blogspot.jp/2016/10/blog-post_13.html

2016-03-08

http://anond.hatelabo.jp/20160308000334

これは前から言われてるが、米国型は職業産業別組合が発達してるから企業渡り歩いても労使交渉できる。

日本はそれがなく企業別組合なので、派遣非正規は守られなくなる。

組合作るしかないってのはとっくにわかりきってる。

2014-01-26

http://anond.hatelabo.jp/20140126143728

多くの企業は事務系の採用について、専門分野の知識を求めていないのではないか。

日本企業の特徴といえば終身雇用・年功賃金企業別組合だけど、総合職採用というのもあると思う。

何でもやらせる。だから新入社員に専門知識を問わない。必要なら社内で教育してしまう。

それぞれの従業員仕事担当領域あいまいで柔軟に変えられるから会社にとっても都合が良い。

この雇用形態を「長期蓄積能力活用グループ」なんて日経連は名付けている。

欧米だと、人事なら人事、経理なら経理、営業なら営業ばかり勤めるらしい。詳しいことは知らないけれど…

  

高卒から大卒への採用における変遷はまったく分からない。

けれども日本企業は専門能力を重視していないから、結果として大学生勉強しないのだと考えている。

卒業を難しくすれば皆勉強するはずだけど、受験生が減るかもしれない。

それに、たかだか4年間で身に着けられる専門ってどれほどのものか…

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん