「言いまつがい」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 言いまつがいとは

2018-08-30

あきらめんなよ!

プロ野球の結果速報で「ピッチャー○○が試合を諦めました」って言いまつがいしてた。

2016-09-11

愚にもつかない駄文を量産するためのネタ探し技法

トイレでワシも考えた。

基本的セレンディピティに頼ったもの

ネタに困ったら試してみてね。僕はやってないけど。

○一次蒐集

a)小説を読む

b)新聞を読む

c)TVボケっと眺める

d)折り込みチラシをくまなく読み込む

e)今日何をやったか思い出してみる

f)辞(事)典類の適当なページを開いてみる

g)電話帳(職業別)の適当なページを開いてみる

h)アマゾンおすすめ本のリンク適当に辿ってみる

i)本屋の寄ったことのないコーナーで、ディスプレイを眺めてみる

j)知らないジャンル雑誌を読んでみる

k)何も考えず好きな場所カメラシャッターを押してみる

l)「今日は何の日」というサイトを見る

m)青空文庫適当作品適当な箇所から読んでみる

n)映画のあらすじサイトを見る

o)いつもと違うルート通勤(学)してみる

p)文庫新書目録本屋でもらってきて適当に眺めてみる

q)Wikipediaリンクを辿ったり、ランダム表示を利用してみる

r)朝起きた時に考えていたことをノートに記録しておく

s)イタコ式発想術:頭の中に浮かんできた言葉一心不乱にノート(エディタ)に書き続ける

 何も思いつかないなら「何も思いつかない」と書く

 それすら書けなくなったら「ああああああああいいいいいいえええええええうんこうんこうんこ…」のような無意味文字列を書き続ける

t)無限の猿定理法:キーボードめっちゃくちゃにぶっ叩き、意味のある文字列の出現を待つ

u)ワードサラダ法:google日本語入力サジェスト機能だけで文章を作ってみる

○お助けソーシャル

v)知恵袋の新着質問を読む

w)はてなブックマークを読む

x)google検索twitterトレンドキーワードを追う

y)知らない人の適当な日付のブログ記事を読んでみる

z)twitterフォロワーフォロワーフォロワーの……よく知らない誰かのタイムラインを追ってみる

○ディフォメーション篇

a)~x)までで得られたキーワードを元にさらなる変形を加えていく。

α)しりとり

β)連想法ちゃん

γ)ダジャレ言いまつがいアナグラム・同音異義……

δ)属性列挙・マンダラート・SCAMPERオズボーンのチェックリスト……

ε)逆・裏・対偶

ζ)モンテ・カルロ式組合せ法、もとい三題噺

η)タロットカード

――――以上を繰り返すと、否が応でも自分なりの考え」というモノが産まれてくるので、それを人に話したり、文章化してみたりすればよい。

2015-12-04

http://anond.hatelabo.jp/20151204005556

ネット上の「叩きたい」人っていうのは、あらゆるささいなことで揚げ足をとって叩きにかかるわけで、それこそ相手の職業(お前ニートだろとか)からちょっとした言いまつがいまで、ありとあらゆることを「叩き」に結びつけるよね? そのひとつひとつに深い意図があるというより、早い話が「言いがかり」っていうか。「お前のカーチャンでーべーそー」的な定型句罵りというか。違うの??? まあ、増田文章に寄り添うならば「生まれつきデベソのわたしは、”お前のカーチャンデベソ”という罵り言葉に深く傷ついてきた」という感じになるのかもしれないが……まあ、そういわれれば、それはまあ確かにそうかもしれないが。。。

ただ具体的に、今回増田が主張している「男/女」問題に焦点をしぼって話すとすれば、それは100%八つ当たり」と言い切れるのだろうか?? 性別(男女差)に由来する”傾向”というのは、現実的にあるのではないかな?

たとえば、女性平均寿命のほうが男性より長いとか、平均身長男性のほうが高いとか。運動系世界記録(たとえば100m走タイムとか)は男性がもっていることが多いとか。

もちろん、男女差より個人差のほうが大きいわけで、そこらへんのお兄ちゃんはジョイナーより全然足遅い。短命な女性長寿のおじいちゃんもノミ夫婦もいる。

だけど、たとえば「痴漢」というと、漢字からしてそうだけど、男性加害者という”傾向”がある。もちろん、電車の中で男子高校生の****をなでまわす犯罪者おばさんだってゼロとは言い切れない。でも、一般的な”傾向”としてね。やっぱり、男女差っていうのはあるんだと思う。

増田はさ、男性から女性に向けられた批判の数々を読んで、ただただ、傷ついてただけ??

若くてピュアで熱い女子高生時代(←それこそ偏見?)に、

「私だけは、絶対そんな女性にはならないようにしよう!!」とか

「”だから女は”なんていわれないように、ちゃんとしなきゃ!頑張らなきゃ!!!」とか

「そんなの女の一部よ! 絶対そんなことないって、偏見持ってる奴らの鼻先に実績をつきつけてやりたい!」とか

迷惑行為するオバハン、マジでやめてほしい。そういう一部の女性のせいで、女性全体が悪いイメージで見られるじゃないのよ!」とか、

1ミリも思わなかった? 青臭い理想燃えちゃったりとか、全然しなかったの??

女性叩きの内容は、本当に「八つ当たり」、ただの言いがかり的叩き100%だったの? 批判の内容には、”傾向”的に女性が犯しがちな要素はなかったの?

そこに対して、女性として襟を正したりする要素はまったくなかった??? 「勇気を出して痴漢を取り押さえる男性」みたいな矜持全然めばえなかった??

2009-06-22

父の日プレゼントあれこれ

http://anond.hatelabo.jp/20090621214329

今まで喜ばれたプレゼントをいくつか書き出してみました。手ごろなものばかりですが…。

ハンカチ、ハンドタオル

専門店伊勢丹メンズ館などで、趣味と好みに合ったものを用途に応じていくつか選びます。クラシクス・ザ・スモール・ラグジュアリ(http://www.classics-the-small-luxury.com/)でオリジナル刺繍やイニシャルを入れてもらうのもいいかも。

4711

世界初オーデコロンブランド名はナポレオン占領時代の番地にちなんでおり、ナポレオンも愛用したとか。歴史好きにはいいかも?シトラス基調にしたさわやかな香り。

着心地のよいシンプルTシャツ

父がよく着るブランドで買いました。何枚かあげたうちの1枚はサイズ感とデザインがすごくお気に入りだそうです。

文庫本

わたしも父も本が好きなのですが、自分では選ばないような本を、ジュンク堂からヴィレッジヴァンガードまで数軒回って、選びます。父の好きな作家、軽めの純文学ネタ本とかいろいろ混ぜるのがコツ。参考までに、今まですすめた中で面白いと言ってたのは、向田和子『向田邦子の恋文』、恩田陸六番目の小夜子』、酒見賢一墨攻』、高野秀行『ワセダ三畳青春期』、糸井重里言いまつがい』、ケンタロウや『365日たまごかけごはんの本』などの簡単なレシピ本、あといまはやりの太宰治短編集です。

新聞メモリパウチ

(http://www.yomiuri-tys.co.jp/jigyou/kibou.html)

これは誕生日用です。読売新聞サービスで、記念日新聞コピーラミネートして下敷きのようにしてくれます。一回しか使えないのが難点ですが…。

入浴剤

バラエティショップなどで面白いものをセレクトして買っています。父が海外にいた頃は無印良品のヒノキなど和風のものを中心に選んでいました。

手書きのカード

これは鉄板ですね。絶対添えたほうがいいです。書くことがないと思うかもしれませんが、意外と書けるものです。面白いカードがたくさん発売されています。

今年は事情で遅れてしまったのですが、国内の革メーカーの定期入れをプレゼントしようと思っています。喜んでくれるでしょうか。うちの父も、仕事で疲れているのと年も年なので、PCDVDなど機械を扱ったり、新しいことを始めるのが難しいようです。(自分で買ったiPodは曲を入れることすらせずに放置していました…)わたしも絵を描きますし、時計万年筆アンティークなどが好きなのですが、やはり好みがあるので、プレゼントしてもらいたいかと言われると微妙です…。(気持ちはうれしいですけどね)

以下個人的な話ですが、父とわたしは就職の時に揉めて以来気まずい関係でした。でも父が途上国単身赴任した時に、父の日誕生日に小包やカードを送り続けていて、それがつらい時のなぐさめになったようでした。何かあるたびに本やプレゼント感想を言っていました。わたしもプレゼントを通じて謎の存在だった父について知ることができましたし、父のことを気にかけるようになりました。今でも自分の買い物をしている時に「あ、これお父さんによさそう」と思ってつい買ってしまいます。アウトドアタオル一枚でも「ウォーキングの時に使って」などと言って渡すと本当にうれしそうです。

余談ですが、うちの祖父母も、初任給螺鈿細工の箸を買ってあげたし、敬老の日もかかさず贈り物をしているのに、いまだにはじめての遠足の時におこづかい500円の中から、おちょこと花瓶をプレゼントした時のことばかり言っています。(父母と祖父母に買ったらちょうど500円で、自分の分は買わなかったそうです…。子どもってけなげですね)この前なんか一週間前にあげた旅行のお土産を無視しておちょこの話をしていました。きっと年をとると時の流れとか、時系列重要度とかが違ってくるんだと思います。悪気はないのです。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん