「パルテナの鏡」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パルテナの鏡とは

2018-03-11

スマブラ for ニンテンドースイッチに関する期待と予想

あくまで1個人の予想です。

発売時期

ホリデーシーズンの11月ではないかと予想します。

移植か?完全新作か?

移植と予想。

スマブラ for WiiUベースに、3DS版のフィールドスマッシュを追加した「完全版」のようなものだと思います

所謂マリオカート8デラックスのようなものではないかと。

もし完全新作の場合も、上記内容に新モードが追加されるくらいのものではないでしょうか。

アドベンチャーモードみたいな何かが。

しかし、個人的に重要なのは「どんなキャラクターが使えるか」に尽きると思っています

「"forの完全版"であろうと"完全新作"だろうと、どちらでもかまわない」というのが正直な感想です。

既存キャラクターについて

既存キャラクターの引き継ぎは勿論期待する点ですが、以下のキャラクターに大型アップデートが来るのではないかと期待します。

リンクはすでにブレスオブザ・ワイルドリンクの登場が予告されていますね。

マリオマリオオデッセイの登場で仕様が大きく変わるんじゃないかと思います

復活キャラクターについて

for~の時に「作ってみたが動かなかった」という理由で断念したキャラでした。多分3DSスペックのためでしょう。

今回はニンテンドースイッチのみの発売なので、復活は十分有りえます

きっとコナミ次第…。

新規参戦キャラクターについて

スプラトゥーンからイカの参戦が決定しました。

スプラトゥーン2ではタコプレイアブルDLCが同日に発表されていましたが、カラバリで一緒に入れてくるのではないかと予想しています

その他追加を期待するところとしては

この辺もどうなるのかなと思いますが、個人的にはさら

が参戦したら良いな…と思ったり。

クラウドの例もあるので、0とは言い切れないんじゃないかな?

ちなみに、ノクティスは鉄拳7への参戦が決まっていますね。

開発期間について

前作のfor WiiUならびにfor 3DSの時は以下のようなスケジュールで開発が行われました

 (パルテナの鏡の発売~ニンテンドーダイレクトでのスマブラ制作スタッフの発表までの間)

 ~

 ~

着手から発売までざっと見て2年半。最終DLCリリースまで4年弱です。

もし仮に今作の開発開始が最終DLC以降の場合、(私が予想している)2018年11月に発売された場合は開発期間が1年9ヶ月という事になります

そうなると、前作よりもかなり急ピッチでのリリーススケジュールになりますね。

しかしながら、今作が前作と同じ制作体制を維持した上での開発だった場合、実際に始動したのは、最終DLCリリースよりも前という可能性もあります

例えば、ゼルダの伝説ブレスオブザ・ワイルドという作品の話になりますが、当初WiiU版として制作していたものが、

途中でニンテンドースイッチ版との同時開発が決まり、その影響で発売がニンテンドースイッチと同日になったとどこかのインタビューで目にしたことがあります

https://www.youtube.com/watch?v=wlGpIoB5nys

https://www.famitsu.com/news/201704/20130678.html?page=2

>あのときの延期発表は、じつはNintendo Switchローンチに合わせて発売することが決まったからでもありました。

ゼルダの伝説の延期の発表が行われたのが2015/3/27。その時にはすでに関係者にはニンテンドースイッチ情報が届いていたのであれば

スマブラプロデューサーである桜井さんの元にも情報が届いていた可能性はあります

ではもし上記情報根拠として開発開始時期を2015年3月仮定した場合、発売が2018年11月なら、開発期間は3年8ヶ月!?

…開発期間予想だけで見れば、完全新作も有りうるかもしれないですね。

ただし、あくまでも予想です。根拠も弱いので、1つの妄言として捉えていただければ幸いです…。

最後

スマブラ予想、いかがでしたか

ノクティス参戦以外、大胆な予想はしていませんが、当たったくれたら幸いです。

今回のスマブラは3月に発表され、発売も年内という事がすでに発表されています

そのため、前作のような頻度で情報小出しは難しいのではないかと思います

しかしながら、前回のスマブラ2011年E3にて「制作に着手するよりも前に発売を予告する」という極めて異例な発表からスタートでしたので

2014年9月3DS発売までの間もとい、2016年2月の最終DLCリリースまでの間、熱が冷めないように情報小出小出しに出すしかなかったのかもしれませんね。

その分、今年のE3で濃い内容の発表があるんじゃないでしょうか。

今後も目が離せません。

2008-01-10

俺の親父は遊びの天才だった

外国航路の船乗りである親父とは、一年のうち一ヶ月くらいしか会うことができなかった。

昔はサザエさんのような、「毎日帰ってくる親父」ってのが、どうしても理解できなかった。

そんな特殊な事情を差っぴいても、

俺の親父は遊びの天才だった。

ウチは4人兄弟だから家族あわせて6人。

親父が帰ってきたら先ずみんなで遊ぶのは、トランプブラックジャックポーカーだった。

家族同士、マッチ棒を一本一円に見立てて、遊ぶのだけれど、親父の海外仕込のテクとイカサマ、お袋の楽しそうな顔といったら、なかった。

親父は何でも、楽しそうに遊びこなしていた。

前述したトランプから花札オセロ囲碁将棋、ただのキャッチボールからサッカーの相手、

UHFアンテナの指向性の調整から俺の勉強の相手、

通信技師だったから常に国家資格へ向けての勉強なども、

全てgameをplayする上でいかに楽しいかを追求していた。

どこの砂浜ではアサリがどういう時刻によく採れるだとか、どの海岸では素もぐりでサザエがどうだとか、

このタンボにはメダガやザリガニがどうだとか、この山奥では野生のシイタケがどうだとか。

いっぱい遊びを教えてもらった。

キャンプだって親父にしてみれば道具をそろえることが気に入らないらしく、

軽自動車に常に積んでいるテントと釣竿以外は常に現地調達、計画すら立てずに突発的に発足して、

先ずは皆でかまどを作ることからはじめさせられたもんだ。

もちろん、コンピューターゲームだって半端じゃない。

海外でインベーダーと出会いつつ

親戚の家でエキサイトバイクをやって以来、

土曜夜市でマッハライダーファミコンを購入後、

メトロイドゼルダパルテナの鏡を俺ら子供よりも早くクリアし、

ついぞ最近FF11のどこかの鯖でトップクラス竜騎士を自負するほど

gameをplayすることに関しては隙の無い親父だ。




勉強することの楽しさもいっぱい教えてもらったはずなのに、

俺は自分の責任において頭が弱かったから底辺高校卒業するのがギリギリ精一杯で、

その後は10何年と、年齢×100の年収をギリギリやってる程度の、

まあ見る人が見れば「つまんない人生」なのかもしれないけれども。

今になって「勉強する楽しさ」とか、あと親父の教えてくれたいろんなことが身に染みてわかるようになったし、

実際に仕事してて「本当に子供の頃からエリートで、俺らがいろんな経験してる頃から目標を持って勉強してきた」

人たちには感心どころか尊敬することしきりなんだけれども。

それでも俺は俺の人生を誇りたい。

俺の人生はまだ折り返しを過ぎたのかどうかすら、はっきりとはわかってないけれども、

輝かしいものであると自負したい。

自画自賛だけれど、遊びの天才であった親父から鍛えられた俺は、同世代の奴よりかは

「こいつと一緒だとちょろっとだけ面白い」

みたいな感じで一目置かれていたし、

それが自分の人生においてどれだけ価値があったか、計り知れない。

若い頃から万引きだとか恐喝だとか、つまらない誘惑よりも「面白い」遊びを提供できる人間として、決して間違った方向に向かないで済んでいるし、周りを引っ張れることもできた。

俺はバカだが、親父のおかげで、自分の人生と言うものに自負を持つことが出来た。



親父よ。

あなたは偉大だった。

あなたが亡くなってから一周忌。

一年越しでやっと言えたのだが、

何故存命中にこのひと言がいえなかったのか、

亡くなってしばらくしてから気持ちの整理の付く、人間の弱さ

ありがとう

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん